ジェレミー・シーゲルの名言

ジェレミー・シーゲルのプロフィール

ジェレミー・シーゲル。アメリカの経済学者。「ペンシルベニア大学経営大学院(ウォートン・スクール)」教授。コロンビア大学卒業、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号を取得。ペンシルベニア大学経営大学院教授、ウィズダムツリー・インベストメンツ上級投資戦略アドバイザーを務めた。専門は金融論。

ジェレミー・シーゲルの名言 一覧

株式投資にリスクは付き物だ。だからこそ、良好なリターンを得られる。株に長期投資すれば、必ずリターンは他の資産を上回る。


グローバルに分散投資すべきだ。全ての投資家にそう推奨する。


ジェレミー・シーゲルの経歴・略歴

ジェレミー・シーゲル。アメリカの経済学者。「ペンシルベニア大学経営大学院(ウォートン・スクール)」教授。コロンビア大学卒業、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号を取得。ペンシルベニア大学経営大学院教授、ウィズダムツリー・インベストメンツ上級投資戦略アドバイザーを務めた。専門は金融論。

他の記事も読んでみる

日野原重明

今までやったことのないことをする。会ったことのない人に会う。これが若さを保つ一番の秘訣。


菊原智明

日々のちょっとした「とほほ話」をさりげなく自己開示していくことで、人間味が増して相手との距離がグッと縮まる。どんな優秀な人でも、意識してみれば小さな失敗は毎日必ずしているもの。それをノートに記録すればいい。ネタ帳になる上、反省点を振り返るきっかけにもなる。


西田文郎

従来の能力開発理論は、イメージと思考を中心に組み立てられてきました。イメージや思考を司るのは大脳新皮質にある右脳と左脳ですが、私はその内側にある大脳辺縁系、いわゆる感情脳に着目したアプローチを行っています。イメージや思考という理屈だけでは、心をコントロールできません。より深いところにある感情脳が人を動かすのです。


石橋善一郎

インテルショックとその立て直しで学んだのは企業の戦略は時間とともに陳腐化していくという厳然たる事実です。新規事業を次々に始める一方で、現在動いているプロジェクトには定期的に優先順位をつけていき、駄目なものは見切っていくべきなのです。


福井威夫

海外の現地法人の少数部隊に若手を送り込み、自分で回さないと何も進まないような状況に追い込むことは、上から教えるより、はるかに効果的な学びの場になるはずです。


内田士郎

心がけているのは時間を無駄にしないことです。私自身の時間だけでなく、経営者としては社員やお客さまの時間も含めて大切にしたい。


新浪剛史

現在のローソンは健全な議論が生まれない固い土のようなもの。よく耕された土が無ければ、よい作物(商品)は育たない。私の最初の仕事はこの土に鍬(くわ)を入れること。
【覚書き|ローソン社長就任時の発言】


山西健一郎

経営リレーを成功させるために必要なことは、企業の長期的な成長を優先すること。三菱電機は設立からもうすぐ100年です。何代にもわたって良質な経営者が続く必要があるという認識を持たなければなりません。途中で自分の成果を優先するような社長にバトンを渡すと経営リレーはおかしくなります。現場の従業員の生活のためには、短期に利益を上げるのではなく、長期的に企業を成長させていく認識を、実績とともにリレーすることが重要なのだと思います。


阿部孝司

海外製品は、例外を不効率な業務プロセスであると捉えているのに対し、当社ではその例外こそが大企業が長年培ってきた知見の詰まったプロセスであると考えています。例外というのはダイヤの原石のようなもので、提案しがいのある項目なのです。


中尾ゆうすけ

「出来る人」と「出来ない人」の差を生む一つの要因として、「仕事の全体像を把握したうえで仕事ができているか」ということが大いに関係している。


アルフレッド・アドラー

重要なことは、人が何を持って生まれたかではなく、与えられたものをどう使いこなすかである。


平野敦士カール

業界の有名人やキーマンと付き合うべきという意見もありますが、自分を押し殺して付き合っても長続きしません。


ダンテ・カーヴァー

僕のお父さんは政府の仕事をする一方で、バスケットボールの選手でもあり、コーチでもありました。そんな父から、チームワークについて聞かされたことを覚えています。「バスケットボールでは自分がどんなにうまいプレイヤーだと思っても、ひとりでボールを持つものではない」と。


村田昭治

商売は顧客に幸福感を与える機会。自分の仕事は「幸福社会」をつくる途(みち)なのだと、こころの容量を広げよう。


鎌原正直

私は繊維会社に就職したにもかかわらず、花形だった繊維部門に配属されずに樹脂部門に配属されて「ついていない」と当時は思いました。しかし、樹脂部門に配属されたからこそ今の自分があると言えます。このようにどんなことにも、二面性があるのです。


ページの先頭へ