名言DB

9490 人 / 112001 名言

ジェームス・スキナーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェームス・スキナーのプロフィール

ジェームス・スキナー。アメリカ出身の経営コンサルタント、ビジネスセミナー講師。7つの習慣で有名なビジネス研修会社フランクリン・コヴィー日本支社の立ち上げを行った人物。著書の『成功の9ステップ』はビジネス書のロングセラーとなっている。

ジェームス・スキナーの名言 一覧

競争相手がやっていれば、あなたの会社が廃業に追い込まれてしまうことはなんだろうか。それを先にやることだ。自分たちの手で、今のやり方を廃業に追い込むことだ。


人生を最大限に生きよう。熱心に働けば働くほど生きることになるからである。行動をすればするほど、あなたの存在は大きくなり、あなたの松明(たいまつ)はそれだけ明るく燃えることになるのだ。


自分の夢に到達するまでの道が見えていなければ、行動を起こせばいい。あなたの支援をしようと現れてくる資源の多さに驚くに違いない。


子供にものを教える秘訣は、難しいことを簡単に話すこと。大人にものを教える秘訣は、簡単なことを難しく話すこと。


「やってみる」はダメだ!どっちつかずの行動はあり得ない。「絶対やるんだ!」というマスト(絶対に●●しなければいけない)状況に追い込めば成功するのは簡単。


やる気のある社員がもっと欲しければ、成長と貢献の機会をもっと彼らに与えることだ。


ジェームス・スキナーの経歴・略歴

ジェームス・スキナー。アメリカ出身の経営コンサルタント、ビジネスセミナー講師。7つの習慣で有名なビジネス研修会社フランクリン・コヴィー日本支社の立ち上げを行った人物。著書の『成功の9ステップ』はビジネス書のロングセラーとなっている。

他の記事も読んでみる

柿山丈博

仕事のやり方について学んだのですか、その方と比較すると、いままで自分は、仕事量や内容がきちんと整理してなかった点に気づかされました。そこで、時間帯を区切って仕事をすることに決めました。


岡崎富夢

MBA的なアプローチでは、オペレーションの向上とか、どう競合をやっつけるかとか、枠の中でどう勝つかを考える。しかし、現実は、既存の枠を外して考えることを求めている。


池谷裕二

仕事や勉強で期待通りの成果が出ないと、努力を続けることが虚しくなるものです。しかし、そこで諦めてしまうと成長も止まります。思うような成果が上がらない人は、まず勉強法を見直すことから始めてみましょう。


キケロ

人生を支配するのは幸運であって、英知ではない。


北澤艶子

私の商道は、細かい業務をコツコツ築き上げていくこと。こうしてお客様と信頼関係を築き上げることができる不動産業を私は天職だと思っています。時代の流れを勉強し、取り入れながら商道を守り、天職を全うしていきたい。


鈴木満(サッカー)

海外で活躍しているOBが、今いる若い選手たちと交流することで、チームの歴史や哲学が自然と伝わっていく。


前田晃伸

上に立つ人の仕事は、自主性の発揮しやすい環境を作ることだと思います。僕は若いころからずいぶん任せてもらいました。当時の上司は我慢してくれたんだと思います。いま任せる立場になって、そのことがよくわかります。仮に部下の仕事に首を突っ込みガミガミ言えば、部下はもう言われたとおりにやろうと思う。仕事を任せてもらえなければいいものを作ろうという気持ちにならない。


坪田信貴

「彼を知り己を知れば百戦あやうからず」。敵を知り尽くし、自分のことも理解すればどんな戦いも勝てる、という戦略の本質を突いた孫子の名言です。この言葉は、語句の「順番」も重要なポイント。まず敵を知り、その後で自分側の対策を考える、という順序が大切なのです。勉強で言うなら、学ぶべきものの全体像や資格試験の傾向、範囲などをまず知る。それから、自分に適した勉強法を選ぶのです。それにより、PDCAを「どう回すか」という最初の方針が決まります。


植木理恵

若い人には、やり方を見せて真似をさせる教え方もあります。どんな仕事でも、見よう見真似でやる部分はあります。営業部門の人が、若い人に営業を教える時には、営業現場に同行させて「見せる」ほうが、言葉で説明できない部分まで伝えることができるもの。何度か見せたら、少しずつ実際にさせてみましょう。


デール・カーネギー

話し上手になりたければ、聞き上手になることだ。興味を持たせるためには、まずこちらが興味を持たなければならない。


安宅和人

イシューを見極めるには、まず、「何のためにそれを検討しているのか」という目的をはっきりさせる。次に、「その目的の視点でカギとなる分岐点がないか」を見極める。目的というのは、例えば、「特定商品における営業効率の最大化」「販促効果の予測」などです。どんな文脈で何をしようとしているのかをはっきりさせる。決して、何となく始めないことが重要です。その目的が見えたところで終えてはダメです。漠然とした「ゆるい検討」になり、迷路に入ってしまう。今回の検討で何が本質的な分岐点なのか、つまり、何がイシューなのかを見極めることです。


佐藤章(経営者)

僕のポリシーは「隗より始めよ」。僕自身が先頭を走り、社員には「走りながら考えよ」と訴えている。