名言DB

9490 人 / 112001 名言

ジェシー・リバモアの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェシー・リバモアのプロフィール

ジェシー・リバモア。アメリカの投機家、相場師。空売りを得意としたため「グレートベア」と呼ばれた。1929年の暗黒の木曜日に空売りで1億ドルを超える利益をあげた。不死鳥のように破産から何度も蘇ったが57歳で4度目の破産をした6年後自殺。勝つ時も、損する時もダイナミックで相場師然とした取引を行った。

ジェシー・リバモアの名言 一覧

証券取引所では、大物相場師だって先のことは見当がつかない。並外れた成功を収めた者も、たいていは小口のトレーダーとして出発した。彼らが闇ブローカーから主に学んだことは、損切りができなければ市場から消えるしかないということだった。ティッカーテープは、株式市場で行われている戦闘を見るための望遠鏡である。それは10回のうち7回は当てにできる。


株投機は世界で最も魅力的なゲームだ。しかし怠惰な人、感情をコントロールできない人、それに手っ取り早く儲けようなどと思っている人は、絶対に利益を上げることはできない。市場は変わらない。変わるのはその顔ぶれが変わるのだ。


すべきではないことを学ぶには、持てるもの一切合切を失うというのが一番だ。金を失わないためには何をすべきでないかが分かった時、相場で勝つのに何をすべきかということが、ようやくわかり始めるのだ。


トレーダーの相場に挑む態度はプロのビリヤードプレーヤーと同じで、目先の1ショットではなく、はるか全体を見渡してプレーするのだ。どのポジションをとるかを考えながらプレーするのはプロにとって習性だ。


損が明らかな時には損切り、利益が見込める時には利喰わないのが鉄則だ。誤った時にすべきことはただ1つ、改めることだ。


良いアイディアが相場で大きな利益を上げる秘訣ではない。頼りになるのは株価であって、思惑ではない。最も重要なのは、絶好の時が来るまで静かに座っていることだ。私が常に手痛い目にあうのは、自分の判断が正しいと自信を持ってゲームに臨める時にしか相場に入らないという方針を守ることができない時だった。


株というものは、買い始めるのに高すぎるということはないし、売り始めるのに安すぎるということはない。
しかし、最初の建玉で利益があがらないかぎりは、続けての建玉は手控えるべきだ。 よく状況を見極めて待つことだ。


自分の失敗すべてから教訓を学ぶには長い時間がかかる。物事には二面性があるとよくいうが、相場ではたた1つのことがあるだけだ。強気か弱気かでもはない。正しいか否かということなのだ。明白なのは強気相場では強気筋、弱気相場では弱気筋になれということだ。


情報はすべて危険である。情報はあらゆる形態を装い、採用をもちかける。自分の知る世界に専念せよ。投機家の最大の敵は自分の中にいる。人間の本性として、人は希望と恐れとは無縁ではいられない。相場に勝つ必要はない、勝つべき相手は自分自身である。


相場全体の流れが自分の目にいやな形として映る場合、自分の認識以上に不利な状況と見る必要がある。適切な流れをつかみ、その枠組みの中で取引を展開すること、強風に逆らって船をだすような無謀はさけるべきだ。相場の動きを漫然と「期待して待つ」のは博打であり、忍耐強く待ち、シグナルを見いだした瞬間「反応する」のが投資・投機である。


賢明な相場師は、忍耐の意味を知り、つねに予備の現金を用意している


市場で自らを鍛え、何かを学び取りたいと念じるなら、身銭を投じて、自らの手口を注視し、失敗から教訓をえることだ。相場には、絶対確実などということはまずないと思うべし。いつ地雷を踏むかわからんのだから。


相場師が成功を収めるための闘いは、心理的戦いであって知力の戦いではない。人間らしい気持ち、感情の自由な働きを自らに許すのは、取引を清算した後、すなわち株や商品に投入された資金がすべて現金化された後である。金が証券の形を取っている限り、生身の感情を”殺し”続けなければならない。


ウォール街に、あるいは株式投資・投機に新しいものは何もない。ここで過去に起こったことは、これからもいく度となく繰り返されるだろう。この繰り返しも、人間の本性が変わらないからだ。人間の知性の邪魔をするのはつねに、人間の情報であり情動である。私は以上のことを確信する。


