名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジェフリー・フェファーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェフリー・フェファーのプロフィール

ジェフリー・フェファー。アメリカの経営学者、組織行動学者。スタンフォード大学ビジネススクール教授。カーネギーメロン大学卒業。スタンフォード大学で経営学博士号を取得。著書に『人材を活かす企業』『影響力のマネジメント』『権力を握る人の法則』ほか。

ジェフリー・フェファーの名言 一覧

組織の中で身を守るには、自ら情報発信せよ。


英語には「Fake it till you make it(出来るまで出来るフリをしろ)」という諺があるが、間違いなく真実である。


権限があるかのように振る舞っていれば、多くの場合その通りになる。


あなたが周囲の注目を集め、存在を認められる存在ならわざわざ怒る必要はない。あなたの訴えや主張を相手に真剣に考えさせたいときこそ怒りを示すのだ。


会社で出世する人間は例外なく感じが悪い。


「愛されるより、恐れられよ」。この真実は、マキャヴェリの時代から変わることがない。


当社の競争戦略はこれでいいのか、成功の尺度はこれでいいのか。当社の本当のライバルはどこなのか――。それまで常識とされてきたことを疑ってかかり、大前提の再検討を促す人物は注意を引き、それが妥当であれば一目置かれるようになる。


新しいつながりを手にしようと思うなら、誰一人として知り合いがいないような集まり、普段は関心がない分野の会合などに顔を出すことだ。日本には仕事の後に同僚と飲みに行く風習があると聞いているが、それを社外の人との飲みに切り替えるだけで大きく変わる。新しい出会いの中にこそ新しい学びやネットワークがあるのだ。


いつも家族や親友とばかり一緒にいると知り合いも重なり、いつも同じことを繰り返すばかりになるので発展がない。だからこそ、自分とは全く違う種類の人間や完全に別のサークルで動く人たちとつながっておくことにより、いざというときに必要な情報や連絡先を手にすることもあるのだ。


日本には「出る杭は打たれる」という言葉があると聞いたが、では本田宗一郎はどうか。生前の本田は、決して礼儀正しく誰にでも優しい人物ではなかった。ホンダを世界的自動車ブランドにすることのみに集中し、それを達成した。ソニーの盛田昭夫も同じだ。『「NO」と言える日本』という極めて刺激的で反米的ともいえる本を出してベストセラーにしながら、一方では時代を先取りして子供を米国に留学させ、自身も非常に目立つタイプだった。この二人を見ただけでも、日本においてさえ目立たない壁の花でいることは決して良策ではないことがよくわかる。


私はスタンフォード大学において、様々な国々から集まった学生を指導してきた。そして、組織内政治に暗すぎたために職を失った人、失脚した人たちを数多く見てきた。こういった人たちは、学校などで人間の本来の正体を教えられておらず、感覚が麻痺しているときにいきなり汚い手を使ってきた相手に驚かされ、対応できないのだ。


ジャック・ウェルチにせよ、ルドルフ・ジュリアーニにせよ、「リーダーはかくあるべし」という世間の思い込みに基づき物語をつくり上げ、権力を握るまでの過程における駆け引きや汚い手口には触れていない。そしてジム・コリンズの「ビジョナリー・カンパニー」シリーズも眉唾だ。考えてみてほしい。『ビジョナリー・カンパニー2』の物語はすべて登場人物がCEOまで上り詰めた時点から始まっているではないか。私が知る限り、そういった裏の側面を正直に語ったリーダーというのは、一人も見たことがない。


誰もが暗黙のうちに了解していることとして、権力者は怒り、他人の話をさえぎることが許され、規則を破ることや一般常識から外れることも許されるというものがある。ということは逆もまた真で、あなたが怒りを示し、他人の話をさえぎり、前提条件に疑問をつきつけて自分に都合のよい基準をつくり、社会的規範を破れば周囲はあなたを権力者と見なし、従うようになる。


会話の最中に相手の話をさえぎるのは、まったく礼を失した行為であるが、それでも相手に自分の力を感じさせ、力関係を自分に有利に導けるのは間違いない。多くの研究者が会話分析と呼ばれる手法でこの点を実証している。いつさえぎるべきかについては、時と場合によるとしか言いようがないが、一つだけ確かなのは、決して誰にもあなたの話をさえぎらせてはならないということだ。話をさえぎられるということは、あなたに力がない証しだ。


「怒りを示す」と「本当に怒る」は違う。本当に怒ってしまうと、戦略的に考え、反応する力がなくなってしまう。あくまで、怒るふりをすることが大切なのだ。大多数の人間は争いごとを避けたがるので、あなたが怒りを示した時点で引き下がるものだ。


