名言DB

9490 人 / 112001 名言

ジェームス・フリーマンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェームス・フリーマンのプロフィール

ジェームス・フリーマン。アメリカの経営者。「ブルーボトルコーヒー」創業者。カリフォルニア州出身。クラリネット奏者から起業家に転身。大好きなコーヒーを自宅のガレージで売り始める。その後、ブルーボトルコーヒーを設立。

ジェームス・フリーマンの名言 一覧

徹底してシンプルであることを目指している。余分なものがないことで、お客さんはコーヒーを楽しむことに集中できる。


ジェームス・フリーマンの経歴・略歴

ジェームス・フリーマン。アメリカの経営者。「ブルーボトルコーヒー」創業者。カリフォルニア州出身。クラリネット奏者から起業家に転身。大好きなコーヒーを自宅のガレージで売り始める。その後、ブルーボトルコーヒーを設立。

他の記事も読んでみる

浜口隆則

変化する時代の中でビジネスを長続きさせるには、「変化を愛すること」が大切です。変化を恐れ、嫌う人もいますが、それでは淘汰されてしまう。独立後、最初の3年はうまくいったとしても、5年後、10年後には社会の環境はまったく違うものになります。そうした変化に適応できないまま消えていく会社は数多くあるのです。


田原総一朗

常識なんてしょせん嘘っぱち。天皇陛下は神様だとさんざん教えていた政治家や教師が、戦争に敗れると突然民主主義こそ正しいと言い出す。そんな現場を見てきているから、僕は偉い人も政治家も、そして常識も信用しない。


若林正恭

僕はヘコみやすいので、「仕事一つ」ではなく、「その日の仕事」で考えるようにしています。昼間の仕事でスベっても、夜の仕事がウケればOK。


渡辺健介

仮説思考のメリットは、問題解決のスピードを上げることです。例えば、原因を特定する際、すべての要素を検証していては時間がいくらあっても足りない。経験や知識を生かして「ここに問題がありそう」と、自分なりの答え(仮説)を持つことで、より効率的かつ高い精度で問題が解決できます。


久恒啓一

仕事がなかなか終わらないと嘆いている人ほど、現状理解をいい加減にしたまま、企画を練ったり、いきなり実行に移したりします。その結果、途中で間違いに気づいて、最初からやり直す羽目になるのです。


澤田秀雄

得意なところを自信を持って伸ばしていくと、不得意なところも徐々に消えていくものです。


鍵山秀三郎

人々の荒んだ心、それが犯罪を多発させ、社会的コストを増大させていることは確かです。企業はリストラをして100億円、200億円の合理化を成し遂げたかもしれない。しかし、それはそれ以上、いやその何倍もの社会的コストを増大させているかもしれません。企業はそれを知るべきですね。社会的コストはなかなか計算ができません。それだけになかなか気がつかないのですが、社会全体のコストを下げるような生き方をしなければいけないと思います。そのためには何といっても、穏やかで優しい人間の心を育てることが一番大事だと私は思うんです。


黒土始

松下幸之助さんの講演を聴いたとき、「松下さんの苦労に比べれば、自分の苦労など知れている。松下さんは小学校すら出ていないのに、自分で開発した商品を自分で売り込んで会社を大きくしていった。かたや自分は、中退したとはいえ大学にまで進学している。恵まれているな」と思いました。


島田和幸(経営者)

大学卒業後にダイエーに入社し8年間、創業者の中内功さんの下で秘書を務めました。ワンマン経営者のイメージが強い中内さんですが、それとは違う一面もありました。人の話を聞く姿勢です。多忙を極める雲の上の怖い人でしたが、私が報告や相談をしに行った時に、忙しいという理由で突っぱねられたことは一度もありません。


平井一夫

20年ぶりの好業績ということで、社内のマネージメントもしくは社員の気が緩んでしまう。これで復活したということで、緊張感や危機感がなくなってしまうことが、一番大きな課題だと認識しています。今年度は好業績で終わることができると思うが、その後の新しい中期の3年間で、いかに業績を伸ばしていくかを考えていかなければいけない。


水野和敏

スペシャリストには転職を前提とした雇用政策で対応すべき、という通説も根強いものがありますが、むしろ逆。スペシャリストのようなコア人材こそ、昔ながらの安定した雇用の中で成果を出す。「終身雇用のメリット」について、経営者たちはもう一度、真剣に考え直すべきです。


三田紀房

思いきりのいい人は、何事もまずやってみるわけです。もし失敗したとしても、思いきりがいいぶん、「なぜ失敗したか」を検証しやすいから、次に活かすことができます。逆に、迷いながら物事に取り組んでいると、失敗の理由もあれこれと浮かんできてしまい、次に活かすことができません。それが積み重なって、成長のスピードにも自ずと大きな違いが出てくるのではないでしょうか。