名言DB

9429 人 / 110879 名言

ジェフリー・スマイゼック(ジェフ・スマイゼック)の名言

twitter Facebook はてブ

ジェフリー・スマイゼック(ジェフ・スマイゼック)のプロフィール

ジェフリー・スマイゼック。アメリカの経営者。ユナイテッド航空社長兼CEO。プリンストン大学卒、ハーバード大学法科大学院修了。弁護士として活動したのち、米コンチネンタル航空に上級副社長兼法務顧問として入社。その後、同社社長を務めたのち、ユナイテッド航空とコンチネンタル航空の大型合併を機に誕生した新ユナイテッド航空の社長に就任。

ジェフリー・スマイゼック(ジェフ・スマイゼック)の名言 一覧

(弁護士から倒産寸前のコンチネンタル航空に移籍したことは)私が一番驚いています。以前は高給をもらい、大きな役員室で仕事をしていました。それなのに潰れかけの会社に移り、給与も減り、倒産寸前に直面したわけですから、めちゃくちゃです。しかし、合併を経験できたという意味でも、非常に価値があったと思います。どう人を扱うべきか、どうやってサービスに注力すべきか、多くの教訓を得ました。人生の中で味わうことのできない楽しみを得たと考えています。決して後悔はしていません。
【覚書き|現役弁護士から倒産寸前のコンチネンタル航空に転職した経緯について語った言葉】


LCC(格安航空会社)が最初に登場したときには、米国市場に大きなインパクトをもたらしました。既存の航空会社からマーケットシェアを奪って、拡大し続けていましたが、この時代はもう終わったと私は思っています。なぜならLCC自体がすでに成熟していますし、燃料費が高騰しており、これまでのように安い運賃を提供できる時代ではありません。一時はたくさんのLCCが誕生しましたが、その多くがもう消えてしまっています。


サウスウエスト航空は非常に良い航空会社です。ただ我々のターゲットは基本的にビジネス客。彼らのビジネスモデルは我々とはまったく違います。


我々は世界で最も大きな航空会社だと言われていますが、私たちは規模の大小というのはどうでもいいと思っています。それよりも世界をリードする航空会社になりたい。これが目標です。


私はオフィスの中に座っていろいろ考えるのではなく、社員の声を聞くため、できるだけ外を歩くことにしています。何を要求しているのか、何について困っているのかを聞き、それをどうやって解決するのかを常に考えるようにしています。そういう態度を取らなければ、この8万人からなる従業員をうまく、一緒に動かすことはできません。


どんなにグローバル企業になったとしても、我々のエアラインは最終的にはサービス業です。重要なことは、従業員一人一人が自発的に良いサービスを提供できる、そういう文化を作り上げることだと思います。


私自身、コンチネンタルの復活劇を経験しておりますので、我々の会社の強みは熟知しているつもりです。素晴らしい従業員に恵まれ、資産、機材をいくつも持っています。骨組みはしっかりしていますが、適切な良い文化、企業文化がないと生かせません。


両者の一番いいところを全部ピックアップして、生かしたいというのが私の基本的な考え方です。そして、新しい会社にとって最も良い、適切な文化を作り上げなくてはいけないと思っています。


ジェフリー・スマイゼック(ジェフ・スマイゼック)の経歴・略歴

ジェフリー・スマイゼック。アメリカの経営者。ユナイテッド航空社長兼CEO。プリンストン大学卒、ハーバード大学法科大学院修了。弁護士として活動したのち、米コンチネンタル航空に上級副社長兼法務顧問として入社。その後、同社社長を務めたのち、ユナイテッド航空とコンチネンタル航空の大型合併を機に誕生した新ユナイテッド航空の社長に就任。

他の記事も読んでみる

北沢利文

変にその場しのぎの判断や行動をとってしまうと、後で考えると回り道になっている。


守屋洋

孫子もこう語っている。「敵より先に戦場におもむいて、相手を迎え撃てば、余裕を持って戦うことができる。逆に、敵より遅れて戦場に到着すれば、苦しい戦いを強いられる」。余裕を持って戦えることが大きいのかもしれない。心に余裕があれば、判断力も冴えてくるし、あらゆる事態に対して冷静に対処することができる。


柳川範之

学び直しというと技能訓練のようなことを思い浮かべがちだ。実際そのような訓練や教育が必要な面もあろう。しかし、たとえば哲学や歴史など、人文科学や教養科目と位置づけられる科目も、学び直しに大いに役立つ。社会経験を積んだ人が学ぶことで、高校を出たばかりでは見えなかった大きな気づきを得ることが多々あるからだ。


山崎元

会社は自分を絶対に守ってくれる存在ではない。仕事に困らないためには、自分自身が持っている価値しか頼れないと自覚すべき。


熊坂隆雄

企業の成長には社員の士気が欠かせません。その士気高揚のためには、新たな領域へ攻め込む経営が必要です。


上田真(経営者)

マルエツを見ても、まず店の大きさが違います。今さら標準化もできない。であれば、ばらつきを極めようと思っています。チェーンストアとして持ち株会社の大きな方針を逸脱しないレベルで、どこまで店ごとの裁量権と自由度を容認するか。地域に不可欠な店舗を、1店1店作り上げる手間をかけるしかないと思います。そのためには人材のレベルを高めないといけません。


内村光良

自分はつくづく恵まれてると思うんです。20代からコントを作らせてもらう環境を与えられてやってきましたからね。いま50代に入り、あとどれくらい、お笑いの仕事ができるんだろうと考えたら、その日の仕事をもっと大事にしたい思いは強くなるばかりですよ。


横山貴子(経営者)

意識的に人脈をつくろうとしていたわけではありません。転職を繰り返すうちに、自分と異なる環境に身を置く人と話す機会が多くなり、自然に人脈が広がっていきました。


西田敏行

やりきれないですよね。良かれと思ってやったことが裏目に出て、結果的につらい思いをさせてしまうのは。でも、人間誰しもそういう行き違いを重ねながら生きていくんじゃないのかな。僕にもたくさんありますよ。たとえば娘の誕生日プレゼントにパスタマシンを買ったら、「それだけはいやだと思ってた」と言われたことがあって。満面の笑みを予想していたら、まさかのリアクションでしたね。誰も彼も、一度ならず二度くらいはあるんじゃないですか、そういうことは。


フローレンス・スコーヴェル・シン

人に善意を贈るあなたのために、地上に平和がある。