名言DB

9419 人 / 110788 名言

ジェームス・バーダマンの名言

twitter Facebook はてブ

ジェームス・バーダマンのプロフィール

ジェームス・バーダマン。米国・テネシー州出身。ハワイ大学で博士号を取得。早稲田大学文化構想学部教授などを務めた。多数の英語学習書を執筆した。

ジェームス・バーダマンの名言 一覧

英単語を思い出そうと努力するより、簡単な言葉で言い換える方が会話はずっとスムーズになる。


日本人への英語教授法をわかっていない講師、教養がない講師も避けたい。いい講師は受講生を安心させる力がある。


先生がキレイ、カッコイイも、モチベーションにつながる。しかし、英語を教える能力と豊富な経験を持つ講師を選ぶことが最重要。少なくとも指導できる「先生」であることが最低条件。


発音や会話のスピードが自分のレベルに適切か。英語にすぐに反応できない場合でも、間を取ってくれるか。さらに、間違いをいちいち指摘するのも、生徒のやる気をそぐ原因に。ほどほどの直しで、大切なところだけを的確に説明してくれる講師のほうが上達する。


宿題がない、予習がいらない授業は自分のためにならない。レッスン時間はひとりで練習した成果を披露する場。自由に話すだけなら外国人の友人をつくったほうがいい。


覚えたことは1時間以内に復習しましょう。語学は一朝一夕で身につくものではありません。大切なのは記憶した量ではなく、覚えたことを忘れないように、反復練習することです。


英語は、何歳になっても身につけることができます。経験と知識が豊富な人の方が、英語を理解する力は高い。語学の習得は若いほどいいわけではないことも、覚えておいてください。


最初から完璧な英語を話そうとすることはありません。目標が高いのはいいことですが、達成期間までの時間が長すぎると、モチベーションは上がらないもの。無理のない目標を立て、「今週はここまで」と決めて、毎日コツコツと取り組む方がいい。


「今の時代、英語ぐらい話せないと」といった理由で学んでいては、いつまで経っても英語は身につきません。まずは何のために学ぶのか、目的を明確にすることが、英語を話せるようになるための最初の一歩。


ジェームス・バーダマンの経歴・略歴

ジェームス・バーダマン。米国・テネシー州出身。ハワイ大学で博士号を取得。早稲田大学文化構想学部教授などを務めた。多数の英語学習書を執筆した。

他の記事も読んでみる

西山昌彦

会計のプロセスは単にシンプルであれば良いわけではありません。信頼性が担保され、最適化を実現する必要があります。だからこそ、現状がなぜこの仕組みになっているのかを十分に理解した上で効率化を進めるべきだと思います。


武地実

スタートアップでアルバイトをしながら、仲間とIoTのガジェットをつくりました。それを商品化して販売するために会社を立ち上げました。スマートフォンにつける烏型のガジェットです。事前にアプリへ自分の趣味などを登録しておき、同じ趣味の人が近くに来るとそのガジェットが光って教えてくれます。まったく売れなかったのですが、結果的によかったのかもしれません。失敗したので、次はどうせなら夢のあるチャレンジをしようと考え、会社のスローガンを「クレイジー・メーカー」に変更。超クレイジーなものをつくってみたくて、好きなキャラクターと一緒に暮らせる「Gatebox」の開発を始めました。


中原淳

部下を育てるためには、部下にとって耳が痛いこともきちんと伝えて、軌道修正を繰り返すことが必要。自分だけで正しい方向に走っていける部下はいません。上司が教えることは不可欠。


柳川範之

独学は「なんでもあり」。自分のペースで、好きなように勉強できるのが最大の魅力。続けるためには工夫が必要となってきますが、その工夫こそ結果への近道。コツさえ掴めば、効率的で記憶に残る勉強を実現できる。


ドナルド・トランプ

安全地帯から踏み出してみよう。安全地帯とは別の呼び方をすれば現状への満足である。そこにいたら絶対に何も成し遂げられない。


佐々木かをり

優先順位というと難しそうですが、私の場合は明確です。アポは早いもの順が基本です。約束を守ることで信頼を得ることができ、仕事やプライベートを含めた人生全体での満足度が高まるだけでなく、自分自身のパフォーマンスを上げることができるからです。


ケリー・グリーソン

計画の目的のひとつは、仕事を明確にし、長期はもちろん、一日の作業まで自分が何をするべきかを知ることだ。多くの人は、計画というものを特に自分自身の仕事についてほとんど立てていない。


伊佐山元

そこは発想を変えるべきです。逆にシリコンバレーに東京をつくってしまえばいい。税金を使ってどんどん人を送り込んでもいいし、私たちのようなやり方で人を送ってもいい。そこで吸収したものを日本に持ち帰ってもらえば、日本にとっても有益です。
【覚え書き|東京にシリコンバレーのような場所をつくるのは無理だろうかと問われての言葉】


齋藤孝(教育学者)

皆さんは誰かと話をするとき、メモを取りますか? もちろん家族とか友人と雑談するときなどは必要ありませんが、ビジネスの現場で相手と話をするとき、メモは大切なコミュニケーションのツール。基本と言っていいでしょう。私の経験上、頭がよくて仕事ができる人ほど、まめにメモを取ります。


鳥塚亮

訓練費用700万円を自己負担してもらう形で運転士を募集しました。実際に初年度から6名の応募がありました。自己負担でも応募があったのは、鉄道ファンの究極の夢は「運転士になること」だからです。私自身がそうでした。