シルベスター・スタローンの名言

シルベスター・スタローンのプロフィール

シルベスター・スタローン。イタリア系アメリカ人のハリウッド俳優、映画監督、脚本家。小学校から高校修了まで14の学校から放校処分を受け、母の経営するボクシングジムで体を鍛えながら学生生活を送った。高校卒業後、美容師学校へ進んだが中退。マイアミ大学演劇学部で3年間学んだ後中退。貧乏俳優として活動しながらロッキーの脚本を書き上げ主演する。ロッキーは低予算映画であったものの大ヒットとなり、アカデミー賞最優秀作品賞を受賞。その後、人気俳優となった。

シルベスター・スタローンの名言 一覧

私は中学時代、先生たちから、一番電気椅子送りになりそうな生徒だと言われていた。


シルベスター・スタローンの経歴・略歴

シルベスター・スタローン。イタリア系アメリカ人のハリウッド俳優、映画監督、脚本家。小学校から高校修了まで14の学校から放校処分を受け、母の経営するボクシングジムで体を鍛えながら学生生活を送った。高校卒業後、美容師学校へ進んだが中退。マイアミ大学演劇学部で3年間学んだ後中退。貧乏俳優として活動しながらロッキーの脚本を書き上げ主演する。ロッキーは低予算映画であったものの大ヒットとなり、アカデミー賞最優秀作品賞を受賞。その後、人気俳優となった。

他の記事も読んでみる

和田裕美

相手のせいにしていても何の進歩もない。最初に向き合うべき相手は自分。誰よりも先に律さなければいけないのは自分。


笹氣健治

仕事を抱え込んでしまうということは、見方を変えれば「他人を信頼していない」ともいえます。相手の能力に不安を感じているために、相手に仕事を頼めないのですが、かといって、仕事を任せられるように相手を指導するわけでもありません。こういう人は、「自分のやり方でないと安心できない」「周りの人も自分のやり方をすべきだ」という気持ちがどこかにあるのかもしれません。


廣内武

当社の原点は常にファッションです。ファッションとは、人々の生活に潤いや彩りを与えるおしゃれの世界ですから、モノによる制約はないと考えています。


菊池誠(物理学者、テルミン奏者)

正直言って、自分が置かれている状況下で常に科学的なリテラシーを機能させられるかというと、そうはいかないでしょう。今のところ僕がやっているのは、既に起きているニセ科学の実例、典型例をいくつも見ていくことです。そこから、次に何か新たな怪しいものが来た場合に、どう対処したらいいかを学ぶしかないだろうと。ある程度たくさんケースを見ていれば、何か出てきた時に、あれと似ているなというのは分かるだろうと思うんですね。それしかないのかなと考えています。


吉川廣和

重要なのは、実践しながらデータに基づいてチェックすることだ。裏づけのあるデータがあってこそ説得力が生まれる。このことを今も肝に銘じている。


髙松修身(高松修身)

人生は自己責任。不満の原因は我にあり。人生は待ってたらあかん。自ら道を切り開け。


鈴木博毅

うまくいっている人はどこが違うのか。常にその違いを観察することが重要。


ベートーベン

勇気、体がどんなに弱っていようとも精神で打ち勝ってみせよう。25歳、それは男たるすべてが決まる年だ。悔いを残してはならぬ。


中西大介

「こういう人材を送り出すとスポーツ界が発展する」といった唯一の答えはない。むしろ、バックグラウンドを含めた多様な人材を送り出すことで成功の確率を高めたい。


成毛眞

読書メモをとったり、整理したりするヒマがあるならもっと多くの本を読み、情報は頭の中で自然に取捨選択・整理されるのに任せましょう。そもそも読書は面白いからすものなので、読んだ内容を忘れてしまっても何の問題もありません。


根岸秋男

女性の強みは粘り強さ、持続性です。仕事をしっかりととらえて、それをコツコツと積み上げていく。その強さというのはすごい。男性もいいところがあるし、女性もいいところがある。多様な人を認め合って、融合して、組織として化学反応を起こしてくれればと思っています。


鈴木喬(経営者)

美容院は僕にとって、最大の情報源です。おしゃべりしていると、世の中のことがすごく分かる。ほかにも、ホームセンターやドラッグストアからブランド店、自動車販売店まで、いろんなところに行きます。ストアチェックは僕の趣味。電車に乗るのも大好き。どの電車がどれくらい混んでいるのか。乗って何をしているのか。電車も情報の宝庫。


井上和幸(ヘッドハンター)

リーダーは戦略を組み立てて、上意下達していかねばなりません。時代の潮目が変われば、即応した戦略の見直しも必要になります。リーダーは結果だけが求められるのではなく、そこに至るプロセスを具体的に考え、語る力を持つことで、組織を動かしていかなくてはならないのです。


松下幸之助

自分は病弱だったから、すべて人に任せました。結果的にはそれで人が育ち、事業が成功しました。病弱だったのは不運でしたが、結果的にはそれが幸運でした。


宮坂学

今まで当社は新事業を追加しながら成長してきました。今後も新しい挑戦を続けます。その一つが日本のEC市場でトップに立つこと。競争は厳しいですが、諦める必要はないと思っています。国内の物販のうち、ネットを介して売買される比率は日本はまだ5%程度。将来、20%ぐらいまではいくでしょう。まだ勝負はついていません。


ページの先頭へ