ジェームス・ホーグの名言

ジェームス・ホーグのプロフィール

ジェームス・ホーグ。ジャーナリスト。米国の外交・国際政治専門誌「フォーリン・アフェアーズ」編集長。

ジェームス・ホーグの名言 一覧

政策決定者たちが、その役回りをメディアに譲りたくないならば、まずみずからの課題が何であるかを、じっくりと明確に見極める必要があろう。テレビに感情的に左右されず、大衆の支持を確実に得られるような戦略を構築することが不可欠である。


現代のリーダーには静かな時間が不足している。選択肢をじっくり吟味し、個人的なかかわりを通じて合意を取りまとめ、大衆の理解を形作るのに必要な余裕のことだ。


ジェームス・ホーグの経歴・略歴

ジェームス・ホーグ。ジャーナリスト。米国の外交・国際政治専門誌「フォーリン・アフェアーズ」編集長。

他の記事も読んでみる

小林健(三菱商事)

我々の財産は、人材しかない。事業を創り出すのも人、投資をするのも人であるということで、一番大事なのが人。


鈴木亜久里

僕は将来を考えるとき、「こうなりたい」という自分のイメージ像を大切にしています。ですから、30歳でF1ドライバーになるのも、35歳で引退するのも、ずいぶん前から決めていました。5年後、10年後のイメージが明確になれば、そこから逆算して1年、1か月、1日の単位でやることが決まってくるので、あとは、それをコツコツとこなしていくだけです。


上田準二

今の若い人は考え方や行動が不可解で、心が通わない、ということも聞きますが、価値観が違うのは当たり前です。「今どきの若いやつは」というギャップは、いつの時代もありました。私から見れば、今の40代の方も世代が違うと感じます。では、ギャップを埋めるにはどうすればいいのか。私は上司自身が、部下の間に入っていくしかないと思う。今の時代に同じやり方が通用するかどうかわからないけれど、私はとにかく部下を飲みに連れて行って、話をしました。


吉川良三

我々がよく使う「危機感」と「危機意識」とは大きく異なる。危機感というのは、状況に対して不安を感じ、そのような状態を「いつまで我慢すればいいか」と考えるレベル。一方、危機意識というのは「自分は生き残れるか」と身の危険を感じるレベルである。だから危険を回避するための対策を必死で考えるのである。


赤塚保正

柿安の場合、株主の皆様に喜んでもらうのは株価だけではありません。それは当社で株式の40%を所有しており、関係者を除けば個人株主の方がほとんどですので、株主はすなわち当社のお客様でもあるわけです。だからこそ、我々がお客様が喜ぶ商品を提供できる商売をしていれば、株主の皆様にも喜んでいただけます。


高田明(ジャパネットたかた)

誰を採用するかも大事ですが、どう育てるかも重要です。


山口謠司

語彙力は、周囲の人が使う言葉のレベルに影響される。「こんな言葉も知らないのか」と部下を叱るより、上司である自分が正しく品格ある言葉使いをするほうが、教育的効果が大きい。


武田美保

意識が変われば、練習の質も変わる。


村井満

選手の人間力を育てなければいけない。どこに行っても通用する人材を育てないと、サッカーでは勝てない。


中村貞裕

まずはネーミングを決める。店舗やプロジェクト名を決めたら、次はコンセプトを作り、キャッチフレーズを考える。次に店を因数分解し、お店を作っている要素を1つずつ書き出していく。次はキャスティング。これは具体名で、例えばインテリアデザインだったら片山正道さんとか。このキャスティングが大切。


粟飯原理咲

私自身、以前からWEB上でおいしいものを見つけては、お取り寄せをしていました。このサイト(おとりよせネット)を始めるため、いまの会社を立ち上げたんです。


津曲孝

お菓子は人間模様と一緒です。「こいつは地味やけど食べたら個性を発揮する。ぐっとくる」もの、「こいつは派手やけどさらっとして、思った以上にあっさりした」ものとか。人間模様と同じ感覚で捉えながら、お菓子を作っていくのはとても面白いことです。ちなみに、創業時よりの理念は、「人間味」です。


竹中平蔵

あなたには「貧しくなる自由」があります。でも「貧しくならない自由」もある。何事も、自分で決めるということです。大事なことは、チャンスを自分でつかむこと。


ナポレオン

お前がいつか出会う災いは、お前がおろそかにしたある時間の報いだ。


堀江薫雄

思うに昭和2年の金融パニックは、第一次大戦後の日本経済のインフレ病を大正9年のパニック処理で完全に治療、回復させていなかったことに原因する。それ以降、依然として放漫な経営を続けた業者と銀行とが、いつかは徹底的な手術をしなければならない運命にあったわけだ。それを怠っていたところへ、さらに世間一般の不安と不信の真理に勢いがついてどうにも処理できなくなったのが、昭和2年の金融パニックの実態であろう。


ページの先頭へ