名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

ジェン・スン・ファン(ジェンスン・フアン)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェン・スン・ファン(ジェンスン・フアン)のプロフィール

ジェン・スン・ファン(ジェンスン・フアン)。台湾系アメリカ人経営者。「NVIDIA(エヌビディア)」共同創業者。台湾・台南市出身。オレゴン州立大学卒業、スタンフォード大学修了。LSIロジック、アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)などを経てエヌビディアを設立。

ジェン・スン・ファン(ジェンスン・フアン)の名言 一覧

優先順位が一致しない時の考え方はこうです。「エヌビディアがやりたいこと」ではなく「エヌビディアがやるべきこと」を選ぶのです。


人間はいくらでもチャンスに遭遇します。企業もそうです。コンスタントに、絶えず出合っている。それを手繰り寄せるためには何が必要か。「常にチャンスに対して神経をとがらせておくこと」「思慮深くあること」そして、「準備をいつも整えておくこと」。この3つが必要でしょう。しかし、一番大事なのは意思。なぜなら、チャンスをつかむには犠牲が必要ですから。


我々には新しいものを学ぶことが好きなエンジニアがそろっている。伝統に対しても挑戦的だ。


ラッキーだったのは、AIがブレークスルーになることに素早く気付けたこと。ディープ・ラーニングによって、将来どんなことができるのかを想像することができたのだから。


我々の組織は完全にフラットで階層はほとんどありません。私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。強いリーダーが先を示すことで、エヌビディアにいる素晴らしい才能を持つ人材がその力を十分に発揮できるのです。


我々のライバルはびっくりするような産業から現れるのではないかと考えています。その相手が最も手強いでしょう。エヌビディアはもともとグラフィックの会社でした。それがAIのリーダーになり、自動運転車を開発するなんて誰が想像したでしょう。そのような存在が、また現れるはずです。


他のチャンスを諦めました。例えば、スマートフォン向けのビジネスはもっと追求できた。ゲーム機とタブレットを開発するチャンスもあった。でも、それらからは一歩引きました。多くのチャンスを失いましたが、その犠牲によってAIにフォーカスできた。AIがもたらす恩恵はすさまじい。一生に一度のチャンスですよ。絶対にフォーカスしなければならないと思いました。


技術的な要素だけがチャンスとして訪れるわけではない。時には市場で通遇することもある。取引先からの情報がチャンスになることもある。ただ、そのチャンスをチャンスとして認識して企業を変革するのは、CEOの責任です。なぜなら、チャンスを掴むには犠牲を伴うからです。企業として投資できる資金には限界がある。投資を増やせば、当然、既存事業が手薄になります。また、別の新規事業に注いできた力を緩める必要も出てくる。


当社にAIラボというプログラムを設け、世界中のAI研究者を支援することを決めました。米国のスタンフォード大学や英国のオックスフォード大学、東京大学など世界中の大学を今では支援しています。ベンチャー企業もそうです。世界で2000社をサポートしています。我々のテクノロジーをベンチャーに提供し、アイデアを共有し、AI関連企業が一日でも早く成長する支援をしています。結果的にそれが市場を早く広げることになるでしょう。


戦略のひとつは、ディープラーニング向けに作り変えた製品を、AIのプラットフォームにすること。言い換えれば、誰にでも使える環境ということ。そのために、「GeForceTITAN(ジーフォースタイタン)」シリーズという製品を開発しました。比較的安価で、どの企業でも導入できるようにしようと。つまり、世界中でどこでも誰でも使える製品がまず必要だと思ったのです。製品だけではなく、ソフトウエアもそうです。自前でディープラーニング向けのソフトウエアを組み込んだGPUを世界中で展開しました。


ディープラーニングは新しいアプローチですから、変えなければならない点がたくさんありました。GPUのアーキテクチャーからコンピューターシステムのアーキテクチャー、演算のアルゴリズム、ソフトウエアの開発ツール、その使い方、ノウハウまで、全てを変えなければならなかった。ですから私はエンジニアたちに「全員がディープラーニングを学んでくれ」と伝えたのです。(AI事業の将来性の)発見から5年ほどたった今、エヌビディアは社員全員がAI関連の仕事をしています。


我々は深く考えました。このディープラーニングという手法は、単に新しいアルゴリズムではない。ソフトウエアの開発を革命的に変え得るものであると。全く新しいコンピューターへのアプローチなのだと。過去50年間で全く解決できなかった多くの問題を解決できるものだと。興奮しましたよ。この(AI)事業に気付いた時は。そこから、全社でディープラーニングを追求する方向に動いたわけです。


いかに美しいか、いかに居心地がいいか。将来、クルマは居場所、リビングルーム、書斎、娯楽室になります。クルマというものが、単純にA地点からB地点に行くための移動手段ではなくて、「居たい場所」へと変わる。だからこそ、自動車産業の将来というのは、自動車メーカーにとって非常にエキサイティングだと思います。現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。


