名言DB

9425 人 / 110833 名言

ジェームス・ゴールドスミスの名言

twitter Facebook はてブ

ジェームス・ゴールドスミスのプロフィール

ジェームス・ゴールドスミス。フランス出身の英国実業家。親の財産を引き継ぎ投資でさらに財産を増やした。グッドイヤーの買収劇など数多くの仕手戦を仕掛けた人物。

ジェームス・ゴールドスミスの名言 一覧

私の最大の光栄は、一度も失敗しないことではなく、倒れるごとに起きるところにある。


ジェームス・ゴールドスミスの経歴・略歴

ジェームス・ゴールドスミス。フランス出身の英国実業家。親の財産を引き継ぎ投資でさらに財産を増やした。グッドイヤーの買収劇など数多くの仕手戦を仕掛けた人物。

他の記事も読んでみる

橋本和恵

話が長いお客様を煙たがる営業マンは多いですが、こういうお客様の話こそじっくり耳を傾けるべき。気持ちよく話すことで満足感と、こちらへの親近感をもってもらえば、その後の商談も運びやすくなるはずです。


太田彩子

会社から、「新しい提案を出してほしい」と言われたにもかかわらず、会議で自分のアイデアを叩かれたことがあります。せっかく提案したのに……と悔しい思いをしました。ただ、冷静に考えてみると、最終的なゴールは「自分の企画を実現すること」です。であれば、小さな失敗は気にせず、より良いものにするために他者からのダメ出しにも耳を傾けようと、気持ちを切り替えることができました。


池上彰

上手く話せるようになりたいなら、「この人は話が上手い」と思う人を見つけて、なぜその人の話が面白いのかを考えてみてください。


武田豊

どんな部署にいても、その時を大切に生きていく。これが大切だと思います。私は弓道をやっていますが、弓の昇段試合は二本の矢で勝負します。最初の一本を甲矢(はや)といい、後の矢を乙矢(おとや)といいます。甲矢で失敗して腐ってしまうと、乙矢まで失敗しがちです。甲矢を的から外したら、それはそれとして気持ちを切り替え、乙矢に勝負をかける。この乙矢が成功し、つまり一本だけ的に当たっただけで昇段するケースも時には出てきます。


柴田励司

ダラダラとした会議は時間のムダ。そのような場は、往々にしてダメ上司が仕切っているものです。だからといってコントロールできないというわけではありません。質問力を鍛え、上司から次々と言いたいことを早く引き出せばいいのです。ここで「俺のほうが優れている」と見せつけてはうまくいきません。


田原総一朗

本田宗一郎にしても盛田昭夫にしても、ゼロからの出発です。敗戦で何もなかったところから会社をつくって大きくして、その次の世代から右肩上がりになった。彼らが右肩上がりだから楽だったというのは大間違いだ。


鎌田薫

今はAIとかIoTが流行りですが、そういう時代になればなるほど、教育研究面でも、早稲田の伝統である「人間らしさ」を常に忘れないことが重要だと痛感しています。中学から高校・大学までは、自分の可能性の限界に挑戦できる、限られた貴重な時間です。我々も、学生の個性を最大限に伸ばせる教育機関を目指していければと思っています。


古川裕倫

嫌な上司のあまりに不愉快な言動には、「私のような者が申し上げるのはどうかと思いますが」「私が言うのもおこがましいのですが」という枕詞を付けてから、その旨をハッキリと指摘します。ダメ上司には日ごろから積極的に話しかけコミュニケーションを円滑にして、案件については一度だけでなく二度三度繰り返し説明するなど手間暇をかければいいでしょう。ここで注意したいのは、自分のためではなく、あくまで会社のためにもの申すことです。


濱川智

経済成長期は、均質なサービスで不特定多数の新規顧客を獲得し、シェアを拡大すればよかった。しかし、市場が縮小しているいまは、ターゲットを絞ってロイヤルカスタマーを増やし、収益を高めることが求められる。


羽田圭介

大学を卒業後、就職をしたのは、親を安心させるためと、サラリーマン生活を経験したほうが作家活動にもいい影響があると思ったからです。勤めて最初の3か月は仕事をしながら、小説もきちんと書いていたんです。でも、会社で仕事の力の抜き方を覚えていったら、小説も書く努力をしないようになってしまって。小説を書くのに、社会人経験はじつはそれほど必要ではないなと思ったんです。幅広い経験をしようと思っても、日々の仕事って、じつはルーチン。たとえこれまでにない経験をしても、次第に自分のなかではルーチンになっていく。学生時代にデビューして、就職していないのにもかかわらず、ずっと面白い作品を書き続けている先輩作家さんたちもいます。そこで、背水の陣で専業作家に挑もうかなと。会社員生活もそれなりに楽しかった。でも「このままでは書かなくなるだろうな」という不安があって。