名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

シーモア・ロジャー・クレイの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

シーモア・ロジャー・クレイのプロフィール

シーモア・ロジャー・クレイ。アメリカの電気工学者。商用スーパーコンピューターの生みの親と呼ばれた。ウィスコンシン州出身。高校卒業後、無線技士として第二次世界大戦に従軍。帰国後、ミネソタ大学を卒業し、以降商用スーパーコンピュータの開発に尽力した。

シーモア・ロジャー・クレイの名言 一覧

私が他のエンジニアと違うところは、失敗を実験過程の一部として受け入れる心構えだ。他のエンジニアたちが3度で断念する試行を、私は上手くいくまで100回でも繰り返す。


シーモア・ロジャー・クレイの経歴・略歴

シーモア・ロジャー・クレイ。アメリカの電気工学者。商用スーパーコンピューターの生みの親と呼ばれた。ウィスコンシン州出身。高校卒業後、無線技士として第二次世界大戦に従軍。帰国後、ミネソタ大学を卒業し、以降商用スーパーコンピュータの開発に尽力した。

他の記事も読んでみる

中鉢良治

相手への好奇心を持ち、相手の持ち味も認めるだけの拡張性を持つことで、そこに新たな連結点が生まれる。個人と個人の連結点が多ければ多いほど、組織としての可能性が広がっていくのだと思います。


岩崎裕美子

私たちは、採用活動、ホームページ作成、コールセンター、配送業務など、多くの仕事をアウトソーシングしています。餅は餅屋、プロに任せるほうが精度が上がり効率的です。やみくもに外注しているわけではありません。パートナー企業には、私たちの企業理念や考え方を最初に伝えます。目的を共有すれば大きな仕事も任せられます。


前川孝雄

多くの管理職は、経営上部とのやり取りを「生臭い話」や「機密事項」といって、部下に話すのをためらいます。しかし私は、情報開示はなるべくしたほうがいいと思っています。もちろん、部下には話せない情報もあるとは思います。でも、チームの一体感をつくるうえで、情報開示は非常に大事です。管理職と同じ問題意識をメンバーにももってもらうためです。


志藤健

グローバル化を積極的に進めてきた中で、いま、何をすべきかをずっと考えてきました。たどり着いたのが、「すべてのステークホルダーから愛されることで100年企業になる」という理念。


古市幸雄

ムリヤリ机の前に座っていたところで、頭に入りませんし、勉強が嫌いになるだけ。ハードルを下げたほうが、毎日続くようになります。一度に長時間勉強することはあきらめて、1日30分をノルマに課すことを続けていると、いつの間にか勉強の習慣が身についてきます。長期的にみれば、このほうが、多くの勉強量を積み重ねられるというわけです。


坂東眞理子

メンター(師)を見つけるのは簡単ではありません。直属の上司だと利害関係があるでしょうし、他部門の先輩には相談しにくいものです。たとえば元上司なら、かつてのあなたの仕事ぶりを見ていますから、適切なアドバイスをしてくれるでしょう。その意味でも、元の上司や同僚とのネットワークを維持することは大切です。年賀状を送る、異動のときに挨拶をするという程度で構いません。他の組織にまたがった、緩やかなソフトネットワークの方が何かのときに役立つことが多いものです。


中山均

人間、ひとつの仕事に専念していると、よほどの馬鹿か、異常者でなかったら、自分の打込んでいる仕事に興味を持つようになるものだ。だから私は神様か、天才でもない限り、人は一生一業で貫いた方が、当人のためにも国家のためにもなると固く信じている。


有馬浩二

現場ではいろんな問題が起きます。これまでは何かが起こってから「さあどうしょう」と議論していた。それが、設備にセンサーなどを付けることで、故障や品質不良が起こる前に分かるようになります。すると現場の知恵でカイゼン活動ができ、止まらないラインができるわけです。


和田秀樹

簡単に目標を諦めなくていい。目標の達成法はひとつじゃない。こうしたいと思ったときに、まずどんなルートがあるか検討すべき。いい意味で「抜け道」もある。


内藤由治

私は「全社員株主会社」と呼んでいますが、MBOに際して全社員に株式を取得する権利を与えました。一人一人が自分の会社の株を持つことで、当事者意識、株主の目線で考え、各自の持てる力を十分に出し切って改革を提案してくれると考えたからです。


日和佐信子

従業員が本音で会話ができなければ、経営者は自社で何が起きているか把握できません。綺麗ごとばかりが経営層に伝わってしまいます。


山﨑敦義(山崎敦義)

日本で完全に確立させてから海外に展開するというスピード感では遅いので、海外でも並行して工場をいくつか建てていきます。そのためには大企業も巻き込んでいく必要があり、すでに凸版印刷やリコーとの協業も決まっています。最初の海外工場がどこになるのかは、いま話を進めているところでまだ発表できませんが、ぜひシンボリックな場所でやりたいなと考えています。