名言DB

9412 人 / 110637 名言

ジェシー・リバモアの名言

twitter Facebook はてブ

ジェシー・リバモアのプロフィール

ジェシー・リバモア。アメリカの投機家、相場師。空売りを得意としたため「グレートベア」と呼ばれた。1929年の暗黒の木曜日に空売りで1億ドルを超える利益をあげた。不死鳥のように破産から何度も蘇ったが57歳で4度目の破産をした6年後自殺。勝つ時も、損する時もダイナミックで相場師然とした取引を行った。

ジェシー・リバモアの名言 一覧

証券取引所では、大物相場師だって先のことは見当がつかない。並外れた成功を収めた者も、たいていは小口のトレーダーとして出発した。彼らが闇ブローカーから主に学んだことは、損切りができなければ市場から消えるしかないということだった。ティッカーテープは、株式市場で行われている戦闘を見るための望遠鏡である。それは10回のうち7回は当てにできる。


株投機は世界で最も魅力的なゲームだ。しかし怠惰な人、感情をコントロールできない人、それに手っ取り早く儲けようなどと思っている人は、絶対に利益を上げることはできない。市場は変わらない。変わるのはその顔ぶれが変わるのだ。


すべきではないことを学ぶには、持てるもの一切合切を失うというのが一番だ。金を失わないためには何をすべきでないかが分かった時、相場で勝つのに何をすべきかということが、ようやくわかり始めるのだ。


トレーダーの相場に挑む態度はプロのビリヤードプレーヤーと同じで、目先の1ショットではなく、はるか全体を見渡してプレーするのだ。どのポジションをとるかを考えながらプレーするのはプロにとって習性だ。


損が明らかな時には損切り、利益が見込める時には利喰わないのが鉄則だ。誤った時にすべきことはただ1つ、改めることだ。


良いアイディアが相場で大きな利益を上げる秘訣ではない。頼りになるのは株価であって、思惑ではない。最も重要なのは、絶好の時が来るまで静かに座っていることだ。私が常に手痛い目にあうのは、自分の判断が正しいと自信を持ってゲームに臨める時にしか相場に入らないという方針を守ることができない時だった。


株というものは、買い始めるのに高すぎるということはないし、売り始めるのに安すぎるということはない。
しかし、最初の建玉で利益があがらないかぎりは、続けての建玉は手控えるべきだ。 よく状況を見極めて待つことだ。


自分の失敗すべてから教訓を学ぶには長い時間がかかる。物事には二面性があるとよくいうが、相場ではたた1つのことがあるだけだ。強気か弱気かでもはない。正しいか否かということなのだ。明白なのは強気相場では強気筋、弱気相場では弱気筋になれということだ。


情報はすべて危険である。情報はあらゆる形態を装い、採用をもちかける。自分の知る世界に専念せよ。投機家の最大の敵は自分の中にいる。人間の本性として、人は希望と恐れとは無縁ではいられない。相場に勝つ必要はない、勝つべき相手は自分自身である。


相場全体の流れが自分の目にいやな形として映る場合、自分の認識以上に不利な状況と見る必要がある。適切な流れをつかみ、その枠組みの中で取引を展開すること、強風に逆らって船をだすような無謀はさけるべきだ。相場の動きを漫然と「期待して待つ」のは博打であり、忍耐強く待ち、シグナルを見いだした瞬間「反応する」のが投資・投機である。


賢明な相場師は、忍耐の意味を知り、つねに予備の現金を用意している


市場で自らを鍛え、何かを学び取りたいと念じるなら、身銭を投じて、自らの手口を注視し、失敗から教訓をえることだ。相場には、絶対確実などということはまずないと思うべし。いつ地雷を踏むかわからんのだから。


相場師が成功を収めるための闘いは、心理的戦いであって知力の戦いではない。人間らしい気持ち、感情の自由な働きを自らに許すのは、取引を清算した後、すなわち株や商品に投入された資金がすべて現金化された後である。金が証券の形を取っている限り、生身の感情を”殺し”続けなければならない。


ウォール街に、あるいは株式投資・投機に新しいものは何もない。ここで過去に起こったことは、これからもいく度となく繰り返されるだろう。この繰り返しも、人間の本性が変わらないからだ。人間の知性の邪魔をするのはつねに、人間の情報であり情動である。私は以上のことを確信する。


ジェシー・リバモアの経歴・略歴

ジェシー・リバモア。アメリカの投機家、相場師。空売りを得意としたため「グレートベア」と呼ばれた。1929年の暗黒の木曜日に空売りで1億ドルを超える利益をあげた。不死鳥のように破産から何度も蘇ったが57歳で4度目の破産をした6年後自殺。勝つ時も、損する時もダイナミックで相場師然とした取引を行った。

