名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジェローム・K・ジェロームの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェローム・K・ジェロームのプロフィール

ジェローム・K・ジェローム。19世紀末から20世紀初頭のイギリスのユーモア作家、戯曲家、エッセイスト。14歳で両親がこの世を去り、学校を辞めて鉄道線路に落ちた石炭回収の仕事、移動劇団の俳優、教師、缶詰屋、弁護士の秘書などの職を転々とした後、ユーモラスな自伝小説『On the Stage – and Off』をヒットさせ文筆の道へと進む。ユーモア小説『ボートの三人男』は全世界で百万部以上のセールスを達成し、映画、テレビ、ラジオ、舞台劇、ミュージカルなど多岐にわたる媒体で上演された

ジェローム・K・ジェロームの名言 一覧

なすべき仕事を多く持っている人でなければ、徹底的に怠惰を味わうことは不可能だ。


自惚れは、人間が着用しうる最高の装甲である。


あなたがうそつきの達人でないならば、常に真実を語るというのが最良の策だ。


ジェローム・K・ジェロームの経歴・略歴

ジェローム・K・ジェローム。19世紀末から20世紀初頭のイギリスのユーモア作家、戯曲家、エッセイスト。14歳で両親がこの世を去り、学校を辞めて鉄道線路に落ちた石炭回収の仕事、移動劇団の俳優、教師、缶詰屋、弁護士の秘書などの職を転々とした後、ユーモラスな自伝小説『On the Stage – and Off』をヒットさせ文筆の道へと進む。ユーモア小説『ボートの三人男』は全世界で百万部以上のセールスを達成し、映画、テレビ、ラジオ、舞台劇、ミュージカルなど多岐にわたる媒体で上演された

他の記事も読んでみる

井川幸広

一人の天才のアイデアは組織になると埋没してしまいますが、世の中に一人のアイデアが浸透すれば、もっと豊かになると思います。個人の持っている才能をいかに見出して世の中に広めるか、または社会に貢献させるかという役割を当社は成し遂げたい。


村上憲郎

ITの世界では「ベータ版」という開発途上の製品を出すのが普通です。完成度は未熟だが、とりあえず使ってみてくださいというものです。そして、こうした未完成品を消費者は普通に受け入れています。異業種の経営者もこうした世界観を理解し、自らの業種におけるベータ版は何かを定義づけられれば、経営にスピード感が出てくるはずです。


上田準二

もっともらしい横文字が並ぶのは、駄目な企画書の典型です。社員全員が、カタカナ用語を知っているわけではないし、専門用語ばかりだと部署をまたげば意図が伝わらないケースも出てきます。


浜矩子

合理的に考え、固定観念を捨て、無理があるものを消していく。その時、最後に残ったものが正解である。これが物事の本質を掴むための基本的なとらえ方。


川名浩一

私は社員に「饒舌な武士になれ」と言っています。「芯が通った信念」と「やり遂げる力」。海外の現場にはこの2つを兼ね備えた人材が必要です。日本では「寡黙な武士」でいいかもしれないが、海外ではダメなんです。プロジェクトを進めるうえで、問題があればきちんと伝える。そして、お互いに知恵を出し合って一緒に解決していく。そうしてチームを引っ張れるのが真のグローバル人材でしょう。


林修

勝つヤツっていうのは歴史的に見ても偶然が重なっていることが多いから法則性は薄い。むしろ、負けるヤツにこそ共通する法則がある。それは「情報不足」「慢心」「思い込み」だいたいこの3つなんです。


坂本孝

飲食業界に革命を起こしたいので、力を貸してくれませんか。私はこれから、この業界で非常識なことをやりたいのだから、素人のほうがいいんです。
【覚書き|右腕である安田道男常務をヘッドハントしたときを振り返っての発言。安田氏は当時飲食業界未経験だった】


中村獅童(二代目)

歴史ある企業であれば、歴代の方たちが積み上げてきたノウハウがあるはず。そうしたことをないがしろにして、目新しさばかりを追いかけていると、やがて行き詰まって苦しくなる。車にしても時計にしても、日本の老舗ブランドは、たとえ不況の中でも、伝統を守りながら革新を追求しています。「便利」「快適」「楽」がより重宝される世の中になりつつありますが、だからこそビジネスでは、「精神性」や「想像力」が求められるようになっていく。そう思うのです。


馬英華

なぜ敗戦した日本が、こんなに早く経済発展を成し遂げられたのか興味を持った。

【覚え書き|来日したきっかけについて】


渡文明

企業も同じだと思いますが、やはり組織が100年も続くというのは大変なことだと思います。企業に創業理念があるように、学校にも建学の精神があります。成城学園ではそれが100年経った現在まで脈々と受け継がれてきたことが大きかったと思います。


吉田松陰

天下才なきにあらず、用うる人なきのみ、哀しいかな。


吉田浩一郎

今、製造業でどこが強いかというと、キーエンスのような会社です。ファブレスで中間工程を持たず、入り口で顧客のニーズを迅速に捉えたら、外注をして必要な物を作り、品質を保証して提供する。入り口と出口だけ捉えて変化し続けるわけです。製造業で起きたことがホワイトカラーの領域でも起こると、入り口と出口だけ捉えて変化する企業が強くなります。