ジェローム・シュシャンの名言

ジェローム・シュシャンのプロフィール

ジェローム・シュシャン。フランス・パリ出身の経営者。チョコレートブランド「ゴディバ・ジャパン」社長。HECパリ経営大学院修了。フランス国立造幣局、ラコステ北アジアディレクター、LVMHグループ・ヘネシー ディレクター、リヤドロジャパン社長などを経てゴディバ・ジャパン社長に就任。また、29歳から弓道を開始し、国際弓道連盟理事を務めた。弓道錬士五段。

ジェローム・シュシャンの名言 一覧

重要なのは結果ではなくプロセス。自信を持ってほしい。


ルーティンの仕事に陥ることなく、正しいプロセスだと思えば、これまでできなかったこと、やってこなかったことに挑戦し続けてほしい。それが人間として成長することであり、自ずと、事業や会社が成長することにもつながるはず。


正しいプロセスかどうかの判断基準は、顧客が望んでいるものが提供できているかどうか。顧客が望んでいなければ、どんなに努力をしたところで、売上げや利益には結びつかない。その努力は、正しいプロセスではない。


正しいプロセスをきちんと踏めば、自ずと「的」に当たる。偶発的な要因によって、売上げや利益が上がらないこともあります。コントロールできないことに意識を向けていると、つらくなる。しかし、プロセスは自分でコントロールできる。


弓道には「正射必中」という言葉があります。矢を的に当てようとしてはいけない。心身の状態を整えて正しく射れば、自ずと的に当たるのだ、という考え方です。経営も同じ。「的」、つまり、売上げや利益という結果に意識を集中させてはいけない。


弓道をするようになってから、仕事で思い通りにいかないことを周りのせいにして不平不満を持つことがなくなった。弓道も、仕事も、自分との戦い。思うようにいかなければ、それはチャレンジなのだと捉えられるようになった。


ジェローム・シュシャンの経歴・略歴

ジェローム・シュシャン。フランス・パリ出身の経営者。チョコレートブランド「ゴディバ・ジャパン」社長。HECパリ経営大学院修了。フランス国立造幣局、ラコステ北アジアディレクター、LVMHグループ・ヘネシー ディレクター、リヤドロジャパン社長などを経てゴディバ・ジャパン社長に就任。また、29歳から弓道を開始し、国際弓道連盟理事を務めた。弓道錬士五段。

他の記事も読んでみる

松下正幸

私は幸之助の遣した言葉として、この「素直な心」というのは非常に好きですし、なんとか素直な心の持ち主になりたいなという思いを常に抱いております。ただ、素直な心というのはどういう心なのかということになりますと、なかなか奥が深い。「これで自分は少し素直になれたかな」と思っても、まだまだそれは浅い段階だったりします。「とらわれない心」とか、「私(わたくし)の心をなくして公の心を持つ」とか、幸之助自身もいろいろな解説を加えておりますけれども、これは突き詰めれば、「神様の心になれ」というぐらいのことになってしまうのではないかなとも思います。神様といっても、もちろんギリシャ神話や日本の神話時代の神様ではなくて、いわゆる至高の存在としての、誤りのない神様のことです。そういう神様の心に近づかないと、なかなか素直な心にはなれないのではないかなと思っております。ただ、我々は人間ですから、神様になることはできません。したがって、本当の素直な心というものにはなりきれないわけですけれども、その、なろうとする気持ち、これが非常に大切なのではないでしょうか。


小路明善

私の子供がリトルリーグに入っていた頃、コーチをやっていまして、子供たちに、うちの子供も含めて見逃しは駄目だと。三振するんだったら、空振り三振しろと。見逃し三振をしても次に役立たないんです。空振り三振すると、ボールとの距離がこうだ、振るタイミングが早かったとか覚えるけど、見逃し三振からは何も生まれないし、次の成長の糧にはならない。だから必ずバットを振れと。


