ジェームス・ギャンブルの名言

ジェームス・ギャンブルのプロフィール

ジェームス・ギャンブル。アメリカの起業家。P&G(プロクター・アンド・ギャンブル)の創業者の一人。アイルランドで石鹸商の家庭に生まれる。大学卒業を機に渡米し、結婚。妻の兄であるウィリアム・プロクターとともにプロクター・アンド・ギャンブルを創業。石鹸とロウソクの取り扱いから開始し、同社を世界的な家庭用品メーカーへと成長させた。

ジェームス・ギャンブルの名言 一覧

満足な仕事ができないと思ったときは、素直に自分のレベルに合った仕事を探しなさい。たとえそれが石割りであったとしてもである。


ジェームス・ギャンブルの経歴・略歴

ジェームス・ギャンブル。アメリカの起業家。P&G(プロクター・アンド・ギャンブル)の創業者の一人。アイルランドで石鹸商の家庭に生まれる。大学卒業を機に渡米し、結婚。妻の兄であるウィリアム・プロクターとともにプロクター・アンド・ギャンブルを創業。石鹸とロウソクの取り扱いから開始し、同社を世界的な家庭用品メーカーへと成長させた。

他の記事も読んでみる

鈴木哲夫

リーダーに問われているのはどうやって会社を変革させるかという点です。本業を伸ばせば業績が上がった時代は過去の話。世の中の変化を先取りし、事業だけでなく、企業体質そのものを変えていく力が求められている。


山崎奈保子

薄く頭を働かせてダラダラと仕事をしていても時間効率が悪くなるばかり。それでは組織としてもよくないので、スタッフにもコアタイムを決めるようにと話しています。私の場合ですと、毎朝、その日のスケジュールを見て、1時間半~2時間ほどまとまった時間がとれるところをコアタイムと決めて、集中力を高めて仕事をします。


源氏鶏太

ユーモアとは人生の薬味である。同じそばを食べるにしても、そこに薬味を入れたのと入れないのとでは味に雲泥の差がある。薬味の入っていない人生では、味わいが薄い。


武田國男

日本人である限りは、日本の地位向上のために何かひとつでも貢献していく。このことを日本人の一人一人が真剣に考えて欲しい。


伊藤惇夫

取引でも相手企業の生い立ちを把握していないと、いい戦いはできない。「創業者が誰で、回復の立役者は誰なのか」などを知れば、企業の強みと弱みが浮かび上がってくるはず。


理央周

話が長い人は、前置きや説明が長かったり、話が横道にそれたりして、なかなか結論までたどりつかない人が多い。まず要件を聞くようにすることが第一ですね。でも、相手が目上の人であれば、なかなかそういうわけにもいかないので、話がそれたら質問でうまく切り返して、話を本筋に戻させる。「なるほど。それが先ほどの話につながるんですね?」という具合ですね。


藤屋伸二

企業経営に必要なマネジメントの条件を学ぶと、ヒト・モノ・カネの仕組みが分かる。中でも仕事に求められる「認識」「構想」「構築」「運営」の基礎知識を身につければ、組織内での自分の役割や問題の原因を特定でき、仕事の効率改善になる。


前畑秀子

優勝できなかったら、帰りの船から飛び込んで死ぬしかない。しかし自分は泳げる。さてどうやって死ぬか。
【覚書き:ロス五輪で惜しくも優勝を逃し、今度こそはと挑んだベルリン五輪直前の気持ちを振り返っての言葉。ベルリン五輪出場時22歳。ベルリン五輪では見事金メダルを獲得】


青木宣親

妥協せずにいると、シーズン終了時にはいつも新たな課題がみつかるんです。成績とは別に、必ず良かった点と悪かった点が出てくる。それを来シーズンに向け、オフから課題を潰していくわけです。


朝倉千恵子

本心を言うと嫌われると思うから、言う前に諦めてしまうんです。でも、言い方さえ工夫すれば、怒るお客様はいません。たとえば「ひとつだけお聞きしてもいいですか」などと前置きしたうえで、「今日の話で、商品に対する興味を抱いていただけましたか」と聞いてみる。その際、「悪いけど興味ないわ」と言われたら、「どんな商品なら興味がありますか」と踏み込む。オブラートにばかり包んでいるから、回数を重ねても最後には断られてしまうのです。「本心には無駄がない」ということを知って、踏み込むことが大切です。


テリー伊藤

逆転は座して待っているだけでは起こり得ない。当然、今こそやっておくべきことがある。それは逆転のための準備。花を咲かせるための準備だ。


アンジェロ・ボナーティ

製品が持つ本質的な価値に軸足を置き、ブランドを育成する方法は時間がかかります。イタリアの歴史ある建築物は、ひとつひとつ石を積んでしっかりした基盤を作ってあります。ブランドも同じです。しっかりした基盤をつくることが強いブランドを育てます。


佐藤康光

誰かや何かのせいにするのではなく、すべてを受け入れたうえで最善の戦い方をすることが大切。


佐藤優

よく仕事仲間とは頑なに飲みに行かないと決めている人がいるけど、もったいない。自分の行動に壁を作って、いろんな誘いを断っていたら、面白い人や自分を成長させてくれる人に出会う確率は確実に減るでしょう。結局、仕事も人生もつまらなく、細いものになっていくんじゃないでしょうか。


大塚周一

お金をかけてドカーンと設備投資して勝負するという会社は、投資の能力がなくなった途端に勝てなくなってしまう。


ページの先頭へ