名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジェームス・カルダーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェームス・カルダーのプロフィール

ジェームス・カルダー。オーストラリアの働き方改革コンサルタント。

ジェームス・カルダーの名言 一覧

経営者がビジョンを掲げ、自分たちに合った戦略と計画を立てることが重要。人まねはダメ。


書類が散乱している様子を見ると、過去にしがみついているように思えます。不要になったパソコンも見られ、日本のオフィス環境には、進化というより、革命が必要ではないでしょうか。


ジェームス・カルダーの経歴・略歴

ジェームス・カルダー。オーストラリアの働き方改革コンサルタント。

他の記事も読んでみる

藤井孝一

わかりやすく伝えるには、自分がその本の内容を的確に理解しなければなりません。そこで意識してほしいのが、内容を要約しながら読み進める習慣です。「この項目では、章では、何が言いたいのか」を考えながら読むことで、書籍のエッセンスを簡略化して述べる力を鍛えることができます。頭の中だけで要点をまとめるのが苦手だという方は、図解を使って、A4サイズの紙に内容を整理しながら読書してみるのもいいかもしれません。要点をまとめる作業を通じて、物事を抽象化するスキルが身につくので、さらに深く書籍を理解できるでしょう。


古森重隆

私は、この危機を乗り越えるために生まれてきたのだ。


中村好文

自分の仕事にとってのひとつの転機になったのは、40代の後半になってから雑誌に連載した『住宅巡礼』です。20世紀の名作住宅をひとつひとつ訪ねてルポルタージュを書くというものでした。400字詰の原稿用紙で20数枚というまとまった文章を書くなんてはじめてでしたからね。それが最終的には19回分の連載になったので、大変さは半端じゃなかった。世界各地の名作住宅を、ほとんど一人旅で30軒ぐらい訪ねて回りましたね。旅費と宿泊費が取材費を大幅に上まわって、毎回、大赤字だったけど、その経験で得たものは、自分にとってはお金なんかに換算できない生涯の財産になりました。この連載をきっかけにして、文章を書くことが僕のもうひとつのライフワークになり、自分の進むべき文章の世界の扉が開いたんですよ。


堀之内九一郎

浜松でホームレス生活を始めたときも楽しかった。客観的に見れば、どん底だったのでしょうが、私自身はすごく楽しかった。ホームレスの当時は、実際にお金がなかった。ご飯に味噌汁をかけて食べるのがご馳走だったし、銭湯に入るのもままならないときがあった。けれども苦にはならなかった。ホームレスをお金のないどん底生活としてとらえるのではなく、次への準備を兼ねた短期のキャンプ生活としてとらえたことで、私はホームレス生活を楽しく過ごし、起業へつなげることができた。


大塚寿

雑談のセオリーは「相手が喜ぶ話題を振る」「素朴な疑問を投げかける」「共通の話題を振る」の3つです。


夏野剛

摩擦こそがイノベーションの源。


長良淳司

障がいのある方々と接する中で感じたことは、障がいの有無と仕事の能力は関係がない、ということです。つまり、障がいがあるから、仕事の能力が低いというわけではなく、むしろ、能力の高い人も沢山いるということです。ただ、障がいがあるために、その高い能力や向上心などを活かし切れていない人がいることに気がつきました。その体験が、今の仕事に就くきっかけになりました。


柳澤裕之

特別なエクササイズをしなくても、目的の駅の1駅前で降りて歩くなど、日常の運動量を増やすだけで、運動不足や疲れやすさは改善します。


ゲーリー・ベッカー

世界は変わり続けており、常に新しいことを学び続けなければなりません。


益田ミリ

描きあがったマンガを友達や家族がどう評価するか、まったく気にならないんです。描き始めたころから、不思議とそれはずっと変わりません。たとえば『すーちゃん』は終わり方があっさりしているため、「ぷつんと終わっちゃったね」とよく言われました。でも、自分では「いや、これで合ってますよ」と思っていたんです。子供のころから自信もないし、目立たない存在でしたが、なぜかマンガに関しては迷いがないんですよね。周りの意見が気にならないからこそ、描き続けられるのかもしれません。


坂本孝

目に見えない絶対的な法則がありましてね。死ぬほど努力をした人に神様は必ずご褒美をくれるんです。


久代敏男

毎年、毎年、適性要員化というのばかりやってきました。希望退職の募集や指名解雇などはまったくせず、取引先や関係団体に受け皿をつくって、出向なり転籍という形で、人を減らしてきました。人事とは、人間が相手だから、義理人情の世界です。人間って論理で負けたら、怨念しか残さないんです。でも、全人格的に負けたら、子分になってしまいます。
【覚書き|人事部長時代を振り返っての発言。水産部門のリストラでは従業員を路頭に迷わせないよう活動したことを語った言葉】