名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジェローム・K・ジェロームの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェローム・K・ジェロームのプロフィール

ジェローム・K・ジェローム。19世紀末から20世紀初頭のイギリスのユーモア作家、戯曲家、エッセイスト。14歳で両親がこの世を去り、学校を辞めて鉄道線路に落ちた石炭回収の仕事、移動劇団の俳優、教師、缶詰屋、弁護士の秘書などの職を転々とした後、ユーモラスな自伝小説『On the Stage – and Off』をヒットさせ文筆の道へと進む。ユーモア小説『ボートの三人男』は全世界で百万部以上のセールスを達成し、映画、テレビ、ラジオ、舞台劇、ミュージカルなど多岐にわたる媒体で上演された

ジェローム・K・ジェロームの名言 一覧

なすべき仕事を多く持っている人でなければ、徹底的に怠惰を味わうことは不可能だ。


自惚れは、人間が着用しうる最高の装甲である。


あなたがうそつきの達人でないならば、常に真実を語るというのが最良の策だ。


ジェローム・K・ジェロームの経歴・略歴

ジェローム・K・ジェローム。19世紀末から20世紀初頭のイギリスのユーモア作家、戯曲家、エッセイスト。14歳で両親がこの世を去り、学校を辞めて鉄道線路に落ちた石炭回収の仕事、移動劇団の俳優、教師、缶詰屋、弁護士の秘書などの職を転々とした後、ユーモラスな自伝小説『On the Stage – and Off』をヒットさせ文筆の道へと進む。ユーモア小説『ボートの三人男』は全世界で百万部以上のセールスを達成し、映画、テレビ、ラジオ、舞台劇、ミュージカルなど多岐にわたる媒体で上演された

他の記事も読んでみる

根本郁芳

会社の方針については、あとから見ればそうだったということで、はじめからこれでいこうなんて机上の方針を実現することなんてできませんよね。商売というのは、やってもやっても外れるもので、まあまともで一所懸命なだけではダメですからね。


吉田耕次

海外展開をしている日本企業からは、よくこんな声が聞かれます。「現地スタッフを信用できないから、日本人を派遣する」。しかし、信用できるか、できないかは、人種や民族によるものではありません。日本人でも信用できない人はいる。言葉を交わさないとわかりません。


佐藤優

僕自身は運命などというものが存在するとは考えていません。同時に完全に自由な選択というものないのだと。必要なのは、人生の様々な出来事を、意味のあるもの、価値あるものとして解釈する力だと考えています。


河野裕(小説家)

世の中には「正しさ」と「優しさ」のようにどちらも善良でポジティブなものが矛盾してしまうときがあります。そこで自分がどちらを選んだとしても苦しいし、悩んだところで現実を生きていくうえでは実益はほとんどないかもしれません。ただ、そこで頑張って考え続けるという姿勢そのものを肯定したいし、そういう人は不器用かもしれないけど、私にはすごく愛おしく感じられるんです。


小堀宗実

稽古は自分自身を知る尺度にもなる。


松田丈志

現役時代も今も感じているのは、応援してくれる人たちの思いを背負うから、自分を超えていけるということ。自分のためだけに頑張るという向き合い方には、限界がある。


浜田宏

世界のビジネスエリートは、常に生きるか死ぬかの真剣勝負です。とくにトップになるにつれ、意思決定を誤れば翌週から席がないという、サバイバルの世界です。だからこそ強烈な責任感があるし、常に背水の陣という危機感もある。真剣度合いが違います。


永野重雄

「もうこれでよい」というものは人間社会にはない。


山田真哉

普段から周りにある数字を意識し、その裏側の意味を読み解く訓練をしておくことが、会計センスを磨くことにつながります。「会社の数字に強くなりたい」と思うなら、まずは、数字に基づいた思考法を鍛えることから始めましょう。


朝田照男

私の思考に欠かせないのはポジティブシンキングです。経営者が暗かったら、社員が元気にプライドを持って営業に行けず、会社も伸びません。


星野佳路

自由に意見を出し合い、対等に議論できる組織文化があると、社員は一人ひとり自発的に考え、創意工夫し、進んで運営に参加するようになる。新しい魅力や発想も湧いてくるし、そうなると当然、仕事が楽しくなって、やりがいも高まってくる。結果、会社としては社員の定着率が上がり、人材の蓄積につながる。


柳川範之

ファミリービジネスは長期的な視点で経営がしやすいという特徴があります。事業の持続性が目的の一つになっていることが多く、経営者としての任期も長くできます。そのため、短期的な利益だけでなく、20年後や30年後を見据えた長期的な投資を可能にします。ファミリービジネスでも上場企業の場合には、ファミリー以外の株主に対する責任が出てきますが、それでも、短期的な利益を犠牲にしてでも長期的な利益を追いやすい傾向があります。一般的な上場企業の場合、経営者の任期が2~3年のケースが少なくありません。さらに、四半期ごとに業績が評価されるため、農期的な視点に立った経営はなかなか難しいでしょう。