ジェフリー・フェファーの名言

ジェフリー・フェファーのプロフィール

ジェフリー・フェファー。アメリカの経営学者、組織行動学者。スタンフォード大学ビジネススクール教授。カーネギーメロン大学卒業。スタンフォード大学で経営学博士号を取得。著書に『人材を活かす企業』『影響力のマネジメント』『権力を握る人の法則』ほか。

ジェフリー・フェファーの名言 一覧

組織の中で身を守るには、自ら情報発信せよ。


英語には「Fake it till you make it(出来るまで出来るフリをしろ)」という諺があるが、間違いなく真実である。


権限があるかのように振る舞っていれば、多くの場合その通りになる。


あなたが周囲の注目を集め、存在を認められる存在ならわざわざ怒る必要はない。あなたの訴えや主張を相手に真剣に考えさせたいときこそ怒りを示すのだ。


会社で出世する人間は例外なく感じが悪い。


「愛されるより、恐れられよ」。この真実は、マキャヴェリの時代から変わることがない。


当社の競争戦略はこれでいいのか、成功の尺度はこれでいいのか。当社の本当のライバルはどこなのか――。それまで常識とされてきたことを疑ってかかり、大前提の再検討を促す人物は注意を引き、それが妥当であれば一目置かれるようになる。


新しいつながりを手にしようと思うなら、誰一人として知り合いがいないような集まり、普段は関心がない分野の会合などに顔を出すことだ。日本には仕事の後に同僚と飲みに行く風習があると聞いているが、それを社外の人との飲みに切り替えるだけで大きく変わる。新しい出会いの中にこそ新しい学びやネットワークがあるのだ。


いつも家族や親友とばかり一緒にいると知り合いも重なり、いつも同じことを繰り返すばかりになるので発展がない。だからこそ、自分とは全く違う種類の人間や完全に別のサークルで動く人たちとつながっておくことにより、いざというときに必要な情報や連絡先を手にすることもあるのだ。


日本には「出る杭は打たれる」という言葉があると聞いたが、では本田宗一郎はどうか。生前の本田は、決して礼儀正しく誰にでも優しい人物ではなかった。ホンダを世界的自動車ブランドにすることのみに集中し、それを達成した。ソニーの盛田昭夫も同じだ。『「NO」と言える日本』という極めて刺激的で反米的ともいえる本を出してベストセラーにしながら、一方では時代を先取りして子供を米国に留学させ、自身も非常に目立つタイプだった。この二人を見ただけでも、日本においてさえ目立たない壁の花でいることは決して良策ではないことがよくわかる。


私はスタンフォード大学において、様々な国々から集まった学生を指導してきた。そして、組織内政治に暗すぎたために職を失った人、失脚した人たちを数多く見てきた。こういった人たちは、学校などで人間の本来の正体を教えられておらず、感覚が麻痺しているときにいきなり汚い手を使ってきた相手に驚かされ、対応できないのだ。


ジャック・ウェルチにせよ、ルドルフ・ジュリアーニにせよ、「リーダーはかくあるべし」という世間の思い込みに基づき物語をつくり上げ、権力を握るまでの過程における駆け引きや汚い手口には触れていない。そしてジム・コリンズの「ビジョナリー・カンパニー」シリーズも眉唾だ。考えてみてほしい。『ビジョナリー・カンパニー2』の物語はすべて登場人物がCEOまで上り詰めた時点から始まっているではないか。私が知る限り、そういった裏の側面を正直に語ったリーダーというのは、一人も見たことがない。


誰もが暗黙のうちに了解していることとして、権力者は怒り、他人の話をさえぎることが許され、規則を破ることや一般常識から外れることも許されるというものがある。ということは逆もまた真で、あなたが怒りを示し、他人の話をさえぎり、前提条件に疑問をつきつけて自分に都合のよい基準をつくり、社会的規範を破れば周囲はあなたを権力者と見なし、従うようになる。


会話の最中に相手の話をさえぎるのは、まったく礼を失した行為であるが、それでも相手に自分の力を感じさせ、力関係を自分に有利に導けるのは間違いない。多くの研究者が会話分析と呼ばれる手法でこの点を実証している。いつさえぎるべきかについては、時と場合によるとしか言いようがないが、一つだけ確かなのは、決して誰にもあなたの話をさえぎらせてはならないということだ。話をさえぎられるということは、あなたに力がない証しだ。


「怒りを示す」と「本当に怒る」は違う。本当に怒ってしまうと、戦略的に考え、反応する力がなくなってしまう。あくまで、怒るふりをすることが大切なのだ。大多数の人間は争いごとを避けたがるので、あなたが怒りを示した時点で引き下がるものだ。


