名言DB

9412 人 / 110637 名言

ジェリー・ヤンの名言

twitter Facebook はてブ

ジェリー・ヤンのプロフィール

ジェリー・ヤン、台湾出身の米国実業家、Yahoo!の創業者の一人。2歳の時に家族とともに米国カリフォルニアに移住。スタンフォード大学卒、専攻は電気工学。大学時代にもう一人の創業者デビッド・ファイロと出会いYahooを創業する。1年後にはNASDAQ上場を果たしている

ジェリー・ヤンの名言 一覧

要は規模ではなくスピードです。私は次に何をやるのかで、いつも頭がいっぱいです。


我々は成功にあぐらをかかないように律していかなければならない。


どう利益を得ればいいのかはっきりわかっていませんでした。でも、運命だ。これに賭けてみようと思ったんです。【覚書き|Yahooの起業資金をベンチャーキャピタルに求めたときの発言。このわずか1年後に株式公開を果たすことになる。】


『マス』メディアではなく、『マイ』メディアにしていきたい。Web2.0ではこの点が重要になる。最初の10年間、Webはパブリックな存在だったが、それは次第にパーソナル化し、さらにソーシャル化に向かっている。これからはコミュニティがベースになる。


成長に必要なのはテクノロジーなエンジニアリングではなく「ソーシャルエンジニアリング(人の心理を読んで活動すること)」である。


いまやっていることが楽しくてしかたない。仕事という意識は全くない。


インターネットは人々に公平な情報収集の機会を与えるというが、情報発信手段を持つ人と持たない人との力の差は広がる。人々の間に存在する格差を解消するサービスを提供したい。利益を得る事だけを考えるのではなく、世の中を変えることに重点を置かなければいけない。


何が最善かを決めるのはユーザーです。ヤフーはユーザーに選択肢を提供しているのです。


97年3月からは『子供向けヤフー』を始めた。すでに、天気情報やニュースも取り込んでいる。将来は、インターネット上のテレビ局のような会社にしたい。


英語教師の母に英語を教え込まれ、十二歳の時に買ってくれたパソコンが、今の自分につながった。母には感謝している。


相変わらず大学時代の賃貸アパート暮らし。生活に大きな変化はない。仲間と楽しくやっている。(覚書き|Yahooが米国NASDAQ上場後に生活が変化したかと問われ答えた言葉)


ジェリー・ヤンの経歴・略歴

ジェリー・ヤン、台湾出身の米国実業家、Yahoo!の創業者の一人。2歳の時に家族とともに米国カリフォルニアに移住。スタンフォード大学卒、専攻は電気工学。大学時代にもう一人の創業者デビッド・ファイロと出会いYahooを創業する。1年後にはNASDAQ上場を果たしている

他の記事も読んでみる

分林保弘

M&Aでは経営者の人柄の問題が大きい。まれに、成功すれば自分の功績、失敗すれば相手や仲介者のせいにするといった経営者もいますが、こうした案件は手掛けないよう社員には言っています。買った側は、売り手の創業者や社員を大事にしなければ絶対にうまくいきません。


小林喜光

経済産業省が主催した研究会で、トヨタ自動車の豊田章男社長に、「化学会社は自動車会社の奴隷だ。開発費は負担してくれないし、技術を取り上げられて終わるだけ。従属関係の解消をお願いしたい」と言いました。もちろん自動車会社への主張でしたが、業界や社内に向けてのメッセージでもありました。「下請け根性から脱して、素材が産業を引っ張るビジネスモデルを作っていこう」と。


大野直竹

今までは土地があって賃貸住宅を造って、それで終わりじゃないですか。しかし我々はその賃貸住宅を経営する地主さんと、この建物のままでいいのかという議論をします。そうすると、ここが悪い、あそこが悪いという話が出てきます。それに応え続けることが重要です。これは商業施設、事業施設の事業でも生きています。


大平浩二

不祥事がなくならない理由は簡単です。不祥事は「人災」だからです。企業不祥事は、近代に「企業」という概念が生まれてからここ200年くらいの歴史しかありませんが、不祥事は人類の歴史を振り返ってみればわかる通り、何千年も前からあります。人間は間違いを犯す存在です。そして、人間には防衛本能が備わっていますので、自分の間違いによって自分の責任が問われることは避けたいという心理が働きます。そして自分の間違いを、もっともらしい理屈をつけて隠ぺいしようとします。ある意味で賢い人ほどこの理屈づけがうまく、巧みに隠ぺいしますからやっかいなのです。


おおたわ史絵

疲れない身体をつくるには、普段から身体を動かし、旬の食材を食べ、眠くなったら寝るといった人間本来の生活を取り戻すことが基本です。まずはできる範囲で生活改善を始めてみることが、疲れない身体を手に入れるための第一歩です。


宮内義彦

21世紀は知識集約社会であり、新しいものをつくっていくことでしか生きられない。そのためには、日本人も外国人も含めて、さまざまな才能や経験を持った人に来てもらう必要があります。


小西利行

新しいアイデアは「自分の経験」からしか出てこない。私の場合、思考に行き詰まったときは過去の自分のメモを見ます。メモは過去の自分の思考や感性と出合わせてくれる。過去の自分と今の情報を掛け合わせると、精度の高いアイデアが生まれる。


齋藤孝(教育学者)

発達心理学の基本的な概念の一つに、「最近接発達領域」というものがある。言葉は難解だが、要するにすぐ隣にあるちょっと難しいこと、という意味だ。自分一人ではクリアできなくても、周囲の助けやアドバイスを得てクリアできることがある。それを目指すのが教育の意義であり、それだけコミュニケーションや目標設定が大事ということでもある。


堀場厚

年に2回、当社の業績トレンドを説明し、協力会社に対してこれだけ発注しますという報告を行ないます。自社だけが儲けるのではなく、皆さんと一緒にやっていくという姿勢を表すのです。協力会社は我々と運命共同体であり、これまで何十年も一緒にやってきました。我々が持っていない技術を有している協力会社もたくさんあります。


江川昌史

デジタル時代にこそ「ひと」を最優先に行動する企業が覇者になる。


澤田貴司

僕は、いまの仕事にとことん向き合ったほうがいいと思います。着実に仕事で結果を残し、力を蓄えておけば、その力を即戦力として認めてくれる人が必ず現われるはずだと思います。世の中の風潮とか、「転職は35歳までに」というマスコミの煽りとか、余計な雑音はまったく気にする必要はないと思いますよ。


美崎栄一郎

どこに時間や手間がかかっているかさえ分かれば、後はその作業に適した便利なツールを使うだけで効率は高まる。


小林佳雄

優秀な人材がいたら抜擢する。それが普通だという文化を作ること。年功序列では部下が育ちません。


金究武正

会社を設立して十数年が経った時に、「プリント基板の設計だけでこれから生きていけるのだろうか?」と考えたんです。専業メーカーとしての矜持はあるけど、このままでは大企業の下請けになるだけじゃないかと。下請けに留まっている限り、会社の成長力はいつか止まりますよね。そう考えて、今のEMS事業に辿り着きました。つまり、製品仕様から量産までの全てのステップをカバーできる会社になろうと考えたのです。


徳重徹

とにかくベンチャーをやりたかった。ベンチャーをやるのに一番おもしろい場所といえば、シリコンバレーだと考えた。ただ、僕はエンジニアではないので、いきなり行っても相手にされません。それならMBAを取るしかないと考えて、アリゾナでMBAを取得しました。そのあとシリコンバレーでインキュベーションの仕事をやりながら、起業のネタを探していました。