名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ジェシー・リバモアの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェシー・リバモアのプロフィール

ジェシー・リバモア。アメリカの投機家、相場師。空売りを得意としたため「グレートベア」と呼ばれた。1929年の暗黒の木曜日に空売りで1億ドルを超える利益をあげた。不死鳥のように破産から何度も蘇ったが57歳で4度目の破産をした6年後自殺。勝つ時も、損する時もダイナミックで相場師然とした取引を行った。

ジェシー・リバモアの名言 一覧

証券取引所では、大物相場師だって先のことは見当がつかない。並外れた成功を収めた者も、たいていは小口のトレーダーとして出発した。彼らが闇ブローカーから主に学んだことは、損切りができなければ市場から消えるしかないということだった。ティッカーテープは、株式市場で行われている戦闘を見るための望遠鏡である。それは10回のうち7回は当てにできる。


株投機は世界で最も魅力的なゲームだ。しかし怠惰な人、感情をコントロールできない人、それに手っ取り早く儲けようなどと思っている人は、絶対に利益を上げることはできない。市場は変わらない。変わるのはその顔ぶれが変わるのだ。


すべきではないことを学ぶには、持てるもの一切合切を失うというのが一番だ。金を失わないためには何をすべきでないかが分かった時、相場で勝つのに何をすべきかということが、ようやくわかり始めるのだ。


トレーダーの相場に挑む態度はプロのビリヤードプレーヤーと同じで、目先の1ショットではなく、はるか全体を見渡してプレーするのだ。どのポジションをとるかを考えながらプレーするのはプロにとって習性だ。


損が明らかな時には損切り、利益が見込める時には利喰わないのが鉄則だ。誤った時にすべきことはただ1つ、改めることだ。


良いアイディアが相場で大きな利益を上げる秘訣ではない。頼りになるのは株価であって、思惑ではない。最も重要なのは、絶好の時が来るまで静かに座っていることだ。私が常に手痛い目にあうのは、自分の判断が正しいと自信を持ってゲームに臨める時にしか相場に入らないという方針を守ることができない時だった。


株というものは、買い始めるのに高すぎるということはないし、売り始めるのに安すぎるということはない。
しかし、最初の建玉で利益があがらないかぎりは、続けての建玉は手控えるべきだ。 よく状況を見極めて待つことだ。


自分の失敗すべてから教訓を学ぶには長い時間がかかる。物事には二面性があるとよくいうが、相場ではたた1つのことがあるだけだ。強気か弱気かでもはない。正しいか否かということなのだ。明白なのは強気相場では強気筋、弱気相場では弱気筋になれということだ。


情報はすべて危険である。情報はあらゆる形態を装い、採用をもちかける。自分の知る世界に専念せよ。投機家の最大の敵は自分の中にいる。人間の本性として、人は希望と恐れとは無縁ではいられない。相場に勝つ必要はない、勝つべき相手は自分自身である。


相場全体の流れが自分の目にいやな形として映る場合、自分の認識以上に不利な状況と見る必要がある。適切な流れをつかみ、その枠組みの中で取引を展開すること、強風に逆らって船をだすような無謀はさけるべきだ。相場の動きを漫然と「期待して待つ」のは博打であり、忍耐強く待ち、シグナルを見いだした瞬間「反応する」のが投資・投機である。


賢明な相場師は、忍耐の意味を知り、つねに予備の現金を用意している


市場で自らを鍛え、何かを学び取りたいと念じるなら、身銭を投じて、自らの手口を注視し、失敗から教訓をえることだ。相場には、絶対確実などということはまずないと思うべし。いつ地雷を踏むかわからんのだから。


相場師が成功を収めるための闘いは、心理的戦いであって知力の戦いではない。人間らしい気持ち、感情の自由な働きを自らに許すのは、取引を清算した後、すなわち株や商品に投入された資金がすべて現金化された後である。金が証券の形を取っている限り、生身の感情を”殺し”続けなければならない。


ウォール街に、あるいは株式投資・投機に新しいものは何もない。ここで過去に起こったことは、これからもいく度となく繰り返されるだろう。この繰り返しも、人間の本性が変わらないからだ。人間の知性の邪魔をするのはつねに、人間の情報であり情動である。私は以上のことを確信する。


