ジェフリー・スマイゼック(ジェフ・スマイゼック)の名言

ジェフリー・スマイゼック(ジェフ・スマイゼック)のプロフィール

ジェフリー・スマイゼック。アメリカの経営者。ユナイテッド航空社長兼CEO。プリンストン大学卒、ハーバード大学法科大学院修了。弁護士として活動したのち、米コンチネンタル航空に上級副社長兼法務顧問として入社。その後、同社社長を務めたのち、ユナイテッド航空とコンチネンタル航空の大型合併を機に誕生した新ユナイテッド航空の社長に就任。

ジェフリー・スマイゼック(ジェフ・スマイゼック)の名言 一覧

(弁護士から倒産寸前のコンチネンタル航空に移籍したことは)私が一番驚いています。以前は高給をもらい、大きな役員室で仕事をしていました。それなのに潰れかけの会社に移り、給与も減り、倒産寸前に直面したわけですから、めちゃくちゃです。しかし、合併を経験できたという意味でも、非常に価値があったと思います。どう人を扱うべきか、どうやってサービスに注力すべきか、多くの教訓を得ました。人生の中で味わうことのできない楽しみを得たと考えています。決して後悔はしていません。
【覚書き|現役弁護士から倒産寸前のコンチネンタル航空に転職した経緯について語った言葉】


LCC(格安航空会社)が最初に登場したときには、米国市場に大きなインパクトをもたらしました。既存の航空会社からマーケットシェアを奪って、拡大し続けていましたが、この時代はもう終わったと私は思っています。なぜならLCC自体がすでに成熟していますし、燃料費が高騰しており、これまでのように安い運賃を提供できる時代ではありません。一時はたくさんのLCCが誕生しましたが、その多くがもう消えてしまっています。


サウスウエスト航空は非常に良い航空会社です。ただ我々のターゲットは基本的にビジネス客。彼らのビジネスモデルは我々とはまったく違います。


我々は世界で最も大きな航空会社だと言われていますが、私たちは規模の大小というのはどうでもいいと思っています。それよりも世界をリードする航空会社になりたい。これが目標です。


私はオフィスの中に座っていろいろ考えるのではなく、社員の声を聞くため、できるだけ外を歩くことにしています。何を要求しているのか、何について困っているのかを聞き、それをどうやって解決するのかを常に考えるようにしています。そういう態度を取らなければ、この8万人からなる従業員をうまく、一緒に動かすことはできません。


どんなにグローバル企業になったとしても、我々のエアラインは最終的にはサービス業です。重要なことは、従業員一人一人が自発的に良いサービスを提供できる、そういう文化を作り上げることだと思います。


私自身、コンチネンタルの復活劇を経験しておりますので、我々の会社の強みは熟知しているつもりです。素晴らしい従業員に恵まれ、資産、機材をいくつも持っています。骨組みはしっかりしていますが、適切な良い文化、企業文化がないと生かせません。


両者の一番いいところを全部ピックアップして、生かしたいというのが私の基本的な考え方です。そして、新しい会社にとって最も良い、適切な文化を作り上げなくてはいけないと思っています。


ジェフリー・スマイゼック(ジェフ・スマイゼック)の経歴・略歴

ジェフリー・スマイゼック。アメリカの経営者。ユナイテッド航空社長兼CEO。プリンストン大学卒、ハーバード大学法科大学院修了。弁護士として活動したのち、米コンチネンタル航空に上級副社長兼法務顧問として入社。その後、同社社長を務めたのち、ユナイテッド航空とコンチネンタル航空の大型合併を機に誕生した新ユナイテッド航空の社長に就任。

他の記事も読んでみる

杉山大二郎

自分のやり方が上手くいっていたので、気の緩みもあったのでしょう。トップの営業成績を達成した翌年、大事なお客様に対して失言をしてしまいました。銀行からの出向組の方だったので「今の立場のほうがラクですね」と軽い気持ちで発言したんです。その後、私は出入り禁止を言い渡されました。出禁になるほどの失敗は、私の営業に取り組む意識を大きく変えました。営業は雑談ひとつで、成否が変わる。些細なことであっても発言の前にひと呼吸して、言ってもいいかどうか、確認するようになりました。


田中久雄

僕自身から見て東芝グループは「コングロマリットディスカウント」(グループ企業の株式時価総額が、個々の事業の価値を合算した額に比べ割安になること)そのもの。同じグループ内でも事業体別にバラバラに運営されていることも多い。例えばシンガポールだけでも現地法人が7社もあります。こうした問題を改め、グループ企業が集まることで実力以上の相乗効果を発揮する「コングロマリットプレミアム」に変えたい。そのために、新たな価値創造と生産性向上を推し進めます。


