名言DB

9412 人 / 110637 名言

ジェローム・シュシャンの名言

twitter Facebook はてブ

ジェローム・シュシャンのプロフィール

ジェローム・シュシャン。フランス・パリ出身の経営者。チョコレートブランド「ゴディバ・ジャパン」社長。HECパリ経営大学院修了。フランス国立造幣局、ラコステ北アジアディレクター、LVMHグループ・ヘネシー ディレクター、リヤドロジャパン社長などを経てゴディバ・ジャパン社長に就任。また、29歳から弓道を開始し、国際弓道連盟理事を務めた。弓道錬士五段。

ジェローム・シュシャンの名言 一覧

重要なのは結果ではなくプロセス。自信を持ってほしい。


ルーティンの仕事に陥ることなく、正しいプロセスだと思えば、これまでできなかったこと、やってこなかったことに挑戦し続けてほしい。それが人間として成長することであり、自ずと、事業や会社が成長することにもつながるはず。


正しいプロセスかどうかの判断基準は、顧客が望んでいるものが提供できているかどうか。顧客が望んでいなければ、どんなに努力をしたところで、売上げや利益には結びつかない。その努力は、正しいプロセスではない。


正しいプロセスをきちんと踏めば、自ずと「的」に当たる。偶発的な要因によって、売上げや利益が上がらないこともあります。コントロールできないことに意識を向けていると、つらくなる。しかし、プロセスは自分でコントロールできる。


弓道には「正射必中」という言葉があります。矢を的に当てようとしてはいけない。心身の状態を整えて正しく射れば、自ずと的に当たるのだ、という考え方です。経営も同じ。「的」、つまり、売上げや利益という結果に意識を集中させてはいけない。


弓道をするようになってから、仕事で思い通りにいかないことを周りのせいにして不平不満を持つことがなくなった。弓道も、仕事も、自分との戦い。思うようにいかなければ、それはチャレンジなのだと捉えられるようになった。


ジェローム・シュシャンの経歴・略歴

ジェローム・シュシャン。フランス・パリ出身の経営者。チョコレートブランド「ゴディバ・ジャパン」社長。HECパリ経営大学院修了。フランス国立造幣局、ラコステ北アジアディレクター、LVMHグループ・ヘネシー ディレクター、リヤドロジャパン社長などを経てゴディバ・ジャパン社長に就任。また、29歳から弓道を開始し、国際弓道連盟理事を務めた。弓道錬士五段。

他の記事も読んでみる

中村史朗

通勤や出張などの移動時間には、過去の自分と会話するような感覚でノートを読み返しています。いったん整理した情報を一定の時間がたった後に読み返すと、以前の自分の考えが正しかったかどうかをより冷静に見つめ直すことができるためです。


出口治明

日本経済の未来についてあえて言えば構造改革に尽きます。まず、生産性を上げること。


澤村諭

社会を意識した取り組みは、東日本大震災や、その後の電力危機などを契機に一段と強く意識するようになりました。社員一人ひとりが、社会に対する使命感を持ってものづくりに取り組むステージにきていると強く感じています。


田中良和(GREE)

たとえ同じ戦略であっても早くやればできる。だから相手より早くやるしかない。


伊藤隆行

周囲からどう言われようと、「もしかすると天才じゃないか」と感じる部分は、遠慮せずにそう思い込むべき。


木暮太一

日々、自分自身で経済ニュースを分析してみてほしい。そうした習慣がある人とない人では、数年後にとんでもない差がつくでしょう。その理由は、「世の中の風の流れを読む」ことが、今後ますます、仕事の成果を大きく左右するようになるから。


岡野雅行(岡野工業)

いまの若い世代には人間関係を築く力が欠けている。とくに思考の変換機能がないんだね。相手の言葉をそのまま受け止めちゃう。あるとき若い社員に「こんなこともできないようじゃ、お前クビだな」って怒ったことがある。そしたらそいつ次の朝神妙な顔して来て、「僕にはできませんでした。責任とって辞めます」って言うんだ。本当にクビにするんだったら、そんなことは言わないよ。お前ならできて当然だ、だから頑張れっていう意味なのに、言葉の上っ面をそのまま捉えちゃうんだね。パソコンの変換機能はしょっちゅう使うくせに、肝心の自分の頭の中に変換する機能がない人が多いんだな。


長沼毅

「水もないようなこんなところにいないよ」という場所にこそ生命体がいるんです。思い込みを捨て、思いつきを信じることが大事です。


廣瀬光雄

皆様からの心温まる支援や助言、お力添えがあったからこそ、起業家としての人生を歩んでくることができた。そして、これからも日本の社会をより良くするために、自分なりの経験を若い人にも伝えていきたい。


市村清

明治記念館を経営してみて、私が悟ったことがひとつある。それは、「儲ける」と「儲かる」の違いである。儲けるのはどんなに上手くても限度があるが、儲かるということは無限だ。そして道にのっとってやるのが、この「儲かる」ことなのである。明治神宮の名でやるのだから暴利はい絶対にいけない。飲食物も3割以上の利をみてはいかんと言いつけてある。それが大衆の心をとらえたのだ。
【覚書き|戦後、明治神宮の結婚式場を立上げ、経営したときを振り返っての発言】


ビル・ゲイツ

今日の情報社会では、人間の知性と技術、そしてリーダーシップが重要な資源だ。これらの資源は、世界中に豊富に存在する。だからこそ、人類の歴史の次の章はとりわけ面白いものになるはずだ。


重光武雄(辛格浩)

我々がいま増やしている海外での大型開発は、これからも続けていきます。いい宣伝になりますし、私も作っている間は非常に楽しいですから。計画を練っていくのは非常に面白いですよ。


櫻井英明

相場の張り方とか、投資の原則なんて立派なものでもないでしょう。多くの市場関係者が指摘するように「方向性・値幅・時間軸・タイミング」。ここに集約されるでしょう。この原理原則さえわきまえていれば、妙な横文字など使わなくても相場の方向性やシナリオに明るくなるはずです。原理原則やイロハのイを忘れて奇妙な高等戦術っぽいものに籠絡されてはいけません。


井上弘

技術をいかにマネージするかが経営。うまくマネージできなければイノベーションが生まれず、淘汰されるかもしれない。


藤田紘一郎

最近特に注目されているのが、先天的には同じ遺伝情報を持っていたとしても、後天的な環境因子でゲノムが修飾され、個体レベルの形質が異なってくるという「エピジェネティクス(後天的遺伝子制御変化)」の研究です。これは簡単に言えば、環境を変えれば遺伝子も変化させられるということです。その例として、ヒトが持つ生活習慣病のリスク遺伝子は脈々と祖先から受け継がれているはずなのに、百寿者の数が半世紀で約300倍にも増え、逆に糖尿病になる人が約100倍も増えていることからも知ることができます。つまり健康長寿の遺伝子をつくるには、自分の身体に合った食事、運動、睡眠、思考などの良い習慣を見つけ、実践していくことです。あなたの人生をコントロールしているのは、あなたの考え方や生活習慣から構築された、自らがつくっている環境なのです。