名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジェシー・リバモアの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェシー・リバモアのプロフィール

ジェシー・リバモア。アメリカの投機家、相場師。空売りを得意としたため「グレートベア」と呼ばれた。1929年の暗黒の木曜日に空売りで1億ドルを超える利益をあげた。不死鳥のように破産から何度も蘇ったが57歳で4度目の破産をした6年後自殺。勝つ時も、損する時もダイナミックで相場師然とした取引を行った。

ジェシー・リバモアの名言 一覧

証券取引所では、大物相場師だって先のことは見当がつかない。並外れた成功を収めた者も、たいていは小口のトレーダーとして出発した。彼らが闇ブローカーから主に学んだことは、損切りができなければ市場から消えるしかないということだった。ティッカーテープは、株式市場で行われている戦闘を見るための望遠鏡である。それは10回のうち7回は当てにできる。


株投機は世界で最も魅力的なゲームだ。しかし怠惰な人、感情をコントロールできない人、それに手っ取り早く儲けようなどと思っている人は、絶対に利益を上げることはできない。市場は変わらない。変わるのはその顔ぶれが変わるのだ。


すべきではないことを学ぶには、持てるもの一切合切を失うというのが一番だ。金を失わないためには何をすべきでないかが分かった時、相場で勝つのに何をすべきかということが、ようやくわかり始めるのだ。


トレーダーの相場に挑む態度はプロのビリヤードプレーヤーと同じで、目先の1ショットではなく、はるか全体を見渡してプレーするのだ。どのポジションをとるかを考えながらプレーするのはプロにとって習性だ。


損が明らかな時には損切り、利益が見込める時には利喰わないのが鉄則だ。誤った時にすべきことはただ1つ、改めることだ。


良いアイディアが相場で大きな利益を上げる秘訣ではない。頼りになるのは株価であって、思惑ではない。最も重要なのは、絶好の時が来るまで静かに座っていることだ。私が常に手痛い目にあうのは、自分の判断が正しいと自信を持ってゲームに臨める時にしか相場に入らないという方針を守ることができない時だった。


株というものは、買い始めるのに高すぎるということはないし、売り始めるのに安すぎるということはない。
しかし、最初の建玉で利益があがらないかぎりは、続けての建玉は手控えるべきだ。 よく状況を見極めて待つことだ。


自分の失敗すべてから教訓を学ぶには長い時間がかかる。物事には二面性があるとよくいうが、相場ではたた1つのことがあるだけだ。強気か弱気かでもはない。正しいか否かということなのだ。明白なのは強気相場では強気筋、弱気相場では弱気筋になれということだ。


情報はすべて危険である。情報はあらゆる形態を装い、採用をもちかける。自分の知る世界に専念せよ。投機家の最大の敵は自分の中にいる。人間の本性として、人は希望と恐れとは無縁ではいられない。相場に勝つ必要はない、勝つべき相手は自分自身である。


相場全体の流れが自分の目にいやな形として映る場合、自分の認識以上に不利な状況と見る必要がある。適切な流れをつかみ、その枠組みの中で取引を展開すること、強風に逆らって船をだすような無謀はさけるべきだ。相場の動きを漫然と「期待して待つ」のは博打であり、忍耐強く待ち、シグナルを見いだした瞬間「反応する」のが投資・投機である。


賢明な相場師は、忍耐の意味を知り、つねに予備の現金を用意している


市場で自らを鍛え、何かを学び取りたいと念じるなら、身銭を投じて、自らの手口を注視し、失敗から教訓をえることだ。相場には、絶対確実などということはまずないと思うべし。いつ地雷を踏むかわからんのだから。


相場師が成功を収めるための闘いは、心理的戦いであって知力の戦いではない。人間らしい気持ち、感情の自由な働きを自らに許すのは、取引を清算した後、すなわち株や商品に投入された資金がすべて現金化された後である。金が証券の形を取っている限り、生身の感情を”殺し”続けなければならない。


ウォール街に、あるいは株式投資・投機に新しいものは何もない。ここで過去に起こったことは、これからもいく度となく繰り返されるだろう。この繰り返しも、人間の本性が変わらないからだ。人間の知性の邪魔をするのはつねに、人間の情報であり情動である。私は以上のことを確信する。


ジェシー・リバモアの経歴・略歴

ジェシー・リバモア。アメリカの投機家、相場師。空売りを得意としたため「グレートベア」と呼ばれた。1929年の暗黒の木曜日に空売りで1億ドルを超える利益をあげた。不死鳥のように破産から何度も蘇ったが57歳で4度目の破産をした6年後自殺。勝つ時も、損する時もダイナミックで相場師然とした取引を行った。

他の記事も読んでみる

藤堂高明(経営者)

厳しい環境で優秀な人たちのなかで頑張るのもいいんですけど、投資の基本はやはり人が目をつけていないというか、「安く買って、高く売る」という基本のところだと思います。変化とかギャップが大きいところって、実はチャンスがあるんですけど、誰もそこに価値を見出していないというところがあるわけですね。


村田昭治

経営とは一人でやっているのではない。経営とはみんなで大きな自信をもって突っ走っていく、その突進力、馬力なのだ。それは単なる馬力ではない。そこには知恵の蓄積をもった経験からくる学習効果が働いているものだ。


松下幸之助

まず汗を出せ。汗の中から知恵を出せ。それができない者は去れ。


李海珍(イ・ヘジン)

パソコンの時代に成長したネイバーは巨大な組織になりました。このままスマートフォンの時代を迎えたら、ネイバー自体が崩れてしまうかもしれないという危機感がありました。もっと子会社を作って細かく分割する方向性を決めたんです。小さくするとスピードが出ますし、責任感も強くなる。グループ内で競合になってしまうといった問題が付きまといますが、健全な競合ならある程度はあっていいと思っています。


ケリー・マクゴニガル

リーダーシップという点でも、失敗や挫折の経験が役立つことがあります。そうした経験をすると結果的に、「仕事で他の人の手本となり、助言・指導をする」メンターとしての役割を学ぶことができる。


佐藤可士和

顧客のやりたいことを否定することはありません。相手の発注力を引き出すことも含めて、僕の仕事なんです。


北条重時

よく心得ている事柄であっても、大切なことは然るべき人にたずねてからするようにしなさい。古い言葉にも、知っている事柄も工夫して行なうのを礼という、とある。


北尾吉孝

社員たちをよく知るからこそ適材適所に配属できます。経営者は人を知ることが大切です。人を知ることがなければ、人に任すことはできません。だから、人を知ることをまず徹底的に努力するべきです。


有馬利男

商品は、市場からの基本的な要求品質を満たし、さらにユニークな機能やサービスを具備することで差別化を図ることで、卓越した商品になります。


田坂広志

読書においては、「縁あって、この本に巡り合ったのだから、何かひとつ学ばせていただこう」という謙虚な気持ちを大切にするべきでしょう。読書とは、読む力さえあれば、ときに著者の知恵を超えたものをつかみ取ることもできる、素晴らしい営みだからです。


山口勉(経営者)

「お客様のために働く社員のためのお店」と考えて社員を守り、社員たちとともにお客様の満足を追求したことが今につながっています。


内山幸樹

企業は、社長の器以上には成長しないと言われます。社長自らの成長は、企業が成長する上でも重要な課題。