名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジェイ・コンラッド・レビンソンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェイ・コンラッド・レビンソンのプロフィール

ジェイ・コンラッド・レビンソン、ジェイ・C・レビンソン。米国のマーケティングコンサルタント。ゲリラマーケティング創始者。たばこ「マルボロ」などのマーケティングを手がけ大きな結果を出した。自身のマーケティング手法をまとめ、ゲリラマーケティングを創始した。

ジェイ・コンラッド・レビンソンの名言 一覧

あなたが送るメッセージの3回につき2回は、人々は注意を払っていない。27回メッセージを送り、人々の心に9回浸透させたとする。この時点で人々は実際にあなたの商品を買い、あなたの言うことに耳を傾ける。


人々を「完全なる無関心」つまり、あなたのことをまったく知らない状態から、今すぐ買いたいという気持ちにさせるには、あなたのメッセージが人々の心に9回浸透しなければならないということだ。あなたが送るメッセージの3回につき2回は、人々は注意を払っていない。


ジェイ・コンラッド・レビンソンの経歴・略歴

ジェイ・コンラッド・レビンソン、ジェイ・C・レビンソン。米国のマーケティングコンサルタント。ゲリラマーケティング創始者。たばこ「マルボロ」などのマーケティングを手がけ大きな結果を出した。自身のマーケティング手法をまとめ、ゲリラマーケティングを創始した。

他の記事も読んでみる

向谷匡史

自慢ばかりする人は、実は扱いやすい人。頼み事をすればいいんです。たとえば顔の広さを自慢する人には「今度、その人を紹介してもらえない?」と頼む。そうするとそこまで親しくない相手はプレッシャーを感じるようになって、自然とこちらを敬遠するようになります。徹底的におだてるのも有効です。


金井誠太

ベンチマークの最大の目的は「自分の技術は、世界一の水準に、こういう点で、このくらいのギャップ。で届かない」という、いわば「負け」を、エンジニアに味わってもらうこと。


村田諒太

僕はビビリです。試合に臨む前にネガティブになってしまう。じつはデビュー戦前も、オヤジに電話して泣いてしまいました(笑)。でも、「ポジティブにならなあかん!」とは思っていません。試合前にネガティブでも、ポジティブでも、メンタルだけで結果が左右されることはないんですよ。これは実体験で確信しています。


吉岡隆治

合繊生地は巨費を投じて最新鋭の設備を導入すれば、すぐに高品質な製品を実現できる。その最先端を行く中国と機能性で戦ったら、必ず負ける。人の感覚に訴えかける、つまり「高感性」が我々の武器だ。


野村克也

強いチームの特徴は、結束力や一体感が強いものだ。それは仲良しこよしという意味ではなく、ひとつひとつのプレーに盛り上がり、ひとつ勝つたびに「明日も勝とう」と自発的に互いを鼓舞し合うからだ。一方で、弱いチームの選手ほど、自分のことしか考えていない。チームより自分の成績のほうが大事だから、他人がどうだろうと気にしない。むしろ足を引っ張り合う。当然、それでは結果がついてこない。


永守重信

政治がいい加減なんだから企業がしっかりしないと!


岩沙弘道

損失処理に追われている間は、社内は現場だけでなく部門長クラスまで閉塞感に満ちていました。当社の使命は、日本の不動産に新しい付加価値を創造して、時間と共に価値を増していく魅力的な街づくりを実現することです。私は社員に「負の遺産の処理が終わったら、創造的な取り組みで街づくりをしよう。環境創造型の街づくりを積極的に進めよう」と何度も呼びかけました。


小宮一慶

上手くいっている会社の経営者はそれこそ数字に強いというか、数字の間違いにいち早く気づきます。必ずしも統計や財務に明るいというわけではありません。しかし、担当者が出してくる書類の数字の誤りをパッと見て気づきます。


田島弓子

以前、外資系金融のヘッドハンティングをしている方に「ヘッドハントしたい理想の人材」を聞いたところ、面白い答えが返ってきました。営業成績が優秀な人材はもちろんですが、それ以上に「どんな組織風土でも力を発揮できる人」を採りたいとおっしゃったのです。


清田瞭

機関投資家を相手にする場合、機関投資家は担当の営業マンが信用できなければ発注しません。相手の能力、知識、人間性などを十分に見極めて注文を出すのが善管注意義務上当然なのです。


栗原幹雄

経験や伝聞が頭の片隅で化学反応を起こし、新たな発想につながる。


林厚見

いとこの影響で、大学で建築学を選んだら面白くてはまって。建築デザインの世界にどっぷり浸りましたが、同時に、才能がないとわかってしまった。自分の道を探るうちに「デザインの世界とリアルな現実社会との間で動くプロデューサー」のイメージが出てきた。ただ、当時はまだ漠然としていましたが。