洋の東西を問わず、家庭や学校教育の問題は、「世の中はかくあるべき」、あるいは「人間はこうであるべき」という理想論を掲げるだけで、「実際の世の中の仕組み」「実世界における人間の正体」を教えていないことにある。


ジェフリー・フェファーの経歴・略歴

ジェフリー・フェファー。アメリカの経営学者、組織行動学者。スタンフォード大学ビジネススクール教授。カーネギーメロン大学卒業。スタンフォード大学で経営学博士号を取得。著書に『人材を活かす企業』『影響力のマネジメント』『権力を握る人の法則』ほか。

他の記事も読んでみる

眞保智絵(鳥海智絵)

古賀(信行会長、当時社長)の秘書を務めていた時期が、ターニング・ポイントになったと思います。当時の社長秘書の役割は、社長がスムーズに仕事ができるように段取りを整えることが中心。経営に直接関与するわけではありません。しかし、それでも、のちに野村ホールディングスの経営企画部長や野村信託銀行の社長になったときに役に立った、グループ全体を見渡す視点を身につけることができました。社長秘書は社長から指示を受けて動くわけではなく、社長の立場に立って、自分で考えながら行動しなくてはならないからです。


藤原洋

ベンチャー企業の原点は顧客志向。


笹川祐子

人とお金の苦労をしたことで、自分自身が成長し、強くなることができました。


御立尚資

若手はとにかく全力で目の前の議論に勝とうとしがちです。でも、勝ったところで相手が納得して動いてくれなければ、議論した意味がありません。どんなに熱い議論をしていても、周りの人はいまどんな気持ちで自分の意見を聞いているのかを、ちょっと引いて客観的に見ながら発言する癖をつけることが肝要です。要するに気働きということですね。


中村芝翫・8代目

お芝居にしても、歌舞伎なんてずっと同じことをしているだけじゃないかと思われるかもしれないけれど、実は毎回違います。舞台に上がるたびに新しい発見があるし、その発見によって演じている役や芝居全体の見え方が変わることも少なくありません。


孫正義

60歳の誕生日の夜、パーティを開き、「明日から社長をニケシュ(アローラ副社長)に譲る」と発表して皆を驚かそう、本気でそう思っていた。ところが、残すところ1年余りとなり、妙な欲が出てきた。ニケシュには「あと5~10年は社長を続けたい」と率直に話した。今回は本当に悩みました。彼が一番の被害者なんです。なかには高給すぎるという声もありますが、グーグルにいればうちが払っている程度の報酬は得られた。それでもリスクを冒して、人生を賭けてうちに来てくれた。彼には申し訳ないことをしてしまった。


稲垣精二

(労働時間削減の)目標を達成するには、頑張って早く帰るだけでは達成できません。そこでITを活用する。もう一つ、労働時間を減らすためには、今一度お客様を真正面に見据えて、お客様に喜んでもらえる仕事で優先順位をもって組み直す。お客様にあまりメリットのない仕事は後順位にして、場合によってはやめてしまうこともあり得ます。実は社長に就任してからこれまで、一番うるさく言ってきたのはこのことです。そのぐらい働き方改革、営業の仕方の改革に、真面目に真剣に取り組んでいます。


ラリー・ペイジ

途方もない夢でも実現へと前進させることは、意外とたやすい。「そんな馬鹿なことはできない」と誰もが思うことならば、競争相手はほとんどいないからだ。


宮本武蔵

合戦にしても、四つに組んで張り合い気味になれば、戦いは捗らず、士卒も多く損なうものである。早く戦法を変えて、敵の意表を突いた方法で勝つことが大切である。


河野英太郎

部下に仕事を任せたあと、完成するまで放っておいてはいけません。途中経過の状況をチェックするポイントを設けるようにしましょう。


鵜飼裕司

北米では営業マーケティングやファイナンスを含め、しっかりとサポートをする人たちがインフラとして整備されていることが挙げられます。ベンチャーキャピタルもそうですが、新しいアイデアをビジネスにして広めていくためのサポーターの力がすごいということです。


長沼毅

重い荷物を背負って、立ちのぼる有毒ガスと水蒸気のスキマをかいくぐりながら活火山を登る。息を吸えば肺が凍りつきそうな北極圏まで行って、ガリガリと氷河を削り取る……。1年の半分はこんな冒険のような日々を過ごして、辺境生物を探し回ってます。面白そう? いえいえ、実際は成果が出るかどうか、常にプレッシャーとの闘いですよ。費用と時間をかけてはるばる探しに行ったのに生物がいなかったら、ムダ足になる。連戦連敗ですよ。勝つまで負ける。そこが楽しい。