名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ジェイ・コンラッド・レビンソンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェイ・コンラッド・レビンソンのプロフィール

ジェイ・コンラッド・レビンソン、ジェイ・C・レビンソン。米国のマーケティングコンサルタント。ゲリラマーケティング創始者。たばこ「マルボロ」などのマーケティングを手がけ大きな結果を出した。自身のマーケティング手法をまとめ、ゲリラマーケティングを創始した。

ジェイ・コンラッド・レビンソンの名言 一覧

あなたが送るメッセージの3回につき2回は、人々は注意を払っていない。27回メッセージを送り、人々の心に9回浸透させたとする。この時点で人々は実際にあなたの商品を買い、あなたの言うことに耳を傾ける。


人々を「完全なる無関心」つまり、あなたのことをまったく知らない状態から、今すぐ買いたいという気持ちにさせるには、あなたのメッセージが人々の心に9回浸透しなければならないということだ。あなたが送るメッセージの3回につき2回は、人々は注意を払っていない。


ジェイ・コンラッド・レビンソンの経歴・略歴

ジェイ・コンラッド・レビンソン、ジェイ・C・レビンソン。米国のマーケティングコンサルタント。ゲリラマーケティング創始者。たばこ「マルボロ」などのマーケティングを手がけ大きな結果を出した。自身のマーケティング手法をまとめ、ゲリラマーケティングを創始した。

他の記事も読んでみる

中山幸市

会社を発展させるためには、社員も小使いもない、人間の和である思いやりである。会社のために生命をかけてくれている重役、従業員の努力に改めて頭を下げたい。


中村慶郎

大企業のお客様が多いという点が当社の特徴です。通常、ネット広告のベンチャー企業のお客様は中小企業が多いのですが、我々はスタート時から大企業が多いのです。緻密な戦略でお客様にとって最も高い広告効果を上げることにこだわった成果と思っています。


上阪徹

他人から質問されることで、自分でも思ってもみなかった面白い話が出てくることがあります。無意識にやっていた仕事の習慣を言語化できたりね(笑)。インタビューの効能はそこにあります。ときには、「自分の頭の中を整理してアイデアを出したいから、インタビューをしてほしい」と経営者に頼まれることもあるくらいです。


安田隆夫

私どもの来店客で「ドンキの売り上げに貢献して儲けさせてやろう」なんて思っている人は、ただの一人もいないはずだ。自分が得をしたいし、いい思いをしたいから、代金を払う。だからこその顧客最優先なのだ。その結果が26期連続での増収営業増益を見込む成果につながっている。


河合薫

大切なのは目の前の仕事に丁寧に取り組むこと。40代になるとある程度の仕事はこなすことができます。でもそうではなく、ちょっとだけ工夫をしたり、ちょっとだけ周りが喜んでくれるようにきちんとやったりする。そうすれば自分自身も変わっていくし、周りの見る目も変わってくるはず。


アルフレッド・アドラー

あなたのために他人がいるわけではない。「○○してくれない」という悩みは自分のことしか考えていない何よりの証拠である。


松藤民輔

私の経営の基本コンセプトは、みんながハッピーで楽しく仕事したいという会社をつくることです。そして世界中にファンや親友をつくることです。国によって違う制度や慣習を学びながら、人種も肌の色も年齢も越えて友達の輪を広げていこうと思っています。コスモポリタン(世界市民)としての日本人を世界にアピールしていきたいです。


守島基博

安定や昇進などの自分志向の仕事目的を持つ人が、昇進や昇給が得られない現状に直面すると働きがいを喪失してしまう。いま、企業は業績が回復しても、それを給与に反映させることはしない。逆に他者のため、あるいは社会のために働くことができれば、ポストや給与が上がらなくても働きがいを感じる可能性がある。そんな視点の転換が必要だ。


有本隆浩

私も、今まですべての仕事で成功すると信じてやってきました。これからも勝ち続けます。皆さんも、夢と希望を持ち、自分を信じて、感性のアンテナを世界中に張り巡らせて、創造的な自分をつくりあげてほしい。


岩切章太郎

よく世間では、私のことを夢を見る男とか、ユートピアン(夢想家)とかいう。そのとおりだと自分でも思うが、なんでもいいから日本の新しいモデルになるようなものをつくってみたいという気持ちがいつも私を駆り立てるのである。そして柄にもない、大それたことと思いながら田舎住まいのただひとつの生きがいだから、どうか許していただきたいと心の中でお詫びしている次第である。


藤沢武夫

本田とは逆に、私はめったに工場へは行かなかったのですが、行ったときは必ずプラスチック部門に顔を出すようにしていました。プラスチックは最初のジュノオ号の失敗で、使いようがなくなっていて、現実には生産の役には立たないけれど、将来のためにいろいろ試作しているわけです。いま仕事のある華やかな職場にはいきません。私がそんなところに行ったってしょうがないんです。
【覚書き|のちにこの部署はスーパーカブの開発で力を発揮し大きな利益をもたらした】


古屋大貴

斬新な視点でアイデアを考えつく能力は、ある程度先天的なもの。ただ、センスがなくても諦める必要はありません。センスがあるパートナーと組むなどすれば、十分に補えるのです。