ジェン・スン・ファン(ジェンスン・フアン)の経歴・略歴

ジェン・スン・ファン(ジェンスン・フアン)。台湾系アメリカ人経営者。「NVIDIA(エヌビディア)」共同創業者。台湾・台南市出身。オレゴン州立大学卒業、スタンフォード大学修了。LSIロジック、アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)などを経てエヌビディアを設立。

他の記事も読んでみる

安渕聖司

忙しさを理由に会社の健康診断さえ面倒だと言う人がいますが、フィジカル・コンディションの管理は最終的に自己責任です。体調管理を怠れば、そのつけは必ず自分に返ってきますし、体調管理をしっかりしていれば、それは自分にとって貴重な資産になる。つまり、「体調管理=資産管理」なのです。


赤羽雄二

単語登録の効果は、文章作成が速くなることだけではありません。1つの単語を登録することで、省略できる入力時間は数秒かもしれません。しかし、スピードアップのために、そこまで徹底すること自体がメンタルの面でも大きな効果を生みます。誰よりも文章を書くのが速いと実感できた時に人は、自分の仕事の処理能力に自信が芽生え、モチベーションが高まるからです。自分の能力に自信が持てれば、何か判断が必要な時にも迷わずに決断ができますから、仕事のスピード全体も速くなります。


江越弘一

エキュート大宮オープン直後、大失敗をしてしまいました。この時期にはバレンタインデー・ホワイトデーの2つの商戦があります。今思うと考えが甘かったのですが、前者の方が大きいものだと油断していました。そして3月14日、8時の開店と同時にサラリーマンが殺到しました。最初は正直、何が起こっているのか分からない状態で、すぐにホワイトデーだからだと気付きましたが、当日ではもう遅いのです。何とか取引先に頼んで商品を集めていただいたのですが、ホワイトデー向けの商品は午前中でほとんど完売状態でした。我々営業側はエキナカを作るにあたって多数の店舗を回り、当たり前のようにデパ地下を出入りしているため、一般男性がデパ地下へ一人で入るのに抵抗感を持っていることに気付けなかったのです。結果的に普段の動線にある「便利なエキナカ」で気軽に買い物ができるというお客様の心理を読めなかったためにホワイトデーという最大の商機を逃してしまいました。


鈴木敏文

私の場合、常に「お客様の立場で」考え、どうするのが正しいのか、その一点で判断します。


阿多親市

私は、米マイクロソフトとソフトバンクという日米を代表するIT(情報技術)企業での経験を通じて、高成長を続ける企業の条件を学ぶことができました。現在は両社の流儀を織り交ぜながら、ソフトバンク・テクノロジーの成長を加速しようと挑んでいます。


税所篤快

大学二年生のころにバングラデシュのグラミン銀行についての本を読み、いたく感銘を受けました。どうしても創設者のムハマド・ユヌスさんに会いたくなり、休学してインターンで働くことにしました。グラミン銀行はマイクロファイナンス(少額融資)だけではなく、ソーラーパネルを使った発電を京セラと行ったり、ヨーグルトをダノンとつくるなど、貧困解決に向けてあくなきイノベーションを続けています。銀行というより、ひとつの巨大商社。その話を聞いて、いてもたってもいられなくなりました。


ガー・レイノルズ

理解させるには、すべてを伝えないといけないと思っている人は多いが、それは誤り。要素を削り、メッセージを絞った方が伝わる。


大橋未歩

人を最終的に動かすのは熱意だと思います。


高井伸夫

商品の瑕疵(かし)、商品違い、納期遅延などで謝罪に訪れた際には、商品交換などについて尋ねられるはずですが、焦って安易な約束をする必要はありません。先方にとっては現場レベルで処理できると感じられるケースもあり、会う前に電話で即答を要求してくるケースもあるでしょう。でも、このような場合、上司の指示なしで判断したり返答したりしてはいけません。迷惑をかけたのが事実なら、すぐに駆けつけ「ともかくお詫びにまいりました。詳細は本日帰社して関係部門と相談のうえ、明日私よりご報告いたします」などと伝えればいいのです。


内田和成

今いる会社の中で重要な役割を与えてもらえなければ、どんどん外に出ていこうという気概を持っている人ならば、市場価値を磨き、自分を正当に評価してくれる場を求めればいいでしょう。でも、そこまでの覚悟がなく、ひとつの会社にある程度長くとどまるつもりなら、私は「企業内価値」とでも呼ぶべきものにも目を向けるべきだと思うのです。


西多昌規

テンパリは「伝染する」傾向も持っています。テンパった人が一人現われると周囲はその人物に気を使い、神経をすり減らします。そのせいで、周囲までテンパリやすくなる。


山本良一(経営者)

持続的な成長を目指すには、経営そのものの枠組みを見直す必要がある。コーポレートガバナンス・コードは、そう気付かせてくれました。これは改革のテコに使えるぞと。