名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ジェフリー・スマイゼック(ジェフ・スマイゼック)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェフリー・スマイゼック(ジェフ・スマイゼック)のプロフィール

ジェフリー・スマイゼック。アメリカの経営者。ユナイテッド航空社長兼CEO。プリンストン大学卒、ハーバード大学法科大学院修了。弁護士として活動したのち、米コンチネンタル航空に上級副社長兼法務顧問として入社。その後、同社社長を務めたのち、ユナイテッド航空とコンチネンタル航空の大型合併を機に誕生した新ユナイテッド航空の社長に就任。

ジェフリー・スマイゼック(ジェフ・スマイゼック)の名言 一覧

(弁護士から倒産寸前のコンチネンタル航空に移籍したことは)私が一番驚いています。以前は高給をもらい、大きな役員室で仕事をしていました。それなのに潰れかけの会社に移り、給与も減り、倒産寸前に直面したわけですから、めちゃくちゃです。しかし、合併を経験できたという意味でも、非常に価値があったと思います。どう人を扱うべきか、どうやってサービスに注力すべきか、多くの教訓を得ました。人生の中で味わうことのできない楽しみを得たと考えています。決して後悔はしていません。
【覚書き|現役弁護士から倒産寸前のコンチネンタル航空に転職した経緯について語った言葉】


LCC(格安航空会社)が最初に登場したときには、米国市場に大きなインパクトをもたらしました。既存の航空会社からマーケットシェアを奪って、拡大し続けていましたが、この時代はもう終わったと私は思っています。なぜならLCC自体がすでに成熟していますし、燃料費が高騰しており、これまでのように安い運賃を提供できる時代ではありません。一時はたくさんのLCCが誕生しましたが、その多くがもう消えてしまっています。


サウスウエスト航空は非常に良い航空会社です。ただ我々のターゲットは基本的にビジネス客。彼らのビジネスモデルは我々とはまったく違います。


我々は世界で最も大きな航空会社だと言われていますが、私たちは規模の大小というのはどうでもいいと思っています。それよりも世界をリードする航空会社になりたい。これが目標です。


私はオフィスの中に座っていろいろ考えるのではなく、社員の声を聞くため、できるだけ外を歩くことにしています。何を要求しているのか、何について困っているのかを聞き、それをどうやって解決するのかを常に考えるようにしています。そういう態度を取らなければ、この8万人からなる従業員をうまく、一緒に動かすことはできません。


どんなにグローバル企業になったとしても、我々のエアラインは最終的にはサービス業です。重要なことは、従業員一人一人が自発的に良いサービスを提供できる、そういう文化を作り上げることだと思います。


私自身、コンチネンタルの復活劇を経験しておりますので、我々の会社の強みは熟知しているつもりです。素晴らしい従業員に恵まれ、資産、機材をいくつも持っています。骨組みはしっかりしていますが、適切な良い文化、企業文化がないと生かせません。


両者の一番いいところを全部ピックアップして、生かしたいというのが私の基本的な考え方です。そして、新しい会社にとって最も良い、適切な文化を作り上げなくてはいけないと思っています。


ジェフリー・スマイゼック(ジェフ・スマイゼック)の経歴・略歴

ジェフリー・スマイゼック。アメリカの経営者。ユナイテッド航空社長兼CEO。プリンストン大学卒、ハーバード大学法科大学院修了。弁護士として活動したのち、米コンチネンタル航空に上級副社長兼法務顧問として入社。その後、同社社長を務めたのち、ユナイテッド航空とコンチネンタル航空の大型合併を機に誕生した新ユナイテッド航空の社長に就任。

他の記事も読んでみる

小田禎彦

形どおりのセリフがマニュアルの欠点として指摘されているわけですけれども、積み上げてきたものを伝えていくときには60、70%の決め事は伝えていかなければならない。しかし、100まで網羅しようとするとマニュアルの欠陥が出るので、この上は個人で自分のよさを努力して表現していきなさい。こういうところが加賀屋の流儀の良さなんです。


林野宏

企業の中で仕事をするうえでは、得意な分野をそのまま仕事にできるとは限りません。むしろそんな恵まれた人はごく少数でしょう。大部分の人は与えられた仕事を好きになるしかなく、得意になるしかない。しかし与えられた仕事だと言っても、努力すれば必ず好きになれる。努力とは夢中になれることであり、その結果、成果を上げることです。夢中になればどんな仕事でも好きになれる。夢中になった結果、成果があがればますます仕事が好きになります。