洋の東西を問わず、家庭や学校教育の問題は、「世の中はかくあるべき」、あるいは「人間はこうであるべき」という理想論を掲げるだけで、「実際の世の中の仕組み」「実世界における人間の正体」を教えていないことにある。


ジェフリー・フェファーの経歴・略歴

ジェフリー・フェファー。アメリカの経営学者、組織行動学者。スタンフォード大学ビジネススクール教授。カーネギーメロン大学卒業。スタンフォード大学で経営学博士号を取得。著書に『人材を活かす企業』『影響力のマネジメント』『権力を握る人の法則』ほか。

他の記事も読んでみる

金成憲道

危機を共有体験とするとリーダーシップのもとに結束しやすい。


宮崎駿

僕は思想家になるよりも、目の前にいる子供たちに映画をつくってるということが一番大事だと思えたから、思想家になんかなりたくないですから。だいたい、僕が言ってるようなことはもっと立派なお坊さんたちが遥か昔から言ってるんです。


土光敏夫

私どもの東芝では、上位者ほど早く出勤するという習慣がすでに定着している。私に言わせれば、当然のことといえる。上位者ほど忙しいはずである。その日の準備段取りは、部下が来る前に済ませておかねばならぬはずである。格別の美談でもなんでもなく、先進国のエグゼクティブやマネジャーがとっくに実行していることなのだ。そんな上司の姿を見て部下たちも変わってきた。古い言葉だが率先垂範こそ、人が人に向かう基本原理だと信ずる。


小寺春樹

社長というものは、なってみなければわからないことがたくさんある。極端な言い方かもしれませんが、社長と専務の距離は、新入社員と専務の距離よりも遠いように感じました。


宇佐美進典

もちろん、新規事業でも上手くいかないものもあります。でも、ある程度までは見て見ぬふりをしたり、許容します。基本的には会社が成長していれば、欠点が覆い隠され、逆に会社が停滞しはじめると、それまでの膿が一気に出てくるのです。ですから、成長のためにいかにして事業を伸ばしていくか、というところに注力したいというわけです。


鴨居達哉

育成で最も重要なのは、背伸びしてようやく目標を達成できるような経験をさせること。そうした経験の場を提供することが、経営陣には求められます。


棚橋弘至

業績が下がっているのに、同じことをやっていても状況が良くなるわけがない。


河野修平

ときには新しい分野にR&D的に先行投資することが必要でしょう。ただ、その場合も小さくスタートして試すなどの工夫が求められます。流行っているからといって、いきなり大々的に導入すると、失敗したときの傷が大きくなります。効果をきちんと確かめながら投資を進めていくべきです。


宮田矢八郎

経営を考える時に欠かせない基本要素が3つあります。どれも等しく大事ですが、経営の成り立ちから言えば、「戦略」から始まり、「管理」が生まれ、「理念」に行き着く。そしてまた「戦略」に戻り、サイクルは回り続ける。


福元麻理恵

本当に洗練された情報や音楽というものには、人が集い、人の心を動かし、人をつなぐ力がある。


坂井哲史

料理は一手間加えた工夫をし、建物のタイルや食器などにもこだわり、すべてオリジナルのものを使用することによって同業他社やファミレスにはない「本物の価値」が心地よい空間を作り出すのです。これがお客様に支持されるのです。


上田清司

思うのは役所というのは一般的に、答えを出すための仕掛けをしていないのだと思いますね。だからほとんどの役所は成果を出し切れないと思うのです。だから私はそういう仕掛けを作ろうと思ってやってきました。


三村孝仁

重視したのが、テルモや日本の文化を理解して、高いロイヤルティを持つ人財を育ててリーダーにすること。採用した中国人社員には、当社の理念を繰り返し伝えました。「みなさんのカルチャーはリスペクトします。でもテルモが何を大事にして、何をやろうとしているのかをきちんと理解してほしい」。対話を繰り返すことでお互いの信頼感と一体感が高まります。


山本晶(経済学者)

消費者に感情の起伏を引き起こさせるような情報は、クチコミの拡散につながりやすい。


松沢幸一

入社2年目のとき、本社の技術系幹部が問題提起をして、排水の高度処理の研究会をつくりました。「ビール会社は大量に水を使い、大量に水を捨てる。これから水不足が予想されるのに、それでいいのか」と。その研究会に参加したとき、排水処理技術向上は会社のためであると同時に、社会のためでもあると思えたのです。自分の仕事が社会貢献につながるのだと思えたとき、仕事に対する意識に変化が起きました。


ページの先頭へ