ジェシー・リバモアの経歴・略歴

ジェシー・リバモア。アメリカの投機家、相場師。空売りを得意としたため「グレートベア」と呼ばれた。1929年の暗黒の木曜日に空売りで1億ドルを超える利益をあげた。不死鳥のように破産から何度も蘇ったが57歳で4度目の破産をした6年後自殺。勝つ時も、損する時もダイナミックで相場師然とした取引を行った。

他の記事も読んでみる

琴坂将大

スタートアップと組むことで本気でイノベーションを起こしたいのであれば、完全に独立した存在として尊重すること。その上で迅速な意思決定と、徹底して自社の事業のコアとつなげる意識が求められる。スタートアップのスピード感についていけない中途半端な関わり方では、単なる事業の多角化などと変わらない。


安部修仁

経験論でいいますが、自分の限界を小さく設定するほど、仕事はつまらなくなっていき、やらされ感が増大していきます。反対に、会社から与えられた仕事の範囲をはみ出して、周囲の仕事にまで好奇心をもって積極的に提案活動を行っていくと、仕事はどんどん面白くなっていきます。


ロバート・キヨサキ

お金や投資についてあまりにも無知であるがゆえに、大半の人がいまだに「マイホームは資産だ」と信じ込んでいる。だが、それは間違いだ。マイホームは「資産」ではない。「負債」だ。資産とは、あなたのポケットにお金を入れてくれるものだ。負債とはあなたのポケットからお金を取っていくものだ。お金が入るのは、家が売れたときの売却益だけで、しかも、投資した資金を回収できるだけの高値で売れる保証はない。


小林喜光

ますます個人主義が強くなっていくでしょう。情報を統制して、自らを権威づけるリーダーの時代は終わります。今後は全ての人があらゆる情報にアクセスでき、情報が権力の源泉にはならないからです。


徳重徹

日本人はすぐに「ダメだ」と言うところがあります。そうではなくて、「なぜダメなのか?」「こうしたら良くなるのではないか?」といったように、実行する方向で考えるとどうなのか、という考え方をするべきです。そのためには、現場に行っていろいろと調べたり、聞いたりすればいいのです。すぐに諦めていては可能性が小さくなってしまいます。


寺内大吉(成田有恒)

給料のことを「サラリー」と言いますが、この言葉はラテン語で「塩」を意味し、ローマ軍の兵隊に俸給として塩が支給されていたことが語源になっています。給料も調味料の一つだと思えば、多いも少ないも気にならなくなります。塩というのはごちそうを引き立てるけれど、そのまま食べても塩辛いだけ。あくまで調味料でしかありません。サラリーも人生を引き立てる塩だと考えたらどうでしょう。


ケリー・マクゴニガル

他の人がどう思うかということが、重要な情報源になることもあります。ベンチャー(企業)で、単独プロジェクトで成功することはほとんどありません。人生で大きな仕事をする時は必ず、周囲からのサポートが必要になるのです。自分では気づかない盲点に気づかせてくれることもあります。自分を縛る先入観や欠点といった盲点に。


賀来龍三郎

人のためになることであって、なおかつ自分のためになることをやっていかなければ、企業は成立しない。自らの繁栄を求めながら、真の社会的責任を果たす企業を目指せ。【覚書き:利他と利己のバランスをうまく取りながら、なおかつ社会に貢献する企業活動をせよという趣旨の発言】


山名昌衛

いくら戦略が優れていても、現場に即していない机上の空論ではゲームチェンジもできないし、競争に勝てない。やはり現場をハンズオンで見ているから戦略をつくれる。


加護野忠男

最初の苦労は職人仲間の間の連帯感を高める機能も果たす。ともに苦労をしたという共有体験が連帯感を生み出す。「同じ釜の飯を食った」という経験よりも、「同じ苦労をした」という経験の方がよい連帯を生み出す。


涌井良幸

我々は大きな数値に直面すると、その数のスケールがすぐには実感できないことがある。こういうときは、身近でわかりやすいものと比較したり換算するとよい。


嶋浩一郎

世の中で提供されている情報のほとんどが「すぐには使えないムダなもの」だったりします。ですが、そんな情報もどこかで役立つことがあるんです。だから簡単に「これはムダ」と、差別しないでください。ムダな情報こそ、愛でるように接してほしいですね。ちなみに私は、くだらないと思える情報ほど、かわいらしく見えます。だから「どうでもいいことをよく知っているね」と言われるのは、最高の褒め言葉だと思っています。