名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ジェームス・ギャンブルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェームス・ギャンブルのプロフィール

ジェームス・ギャンブル。アメリカの起業家。P&G(プロクター・アンド・ギャンブル)の創業者の一人。アイルランドで石鹸商の家庭に生まれる。大学卒業を機に渡米し、結婚。妻の兄であるウィリアム・プロクターとともにプロクター・アンド・ギャンブルを創業。石鹸とロウソクの取り扱いから開始し、同社を世界的な家庭用品メーカーへと成長させた。

ジェームス・ギャンブルの名言 一覧

満足な仕事ができないと思ったときは、素直に自分のレベルに合った仕事を探しなさい。たとえそれが石割りであったとしてもである。


ジェームス・ギャンブルの経歴・略歴

ジェームス・ギャンブル。アメリカの起業家。P&G(プロクター・アンド・ギャンブル)の創業者の一人。アイルランドで石鹸商の家庭に生まれる。大学卒業を機に渡米し、結婚。妻の兄であるウィリアム・プロクターとともにプロクター・アンド・ギャンブルを創業。石鹸とロウソクの取り扱いから開始し、同社を世界的な家庭用品メーカーへと成長させた。

他の記事も読んでみる

小池利和

海外販売会社の資産は、「ヒト」「在庫」「売掛金」の3つに絞られる。特に、どれほど古い商品の在庫を抱えているか、売掛金の支払い遅延は発生していないかどうか。この2つは、新興国で生き残る上で欠かせない指標になります。


マツダミヒロ

相手の選択肢を奪わないことが大切です。たとえばセールスマンに、「これ買っておかないとダメですよ」と言われるより、「(買うかどうかは)どちらでもいいですが、私が力になれることはありますか?」と選択肢を与えられたほうが相手に安心感を持てますよね?


最上悠

本音を言わない人には、タイミングを計ってアプローチをするのもいいでしょう。機嫌のよいときに話をすると、思いのほか、相手との距離を縮めることができたりします。


渋谷陽一

パンクの初期の時代にワイヤーというバンドが「楽器はバンドをつくってから覚えればいい」という名言を残していますが、僕の場合は「編集は雑誌をつくってから覚えればいい」でした。
【覚書き|ゼロから雑誌を創刊したときを振り返っての発言】


中島聡(ソフトウェアエンジニア)

充実のさせ方は人それぞれですが、僕の場合は「面白い仕事をする」ことで充実させています。自分にしかできないこと、自分が得意なことだけをするのです。自分が不得意なこと、自分では役に立てないことはしないようにしています。


池谷裕二

私が研究生活を続ける中で、はじめて「サイエンスの研究とは、本当はこういうものだったのか」と実感したのは、2年間、コロンビア大学に留学していたときでした。世界中から集まって来た最先端の研究者たちを観察していたら、日本のサイエンティストたちとは「集中力」と「議論をする力」が根本的にちがうな、と気づいたのです。日本の大学では、食事や休憩のときに研究の話をはじめると「おい、メシの時ぐらいは研究の話はやめようや」と面倒なやつのような扱いをされたけれど、コロンビア大学では、四六時中、ものすごく濃く研究についての議論をしていました。私は幸い、自分の関わるジャンルにおいて、まさに世界最先端と言える研究室に留学できたのですが、そこでは世界最先端とはいえども研究している時間そのものはそれほど長くはなくて、とにかく、議論によって濃い時間を蓄積しているのだ、と自分なりにはわかりました。結局、アイデアは、コミュニケーションからしか生まれないようなのです。


松田晋之介

世界一になるのであれば、他の人と同じやり方をしたら、絶対勝てない。


カント

成功に至る第一歩は、自分が心で何を望んでいるかを見つけ出すこと。それがはっきり分からないうちは、何を期待しても駄目。


梯谷幸司

「お金儲けは悪いこと」「私はお金のために働いているわけではない」と考えているうちは、大きな利益を生む発想などわきません。大事にしている価値を洗い出し、その優先順位を上げ下げすることで「自分を動かすプログラム」を作りましょう。


山本卓眞

突破力を身につけるには、得意分野を掘り下げなくてはいけない。


堀場厚

失敗を財産にしよう。人は失敗すると、そのことに蓋をしたり、忘れてしまおうとしたりするものですが、それが逆に敗因になることがよくある。勝った時より負けた時に、原因や経過を分析することが大切。しっかり分析準して、次は同じ過ちを犯さないように。


西出雅弘

デザイン性や構造面のほか、例えば室内のコンセントの設置場所や床からの高さ、洗面所のタオル掛けの位置にまでこだわっている。なぜならそうしたこまやかな配慮が、入居者様の「住み続けたい」という気持ちにつながるからです。