築山節

自分の頭で考えられる人とそれができない人の最大の違いは、実は、思考法とか頭の良し悪しではありません。失敗できるかどうかです。


吉越浩一郎

たとえ創業者の夢を尊重するにしても、それでもっていまの社員を束縛することは、ダイナミックな経営に資することなのでしょうか。経営とは、変化、創造の営みであると理解するならば、創業者の夢もまた例外ではなく、常に見直されるべきです。本来あるべき経営理念とは、その会社の日々の経営からほとばしるようなものであり、そのように表現せざるをえないかのようなものです。


片田珠美

根も葉もない噂を広める人に対して避けたいのは直接対決。「噂話を流すのはやめろ!」とダイレクトに怒りを表明すれば、妬みの感情を助長して火に油を注ぐようなもの。誹謗中傷がエスカレートする可能性がある。


山本祐揮

僕は今、初心者の方に教える道場も開いているんですが、初めての人はだいたい腕の前に下半身が筋肉痛になります。アームレスリングは見た目以上に全身運動なんですよ。


安東英子

片づけの相談を受けた、とあるご夫婦に、頑なに物を捨てたがらない高齢の父親がいました。私は、一切物を捨てない代わりに、バラバラにため込まれた部屋の中の物を、ただそろえるだけにしましょう、とアドバイスしました。しばらくして、そのお宅を訪ねると「先生、びっくり」と奥さん。「おじいちゃんが、物を捨て始めた」と言うのです。片づけようとする子への反発心や、物を捨てられない心の呪縛が解ければ、後は一つ一つを相談しながら、一緒に処分法を考えていけるようになります。


天坊昭彦

本社経理部の国際金融課に配属されて、為替の勉強をしたことが大きかったですね。当時の上司によくいわれたのが、「目の前でレートが上下しているのを見ているだけではダメだ」ということです。相場変動の裏には、たとえば日米の貿易問題があったり、大きな事件が潜んでいたりする。それらが、どんな形で為替に影響を与えるのか。国際金融をやっていると、そうした考え方をするようになります。


伊達公子

本当は、頑張っている実感はそれほどないのです。楽しいことはいくらでも時間を忘れて没頭できるし、自然と力が湧いてきます。いまの私にとって、テニスはそういうものです。でも、それができているのは、自分の力だけでなく、パードナーであるマイクやスタッフたちのサポートあってのことだと日々感謝しています。


藤田晋

我が社もネットバブル崩壊後に、離職率がかなり高まった時期があった。そのころから「これではダメだ」と悟って社員の帰属意識を高める方針に転じた。一番効いたのは、私が発した「社員を大事にする」というメッセージだった。「有能な社員が、長期にわたって活躍できる終身雇用を目指す」ということをあえて明言したことで、社内の雰囲気はガラリと変わった。トップや経営陣がこのようなメッセージを出すと社員も、「我々も会社が好きだし、大事だ」となる。特に日本企業は、このようにして醸成される組織力に強みがあるのは間違いないだろう。


秋元康

「50歳を過ぎた男性が、なぜ若い女の子の歌詞を書けるんですか?」とよく聞かれるんですけれど、あれはつまり「AKBの観察日記」なんですよ。要するに、見ていると彼女たちがどういうことに悩んでいるのかが分かる。たとえば、高橋みなみを見ていれば、思春期における自己の在り方、存在証明みたいなもので悩んでいるという具合に。


遠藤功

ロジックを組み立てることは、必ずしも悪いことではありません。ただ、「ロジックが大切」「論理的に話すことが大事」ということばかりを意識して、相手のことをまるっきり考えず、自分のロジックを押しつけようとする人が多いように思います。たとえば、商品を欲していないお客様に対して、「他社製品と比べて、品質が格段によくて、価格もリーズナブル。だから、あなたはこれを買わなければ損」というロジックで、買わせようとする。自分にとっては正しいロジックかもしれませんが、相手からみたら自分勝手な屁理屈に過ぎません。にもかかわらず、理詰めでいいくるめようとする……。これでは相手の心を閉ざすだけ。聞き入れてもらえるはずがありません。