名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ジェリー・ヤンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェリー・ヤンのプロフィール

ジェリー・ヤン、台湾出身の米国実業家、Yahoo!の創業者の一人。2歳の時に家族とともに米国カリフォルニアに移住。スタンフォード大学卒、専攻は電気工学。大学時代にもう一人の創業者デビッド・ファイロと出会いYahooを創業する。1年後にはNASDAQ上場を果たしている

ジェリー・ヤンの名言 一覧

要は規模ではなくスピードです。私は次に何をやるのかで、いつも頭がいっぱいです。


我々は成功にあぐらをかかないように律していかなければならない。


どう利益を得ればいいのかはっきりわかっていませんでした。でも、運命だ。これに賭けてみようと思ったんです。【覚書き|Yahooの起業資金をベンチャーキャピタルに求めたときの発言。このわずか1年後に株式公開を果たすことになる。】


『マス』メディアではなく、『マイ』メディアにしていきたい。Web2.0ではこの点が重要になる。最初の10年間、Webはパブリックな存在だったが、それは次第にパーソナル化し、さらにソーシャル化に向かっている。これからはコミュニティがベースになる。


成長に必要なのはテクノロジーなエンジニアリングではなく「ソーシャルエンジニアリング(人の心理を読んで活動すること)」である。


いまやっていることが楽しくてしかたない。仕事という意識は全くない。


インターネットは人々に公平な情報収集の機会を与えるというが、情報発信手段を持つ人と持たない人との力の差は広がる。人々の間に存在する格差を解消するサービスを提供したい。利益を得る事だけを考えるのではなく、世の中を変えることに重点を置かなければいけない。


何が最善かを決めるのはユーザーです。ヤフーはユーザーに選択肢を提供しているのです。


97年3月からは『子供向けヤフー』を始めた。すでに、天気情報やニュースも取り込んでいる。将来は、インターネット上のテレビ局のような会社にしたい。


英語教師の母に英語を教え込まれ、十二歳の時に買ってくれたパソコンが、今の自分につながった。母には感謝している。


相変わらず大学時代の賃貸アパート暮らし。生活に大きな変化はない。仲間と楽しくやっている。(覚書き|Yahooが米国NASDAQ上場後に生活が変化したかと問われ答えた言葉)


ジェリー・ヤンの経歴・略歴

ジェリー・ヤン、台湾出身の米国実業家、Yahoo!の創業者の一人。2歳の時に家族とともに米国カリフォルニアに移住。スタンフォード大学卒、専攻は電気工学。大学時代にもう一人の創業者デビッド・ファイロと出会いYahooを創業する。1年後にはNASDAQ上場を果たしている

他の記事も読んでみる

金児昭

バランスシートの「バランス」とは、よく言われる平衡・つり合いではなく「残高」のことです。ところが、アメリカの専門学校の簿記教科書を福沢諭吉さんが日本語訳した『帳合之法(ちょうあいのほう)』が、バランスシートや簿記を難しくしてしまったのです。資産や負債を表現するのに、debtorとcreditorを直訳して、借方、貸方という言葉を当てはめてしまいました。debtorとcreditorはもともとまったく意味のない言葉、つまり記号なんです。それなのに借り・貸しと表現したので、ほとんどの人が拒否反応を起こしてしまって、それがいまでも続いてきてしまっているのです。


山岡鉄舟

道(人として求めるべき道理)は千載不滅だよ。いかなる大敵でも、道には勝てぬ。


宮本彰

当社では失敗は査定上、プラスになります。ホームランには程遠いけど、内野安打ぐらいには認めていいんじゃないかと考えています。


齋藤孝(教育学者)

量をこなさないまま、「質の高い仕事をしているはずなのになぜ評価されないのだろう」と思う気持ちに妥当性がないわけではありません。しかし、そう考え始めると独りよがりの悪循環に陥りがちです。そうならないためには、量という客観的な指標を基準にした目標設定が功を奏するケースがあるということを、知っておいても損はないと思います。


中村真一郎(経営者)

しっかりとした基盤がないまま店舗拡大を続ける企業は、管理面の問題が沈殿していく。そのまま新店オープンを繰り返し、ある時を境に資金繰りが悪化し、倒産するケースは大企業であっても珍しくはない。


アルベルトゥス・マグヌス

体験のみが確証する。


神田正

日高屋が成長を続けていられるのは、決して無理せず、一気に出店しなかったからです。調子に乗って50店、100店と出すと、増収減益に陥る大きな落とし穴がある。


名越康文

雑談で大事なのは「越境する力」です。つまり、自分の持っている経験を相手に投影する能力のこと。この人の言っていることは、自分だったらどうだろう、自分の経験ではどんなときに近かったか、などと考えて異質なものを自分の中に取り込んでいく力です。お互いの共通話題があれば雑談はしやすいですが、たとえそれがなくとも、自分の経験と相手の経験を統合することができれば、雑談は十分可能です。そして本当に大切な雑談力とは、こうした力を指すのだと思います。


弘兼憲史

部下が上司に最も望むことは、的確な指示を出してほしいということだった。上司はどうか。いや自分は的確な指示を出していると思っているはずだ。確かに部下には甘えがあるかもしれない。しかし厳しい言い方をあえてすれば、伝わらなければ的確な指示とはならないのだ。指示は的確に伝わらないものと心していたほうがいいかもしれない。


田中和彦

「頑張っているのに会社に認めてもらえない」と不満を抱いている人には、「本当に頑張って仕事をしていますか?」と聞きたいですね。実際には、会社に認められないような仕事しかしていない可能性はないでしょうか。


三宅宏実

本から得られた気づきや、心に残った言葉は、タイトルや著者とともにメモ帳に書き留めています。辛い時に見返すと、考え方がプラスに転じたり、心が軽くなったりする。このメモ帳にその時の感情も書き留めれば、「自分が今どんな感情か」といった自己分析ができるんです。


粟田貴也

日本と違い海外は予定どおりいかないのが普通。これまでの海外への初出店では苦労しましたが、多少のことは目をつむる寛容さが身に付きましたね(笑)。