ジェームス三木の名言

ジェームス三木のプロフィール

ジェームス三木、じぇーむす・みき。日本の脚本家、役者、歌手。歌手としてデビューするも十数年間芽が出ず脚本家に転身、テレビドラマ脚本を始め映画、舞台、演劇、小説、作詞と幅広い才能を開花させた。小説『八代将軍吉宗』『葵 徳川三代』はNHK大河化された。

ジェームス三木の名言 一覧

キミが思う通りに、とことんやってごらん。


トラブルは自分を磨き、イマジネーションを豊かにするチャンス。トラブルを恐れるな。逃げずに頑張って潜り抜けた者が大きくなっている。


ジェームス三木の経歴・略歴

ジェームス三木、じぇーむす・みき。日本の脚本家、役者、歌手。歌手としてデビューするも十数年間芽が出ず脚本家に転身、テレビドラマ脚本を始め映画、舞台、演劇、小説、作詞と幅広い才能を開花させた。小説『八代将軍吉宗』『葵 徳川三代』はNHK大河化された。

他の記事も読んでみる

平野岳史

どんなお客さんも、「買って損をした」とは思いたくないんです。だから、「あなたがお客の立場なら、どうなの?」と、営業マンに聞きたくなる。そのとき、「自分がお客様の立場なら、その商品を必ず買います。なぜなら……」と、自信をもって答える用意をしておくことが不可欠です。


村口和孝

失敗の中でも最悪の失敗は、失敗を認識しない失敗だ。起業家の失敗を投資家ベンチャーキャピタルや景気、政府のせいにしているような起業家は、自らの犯した失敗から何も学ばず、せっかくの成功への学習という財産を、みすみすドブに捨て続けている起業家だ。頭を丸め、当面瞑想が必要である。


大倉忠司

事業の成長も大事だけれども、何より永続させることが会社の社会的責任。


岡本太郎

安易な生き方をしたいと思ってしまったときは、そんな自分を敵だと思って闘うんだ。結果が悪くても、自分は筋を貫いたんだと思えば、これほど爽やかなことはない。


澤田秀雄

できるか否かは別として、今以上のものを作るにはどうしたらいいのか常に考え続けなければなりません。誰もが考えもしないような案を出していくことで、差別化を図っていかなければならない。


サマセット・モーム

老年の最大の報酬は精神の自由である。元気盛りの人々が重要だと考えることに、ある程度無頓着になれることである。もう一つの報酬は、羨望、憎しみ、憎悪から開放されることである。私は誰も羨ましいと想わない。私は与えられた才能を、出来る限り発揮した。


高岡浩三

部下に任せ、彼らを育てるために最も重要なのは、「考える時間」を増やすことです。そのためには、「作業」を減らさなくてはなりません。まずは弊社が実施したように、一日をどのように使っているか、洗い出してみることが有効でしょう。


桜井章一

自分に降りかかってきた困難や課題に対しては、あえて飛び込む覚悟を持つことで、活路を見いだせることもあるはず。


長谷川和廣

会社側は、「怠惰・ルーズな人」「信用がない人」「弱い者に高圧的に接する人」「チャンスを目の前にしても行動を起こさない人」のようなタイプの人を嫌がります。部下の手本にならないどころか、部署全体のモチベーションも下げてしまう危険性があるからです。対外的にも評判が悪いし、利益を会社にもたらすようなチャレンジをしないわけですから。


ナポレオン・ヒル

大きなステーキを要求する人には、必ず見返りとしてそれなりの努力を要求してくる。


石黒不二代

ウェブサイトには、広くサービスや商品を売るというより、一人一人の顧客との付き合いを深めていく役割があります。その最初の一歩は、積極的に情報を提供していくことです。自社のことをよりよく知ってもらい、ブランド力をアップさせることができます。


鈴木敏文

ABC分析がいまでも使える商品もありますが、モノを簡単に買ってもらえない時代には、多くの場合、売れた量のデータだけでなく、数字の奥に顧客心理を読まなくてはなりません。


佐々木毅

長く生きる人間が増えたということは、学ぶことのチャンスが増え、色々なチャレンジが出来る可能性が広がってきたということを意味する。


天外伺朗(土井利忠)

以前は管理型の監督だった岡田(岡田武史)さんは、選手の自主性を重視し、自分で考えさせるマネジメント法に変わりました。叱責や命令ではなく、選手が自分のプレーをビデオで確認しているときに、「いいドリブルだ」などとそばでつぶやいて、選手の深層心理にポジティブなメッセージをすりこんで、選手のモチベーションを高めるような工夫をしていました。


伊藤謙介

社員たちは、ものすごいエネルギーを秘めています。「社員の意識の総和」が会社の力。これをまとめ上げ、会社としてひとつの方向に向かわせてその力を最大限に発揮させるもの、これが経営理念です。経営理念の重要性がここにあります。


ページの先頭へ