名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジェフリー・スマイゼック(ジェフ・スマイゼック)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェフリー・スマイゼック(ジェフ・スマイゼック)のプロフィール

ジェフリー・スマイゼック。アメリカの経営者。ユナイテッド航空社長兼CEO。プリンストン大学卒、ハーバード大学法科大学院修了。弁護士として活動したのち、米コンチネンタル航空に上級副社長兼法務顧問として入社。その後、同社社長を務めたのち、ユナイテッド航空とコンチネンタル航空の大型合併を機に誕生した新ユナイテッド航空の社長に就任。

ジェフリー・スマイゼック(ジェフ・スマイゼック)の名言 一覧

(弁護士から倒産寸前のコンチネンタル航空に移籍したことは)私が一番驚いています。以前は高給をもらい、大きな役員室で仕事をしていました。それなのに潰れかけの会社に移り、給与も減り、倒産寸前に直面したわけですから、めちゃくちゃです。しかし、合併を経験できたという意味でも、非常に価値があったと思います。どう人を扱うべきか、どうやってサービスに注力すべきか、多くの教訓を得ました。人生の中で味わうことのできない楽しみを得たと考えています。決して後悔はしていません。
【覚書き|現役弁護士から倒産寸前のコンチネンタル航空に転職した経緯について語った言葉】


LCC(格安航空会社)が最初に登場したときには、米国市場に大きなインパクトをもたらしました。既存の航空会社からマーケットシェアを奪って、拡大し続けていましたが、この時代はもう終わったと私は思っています。なぜならLCC自体がすでに成熟していますし、燃料費が高騰しており、これまでのように安い運賃を提供できる時代ではありません。一時はたくさんのLCCが誕生しましたが、その多くがもう消えてしまっています。


サウスウエスト航空は非常に良い航空会社です。ただ我々のターゲットは基本的にビジネス客。彼らのビジネスモデルは我々とはまったく違います。


我々は世界で最も大きな航空会社だと言われていますが、私たちは規模の大小というのはどうでもいいと思っています。それよりも世界をリードする航空会社になりたい。これが目標です。


私はオフィスの中に座っていろいろ考えるのではなく、社員の声を聞くため、できるだけ外を歩くことにしています。何を要求しているのか、何について困っているのかを聞き、それをどうやって解決するのかを常に考えるようにしています。そういう態度を取らなければ、この8万人からなる従業員をうまく、一緒に動かすことはできません。


どんなにグローバル企業になったとしても、我々のエアラインは最終的にはサービス業です。重要なことは、従業員一人一人が自発的に良いサービスを提供できる、そういう文化を作り上げることだと思います。


私自身、コンチネンタルの復活劇を経験しておりますので、我々の会社の強みは熟知しているつもりです。素晴らしい従業員に恵まれ、資産、機材をいくつも持っています。骨組みはしっかりしていますが、適切な良い文化、企業文化がないと生かせません。


両者の一番いいところを全部ピックアップして、生かしたいというのが私の基本的な考え方です。そして、新しい会社にとって最も良い、適切な文化を作り上げなくてはいけないと思っています。


ジェフリー・スマイゼック(ジェフ・スマイゼック)の経歴・略歴

ジェフリー・スマイゼック。アメリカの経営者。ユナイテッド航空社長兼CEO。プリンストン大学卒、ハーバード大学法科大学院修了。弁護士として活動したのち、米コンチネンタル航空に上級副社長兼法務顧問として入社。その後、同社社長を務めたのち、ユナイテッド航空とコンチネンタル航空の大型合併を機に誕生した新ユナイテッド航空の社長に就任。

他の記事も読んでみる

日枝久

人は誰しも、子供のころから何らかの夢を持っているものですが、その内容は人生の段階にっよって変化します。むしろ、刻々と変わっていってよいと思います。幼いころからリタイアした後まで、その時々の自分にふさわしい夢を抱き、懸命に生きて行けばよいのです。


田中伸明(医師)

硬い心より強いのは柔らかな心。その先にある、壊れるべき心がない「無我」の境地は、マインドフルネスの行きつく先。好きな仕事をしていて気がつくと何時間も経っているときがあるでしょう。それが、最も生産性の高い「無我」の状態です。


宮嶋宏幸

商品は置けば売れるというものではありません。来店客に十分な接客ができる販売員がいなければ、また客が他社に流れることになってしまいます。


田中良和(GREE)

自分はリーダータイプだと決めつけて、部下のときに中途半端なフォロワーシップしか発揮できない人は経営者に向いていません。自分に求められていることがよくわかっていないから、リーダーシップもおかしな方向に発揮して失敗するんじゃないでしょうか。


朝倉千恵子

逃げたいと思うとき、私は絶対に逃げない。一度逃げると、逃げ癖がつくからです。目の前に壁が現れたとき、その壁は前だけでなく、右にも左にも後ろにもあるものです。だから壁は乗り越えるしかないのです。そして、乗り越えられない壁なんてないのです。


佐藤康博

「リバースモーゲージ(不動産信託の機能を活用し、不動産を担保にして老後の資金をご提供するサービス)」のビジネスモデルは国内だけにとどまりません。というのも、お隣の韓国や中国でも高齢化は進んでいます。急速な都市化と、その後の高齢化は日本に限った話ではないのです。高齢化や介護という問題に対して、日本が経てきた問題と解決手段を、将来的に海外で活用できる可能性があります。高齢化先進国として、日本に軸足を置く意味がそこにあるのです。


松尾昭仁

下から評価の高い上司は部下に対しても気を使い、相手に合せることができる柔軟な思考とマインドの人。


伊藤雅俊(味の素)

社長になって、現場との距離が物理的に離れてしまいました。社長に求められる能力とは、前線で働く営業マンの特異な意見を察知することだと感じています。もちろん、言うのは非常に簡単ですが、実行が難しい。しかし、ものごとの先端から発せられるサインを読み取ること、感じること。これはマーケットの用語で「リーディング・エッジ」と呼ばれているもので、商品開発、営業を問わず、一番大事なことです。


池上彰

記者が警察のところに行って、なにかありますか?と漠然と聞いても何も答えてくれません。情報収集を行い、それをもとに自分の読みを立ててから質問すれば、警察もこちらに一目置くようになります。仮説を持って取材に行くから、相手との信頼関係が生まれるのです。それはビジネスなどの営業活動でも同じでしょう。いい結果を生むのは相手との良好な信頼関係です。相手から信用を得るには、入手できる情報から、自分なりの仮説を立てることが重要なのではないでしょうか。


ガー・レイノルズ

アメリカ流の芝居がかったプレゼン、身ぶり手ぶりが派手で熱弁をふるうプレゼンには力強さがありますが、行きすぎると、怪しいセールスマンのような胡散臭さが漂います。


安東邦彦

営業マンは二極化している。売れる人はもっと売れるようになり、売れない人はもっと売れなくなっている。そういう時代になったことすら実感できない営業マンは、時代から置き去りにされても仕方がないんですよ。


井上礼之

組織を通じて上がってくる提案は、最終的には1つに絞られることが多い。その「結論」に至るまでにほかにどういう案があってどう議論をしたか、どんな反対意見があったか。それらを知ることにはすごく価値がある。案外、その議論の過程の中に、貴重な情報や解決すべき「現場の不都合な真実」が潜んでいるものだ。