名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジェームス・ギャンブルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェームス・ギャンブルのプロフィール

ジェームス・ギャンブル。アメリカの起業家。P&G(プロクター・アンド・ギャンブル)の創業者の一人。アイルランドで石鹸商の家庭に生まれる。大学卒業を機に渡米し、結婚。妻の兄であるウィリアム・プロクターとともにプロクター・アンド・ギャンブルを創業。石鹸とロウソクの取り扱いから開始し、同社を世界的な家庭用品メーカーへと成長させた。

ジェームス・ギャンブルの名言 一覧

満足な仕事ができないと思ったときは、素直に自分のレベルに合った仕事を探しなさい。たとえそれが石割りであったとしてもである。


ジェームス・ギャンブルの経歴・略歴

ジェームス・ギャンブル。アメリカの起業家。P&G(プロクター・アンド・ギャンブル)の創業者の一人。アイルランドで石鹸商の家庭に生まれる。大学卒業を機に渡米し、結婚。妻の兄であるウィリアム・プロクターとともにプロクター・アンド・ギャンブルを創業。石鹸とロウソクの取り扱いから開始し、同社を世界的な家庭用品メーカーへと成長させた。

他の記事も読んでみる

河野英太郎

対顧客にも言えることですが、意識的に相手と言葉を揃えることが大切です。つまり、相手の方言を真似ることです。その人の口癖や、その会社で流通する独特な社内用語、業界用語を自分のものにするだけでコミュニケーションは飛躍的に向上し、一体感・連帯感が高まります。


大田正文

勉強会などプライベートな場でできる人脈は一生モノ。


宮本彰

キングジムは将来どこへいくのか私にも分かりません。自由闊達な会社なので、モノマネでなければGOサインを出します。新しいモノを次々と出して、チャレンジを続けていきますよ。


永守重信

最近私は、役員や子会社幹部らに経営に対する取り組み方として、3つのことを言い続けている。「ハンズオン」「マイクロマネジメント」「任せて任さず」だ。ハンズオンは、様々な課題を経営者が現場と一緒に解決していくということ。「やっておけ」と投げっぱなしにすることなどは論外だ。マイクロマネジメントは、現場のあらゆる課題を経営者が判断するということ。任せて任さずも同じ。権限委譲はする。しかし、放任はだめだ。任せるけれども、常に注意深く見ておけということだ。


長谷川夕也

お客様にとって変えてはいけない部分は旧来の体制を維持し、変えなければいけない部分は果敢に変える。


三枝匡

ミスミの社長を任されたあと、現場を歩き回りながら、ハタと気づきました。「この会社は商社なのに、こんなに外注してしまったら会社に何が残るのか」と。お客様のニーズを肌感覚で吸い上げ、クレームで叱られたらその学びを最大限に生かすという「お客様との貴重な接点」をすべて人任せにしていました。そこで社長就任後、長く続いてきたアウトソーシング方針をひっくり返しました。「持たざる経営」から「持つ経営」に大きく振り子を戻したのです。


佐渡島庸平

僕は誰かをコントロールしようと思いません。もちろん、相手が期待どおりに動いてくれればいいな、と望みはしますが、それとコントロールしようとすることとは違います。


坂本孝

これまでは、料理人は店の売上げには関与しないのが一般的でした。損益には責任を持たない代わりに、メニューを自由に組み立てる権限もなかったのです。しかも、効率を重視する経営側からは、「新たなメニューは作らずに現状維持でいい」と指示される。また、原価率は20%と決められており、これを超えると料理人の給料から補てんする高級店もあったようです。このような環境では、料理人の腕を発揮できないばかりか、原価や味に妥協しなくてはならないことも多く、料理人の不満は募る一方だったようです。そんな彼らが当社でメニュー作成の裁量を与えられ、店の売上げに責任を持つようになったのです。彼らにとってはこの状態がおもしろいらしく、ミシュランの星つきクラスの料理人が大勢当社に集まってきました。これまで料理の提供に専念していた料理長が、「俺の~」では閉店後に自分のつくったメニューの売行きをチェックし、売行きによっては翌日からメニューを変えるなど対応しています。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

皇居前にパレスホテルがあるよね。リニューアル・オープンして、大評判になった。個人消費の低迷で宿泊客が減り、一時はいろいろなことに手を出していたけれど、その時期は自分ブランドが揺らいでいたんだよ。でも、原点に戻り、開業時のレストランメニューやバーを復活させて、見事にブランド力を取り戻した。信用というのは、ブームに左右されたり、目先のことを追いかけてばかりいたら、絶対に築けないものなんだ。


近藤大輔

たしかに、東京のトップレベルに比べたら、地方のセンスや作品のレベルは劣るかもしれません。でも、本気で取り組めば、東京でルーティンにやっているような作品は確実に越えられます。技術やセンスの差は、熱意で十分埋められるものだと思います。


山本明弘

なぜ我々信組が地域に必要かと言うと、企業の中には赤字、債務超過、担保がなく、地銀さん以上では融資ができないけれども、技術力を持ったところがあります。これらの企業は日本を成長させるために必要な企業です。これを応援していくのが信組の仕事です。


石川康晴

人間関係の悪い部署は絶対に利益が出ない。反対に関係性がいい部署は利益が上がってくる。人間関係の質が結果の質につながる。