名言DB

9429 人 / 110879 名言

ジェームス・W・ヤングの名言

twitter Facebook はてブ

ジェームス・W・ヤングのプロフィール

ジェームス・W・ヤング。アメリカの広告マン。アメリカ最大の広告代理店「トンプソン社」常任最高顧問、「アメリカ広告代理業界」会長などを務めた。著書『アイデアのつくり方』は世界的ロングセラーになった。

ジェームス・W・ヤングの名言 一覧

既存の要素を新しいひとつの組み合わせに導く才能は、事物の関連性を見つけ出す才能に依存するところが大きい。


アイデアとは、既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない。


ジェームス・W・ヤングの経歴・略歴

ジェームス・W・ヤング。アメリカの広告マン。アメリカ最大の広告代理店「トンプソン社」常任最高顧問、「アメリカ広告代理業界」会長などを務めた。著書『アイデアのつくり方』は世界的ロングセラーになった。

他の記事も読んでみる

ビル・エモット

既存の産業や企業がパワーを維持した状態では、創造的破壊が起きにくい。立場や世代を超えた「平等」を実現して、開放性を高めなければ、若い人たちのエネルギーは解き放たれない。


出口治明

いわゆる報連相というのは部下に強いるものではなく、管理者自身のための言葉です。若い人に元気がなかったり、腹が立ったような顔をしたりしていたら、こっそり別室に呼ぶとか、昼食に誘うなどして、報告・連絡・相談をしやすい雰囲気をつくるのが上司の仕事でしょう。


江見朗

若いころは、とにかく一所懸命でした。当時は一所懸命になるべき矛先が分かりませんでした。勉強でもなければ、スポーツでもない。高校卒業後に進学せずアメリカに渡ったのも、その矛先を見いだすためだったかもしれません。


福川伸次

イノベーションは、異なる分野の新結合によって生まれるものです。これまでのように各技術分野が縦型に分断され、それぞれを進化させ続けるだけでなく、異なる分野を融合して、まさに「知を今までにない方法で新結合する」ことが重要になってきます。


坂井宏先

社員に言っているのは、嫌な人のところにまっさらな心で行けば理解してもらえるということです。普通の人は嫌な人のところに行くのは避けたがるじゃないですか。嫌な感じっていうのはわかる。お互いに気が合わないというのはわかりますよね。だけど、気が合わない人のところにこそ率先して出かけていく。


草開千仁

いつまでも昔のように気象庁と張り合ってばかりではいけない。喧嘩するよりも、お互いを高めていくための議論をする時期に来ているんじゃないかと思っています。


村石久二

スターツというのは、お客様が必要とする事業を提供しながら、社員が力を発揮できる会社をつくっていこうという形、すなわち足し算で成長してきました。その過程で多くのつながりが生まれ、幾重にもネットワークが形成されてきています。それらを結び付けているのは、仕組みももちろんありますが、やはり、想いであり、心です。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

ビジネスの現場では、知識や思考力だけでなく人間力が問われる。


藤田晋

言い訳の大半は通用しません。自分をさらに不利な状況に追い込むだけです。さらに、言い訳は気づかないうちにクセになります。言い訳したくなる気持ちは分からなくもないですが、そこはぐっと我慢した方がいいでしょう。


藤原洋

既存の企業も何も変わらなければ、段々衰退していき、いずれはなくなってしまう。