高原豪久

ユニ・チャームでは「大きな池の小さな魚からスタートしよう」とよく言うのですが、すでに顕在化している市場よりも、まだ顕在化していないが大きなポテンシャルを秘めた市場に常に軸足を移しながら、経営資源を投入していくことを企業戦略の柱に据えています。


鈴木敏文

「顧客のために」と「顧客の立場に立って」は違う。子供のために叱っているつもりでも、子供の立場から見たらありがたくない。それと同じ。


山野正幸

30代後半の時、いまでは手に入らないほどの上質な竹で竿を製作したことがあります。「いまならもっと上手につくれたのに」と未練が残ります。とはいえ、あの頃の技術でベストは尽くしました。よく、職人さんたちが良い竹を残したまま亡くなるのですが、最高の素材にふさわしい技術を身につけてから、傑作をつくろうとしても遅いことが多い。それよりも、いま持てる技術で、目の前の仕事に全力を尽くす方が大事なのではないでしょうか。


成毛眞

あらゆる企業は勝ったから強いのであって、強かったから勝ったという根拠はあまりないでしょう。僕はマイクロソフトにいたがゆえに、本当にそう思っています。勝ったから強いんです。上手くやったから勝ったとか、経営がよかったから勝った。そういうことではなくて、勝ったから経営もいいと評価されるのです。


中原淳

学校では、子供におもねり、玩具になってしまった教師は二度と教師に戻れません。最初の7日間で教師と子供の関係が決まるのです。会社でも最初の段階で部下から逆査定されていると思うべきでしょう。


佐分利ユージン

ミリセカンドで顧客の要望を解析し、最適なタイミングとデザインで情報を見せられなければ顧客は逃げていくのが今の時代だ。


渡文明

人との出会いから学ぶこともあれば、経験を通じて学びを得ることも少なくありません。1970年代、肝炎で入院した経験は私に多くのことを教えてくれました。石油危機が起こり、私は仕事に忙殺されました。全国各地の病院や各種施設へ、石油製品の供給が途絶しないよう手配する業務の中心にいたからです。眠れない日々と積み重なる疲労、過労死の一歩手前でした。足かけ3ヵ月の入院生活を送るうち、私はやがて達観するようになりました。「これからは自分が正しいと思ったことは遠慮なく言おう。行動しよう」と決意しました。


高田明(ジャパネットたかた)

いまの課題をコツコツこなしていけば、語学学習のように、いつか大きく飛躍する瞬間が訪れます。そこまで根気強く努力を続け、夢を持ち続けられるかどうかが成功するか、しないかの分かれ道です。


林高生

自分自身がやる気が出なくて困った、ということはほとんどありません。しかし、一貫して大変だったのは、「人」ですね。一緒に働く人の自己中心的な行動や考え方によってモチベーションを下げられそうになったことが何度もありますし、何より彼らのモチベーションを上げることがとても大変でした。


杉本隆一郎

前職の楽天で、仕事を120%やっていたつもりでいたのに「やり切れていない。150%やってみて、結果がそこまで届かなくても、100%は絶対割るな。それができるまでやり切れ」と上司に指摘されて。そこまでやることの是非はともかく、「どんな仕事もとことんやる」という信念は身に付きました。


湯川秀樹

一日生きることは、一歩進むことでありたい。


佐藤天彦

自分で興味が持てないことには集中できません。途中で楽しめなくなるか、飽きてしまって集中力が切れてしまう。一方で、対象に興味が持てれば楽しくなるし、さらに興味が湧いて集中できます。僕の場合も、未知の局面に出くわすと興味が湧いてきて、気が付けば1、2時間経っていることがある。


茂木健一郎

従来の教育は、与えられたルールの中で正確な答えを出す人が優秀とされてきました。でもこれはまさにAIが得意としていること。今後はルールの中で高い成績を上げられる人ではなく、自らルールを作れる人が生き残っていけます。既存の枠組みの外に出て物事を考えられる「アウト・オブ・ボックス思考」が求められているともいえます。


ページの先頭へ