名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ジェニー・ダロックの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェニー・ダロックのプロフィール

ジェニー・ダロック。「ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院」学長。

ジェニー・ダロックの名言 一覧

イノベーションを生むには、社内の資源を徹底的に見直すことが必要でしょう。イノベーションのカギは社内にあると思います。


変化していく過程では、世代交代も必要。特に、新しい技術、新しい市場が発展する今は、その必要性を理解する若い人材を積極的に登用すべき。


日本企業の場合、伝統があるがゆえに変わりにくい面があるかもしれません。しかし組織を正しい方向に導き、作り変えていける人が、優れたリーダーです。経営者は常にイノベーティブでいる責任があるのです。


現在は、過去には考えられなかった速さで技術が進化しています。外部の技術と社内のコアコンピタンスを結びつけるような発想も求められる。経営者は、現在の事業の継続を図りながら、一方では、常に新しい事業へのチャレンジを考え続けなければなりません。


ジェニー・ダロックの経歴・略歴

ジェニー・ダロック。「ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院」学長。

他の記事も読んでみる

畑正憲(ムツゴロウ)

ロケから戻ると締め切りが待っているので、常に緊張した状態が続いていました。緊張感は人の免疫力を高めるようで、この50年、一度も風邪すら引いたことがありません。


太宰俊吾

海外に行くなら欧米よりも、同じ東洋人として親しみの持てるアジアがいいと思っていました。当時はインドネシアを進んで希望する社員がいなかったので、私でいいということになったんです。
【覚書き|52歳でインドネシア法人の社長として現地へ赴いた当時を振り返っての発言】


益子修

軽自動車「i(アイ)」の発表会では、衝突実験を行ったクルマも展示し、安全性の高さを示しました。普通は新車発表会で壊れたクルマを見せたりはしませんが、我々としては自分たちの気持ちを言葉だけではなく具体的な形で表現したかったのです。


道脇裕

発明にはゴールがない。「もっと良くならないか」と考え続ける。常に通過点で、絶対的な正解もない。


塚本隆史

みずほフィナンシャルグループの人材育成の方針は「自らのキャリアは自らの力で勝ち取る」です。そのために、ルーキージョブリクエスト(入社一年目の研修が終わった段階で次の配属先を自分で決められる制度)、ジョブ公募制度(みずほフィナンシャルグループ内のどの会社にでも、どの仕事にでも転属リクエストができる制度)、支店長募集制度などのプログラムを数多く用意しています。


風間健

私は、生きるうえで武士道の精神を信条としています。武士は、社会のなかでの使命を、自ら任じて生きていました。自分の信じることのために行動する。それが原理原則です。


田中和彦

TODOの優先度で迷ったら、「時間軸」と「空間軸」で考えてみるといいでしょう。その仕事を1日放置したらどうなるか、何人に影響が出るかと考え、影響の大きい方から処理していきます。


田臥勇太

「オレはできるんだ」「いや、もうダメかもしれない」という自信と不安のせめぎ合いというか、それこそアップダウンを繰り返すジェットコースターに乗っているようなもんでした。そこにスリルと楽しみを感じていられるうちはプロなんだと。いかに不安を自信が上回れるのか、毎日が自分との戦いでした。


寺尾玄

プロの中でも大活躍する「トッププロ」を目指してほしい。私はこのトッププロとプロの違いに「根性」が関係していると思っています。アスリートの場合、トッププロになる条件として、体格やセンス、賢さや技術など様々な要素がありますが、それらがどれだけ高いレベルにあっても、「根性」が抜けていたらトップには立てないでしょう。どこまで自分を追い込み、高みを目指せるか。逆境や苦境に負けず、諦めずに進めるか。アスリートだけでなく、アーティストでも経営者でも会社員でも、トップで活躍するプロは、そこが他のプロと違います。


南部靖之

会社というのは、経営者の器以上には大きくならないもの。目の前の仕事に追われずに、自らに投資し、自らを成長させる時間をもつ重要性を痛感しましたね。


山崎妙子(山﨑妙子)

作り手の顔や人となり、考え方などを知ると、その人の作品がぐっと身近になり、理解が深まる。普段、私たちが作品を紹介する際も、画家自身の人柄や生き様にも焦点をあてるようにつとめています。


土居健郎

日本人は一方を極端に愛し、他方を極端に憎むということはあまりしない。その代わり、同一人に対し、陰では悪口をいいながら表向きはお世辞を言うことが社会的に許容され、私には親愛の情を寄せながら公ではつれなく当たることが当然のように受け取られ、アンビバレンス(二律背反)をさばいているように観察される。