他の記事も読んでみる

見波利幸

急に太り始めたら深刻な状況の一歩手前かもしれない。ストレスを受けると、暴飲暴食で発散しようとします。そのため、体重が増加するのですが、ストレスが改善されなければ、症状が悪化してうつ症状になり、本格的な食欲不振に陥ります。体重の急増はメンタル不調に至る過程であり、体重が激減したときは、すでにどん底なのです。


キケロ

習慣は第二の天性である。


米光一成

「まとめ読み」を実践しています。たとえば「大学教育と雇用」について深く知りたい時は、その関連本を一気に20冊ほど買います。20冊中、1回ざっと目を通した段階で面白いと思える本は、私の場合、大体2、3冊。でも、面白い本を読み進めていくと、テーマについての理解度が上がり、最初はつまらないと思った本でも段々面白く感じられるようになります。考えも多面的になり、深まっていくのです。


田岡敬

少なくともネガティブな思考をすることほとんどなくなりました。ネガティブなことを考えていても良いことなど本当にないなと思い始めて、いかにそこから抜け出して、好きなことを楽しくポジティブパワーでやるかが一番大事だなと思うようになったんじゃないかと思います。


熊谷正寿

人は、大人になってからも、幼い頃の幸せな記憶に救われることがある。その意味でも、長野は生まれ故郷という以上に、今でも、私の心の拠り所であり、心のふるさとになっています。


有本均

部下を褒める一方で、できなかったことはきちんとダメ出しをしないと、本人も成長しないし、自信を失うことになります。「若い人を怒るとすぐ辞めてしまう」と、何もいわない上司が増えているようですが、それは本人のモチベーションにとって逆効果。「成長したい」という意欲はどんな人にも必ずあるので、その人が仕事でスキルアップできるようにダメ出しをすることは、むしろやる気につながります。


松井道夫

プロであればあるほど、「相場はこう動きます」なんて言わない。「絶対」がないことをよく知っているからです。


佐藤卓(グラフィックデザイナー)

買う時に、方眼のマス目は何mmかなど、そんな細かいところまで見ている人は少ないと思います。でも無意識に「使いやすい」「使いにくい」のジャッジは必ずしているはずで、手帳って毎日使うからこそ、神経がデリケートになるものだと。逆に言えば、無意識の中で使いやすいと思ってくだされば、デザイナーとしてこれほどやりがいを感じることはないですね。


渡部肇史

会社と人の関係は、器と中身ではない。例えるならクルマの両輪。ですから両者の成長は同時進行する。それを念頭に置くことが、人財育成において大切。


川田修(ライフプランナー)

転職や独立をする際に重要なのは、培ってきたスキルを活かすこと。そのためにまず、「自分を棚卸しする」ことが大事。私の場合、自分の棚卸しになったのは、本を書き、多くの感想をいただいたことでした。それまでは、「保険を売ること」が得意なことだと思っていたのですが、実は「他人と自分を差別化する」ことが得意なんだと気がつきました。


毛利衛

スペースシャトルや国際宇宙ステーションのように、生死を共にするような極限の環境に身を置いた際一番大事なのが思いやりです。一人ひとりが最高の能力を発揮して初めて困難に立ち向かえるという時、仲間が何を考えているかを先んじて理解し、その人が能力を発揮しやすいようにしてあげる。逆に自分が能力を発揮するために相手がサポートしてくれる。宇宙でミッションが成功するかどうかは、この思いやりによる人と人のつながりにかかっています。


美崎栄一郎

企画書を作る時に、まず伝えたいキーワードをノートに書き出してみるといいですよ。「親子」とか「医学」とか。そこに、それぞれの魅力を表現するのに必要な要素を加えていく。こうすれば、過剰な説明にはなりにくいと思いますよ。


泉谷閑示

精神科医として接してきた人たちの悩みを振り返ると、かつては「愛情への飢え」や「劣等感」「人間不信」が中心でした。これらは熱い情念が絡む「温度の高い」悩みです。ところが最近は「自分は何をしたいのか分からない」と、自らの存在意義や生きる意味を問うものになっている。独り密かに苦悩する「温度の低い」悩みなのです。こうした病態は「新型うつ」と呼ばれ、従来の精神医学では歯が立ちません。その苛立ちからか、専門家の中からは「精神医学が真正面から扱うに値せず、患者の意志の薄弱さがそもそもの原因である」という乱暴な意見も出ています。この最も人間的な苦悩から目を背けるのならば、精神医学や心理学は一体、何のためにあるのでしょうか。


朝田照男

「売り手よし、買い手よし、世間よし」が大切です。商社が自己利益だけを追いかけていたら長続きはしない。


正垣泰彦

物理の公式と同様、ビジネスにも原理原則があります。それを発見するには主観を排除して、数字で考えないといけない。