名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジェームス・W・ヤングの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェームス・W・ヤングのプロフィール

ジェームス・W・ヤング。アメリカの広告マン。アメリカ最大の広告代理店「トンプソン社」常任最高顧問、「アメリカ広告代理業界」会長などを務めた。著書『アイデアのつくり方』は世界的ロングセラーになった。

ジェームス・W・ヤングの名言 一覧

既存の要素を新しいひとつの組み合わせに導く才能は、事物の関連性を見つけ出す才能に依存するところが大きい。


アイデアとは、既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない。


ジェームス・W・ヤングの経歴・略歴

ジェームス・W・ヤング。アメリカの広告マン。アメリカ最大の広告代理店「トンプソン社」常任最高顧問、「アメリカ広告代理業界」会長などを務めた。著書『アイデアのつくり方』は世界的ロングセラーになった。

他の記事も読んでみる

ケリー・マクゴニガル

自分に対して思いやりの気持ちを持つことは、力強さの源泉であり、サービス精神を発揮するための源です。最も素晴らしいリーダーは、自分の幸福を大事にする人だと断言できます。自分の健康や幸せを犠牲にするリーダーは、メンバーも同様にそうすべきというメッセージを発信しているようなものです。


宗次徳二

今でも、我が社は事業承継の最高の事例だと思っています。私の経営者人生28年間で最大の喜びは、素晴らしい後継者にバトンを渡したことです。


齋藤利勝

依頼されたクライアント企業の取り巻く環境を多角的に分析するところからスタートします。次に実行すべきことを明確にした上でアクションプランを作り、業務を遂行しています。成果を積み重ね、螺旋状に成長させることが企業の「やりたいこと」につながると確信をしております。


小島瑠璃子

テレビでは二度と同じことは起こらない。過去を反省するより、次に向けて自分の幅をひろげたい。


和田洋一(スクウェア・エニックス)

かつては、ゲーム・プランを発案し、実際の制作に入り、完成した暁には流通に商品を流し、広告・宣伝を打ち、最終的に顧客が購入してくれるまでの全体像が共有できていないばかりに、業務のいたるところで微妙な齟齬が生じていました。自分たちの仕事の前後にどんな工程があり、それらの部署はどんな意識で仕事をしているのか。彼らの仕事をもっとやりやすくするには自分たちはどうすればいいのか。基本的なことから研修で学んでもらいました。


新井翔平

独立当初、面白いぐらい売れませんでした。師匠に泣きついたら言われました。「相手のポケットからお金をどう奪うかというマインドに陥っている」「ビジネスは社会に対し先払いで価値を届け、後払いで報酬を受け取るゲームですよ」……。金言でした。営業の成功事例をまとめた小冊子を自作し、それを3か月間送ってから改めてセールスしたらボンボンと契約がとれた。


松﨑暁(松崎暁)

当社はすべてが自社の企画商品ですから、同じものはマーケットにない。これはやっぱり大きいですね。創設当初は商品判定会というのがあり、外部のデザイナーなどで構成したアドバイザリーボードの方々や堤さんが参加していました。ここで彼らに認められなければ商品として発売できなかった。今も月に1回、アドバイザリーボードのメンバーと意見交換があります。


池谷裕二

個人でやる研究というのは、どうしても成果があがりにくいんです。なぜかと言えば、個人の視点というのは狭すぎるから。研究も思考も、つねに第三者の視点を必要とするものでしょう。研究室の中でも第三者の視点に触れられるのは、論文を読むことですね。他人の論文には常に刺激をもらえると言うか、論文を読まない人もまたよくない研究者なのではないでしょうか。


高橋尚子

不安におびえず、この瞬間自分が強くなることをひとつでも多くやろうという考え方は、陸上だけではなく、陸上を終えた今の生活の中でも同じです。目標を立てたあとは、結果より今の行動に焦点をあてるようにしています。


富岡賢治

地方創生も国任せにすると必ず、「各地方では知恵が足りないでしょうから、東京から人を紹介します」という話になる。でも、私から言わせれば、東京のシンクタンクのようなところで働いた人が来ても何の役にも立たない。私が市長になってからは、副市長は中央官庁から人が来るのを待つのではなく、地元の人にしてもらった。こっちの方がよっぽどいい。


樋渡啓祐

今は多くの人が、何が自分にとって快適かすらわからなくなっている。だからこそ、自分が体験するってことが大事なんです。快適な場所に来て、もう一度学び直すことが大事です。


大城太

陰陽思想では対極の性質を持つ「陰」と「陽」が互いに作用し合って万物を生み出すと教えます。そして儒教の経典「四書五経」の1つ、『中庸』では陰と陽も含めて、何事も常に入れ替わると説いています。華僑はこれらを人間関係に応用しているから強いのです。例えば、人と争わずに成功を収めるには、自分は陰に回り、相手を陽に置いて目標達成のために代わりに動いてもらえばいいと考えます。陽は脚光を浴びますが、それゆえに失脚の危険もある。物事には良い面と悪い面が必ずあって、その良い面だけを「うらやんではいけない」と考えます。ちなみに、「うらやむ」とは「心」が「病む」という意味。大切な処世訓です。