ジェームス・スキナーの名言

ジェームス・スキナーのプロフィール

ジェームス・スキナー。アメリカ出身の経営コンサルタント、ビジネスセミナー講師。7つの習慣で有名なビジネス研修会社フランクリン・コヴィー日本支社の立ち上げを行った人物。著書の『成功の9ステップ』はビジネス書のロングセラーとなっている。

ジェームス・スキナーの名言 一覧

競争相手がやっていれば、あなたの会社が廃業に追い込まれてしまうことはなんだろうか。それを先にやることだ。自分たちの手で、今のやり方を廃業に追い込むことだ。


人生を最大限に生きよう。熱心に働けば働くほど生きることになるからである。行動をすればするほど、あなたの存在は大きくなり、あなたの松明(たいまつ)はそれだけ明るく燃えることになるのだ。


自分の夢に到達するまでの道が見えていなければ、行動を起こせばいい。あなたの支援をしようと現れてくる資源の多さに驚くに違いない。


子供にものを教える秘訣は、難しいことを簡単に話すこと。大人にものを教える秘訣は、簡単なことを難しく話すこと。


「やってみる」はダメだ!どっちつかずの行動はあり得ない。「絶対やるんだ!」というマスト(絶対に●●しなければいけない)状況に追い込めば成功するのは簡単。


やる気のある社員がもっと欲しければ、成長と貢献の機会をもっと彼らに与えることだ。


ジェームス・スキナーの経歴・略歴

ジェームス・スキナー。アメリカ出身の経営コンサルタント、ビジネスセミナー講師。7つの習慣で有名なビジネス研修会社フランクリン・コヴィー日本支社の立ち上げを行った人物。著書の『成功の9ステップ』はビジネス書のロングセラーとなっている。

他の記事も読んでみる

上野金太郎

メルセデス・ベンツ日本トラック部門の立て直しと撤退を担当したことは、いい経験になりました。小さな会社を経営したのと同じぐらいの、大きな経験をさせてもらったと思っています。


柳井正

会社というのは毎日が創業です。そして、会社は危機の連続。だから、創業者精神がない会社はつぶれるんです。それはサラリーマン会社にしても、伸びているのは創業者精神を持ったところですよね。


矢作芳人

物事には必ずセオリーがあり、それを踏まえて勝負しないと勝てない。


横須賀てるひさ(横須賀輝尚)

やはりライバルの多い資格は苦労します。その点マイナーでニッチな資格なら、稼げるチャンスは十分にあります。分厚い資格本からどれがいいかと探す人も多いのですが、それよりも、今後どんな業界のニーズが高まるのか、自分にあった資格はどんなものか、という情報を得ることが大切です。


奥山清行

世界を相手にビジネスをするためには、日本は改めなくてはならない点もあると思います。端的に言えば、言葉でコミュニケーションすることを「悪」と思っているということです。多くの日本人は、自分の考えを主張することに無意識のためらいを感じます。しかしアメリカ人もイタリア人も、自分の考えを言葉で表明することに罪悪感を覚えることはまったくないといっていい。彼らは、言葉でしか伝わらないと思っているし、もっといえば、言葉でも伝わらないと思っています。


堺美保

独自性のある新しい生産技術で新しい差別化された商品をつくり、新しい事業力を発揮できる仕事をつくることこそメーカー本来の使命。


井川幸広

夢はただ見るのではなく、叶えようとする情熱を持たねばなりません。最初は小さくておぼろげでも良いのです。そこに向けて情熱を持って努力し、到達した時に、また次の夢が現れて来るでしょう。それを達成すると、更に次の夢が出てくる。そうやって夢が大きくなることは、自分の世界が広がり、器が広がったことの証です。


茂手木雅樹

当時、私の会社の事業自体は順調に伸びていました。海外展開を目指して中国の大連でBPO事業を立ち上げたのですが、ここで大変な労力を費やすことになり、1カ所でこれならば本格的な展開には時間がかかりすぎる、と感じたのです。上場して資金調達をするという選択肢もありましたが、よりスピード感を持って事業を進めるには、既にグローバルなネットワークを持つ企業のリソースを活用するのが一番であると考えました。

【覚え書き|アウトソーシンググループ傘下に入ったことについて】


佐藤優

特殊技能や能力を身につけて代替不可能な人材になるために、僕がおすすめするのが、いまの職種とは別ジャンルの肩書きを持つこと。たとえば、自動車の営業マンが、3級整備士を取得する。車の構造をわかっている営業マンと、そうでない営業マンでは説得力が違いますよね。僕の場合は、大使館の三等書記官を務めていたとき、モスクワ大学の客員講師の肩書きを持ちました。三等書記官レベルでは会えない大物に、大学の講師なら会える。それが本業で役に立ちましたね。


佐々木常夫

仕事で結果を出すには、選択と集中によるタイムマネジメントが大事です。すべてに全力投球していては、時間が足りず、身体ももたないので、手を抜く部分は手を抜きながら、大事な仕事に集中すること。


中松義郎(ドクター中松)

私には死んでいる暇なんてない。発明中のものの中には、すぐに実用化するものから、20年、30年かかるものまであるからね。死んだら完成しないでしょ。


松田友一

お客様の求めるものとズレたアピールの仕方をしても、まったくのムダ。したがって、「この商品のよさをわかってください」ではなく、まずは、お客様のニーズを引き出すことに力を注ぐべきです。


魚谷雅彦

このブランドが好き、このブランドと絆が強いということは、お客様がそのサービスや商品を使い続けたいと思う価値があるから。


カルロス・ゴーン

ミシュランは将来の幹部候補生が一日でも早く会社の一員になれるように、非常に効果的で、独特のシステムを採用していました。SPスタージュという社員研修のシステムです。このシステムでは、インストラクターの指導の下に、幹部候補生は全員三カ月間の研修を受け、寝食を共にします。そして、この間に生産、営業、販売、財務、海外業務など様々な分野に関して、その部門を率いるトップの人々から講義を受けます。つまり、研修生は会社のことや、会社を動かしているトップの人々について知ることができるわけです。


養老孟司

人間、頭ばかり使っているとおかしくなる。現代人は頭よりも、もっと身体を使うべきだ。


ページの先頭へ