ジェームス・ディクソンの名言

ジェームス・ディクソンのプロフィール

ジェームス・ディクソン。アメリカ人経営者。「VISAワールドワイド・ジャパン」社長。米国ミシガン大学卒業、サンフランシスコ大学でMBAを取得。VISAに入社。フィリピン、香港、韓国などでマネージャーを務めたのち、日本法人社長を務めた。

ジェームス・ディクソンの名言 一覧

ブランド間のシェア争いは気にしていません。あくまで我々の競合相手は「現金」です。
【覚え書き|日本でのビジネスについて】


ジェームス・ディクソンの経歴・略歴

ジェームス・ディクソン。アメリカ人経営者。「VISAワールドワイド・ジャパン」社長。米国ミシガン大学卒業、サンフランシスコ大学でMBAを取得。VISAに入社。フィリピン、香港、韓国などでマネージャーを務めたのち、日本法人社長を務めた。

他の記事も読んでみる

藤田志穂

「ギャル革命」というスローガンで自分のやりたいことを説明しても、なかなかわかってもらえなかったんです。それで、自分の伝えたいことをノートにまとめて台本のようなものをつくり丸暗記したんですが、やはり上手く伝わらない。そこで、自分の言いたいことを言うだけでは伝わらないと気づいたんです。自分から質問するようになったのは、それからです。


江上治

下手な営業マンは、相手が誰であろうとお構いなしに、いきなり自分の売り込みから入る。商品説明から始める。これでは営業マンが自分の売り上げしか考えていないことが見え見えなので、お客も引いてしまう。当たり前だ。


森川亮

「ゆとり教育」の結果、何が起こったでしょうか。優秀な生徒は自由な時間にますます勉強し、よりできるようになりました。一方、できない生徒はますます怠けて、よりダメになりました。できる人とダメな人の二極化が進んだのです。やはり自由な環境になると、自然界と同じで淘汰が起こる。これは仕方がありません。世の中というのはそういうものです。


大倉忠司

KFC(ケンタッキーフライドチキン)が使う鶏肉の量は、国内の供給量の7%を占めるんです。ですから、KFCがキャンペーンすると市場の価格が変動します。パート(肉の部位)によっては1%を超えている鶏肉のシェアをどんどん大きくしていきたいと思っています。


松井知敬

「この案件をしたい人がいますか?」と聞いて手を挙げた人に仕事を任せるようにしているのですが、手を挙げる人がいなかったら、それでいいと思っています。


藤田晋

「相手を信用する」というのも、信用を得るためには必要です。自分を好きと言ってくれる人を好きになるのと同じで、人は自分を信用してくれる人を信用します。自分を疑っている人を信用する人はいませんよね。だから信用を得たいなら、まずは相手を信用する。


粟田貴也

海外で成功している日本の外食はいない。僕の言う成功は、日本メーカーのように海外で収益を生み、収益構造の上でも海外事業がある程度のボリュームを持つ会社。丸亀製麺を全世界に広げていく。国ごとの食習慣に合わせてローカライズしながら、丸亀ブランドを拡充していく。


泉谷直木

世の中は様々な情報に満ちています。玉石混交の中から、有用な情報を見つけて整理し、ビジネスに役立てるにはどうすればいいのか。それは、努力と経験によってビジネスの勘を磨いていく方法しかありません。


藤本昌義

商社という形態は世界でも珍しいと言われますが、時代の流れで変化していかないと稼げなくなっています。私が入社した時から商社冬の時代が叫ばれ、いつかはなくなると言われ続けてきましたが、今でも存続しているのは、どのステージでもその収益構造を変えてきた証左だと思います。


伊藤邦雄

危機感を共振しているかどうかが大変重要。グローバル化というのは、物理的な空間が非常に広がるわけですから、いくらITが進歩したところで、物理的な空間が広くなればなるほどトップと社員との距離が広がってしまい、共振することがそれだけ難しくなる。


小山昇

人間、実際にやってみなければ、何もわからないもの。よく「適材適所」なんて言われますが、その人がどんな能力を持っているかは、10年くらいいろんなことをやらせてみなければわかりません。たとえば、ウチに経理を長年担当した塚田というパート社員がいますが、彼女は今、腕利きの営業部員として大活躍しています。もし、彼女は経理に向いているからとそのままにしておいたら、彼女の伸びる芽を社長が摘み取ったことになります。つまり社長の判断ミスです。


新井直之(執事)

長期的視点に立つと人付き合いも変わります。例えば、「この人と付き合ってもメリットがないのでは」と思うのは早計。将来、状況が変化したときに大きな助けとなるかもしれません。


三木雄信

数字の前では誰もが平等。数字をもとに善し悪しを判断するため、言われた側は納得する。


小池龍之介(小池龍照)

必ず変われる。さびしいまま続くことはありえない。すべて諸行無常なんですから。


高橋英樹(俳優)

自分の原点を考えたとき、行き着くひとつの答えがカレーとコロッケ。冗談でなく、これが子供の頃からいまも変わらぬ私にとっての夢のメニュー。このふたつが十分に食える人生を歩めれば、私は一生幸せだと思ってきた。この前、テレビ番組でコロッケを腹いっぱいになるまで食いまくった(笑)。幸せだったねえ。


ページの先頭へ