名言DB

9419 人 / 110788 名言

シルベスター・スタローンの名言

twitter Facebook はてブ

シルベスター・スタローンのプロフィール

シルベスター・スタローン。イタリア系アメリカ人のハリウッド俳優、映画監督、脚本家。小学校から高校修了まで14の学校から放校処分を受け、母の経営するボクシングジムで体を鍛えながら学生生活を送った。高校卒業後、美容師学校へ進んだが中退。マイアミ大学演劇学部で3年間学んだ後中退。貧乏俳優として活動しながらロッキーの脚本を書き上げ主演する。ロッキーは低予算映画であったものの大ヒットとなり、アカデミー賞最優秀作品賞を受賞。その後、人気俳優となった。

シルベスター・スタローンの名言 一覧

私は中学時代、先生たちから、一番電気椅子送りになりそうな生徒だと言われていた。


シルベスター・スタローンの経歴・略歴

シルベスター・スタローン。イタリア系アメリカ人のハリウッド俳優、映画監督、脚本家。小学校から高校修了まで14の学校から放校処分を受け、母の経営するボクシングジムで体を鍛えながら学生生活を送った。高校卒業後、美容師学校へ進んだが中退。マイアミ大学演劇学部で3年間学んだ後中退。貧乏俳優として活動しながらロッキーの脚本を書き上げ主演する。ロッキーは低予算映画であったものの大ヒットとなり、アカデミー賞最優秀作品賞を受賞。その後、人気俳優となった。

他の記事も読んでみる

中村太一(経営者)

日本人の約6割は疲れている。ある調査でこのような結果が明らかにされている。原因は長時間労働やストレス。加えて最も大きな原因と考えられるのが、欧米に比べて「休む」ことのハードルが高い日本独特の社会風土ではないでしょうか。


北尾吉孝

提携話がうまくいかなくても、これはやめたほうがいい話だから、天がダメにしてくれたと受け止める。そう考えていると、それほど落ち込むことはない。


要はる

あなたがどのような決断を下しても、前向きに生きようとしている限り、辛い経験はいずれ必ずあなたの力になる。


青野慶久

離職率が高くなってしまったとき、なぜ辞めるのかを知りたくて社員たちに話を聞いてまわりました。わかったのは「働くモチベーションの源泉は一人ひとり違う」ということです。給与を多くもらいたい人もいれば、技術を究めたい人もいるし、お客様と接するのが楽しい人もいて、モチベーションの在り処は人それぞれ。そして、働く時間や場所もモチベーションに大きく影響すると気がついたのです。そこで考えたのが、社員が働き方を選べる人事制度を作ることでした。


中野信子

実は脳科学的に見て、本は仕事にとても有意義な存在です。理由はいくつかあります。その第一が、気軽に「体験」できること。たとえばコーヒーを飲む描写を読んだとき、読み手はあたかも自分がコーヒーを飲んでいる気になります。これは脳で「ミラーニューロン」という神経細胞が働き、それを体験したときと同じ回路が脳に作られるから。つまり、わざわざ休暇を取って何万円を費やして海外に行かずとも、30分の読書時間と1500円の本代で脳に同じ刺激を与えられるのです。


日向野幹也

権限や役職に関係なく、目標を達成するために、自然発生的に他者を巻き込み行動するリーダーシップが、世界標準になりつつある。権限や役職に関係なく、ということは、リーダーシップを発揮する人が多数存在することになります。日本には「船頭多くして船山に上る」ということわざがあるように、リーダーが複数いると組織がうまく動かないのではないか、と思う人もいるかもしれません。確かに、号令することだけがリーダーシップだと考えれば、そうなるでしょう。しかし、権限と関係ないリーダーシップを持った船頭であれば、船を目的地まで安全確実に運航するという共通の目的のために、自分は何をすべきかを考え、その役割に徹した仕事をします。したがって、リーダーシップを持っている人が多ければ多いほど、目標を達成しやすくなります。


篠塚恭一

外出を諦めていた方が、旅でも何でも、目標を見つけて出かけると、驚くほど変わります。表情の少ない寝たきりの人が笑ったり、意欲的に食事をするようになったり。外出や人との交流がQOL(人生の質)向上のきっかけになるのは確かで、そういう現場をたくさん見てきました。そして、それがトラベルヘルパーたちの大きなやりがいになっている。


外山滋比古

かつて団塊の世代は、権威に反発することにエネルギーを注ぎ、考えることを疎かにしてきました。そういう人たちが、あまり考えることなしに仕事に邁進して、現在の社会や企業の空気をつくったわけです。しかしいまの若者たちは、それでは駄目ではないかと感じています。自分で考えることの大切さに気付き始めているという点で、いまの若い人たちの方が、その親世代よりもよっぽど見込みがあるように思います。


木村惠司(木村恵司)

好奇心に従って様々な情報を受け入れ、自分の中に貯め込みます。ビジネスでチャレンジする局面になれば、手にした情報を考え抜きます。一見すると無駄の積み重ねのようですが、最後には何らかの収穫を得られるものです。


畑村洋太郎

「本を読みながら線を引く」といいますが、それは違います。読んで大事だと思うから線を引くのです。つまり線を引いた個所は2回読んでいるということです。いったん読み終わったあと、赤線の部分だけを追いかければ、その本のエッセンスが短時間に頭に入ります。