名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

ジェームス・バーダマンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェームス・バーダマンのプロフィール

ジェームス・バーダマン。米国・テネシー州出身。ハワイ大学で博士号を取得。早稲田大学文化構想学部教授などを務めた。多数の英語学習書を執筆した。

ジェームス・バーダマンの名言 一覧

英単語を思い出そうと努力するより、簡単な言葉で言い換える方が会話はずっとスムーズになる。


日本人への英語教授法をわかっていない講師、教養がない講師も避けたい。いい講師は受講生を安心させる力がある。


先生がキレイ、カッコイイも、モチベーションにつながる。しかし、英語を教える能力と豊富な経験を持つ講師を選ぶことが最重要。少なくとも指導できる「先生」であることが最低条件。


発音や会話のスピードが自分のレベルに適切か。英語にすぐに反応できない場合でも、間を取ってくれるか。さらに、間違いをいちいち指摘するのも、生徒のやる気をそぐ原因に。ほどほどの直しで、大切なところだけを的確に説明してくれる講師のほうが上達する。


宿題がない、予習がいらない授業は自分のためにならない。レッスン時間はひとりで練習した成果を披露する場。自由に話すだけなら外国人の友人をつくったほうがいい。


覚えたことは1時間以内に復習しましょう。語学は一朝一夕で身につくものではありません。大切なのは記憶した量ではなく、覚えたことを忘れないように、反復練習することです。


英語は、何歳になっても身につけることができます。経験と知識が豊富な人の方が、英語を理解する力は高い。語学の習得は若いほどいいわけではないことも、覚えておいてください。


最初から完璧な英語を話そうとすることはありません。目標が高いのはいいことですが、達成期間までの時間が長すぎると、モチベーションは上がらないもの。無理のない目標を立て、「今週はここまで」と決めて、毎日コツコツと取り組む方がいい。


「今の時代、英語ぐらい話せないと」といった理由で学んでいては、いつまで経っても英語は身につきません。まずは何のために学ぶのか、目的を明確にすることが、英語を話せるようになるための最初の一歩。


ジェームス・バーダマンの経歴・略歴

ジェームス・バーダマン。米国・テネシー州出身。ハワイ大学で博士号を取得。早稲田大学文化構想学部教授などを務めた。多数の英語学習書を執筆した。

他の記事も読んでみる

西松眞子

表面的な外見を磨くのは、第一印象を上げるためにすること。2人称の意識を持ち、別れ際の印象にまで気をつけて、第二印象を高めていく工夫を凝らしてください。


阿部祐二

ちょっとだけ早起きすることはお勧めします。15分早く起きるだけで、予想以上にたくさんのことができます。


吉村明彦(経営者)

自分のためじゃなく、皆のために。そう考えると頑張れるし、仕事も面白くなる。


加谷珪一

投資はスポーツと同じで長く練習した人の勝ち。まず勉強してからと考える人も多いですが、たとえば野球を始めるなら、最初に本を買って勉強する人はいませんよね。「習うより慣れろ」です。


金昇浩(キム・スンホ)

当社の社訓は「誠実・忍耐・努力」です。これを最大公約に持っていけばいいと。私はこれが一番だと思います。


三田紀房

ある投資ファンドの人に「やっぱり最後は勘や感性なんだ」と聞きました。人が行う以上、感情と無関係ではいられませんが、感情を制し論理を優先できる人が成功するのでしょう。


和田洋一(スクウェア・エニックス)

普通の報告書ならば読み手は上司一人ですが、提案や企画の場合はチーム全員で共有する必要があります。紙の山をつくっても、見てもらえなければ意味がありません。共有のためには、読むのではなく、見るだけで理解可能な文章が求められます。


スタニスラス・ド=ケルシズ

伝統あるメゾン(会社・店舗)を受け継ぐにあたり、私が経営者として最も重視しているのが、新しいことに挑む姿勢なのです。顧客に対し、常にイニシアチブをとり、新たな提案を続ける必要があるからです。


森本千賀子

事業そのものをマネジメントする力も必要です。ベンチャー企業のように人的・物質的資源が足りない組織で事業をマネジメントした経験がある人。たとえばマーケティングの部署がある大企業なら、セールス部門のマネジャーはセールス領域に特化した仕事に集中できますが、人的資源の少ないベンチャーでは、セールス部門のマネジャーでも、マーケティングを含めてカバーすることもあります。そうした守備範囲の広い経験が評価される傾向にあります。


冨田和成

実は、大富豪ほどローンに積極的。ローンを後ろ向きに考えるのは利息がかかるからです。しかし、借り入れたお金で利息を上回る収益が上げられるなら、ローンは「敵」から「味方」に変わります。


横田雅俊

「うちも」「当社でも」が口癖になっている営業担当者は、おそらく提案段階で相当な苦労をしているはずだ。「うちも」というフレーズは自社の商品やサービスが競合と同格ということを案に伝えることになる。営業の場面で、これは逆効果。他社と同じことを理由に選ぶ顧客はいないので、あとは価格で勝負するしかなくなってしまう。顧客に伝えるべきは「うちも」ではなく、「うちは」「当社は」という差別化ポイントだ。


小林豊(小林製薬)

当社には業務改善などを含めて、全社員が自由に会社にアイデアを出す制度もあります。もう27年続いていて、ナンバーワンになる社員は、1年間で250から280の提案をしてきます。勤務日数で割ると1日1件以上です。多ければ良いとは限りませんが、ある程度は量を出さなければ、質もついてきません。