シーモア・ロジャー・クレイの名言

シーモア・ロジャー・クレイのプロフィール

シーモア・ロジャー・クレイ。アメリカの電気工学者。商用スーパーコンピューターの生みの親と呼ばれた。ウィスコンシン州出身。高校卒業後、無線技士として第二次世界大戦に従軍。帰国後、ミネソタ大学を卒業し、以降商用スーパーコンピュータの開発に尽力した。

シーモア・ロジャー・クレイの名言 一覧

私が他のエンジニアと違うところは、失敗を実験過程の一部として受け入れる心構えだ。他のエンジニアたちが3度で断念する試行を、私は上手くいくまで100回でも繰り返す。


シーモア・ロジャー・クレイの経歴・略歴

シーモア・ロジャー・クレイ。アメリカの電気工学者。商用スーパーコンピューターの生みの親と呼ばれた。ウィスコンシン州出身。高校卒業後、無線技士として第二次世界大戦に従軍。帰国後、ミネソタ大学を卒業し、以降商用スーパーコンピュータの開発に尽力した。

他の記事も読んでみる

田村仁(クリエイティブディレクター)

商品キャッチフレーズは伝える魅力を一点に絞ることが大切です。二つ以上だと伝達性が損なわれるからです。やはり魅力は関連するポイントだけに絞り込むべきです。


吉永泰之

物事がうまく回っているときほど、本当の危機は訪れるもの。突然、怒ってみせて組織に緊張感を与えたりしています。


小林喜光

時間内に一定の成果を上げようとすると、自分たちだけでは達成できない場合があることに気がつきます。おのずと自前主義では難しいということを理解できるようになるんです。時間軸や市場のニーズを考えれば、「自前主義」を貫くことは通用しません。


泉谷直木

知らないことが減るのが成長だといわれますが、僕は逆で、知らないことが増えるのが成長だと思っている。


田中将大

遠い未来は目指さない。常に「明日の目標」をクリアし続ける。


ジョン・ワナメーカー

「困難なことは頭からするな、非常に成功の邪魔になる」という人がある。しかし、決してそうではない。人間というものは、困難なことに遭えば遭うほど、ますます新しい力が出てくるものだ。


大野裕

一般に、生真面目で責任感が強い人はうつ病になりやすいといわれます。しかし、うつ病は誰でもかかるもので、その人にとって苦手な状況におかれたときに発症すると考えたほうがいいでしょう。人間関係を大切にする人は、仕事の成績よりも職場の人間関係の挫折が重くのしかかりますし、パフォーマンス重視の人は業績が落ちると気分も落込みます。たまたま「当たりどころが悪かった」だけで、誰でもうつ病になる可能性があるのです。


佐藤富雄

脳は、事実と想像の区別がつかないので、まだ起こっていない心配事について悩んでいても、いまその心配事が起こっているかのような体の反応を引き起こします。心配性な思考習慣が、実際にネガティブな結果を招いてしまうのです。


佐々木かをり

ネット社会では、会社も個人も24時間、他人に見られているようなもの。まっすぐに、良い仕事をしているのか。今も、それを常に問われていると思いながら仕事をしています。


矢野龍

これは私なりの考えですが、古代文明はメソポタミアやエジプトから始まりましたが、なぜそこで栄えたかといえば森林があり、水があったからです。ただ、残念ながら木を伐採して活用した後に、もう一度木を植えて育てて、収穫してという我々の言葉でいう「保続林業」、サスティナブルな形にしなかったことで古代文明は滅びました。木は、地球上で唯一再生可能な「太陽エネルギー資源」です。数億年かけて蓄積されたものは地下資源ですが、再生可能な森林をきちんと手入れせずに、世界全体が地球上でこの先、百年、千年生きていけるでしょうか。


小山昇

30代はよく働きましたね。ベリー起業後の3年間は、1日の休みもなく働きました。しかも、1年半ほどはダスキンとの二足のわらじを履いてです。毎日、外出先から戻ると30分以上へたって動けないほど全力で働いていました。そうやって経営者としての力を蓄えたところで、古巣の日本サービス・マーチャンダイザー(のちの武蔵野)からお声がかかりました。藤本(寅雄、日本サービス・マーチャンダイザー創業者)が入院したので来てほしいと言うのです。専務として再入社してから半年後、藤本が亡くなり、私が実質的に経営を担うこととなりました。


穂村弘

音楽や映画の人も多いと思うけど、自分の「好き」のど真ん中を知ることができるのは、僕にとっては読書。これからも、自分は何者なのか、世界とは何なのかを知る読書の旅に終わりはないと思います。


矢島雅己

ひとたび赤字に陥ってしまうと黒字化は容易なことではありません。なぜなら、従来の収益構造を抜本的に見直す必要があるからです。赤字事業が好転する兆候を掴むには、それまでの赤字の原因にどんな打開策を講じているかを調べるべきです。


澤田秀雄

企業は100%「人」ですね。会社は社長次第。スタッフも大切ですがトップですべてが決まります。結果を出せなかったらトップを代えるしかない。トップが創造的なことにチャレンジしていかないと停滞していきます。


松岡修造

短所を直すことはもちろん大事なのですが、短所是正法だと自分の欠点ばかりに意識が向いてしまいます。すると、「自分は駄目だ」という情報が脳に伝わり、体も気持ちも「ダメモード」に入り、ダメの二乗、三乗になってしまいます。「よくなりたい」と思っているのに、自分で自分にダメージを与え、どんどん悪い方向に行ってしまうのです。


ページの先頭へ