名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ジェン・スン・ファン(ジェンスン・フアン)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェン・スン・ファン(ジェンスン・フアン)のプロフィール

ジェン・スン・ファン(ジェンスン・フアン)。台湾系アメリカ人経営者。「NVIDIA(エヌビディア)」共同創業者。台湾・台南市出身。オレゴン州立大学卒業、スタンフォード大学修了。LSIロジック、アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)などを経てエヌビディアを設立。

ジェン・スン・ファン(ジェンスン・フアン)の名言 一覧

優先順位が一致しない時の考え方はこうです。「エヌビディアがやりたいこと」ではなく「エヌビディアがやるべきこと」を選ぶのです。


人間はいくらでもチャンスに遭遇します。企業もそうです。コンスタントに、絶えず出合っている。それを手繰り寄せるためには何が必要か。「常にチャンスに対して神経をとがらせておくこと」「思慮深くあること」そして、「準備をいつも整えておくこと」。この3つが必要でしょう。しかし、一番大事なのは意思。なぜなら、チャンスをつかむには犠牲が必要ですから。


我々には新しいものを学ぶことが好きなエンジニアがそろっている。伝統に対しても挑戦的だ。


ラッキーだったのは、AIがブレークスルーになることに素早く気付けたこと。ディープ・ラーニングによって、将来どんなことができるのかを想像することができたのだから。


我々の組織は完全にフラットで階層はほとんどありません。私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。強いリーダーが先を示すことで、エヌビディアにいる素晴らしい才能を持つ人材がその力を十分に発揮できるのです。


我々のライバルはびっくりするような産業から現れるのではないかと考えています。その相手が最も手強いでしょう。エヌビディアはもともとグラフィックの会社でした。それがAIのリーダーになり、自動運転車を開発するなんて誰が想像したでしょう。そのような存在が、また現れるはずです。


他のチャンスを諦めました。例えば、スマートフォン向けのビジネスはもっと追求できた。ゲーム機とタブレットを開発するチャンスもあった。でも、それらからは一歩引きました。多くのチャンスを失いましたが、その犠牲によってAIにフォーカスできた。AIがもたらす恩恵はすさまじい。一生に一度のチャンスですよ。絶対にフォーカスしなければならないと思いました。


技術的な要素だけがチャンスとして訪れるわけではない。時には市場で通遇することもある。取引先からの情報がチャンスになることもある。ただ、そのチャンスをチャンスとして認識して企業を変革するのは、CEOの責任です。なぜなら、チャンスを掴むには犠牲を伴うからです。企業として投資できる資金には限界がある。投資を増やせば、当然、既存事業が手薄になります。また、別の新規事業に注いできた力を緩める必要も出てくる。


当社にAIラボというプログラムを設け、世界中のAI研究者を支援することを決めました。米国のスタンフォード大学や英国のオックスフォード大学、東京大学など世界中の大学を今では支援しています。ベンチャー企業もそうです。世界で2000社をサポートしています。我々のテクノロジーをベンチャーに提供し、アイデアを共有し、AI関連企業が一日でも早く成長する支援をしています。結果的にそれが市場を早く広げることになるでしょう。


戦略のひとつは、ディープラーニング向けに作り変えた製品を、AIのプラットフォームにすること。言い換えれば、誰にでも使える環境ということ。そのために、「GeForceTITAN(ジーフォースタイタン)」シリーズという製品を開発しました。比較的安価で、どの企業でも導入できるようにしようと。つまり、世界中でどこでも誰でも使える製品がまず必要だと思ったのです。製品だけではなく、ソフトウエアもそうです。自前でディープラーニング向けのソフトウエアを組み込んだGPUを世界中で展開しました。


ディープラーニングは新しいアプローチですから、変えなければならない点がたくさんありました。GPUのアーキテクチャーからコンピューターシステムのアーキテクチャー、演算のアルゴリズム、ソフトウエアの開発ツール、その使い方、ノウハウまで、全てを変えなければならなかった。ですから私はエンジニアたちに「全員がディープラーニングを学んでくれ」と伝えたのです。(AI事業の将来性の)発見から5年ほどたった今、エヌビディアは社員全員がAI関連の仕事をしています。


我々は深く考えました。このディープラーニングという手法は、単に新しいアルゴリズムではない。ソフトウエアの開発を革命的に変え得るものであると。全く新しいコンピューターへのアプローチなのだと。過去50年間で全く解決できなかった多くの問題を解決できるものだと。興奮しましたよ。この(AI)事業に気付いた時は。そこから、全社でディープラーニングを追求する方向に動いたわけです。


