名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ジェイソン・ダーキーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェイソン・ダーキーのプロフィール

ジェイソン・ダーキー。アメリカ・ワシントン州シアトル出身の経営者。「アイディア社(IDEA DEVELOPMENT)」社長。上智大学卒業。研修企画会社を経て独立。著書に『無理なく続く英語学習法 忙しいビジネスパーソンでも挫折しない』。

ジェイソン・ダーキーの名言 一覧

人材教育は、1部署の1階層からといった小さな始め方でも全く問題ありません。正しいやり方で行えば、必ず大きな成果が出ます。それを確認してから、他の部署や全社に広げていくことです。


私は米国のシアトルに生まれました。両親は芸術家で、普通のことが許されず、「面白いことはウェルカム」という環境で育ちました。


日本の人材教育ではどんな知識を教え、講師が誰かなど「インプット主義」に陥りがちですが、ぜひ「アウトプット主義」になりましょう。誰に、どんなシーンで、何を使って欲しいのかを意識することです。


人材教育はきちんと行えば成果が出るものです。設備投資などと同じように、投資だという感覚で資金を出すべきです。目的があり、どのくらいの資金を投じ、どのようなリターンを得たいかといった形でシンプルに考えればいいのです。


研修を受けて成果が出る場合と出ない場合があります。例えばプレゼンテーション研修を受けたとして、職場に戻って3年間機会がなかったとしたら意味がありません。学んだことを生かす機会をつくる、それを誉めるという形で、会社の上層部が教育に対する意識を持ち、フォローしていくことが重要です。研修前後に各5分、内容を聞き、そのアウトプットの機会を与えるかどうかだけで全く効果が違ってきます。


これまでの経験から、日本の人材教育について思うところがあります。今の日本企業の人材教育はうまくいっていないことが多く、だからそこにお金を使いたくないという悪循環になっています。最もお伝えしたいことは「人材教育の成果にこだわりましょう」ということです。成果が出ないのであれば、そのコストは削減してもいいくらいです。


シアトルは日本の影響の強い街であることもあり、仕事をするなら日本と思っていましたが、周りからは「日本で外国人が働くのは難しい」と言われていました。しかし逆に「難しいならばやってやろう」と考えて、日本の上智大学に入学したのです。男子大学生専門の学生寮「和敬塾」の出身でもあります。


私なりに重要だと思うのはコミュニケーションの「OS」を変える必要があるのではないかということです。日本には空気を読んで行動するウェットな文化がOSとなっていますが、この上にいくら新しいソフトを入れても変わりません。一方で、日本に住むと快適なのも事実であり、それはウェットな文化だからです。ですから良い部分をなくすのではなく、ドライな文化を少なくとも9時から5時までの就業時間は採り入れる切り分けが必要なのではないでしょうか。


ジェイソン・ダーキーの経歴・略歴

ジェイソン・ダーキー。アメリカ・ワシントン州シアトル出身の経営者。「アイディア社(IDEA DEVELOPMENT)」社長。上智大学卒業。研修企画会社を経て独立。著書に『無理なく続く英語学習法 忙しいビジネスパーソンでも挫折しない』。

他の記事も読んでみる

井植歳男

松下電器を辞した私は守口市本町に6畳ほどの部屋を借り、ここを事務所として新しい事業プランを練り始めた。これまでは多くの人を使い、手一杯の仕事をしてきた。これからは、小さくてもよいから、本当に魂のこもった仕事をし、世間のお役にたつこともできる。
【覚書き|太平洋戦争直後、公職追放で松下を去り、三洋を立ち上げたときを振り返っての発言】


岩瀬大輔

仕事以外の時間を大切にすることを、仕事で努力しないことの言い訳に使っている若い人も少なくない。それには異を唱えたいですね。入社1年目はビジネスパーソンとしての足腰を鍛えるために、目の前の仕事にがむしゃらに取り組むことが大切。これは働く目的が何であろうと変わりません。


松井忠三

いざ仕事がうまくいかなくなった時、すぐに本当の問題を突き止めるのは簡単なことではないのも確かです。問題を解決しようとしても、自分1人ではいいアイデアが浮かんでこない場合もあります。問題を素早く見つけられるかどうかは、個人の才能よりも、日頃の習慣がカギになります。


小宮一慶

日本経済新聞で最も重要なのは、月曜日の朝刊。なぜなら、「予定面」があり、「今週の予定」と「今週の市場」が載っているからだ。重要なのは予測や解説の内容ではない。「予定面」の情報をもとに、「今週の市場はどう動くか」という仮説を、自分なりに立ててみることだ。火曜日以降は、その仮説を検証しながら紙面を読み進めていく。これを続ければ、自分なりの判断基準ができるので、情報に振り回されずに済む。


松本晃(経営者)

よほどのことがないかぎり、社員の給料を下げてはいけません。社員に対して支払う給与というのは、会社の中で一番大事な投資です。これを経費と勘違いしていては、会社がうまくいくはずがありません。


安田佳生

実は売り上げが伸びている時には同じことを成功の要因として語っていたんです。「どんな経営をしているのですか?」と聞かれて、「ブランド力を高めるためにオフィスに投資しています」とか、「良い人材を集めるために社員の待遇を良くしています」とか。会社が急成長している時にはそれらが成功の要因としてとらえられ、会社が潰れると失敗の要因としてとらえられる。成功と失敗の要因は裏表一体で、明確に分けられるものではないと思います。


吉野真由美

悪口や批判などネガティブな発言は控えるべきです。話す言葉はその人自身の印象に直結します。ネガティブなことばかり言う人は、自分も相手にマイナスのイメージを与えてしまうことを覚えておきましょう。


麓幸子

時短制度が使えても、周囲の人が残業していたら、早く帰る女性は申し訳ない気持ちになる。それが積もり積もれば、「私がいるとみんなに迷惑をかけるから、辞めるべきなのだろうか」と考えます。まずやるべきことは、業務を効率化して、残業が前提となっている職場を変えること、誰もが定時で帰ることが当たり前になるような職場を作ることです。


森田仁基

もともと僕は社員たちとランチをしたり飲みに行ったりするのが好きで、何気ない会話の中から「この人にはこんな強みがあるんだな」ということを頭に刻んでいました。だから比較的すぐに、適性のある社員の情報を引き出せたのです。実は、「モンスト」の初期メンバーも、こうした日頃のコミュニケーションから常々目をつけていた人たちでした。


ドナルド・トランプ

商売をするうえから言うと、何も言われないより悪く言われたほうがまだましだ。


宮内義彦

失敗して萎縮し、伸びなくなる人がいる。だから救いのない怒り方をしてはいけない。


山崎敦彦

現地採用者の本社勤務や、本社勤務者の海外転勤などを積極的に行い、希望者の要望に応える環境を作っています。机の上で考えるのではなく、現場の風を受けることが大切なのです。職種にとらわれることなく、財務や経理の人材も海外で育成しています。