名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

ジェフリー・スマイゼック(ジェフ・スマイゼック)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェフリー・スマイゼック(ジェフ・スマイゼック)のプロフィール

ジェフリー・スマイゼック。アメリカの経営者。ユナイテッド航空社長兼CEO。プリンストン大学卒、ハーバード大学法科大学院修了。弁護士として活動したのち、米コンチネンタル航空に上級副社長兼法務顧問として入社。その後、同社社長を務めたのち、ユナイテッド航空とコンチネンタル航空の大型合併を機に誕生した新ユナイテッド航空の社長に就任。

ジェフリー・スマイゼック(ジェフ・スマイゼック)の名言 一覧

(弁護士から倒産寸前のコンチネンタル航空に移籍したことは)私が一番驚いています。以前は高給をもらい、大きな役員室で仕事をしていました。それなのに潰れかけの会社に移り、給与も減り、倒産寸前に直面したわけですから、めちゃくちゃです。しかし、合併を経験できたという意味でも、非常に価値があったと思います。どう人を扱うべきか、どうやってサービスに注力すべきか、多くの教訓を得ました。人生の中で味わうことのできない楽しみを得たと考えています。決して後悔はしていません。
【覚書き|現役弁護士から倒産寸前のコンチネンタル航空に転職した経緯について語った言葉】


LCC(格安航空会社)が最初に登場したときには、米国市場に大きなインパクトをもたらしました。既存の航空会社からマーケットシェアを奪って、拡大し続けていましたが、この時代はもう終わったと私は思っています。なぜならLCC自体がすでに成熟していますし、燃料費が高騰しており、これまでのように安い運賃を提供できる時代ではありません。一時はたくさんのLCCが誕生しましたが、その多くがもう消えてしまっています。


サウスウエスト航空は非常に良い航空会社です。ただ我々のターゲットは基本的にビジネス客。彼らのビジネスモデルは我々とはまったく違います。


我々は世界で最も大きな航空会社だと言われていますが、私たちは規模の大小というのはどうでもいいと思っています。それよりも世界をリードする航空会社になりたい。これが目標です。


私はオフィスの中に座っていろいろ考えるのではなく、社員の声を聞くため、できるだけ外を歩くことにしています。何を要求しているのか、何について困っているのかを聞き、それをどうやって解決するのかを常に考えるようにしています。そういう態度を取らなければ、この8万人からなる従業員をうまく、一緒に動かすことはできません。


どんなにグローバル企業になったとしても、我々のエアラインは最終的にはサービス業です。重要なことは、従業員一人一人が自発的に良いサービスを提供できる、そういう文化を作り上げることだと思います。


私自身、コンチネンタルの復活劇を経験しておりますので、我々の会社の強みは熟知しているつもりです。素晴らしい従業員に恵まれ、資産、機材をいくつも持っています。骨組みはしっかりしていますが、適切な良い文化、企業文化がないと生かせません。


両者の一番いいところを全部ピックアップして、生かしたいというのが私の基本的な考え方です。そして、新しい会社にとって最も良い、適切な文化を作り上げなくてはいけないと思っています。


ジェフリー・スマイゼック(ジェフ・スマイゼック)の経歴・略歴

ジェフリー・スマイゼック。アメリカの経営者。ユナイテッド航空社長兼CEO。プリンストン大学卒、ハーバード大学法科大学院修了。弁護士として活動したのち、米コンチネンタル航空に上級副社長兼法務顧問として入社。その後、同社社長を務めたのち、ユナイテッド航空とコンチネンタル航空の大型合併を機に誕生した新ユナイテッド航空の社長に就任。

他の記事も読んでみる

伊藤勝康(経営者)

会員制リゾートという市場は、我々が先陣を切って40年以上の歳月をかけてつくってきました。一流の施設をつくり、一流のおもてなしを体験していただく。そういう楽しみ方があることを、ようやく多くの方々に知っていただけるようになりました。旅をするよりも、リゾートでゆっくりとくつろぐことを楽しむ人が増えてきました。その傾向は今後もしばらくは変わらないと思います。


小松美羽

何を選択していかなくてはいけないかなんて分からないことばかりだけれども、魂が呼応する運命の流れを感じることが我々にはできるはずだ。何が未来に繋がるかなんてわからないのだから、導かれる試練に立ち向かう武器を選択することが大切だ。


エズラ・ヴォーゲル

日本は、あらゆる国といい関係を築ける可能性を持っている数少ない国です。ぜひその強みを生かしてほしい。


団野村

僕らは駆け引きはします。ただ、嘘はつきません。あとで問題化して結局はマイナスです。


萩本欽一

仕事をするときは勝負運の強い人と組むといいんです。コメディアンになってからの僕は、ずーっと勝負運の強い人を探して一緒に仕事をしていました。僕のつくった番組が当たったのは、そういう人たちの運をもらったからでもあるの。自分になくてももらえばいいんです。だから人間関係は大事にしなくちゃいけないの。


西尾太

40代ぐらいになると、上昇志向というより現状維持に気持ちが傾く人も多いでしょうが、それならそれで維持するために何が必要か考えればいい。大切なのは、考え、悩むことだと思います。悩んだ分だけ道が開けると私は信じています。


柳井正

経営で一番大切なのは顧客の要望に応えることである。顧客の要望に応え、顧客を創造しない限り、商売は出来ない。


藤森義明

緊張感に耐えられる人間がプロになれます。ビジネスにおいて、仕事上で一瞬も息を抜けない日々を耐え抜ける連中がトップ20%入って、上にあがっていくんです。


鈴木久仁

多くの人と接することで、それまで自分になかった発想や考え方を吸収することができます。一人で部屋にいては妄想しかできません。


笹野和泉

必要なのは自社のために何をするべきなのか、常に自分自身の頭でしっかりと考え、その考えに従って行動できる人材です。


澤田秀雄

他社を巻き込めば利益は山分けになるので、実入りは少なくなりますが、リスクやコストも少なくて済みます。


松田悠介

日本とアメリカの両方で高等教育を受けたので、その差は肌で感じています。日本だと、教室は理論を教えてもらうところですよね。一方、アメリカでは毎週、授業を受ける前に500ページ分くらいの論文の束を渡されて、理論を頭に叩き込んでこいといわれます。授業は理論を使って議論する場所。それぞれが自分の意見をぶつけ合うということが非常に重視されていました。