名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジェームス・バーダマンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェームス・バーダマンのプロフィール

ジェームス・バーダマン。米国・テネシー州出身。ハワイ大学で博士号を取得。早稲田大学文化構想学部教授などを務めた。多数の英語学習書を執筆した。

ジェームス・バーダマンの名言 一覧

英単語を思い出そうと努力するより、簡単な言葉で言い換える方が会話はずっとスムーズになる。


日本人への英語教授法をわかっていない講師、教養がない講師も避けたい。いい講師は受講生を安心させる力がある。


先生がキレイ、カッコイイも、モチベーションにつながる。しかし、英語を教える能力と豊富な経験を持つ講師を選ぶことが最重要。少なくとも指導できる「先生」であることが最低条件。


発音や会話のスピードが自分のレベルに適切か。英語にすぐに反応できない場合でも、間を取ってくれるか。さらに、間違いをいちいち指摘するのも、生徒のやる気をそぐ原因に。ほどほどの直しで、大切なところだけを的確に説明してくれる講師のほうが上達する。


宿題がない、予習がいらない授業は自分のためにならない。レッスン時間はひとりで練習した成果を披露する場。自由に話すだけなら外国人の友人をつくったほうがいい。


覚えたことは1時間以内に復習しましょう。語学は一朝一夕で身につくものではありません。大切なのは記憶した量ではなく、覚えたことを忘れないように、反復練習することです。


英語は、何歳になっても身につけることができます。経験と知識が豊富な人の方が、英語を理解する力は高い。語学の習得は若いほどいいわけではないことも、覚えておいてください。


最初から完璧な英語を話そうとすることはありません。目標が高いのはいいことですが、達成期間までの時間が長すぎると、モチベーションは上がらないもの。無理のない目標を立て、「今週はここまで」と決めて、毎日コツコツと取り組む方がいい。


「今の時代、英語ぐらい話せないと」といった理由で学んでいては、いつまで経っても英語は身につきません。まずは何のために学ぶのか、目的を明確にすることが、英語を話せるようになるための最初の一歩。


ジェームス・バーダマンの経歴・略歴

ジェームス・バーダマン。米国・テネシー州出身。ハワイ大学で博士号を取得。早稲田大学文化構想学部教授などを務めた。多数の英語学習書を執筆した。

他の記事も読んでみる

山本真司

私は今57歳ですが、20代や30代の方々と積極的に会っています。彼らの柔軟な視点や、最先端の技術や文化に対する知識は非常に刺激的です。それに対してこちらができるのは、彼らの挑戦を後押しすること、そして彼らの知識を謙虚な気持ちで教えてもらうことです。


小野寺五典

経済政策で今の日本に足りないのは、中小零細企業の支援です。大企業の業績は良くなっていますが、次世代の新しい技術は中小零細企業から出てくるケースが多いため、政策的な後押しが必要です。この層が潤わなければ、経済の好循環につながりません。


ジョモ・ケニヤッタ

私はまた、私の敵にも感謝しなければならない。彼らが、私を失望させようとしたことがかえってこの仕事をやり通す力を私に与えたのである。


本田有明池谷裕二

入力するだけではダメ。テストの点が高いのは参考書を何度も読む人より、問題集を何度も解く人のほうで、出力を磨くほうが脳は成長します。仕入れた情報を人に話して、出力を心がけるのが大切です。


嶋津良智

どのような環境ならやる気がわくのか、部下と直接話し合ってみるといいでしょう。上司の思い込みや自己満足で物事を進めないためにも、部下に直接聞くのが一番です。これはモチベーションの問題に限らず、部下が好む仕事の任され方を知る場合にも同様です。


ラリー・ペイジ

多くの企業にとって、明確な競合が存在するかのように意識させ、それで団結するのは有効です。しかし、個人的には競合を意識するのではなく、より高みを目指していく方がいいと考えています。


岩田松雄

大半の業務は、それを一生やるわけではありません。ですが、次にどんな仕事をするかは、いまの仕事の実績が左右します。私自身の経験を振り返ってみても、無駄だった経験はひとつもありません。仕事の報酬は仕事なのです。


加賀見俊夫

東京ディズニーランドの普遍的な価値とは何かと問われれば、3世代のファミリー層で楽しめるということに尽きます。世代を超えて楽しむには共通の価値が欠かせません。ですから、誰もが幼いころから親しんでいるオールド・ディズニーの基幹コンテンツは、テーマパークを形成するうえで欠かせないのです。


アルフレッド・アドラー

誰でも、どんなことでも成し遂げることができる。


吉松徹郎

ビューティーの領域に関してはユーザーが広げてくれています。私たちが「まずこうあるべき」と提案しているのではなく、ユーザーが登録して下さったアイテムについてメーカーやブランドから情報を得て、それをユーザーに届けるというような相乗関係です。


山名昌衛

海外に駐在すると営業も採用も、どんなこともやらなければならない。海外では日本以上に権限を与えられますから、大変な苦労も多いと思いますが、社員にとっては人として大きく成長できると思います。


菊地唯夫

1997年以降、外食産業の市場規模は2割縮小したが、ファミリーレストランはそれを大幅に上回る5割も減少した。料理やサービスなどで出すべきコンテンツをきちんと出せるようにしておけば、ここまで落ち込むことはなかっただろう。回転寿司や焼き肉などの専門店に押され、「ファミレスは終わった」という指摘を真に受け、きちんと投資をしてこなかったことが要因だ。