ジェームス・フリーマンの名言

ジェームス・フリーマンのプロフィール

ジェームス・フリーマン。アメリカの経営者。「ブルーボトルコーヒー」創業者。カリフォルニア州出身。クラリネット奏者から起業家に転身。大好きなコーヒーを自宅のガレージで売り始める。その後、ブルーボトルコーヒーを設立。

ジェームス・フリーマンの名言 一覧

徹底してシンプルであることを目指している。余分なものがないことで、お客さんはコーヒーを楽しむことに集中できる。


ジェームス・フリーマンの経歴・略歴

ジェームス・フリーマン。アメリカの経営者。「ブルーボトルコーヒー」創業者。カリフォルニア州出身。クラリネット奏者から起業家に転身。大好きなコーヒーを自宅のガレージで売り始める。その後、ブルーボトルコーヒーを設立。

他の記事も読んでみる

元谷芙美子

私たちは、不動産を景気が大底のときからキャッシュで買ってきました。最近では6、7年前が一番の底で、そのときから皇居の周りの土地を60か所ほど買いました。そこに今、ホテルやマンションを毎月のように建築しています。もちろんサイクルで見れば、オリンピックの後には必ずオーバーホテル現象になります。そうなったら、ダメになったホテルをさらに買えばいい。


大田義実

数は追求しない。収益を重視し、得意なゾーンで戦う。


堀之内九一郎

人は普段の生活で、気取りや見栄、外聞といった人間らしさからなかなか自由になれません。人間らしさが、どれほど人間の行動を制限しているかに気付く人はあまりいません。そんな人間らしさとやらをかなぐり捨てたとき、自分の本当の目標は見えてくるような気がします


原田泳幸

経営にとって「やるべきこと」というのは大抵はっきりしているんです。たとえば客数を増やす。客単価を上げる。コストを下げる。それらの取り組みによって売上高と利益を上げる。やればいいんです。ただ、それらを全部一度にやったらどうなるか。どれも実現できなくなります。


田村潤

雑談は重要。職場の雰囲気をポジティブにして、多くの人がいきいきとアイデアを出すようになる。それこそが「雑談」のメリット。雑談の8割はムダな内容。ただし残りの2割に本音が出てくることがある。それは貴重ですよ。


デカルト

私とは、疑い、思いつき、確信し、否定し、欲し、欲せず、想像し、感じるあるものだ。


三宅占二

みんな腑に落ちなくてもある程度業務をこなしますけど、そういう仕事はやらされ感が強く、上手くいかないと「やらせる方がいけないんだ」となってしまいます。だから私は「なぜこれをやるんですかと上司に何度でも聞いてみろ」と言っています。2回、3回聞かれただけで「会社が決めたんだから黙ってやれ!」というリーダーはいりません。実際、こういうリーダーのもとで求める人材は育っていませんし、何よりリーダーを選べないことが部下の不幸ですから。


高橋俊介

自分の中だけで仮説と検証のサイクルを回すのではなく、それを発信し、共有することも必要だ。そのことで学び方にも気づき、さらにレベルが上がるという学びのレベルアップにもつながる。


松井忠三

マニュアルに書かれた「型」を厳格に守って実行することが、業務全体のクオリティを底上げする。


ゲーテ

人間というものは、自分の欲するままにどちらに向かおうと、どんなこをと企てようと、結局はいつでも、自然によってあらかじめ画(かく)された道に戻ってくる。


朝香聖一

同じようなスタイルで経営をやっていれば制度疲労は必ず生じます。90年間先輩たちが築きあげてきたものは尊重しなければいけません。しかし、時代の潮流に合わない部分は思い切って変えていく必要がある。


瀧川克弘

弊社の年間休日は140日ほどあります。長期の休みが明けた後は、初日からフル回転。皆、集中して仕事をします。十分休むことで、モチベーションが上がるようです。


逸木裕

これまでの2作がけっこう盛りだくさんなストーリーになってしまうたという印象があります。そんなに。プロットを盛り込まなくても読者を楽しませられるのがプロだというイメージがあるので、次はもう少し抑制の効いた書き方をしてみたい。


佐々木かをり

人間は自分が好きなことしかやっていない。自分が思ったことしか言っていない。言ったことで自分が洗脳されている。この循環をどういうふうに自分で発見して、断って、違うところへ行くかということを意識しなくてはいけない。


松本晃(経営者)

カルビーにはもともと力がありました。売上高は踊り場で、利益も低迷していましたが、もとの力を引き出してあげれば、良くなることはわかっていました。


ページの先頭へ