いかに美しいか、いかに居心地がいいか。将来、クルマは居場所、リビングルーム、書斎、娯楽室になります。クルマというものが、単純にA地点からB地点に行くための移動手段ではなくて、「居たい場所」へと変わる。だからこそ、自動車産業の将来というのは、自動車メーカーにとって非常にエキサイティングだと思います。現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。


ジェン・スン・ファン(ジェンスン・フアン)の経歴・略歴

ジェン・スン・ファン(ジェンスン・フアン)。台湾系アメリカ人経営者。「NVIDIA(エヌビディア)」共同創業者。台湾・台南市出身。オレゴン州立大学卒業、スタンフォード大学修了。LSIロジック、アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)などを経てエヌビディアを設立。

他の記事も読んでみる

スティーブ・ジョブズ

大事なのは量より質。2塁打2本より、1本のホームランの方がずっといい。


江上治

覚悟を決めた人に応援者は現れる。


小林一三

人生に勝利するには、何より勝つ心がけが必要である。人が八時間働くなら、十五時間働く気概、人がうまいものを食べているときには、自分はうまいものを食べないだけの度胸がなければいけない。


江島祥仁

愚直にずっとやり続けている人の方が長続きする。長い目で考えると、そういう人がリーダーになっている。私は「愚直」という言葉が好きです。成功している人というのは、やはり愚直にやっている。


福川伸次

日本は明治時代、イノベーションを「技術革新」と解釈したので、技術開発に焦点が当たっていますが、シュンペーターのいう「創造的破壊」、イノベーションは、もっと広範囲な意味を持っています。今は、シュンペーターのいう創造的破壊、イノベーションを加速しなければいけない時期です。


樋口武男

私は「かきくけこが大事や!」とよく言います。「感動」「興味」「工夫」「健康管理」「恋」の頭文字。恋ってのは別に異性を好きになれじゃない。したり顔でわかったふりをするのではなく、純粋に前のめりに「ときめけ!」ということ。


鎌田富久

経営には「ロジック」と「アート」の部分があります。「ロジック」は経営や会計の本を読めばわかるといったハウツーの部分。一方の「アート」は職人的というか、本を読めばすぐにわかるということではない部分。昔なら名人のところに弟子入りして身に付けていました。一流のプロのスタイルを近くで見ながら自分のスタイルを作っていかないといけない。経営がうまくいくには、その部分が必要です。


福嶋康博

まず3回挑戦してみるという姿勢が必要です。例えば、挑戦して壁にぶつかり、もう一度挑戦してまた壁に直面したとします。しかし、大抵のことは3回挑戦すれば叶うものです。


堀田力

継続的、恒常的に、みんなが自分のできることを少しずつやって助け合っていく社会にしていきたいというのが私たちの願いです。


矢島里佳

伝統産業に興味を持ったのですが、学生だったので頻繁に旅行には行けないし、女子大生が訪ねていって職人さんたちの貴重な時間をいただくのも申し訳ないという気持ちがありました。でも、やっぱり直接会ってお話をうかがいたい。いろいろ考えた結果、自分がジャーナリスト志望だったことを思い出しました、プライベートで無理なら、仕事をつくって取材でお話を聞きに行こうと、企画書をつくって、業種に関係なくとにかくいろんな大人の方に渡しました。そうしたら、JTBさんをご紹介くださった方がいて。会報誌をつくるタイミングだったので、「各地の職人さんたちの魅力を伝えて、その地域に行きたくなるような記事だったらいいよ」と連載のお仕事を任せていただきました。


小倉昌男

トップが自分たちの働いている現場に姿を見せると、それだけで社員の士気が高まる面もある。トップがどこか遠いところにいるよりも、身近なところにいるように感じられたほうが、同じ組織の一員としての一体感が生まれるのは当然だろう。現場を訪れればこちらの人間性や考えを伝えるだけでなく、社員たちが考えていることや業務の実態などもしることができる。現場というのは行けば必ず何かを教えてくれるものなのである。


長谷川和廣

これからの世の中で絶対に伸びない人は次の4つのタイプです。「怠惰・ルーズな人」「信用がない人」「弱い者に高圧的に接する人」「チャンスを目の前にしても行動を起こさない人」。私はこれらすべての人を横着者と呼んでいます。高度成長期では、このような人たちでも無難に定年を迎えられました。なぜなら、世の中がどんどん成長する上りのエスカレーターのような時代だったからです。立っていれば世の中が勝手に上の方まで運んでくれたのです。