名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジェームス・ゴールドスミスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェームス・ゴールドスミスのプロフィール

ジェームス・ゴールドスミス。フランス出身の英国実業家。親の財産を引き継ぎ投資でさらに財産を増やした。グッドイヤーの買収劇など数多くの仕手戦を仕掛けた人物。

ジェームス・ゴールドスミスの名言 一覧

私の最大の光栄は、一度も失敗しないことではなく、倒れるごとに起きるところにある。


ジェームス・ゴールドスミスの経歴・略歴

ジェームス・ゴールドスミス。フランス出身の英国実業家。親の財産を引き継ぎ投資でさらに財産を増やした。グッドイヤーの買収劇など数多くの仕手戦を仕掛けた人物。

他の記事も読んでみる

内藤忍

私がお勧めするのは、服をまとめ買いをして、お店の店員と仲良くなることです。多くの人は、一回の買い物で一着だけを買うことが多いと思います。しかし、そうやって買っていくと、好きな色の洋服ばかり買うことになり、結果的に洋服ダンスに同じような色の服が並ぶことになります。気に入ったお店の気に入った店員を見つけたら、その人を指名して、すべての服をその人から購入し、管理までお願いしてしまう。つまり、店員を自分のスタイリストにしてしまうのです。まとめ買いは、一見高くつきそうですが、ムダな洋服を買わなくなり、結局はお得。大切なお得意さんとして、踏み込んだアドバイスもしてもらえるし、一石二鳥です。とくに、洋服を選ぶのが苦手な人や、センスに自信がないという人は、店員を上手に活用すると良いでしょう。


高田明(ジャパネットたかた)

今を一生懸命生きていれば、必ず挑戦しなければならないことに遭遇します。それを乗り越えることで人は成長しますし、悔いの無い人生だったと思うことができる。


田中マルクス闘莉王

自分の責任で思い切って生きてきた。だからこの36年間本当に悔いはない。


小林学(ism)

SEOだけではなく、会社経営においても一時的な利益追求などせず、長期に継続していくことを大切にしています。


若生正廣

野球で実際にプレーするのは選手たちです。彼らが自ら動かなければ、いいプレーはできません。もっと選手たちの自主性を引き出さなければならない。


姫野友美

甘いものを食べると脳にエネルギーが補給され、シャキつとすると思われがちですが、糖分の摂りすぎは逆に脳の働きを悪くします。お菓子やジュース、缶コーヒーに入っている糖分は意外と多く、摂取すると急激に血糖値が上昇します。すると体内ではインスリンが多量に分泌され、血糖値を下げようとするため、集中力の低下や疲労感、眠気を引き起こします。脳はこの状態を糖分が足りないと判断。また甘い物がほしくなって、つい食べてしまいます。これでは血糖値が乱高下して、よけいイライラが増す悪循環に。インスリンの過剰分泌は脂肪がつきやすくなるうえ、糖尿病や高血圧の原因にもなりますので、甘い物は要注意です。


秋田正紀

紳士売り場の改装の失敗は、前のものを引きずってしまったからなんですね。新しいコンセプトを決めていたのに、過去のしがらみや実績を優先させてしまったために、コンセプトが不明確になってしまいました。


本田有明

プレーヤーとして優秀な上司が部下を育てられない理由のひとつは、自分が優秀だから他人に任せるとまどろっこしいということです。それで、勘所にくると、自ら乗り出して受注に持ち込んでしまう。教える暇がないのです。最近はここに別の事情が加味され、より面倒なことになっています。年功序列が崩れ、場合によっては後輩が自分を追い抜くかもしれない。できる部下なら、ライバル会社に引き抜かれる恐れもある。だから、契約の取り方など虎の巻的な知恵を簡単に授けてしまうわけにはいかないと考えてしまうのです。


向井秀徳

「何者でもなかった自分が何者かになりたい」という一心で曲を作っていた。


堤幸彦

自分の原点に戻ることができる拠り所があれば、人はそう簡単に揺らがない。芯となる部分に気づけば、発想ひとつで、辛さは楽しさに変わる。


山口隆祥(山口隆祥)

先日も社員がイベントで何をやりたいのかをお客様におうかがいし、店舗や代理店がお客様に声をかけて、料理教室やバーベキュー、流しそうめんなどを行いました。商品を買う、買わない関係なしに、お客様も一緒になってイベントを企画して楽しむのです。高齢者にはこうした企画が必要なのです。サービスステーションは単に商品を売る場所なのではなく、コミュニティを形成する場でもある。そうやって、高齢者を通じて日本の社会を元気にするきっかけを提供していければ、と思っています。


宇佐美進典

主力事業の取引先から契約を解消された時は大変でした。しかし、それが会社の転機になったのです。「この事業に期待できないなら、新しいことに挑戦しよう!」と考え、アドテクノロジーの基盤となる事業に取り組み始めました。結果的にそれが成功。今ではアドテクが売り上げの半分以上を占めています。