ジェシー・リバモアの経歴・略歴

ジェシー・リバモア。アメリカの投機家、相場師。空売りを得意としたため「グレートベア」と呼ばれた。1929年の暗黒の木曜日に空売りで1億ドルを超える利益をあげた。不死鳥のように破産から何度も蘇ったが57歳で4度目の破産をした6年後自殺。勝つ時も、損する時もダイナミックで相場師然とした取引を行った。

他の記事も読んでみる

河合薫

「日本人って、ストレスに弱くなったのでしょうか?」。これまで何度もこう聞かれてきました。その度に私は、「弱くなったわけじゃない。ストレスの傘が減っただけです」と答えてきました。雨が降ったときに差す傘が、「自分の周り」に見当たらないのです。雨宿りをしようにも、休ませてくれる場所も余裕もない。皮肉なことに便利さを追求し続けた結果、かつては家庭、地域、職場に当たり前にあった傘がどこかにいってしまいました。そして、何よりも残念なのは、傘を手に入れるのが上手い一部の人たちが「個の確立」というマジックワードを乱用したことで、ちょっとだけ「へなちょこさん」が、生きづらい世の中になってしまったことです。


中野信子

世の中には「すぐにはやらなくていいこと」も確実にあります。すぐに取りかかれない人というのは、無駄なことを選り分ける能力が高いともいえるのです。だからすべてのことを無理にすぐやろうとはしない、というのも手。やるべきことと、やらなくていいことのメリハリをつければいいのです。


樋口武男

世の中のためになり、そして事業として成り立つ。当社のストーリーは極めて単純です。


高橋弘樹

テレビ好きの人にではなく、「テレビなんて観ない」層を振り向かせるにはどういった内容や構成が良いかのほうを考えています。彼らが興味を持ってくれることで視聴率の底上げにもつながる。


入野自由

純粋に自分たちが面白いと思うことを、ひたすらやり続けている。スタジオでも、全力で収録して「ああ、もう疲れた」って言いながら、すごく楽しいみたいな。


津田秀晴

できる営業マンは、断られたとしても「そのときはまだニーズがなかっただけ」という考え方をします。そして、顧客が欲しいと感じるときまで、見込み客として定期的にアプローチを継続するのです。


藤由達藏

自分の決断を公言することで、言ったからには実行せざるを得ない強制力が働く。さらに人に話すことで「応援するよ」という支援者が出てくる可能性もあり、成功への大きな後押しになる。


松田洋祐

昔のゲームビジネスはゲームセンターで「コインをいかに投入してもらうか」から始まった。その後、家庭用機器が普及し、ゲームデザインと課金は切り分けられ、当社はそこで成長した。だが現在盛んなオンラインゲームでは、再度「いかに課金を得るか」がテーマとなり、開発と販売が不可分となった。そして遊べる場所もあらゆるデバイスへと広がった。


陰山英男

たとえ目の前にあるのが「やらなければならないこと」であっても、自ら面白がることができれば、それは限りなく「やりたいこと」に近づいていきます。


曽山哲人

たいていの人事制度企画は、「徹底的に考え抜いた企画」です。にもかかわらず、「社員をしらけさせてしまう運用」がしばしば行われ、両者は常に互いにせめぎ合っている。人事部門は両者の矛盾を埋めていくためのイノベーションを生み出さなければならないのです。そこに手を抜いていてはいけないと思うのです。


武原はん

稽古して稽古して稽古して。これでもかというほどけいこしておかないと安心して舞台に立てません。一つのことに執念を持ち続ければ必ず大きな力になり、執念を失えば何もかもはかなくついえてしまいます。


午堂登紀雄

自分が集中できる時間帯を利用してスケジュールを組むことも大事です。私は午前中に集中力が高まるタイプなので、企画書や原稿はこの時間帯に作成するようにしています。その間はメールチェックもしないし、電話もとりません。よくメールの返信だけで午前中を潰してしまう人がいますが、もし午前中に集中力の高まる人なら、非常にもったいない時間の使い方をしていることになります。