弘兼憲史

年齢や経験とともについてくるプライドは、貴重な成長の機会を逃す恐れがあります。時には、そんなプライドを肩から下ろして新しいことに挑戦することが、成長し続けるカギかもしれない。


若山陽一

パナソニックの子会社の、電池の製造請負・派遣会社、パナソニックバッテリーエンジニアリングを買収・子会社化しましたが、非常にうまくいっています。人を大切にするパナソニックの人づくりの在り方には、学ぶところも多い。一方で向こうの社員にしても、活躍の場が広がった。お互いに得るものがあるM&Aでした。こういう案件があれば、積極的に取り組んでいきたいと考えています。


前川孝雄

悩んでいるのは自分一人ではないことを心に留めておいてください。対人関係でのストレスや、部下指導が上手くいかないことを一人で悩んでいる人がたくさんいます。こんなことを人の話すと評価が下がるのではないかと気にしているのですが、そんなことはない場合が大半です。同僚に悩みを打ち明けてみれば、同じ悩みを抱えている人は多いことに気づくはずです。


清水浩夫

ムダをなくすのは重要ですが、あくまでそれは自社のメリット。現在はお客様のため、一層商品力に磨きを掛けています。


山田進太郎

日本からだと、自分たちは世界に向けたつもりでも、どうしても日本っぽいサービスになってしまうんです。僕たちもアメリカに行ってはじめて、何がユニバーサルなサービスなのかがわかりました。たとえば、文字に頼った説明はダメですね。日本では商品にいろいろ注意書きがついているのが普通ですが、アメリカだと文字の説明がなくても一目で「これはやっちゃいけない」とわかるデザインにしないといけない。


本多静六

(扶養家族)9人を抱えていた私は、これではいつまでたっても貧乏から抜けられない、貧乏を征服するには、まず貧乏をこちらから進んでやっつけなければならぬと考えた。貧乏に強いられてやむを得ず生活を詰めるのではなく、自発的に積極的に勤倹貯蓄を努めて、逆に貧乏を圧倒するのでなければならぬと考えた


葛西敬之

読書で得た人間学の素養は、私の職業人としての人生の随所において支えになってきたと思います。それはどの局面においても、歴史上の誰の事跡かという形のものではなく、無意識のうちに身についた処し方としてです。


鈴木喬(経営者)

常識を壊すんだから、イノベーションとは要するに喧嘩。


北川祐治

北川鉄工所には、現在展開している3つの事業それぞれで蓄積した技術があり、その相乗効果によって独自性を高めています。


飯沼浩

小売業界から外食業界に取り入れた考え方は、加盟店の利益に対する意識を強く持つということ。「カフェ・ド・クリエ」も外食である以上、ロイヤリティは売り上げに対してかけていますが、「加盟店の利益」を強く意識したサポートを行うようにしています。本部は取り扱う商品の原価管理をきちんと行っていますし、加盟店もロス入力をしています。外食のフランチャイズにおいてここまでやっているのは、おそらく当社をはじめ数社しかないのではないでしょうか。


藤村正宏

通る企画書は、レイアウトや文字の使い方など細部にもぬかりがない。視覚的な演出の原則を押さえているんです。文章中心の場合は、「小見出しだけで内容がわかるようにする」「読みやすいように行間を空ける」「強調したいポイントはアンダーラインをひいたり、文字を大きくする」といったテクニックが有効。


石川康晴

仕事という趣味ともう一つ何か違う趣味を持つべきだと思っています。私の場合は、それがアートです。休日を利用して美術館に行ったり、海外のアートコレクターがうちに遊びに来たり、アパレル業界に閉じこもっていては絶対に会えない方とも出会えます。沢山の友人を作ると、その分多くの情報が入ってきますから、やりたいことが実現できる可能性が高まるでしょう。


清水祐孝

人が亡くなるとバランスシートの付け替えがあります。これが1人3千万円であれば130万人が亡くなれば、39兆円の付け替えが毎年発生していることになります。昨年から相続税が発生する分岐点が下がりましたし、そうしたニーズのあるところと専門家との橋渡しをしたり、亡くなった方のライフヒストリーを紙や映像でまとめるお手伝いをしたりと、深掘りをしていきます。


ページの先頭へ