名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジェームス・スキナーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェームス・スキナーのプロフィール

ジェームス・スキナー。アメリカ出身の経営コンサルタント、ビジネスセミナー講師。7つの習慣で有名なビジネス研修会社フランクリン・コヴィー日本支社の立ち上げを行った人物。著書の『成功の9ステップ』はビジネス書のロングセラーとなっている。

ジェームス・スキナーの名言 一覧

競争相手がやっていれば、あなたの会社が廃業に追い込まれてしまうことはなんだろうか。それを先にやることだ。自分たちの手で、今のやり方を廃業に追い込むことだ。


人生を最大限に生きよう。熱心に働けば働くほど生きることになるからである。行動をすればするほど、あなたの存在は大きくなり、あなたの松明(たいまつ)はそれだけ明るく燃えることになるのだ。


自分の夢に到達するまでの道が見えていなければ、行動を起こせばいい。あなたの支援をしようと現れてくる資源の多さに驚くに違いない。


子供にものを教える秘訣は、難しいことを簡単に話すこと。大人にものを教える秘訣は、簡単なことを難しく話すこと。


「やってみる」はダメだ!どっちつかずの行動はあり得ない。「絶対やるんだ!」というマスト(絶対に●●しなければいけない)状況に追い込めば成功するのは簡単。


やる気のある社員がもっと欲しければ、成長と貢献の機会をもっと彼らに与えることだ。


ジェームス・スキナーの経歴・略歴

ジェームス・スキナー。アメリカ出身の経営コンサルタント、ビジネスセミナー講師。7つの習慣で有名なビジネス研修会社フランクリン・コヴィー日本支社の立ち上げを行った人物。著書の『成功の9ステップ』はビジネス書のロングセラーとなっている。

他の記事も読んでみる

戸塚隆将

海外では、発言しない人は存在しないことと同じ。


田中美香

たとえば、横浜のある物件では、入居者が自由に使える電動自転車を設置したところ、入居率が一気に高まりました。横浜は坂が多いので、電動自転車は非常に重宝するのです。こうしたちょっとした工夫が本当に効くのです。私たちはこうしたノウハウを他にも数多く持っています。当社の管理を評価していただき、他社で買った物件の管理をお願いされることも多いですね。


長谷川閑史

科学技術の基礎研究は、イノベーションを起こしていくために不可欠のもの。リスクは高いがやらねばならない。


小久保裕紀

巨人にトレードされてからも、チャレンジ精神を持ってレギュラー争いに臨めました。1つの球団では天狗になり、野球人生はもっと短かったかもしれない。


松方弘樹

世の中、格差はあるんですよ。仲良くお手々つないでゴールとはいかない。人間は社会に出たら、絶対に競争にさらされる。でもね、だからこそ人間同士のコミュニケーションが大事になる。


松下幸之助

経営を預かる者は、仕事がたとえなくても、社内を沈滞させないように考えなくてはいかん。それができるかどうかが、経営者としての分かれ道。


依田宣夫

私は会計士として企業の監査をずっと続けてきて、ビジネスパーソンの方に接する機会がありました。そこで感じたことは、彼らが自分の家庭のことをあまりにも知らないことです。


鎌田恭幸

リストラだけでは、長期的に競争力のある経営はできない。企業と社会の利益は二項対立ではない。両者が同じ方向を向いている企業が求められるし、収益を出している企業も少なくない。企業のあり方がかなり変わってきたな、と感じている。


加藤一二三

福沢諭吉先生は、人間関係にも駒落ちを取り入れるべきとおっしゃっているんです。知識のある人が知識のない人に歩み寄ってこそ、円滑な人間関係ができる。僕はその話が大好きで、諭吉先生に尊敬の念を抱くようになりました。


岸見一郎

不幸にも感情的な物言いしかできない上司なら、部下のほうから上司の真意を引き出す働きかけが必要。感情的になっている人は、その自覚がないことがほとんど。「嫌い」という感情を、仕事の文脈に置き換えるのです。これも自分が成長するいい機会。上司のためではなく、自分のためだと思って接してみてください。たとえば「お前はどうしてこんなこともできないんだ!」と叱責されたとき、「あー、やっぱり嫌われてるな……」と嘆いたり落ち込んだりして終わらせるのではなく、「今回はすみませんでした。今後のために改善点を教えてください」と切り返してはどうでしょう。「そんなことは自分で考えろ」といわれるかもしれませんが、そこは食い下がっても大丈夫。部下が失敗を繰り返すとしたら、それは上司の管理責任や指導力が問われている証拠。問題は上司にあるわけですから、部下はアドバイスを求めていいのです。


永守重信

得意な商売をやっていてもこれだけ苦労しているわけです。一番得意な分野で勝負しても競争には負けることがあります。だから不得意な分野に進出して成功するとはなかなか思えません。それが得意分野に特化している理由のひとつです。


ドナルド・トランプ

ハードに働くのが好きな人間の元には、同じ倫理観の人間が集まってくる。