シリル・ノースコート・パーキンソンの名言

シリル・ノースコート・パーキンソンのプロフィール

シリル・ノースコート・パーキンソン。イギリスの歴史学者・政治学者。イングランド・ダラム出身。ケンブリッジ大学キングス・カレッジ・ロンドン卒業。著書に『パーキンソンの法則 進歩の追求』。

シリル・ノースコート・パーキンソンの名言 一覧

組織はどうでもいい物事に対して、不釣り合いなほど重点を置く。


仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて使い切るまで膨張する。


シリル・ノースコート・パーキンソンの経歴・略歴

シリル・ノースコート・パーキンソン。イギリスの歴史学者・政治学者。イングランド・ダラム出身。ケンブリッジ大学キングス・カレッジ・ロンドン卒業。著書に『パーキンソンの法則 進歩の追求』。

他の記事も読んでみる

ちきりん

多くの人は仕事や生活の中で、「自分は十分に考えている」と思っているものです。でも実際は、情報を集めて分析・加工するところまではできても、自分のアタマで考えられている人はあまりいません。


鎌田實

私が諏訪中央病院に来た当時の長野県は全国で2番目に脳卒中が多く、中でもこの病院がある茅野市は県内で脳卒中の死亡率が最も高かった。脳外科を充実させ、運び込まれてくる患者さんの救命に医師もスタッフも一同必死に取り組みました。救命率は徐々に上がっていきました。医師として病院の評判をもっと上げるには、高額な医療機器を入れてさらに救命率を上げるという選択肢もあった。だが脳卒中の場合、救命できても障害が残る。「なんで俺を死なせてくれなかったんだ」と患者さんに泣かれることもありました。そうした中で、そもそも脳卒中で倒れないようにする方が住民の皆さんにはありがたいはず、と考えるようになりました。


柳弘之

管理はゆるくても、商品を作るうえで絶対に妥協はしません。妥協しなくても外れの商品ができてしまうことはありますが、妥協の産物は必ず外れます。


菊池健彦

好奇心によって知らないうちに壁を越えるのが、学ぶ姿勢では一番強いと思います。とりわけいまは、インターネットを使えば、教材となる英文記事を無料でいくらでも見ることができます。素晴らしい時代になったと思います。


木下敦

祖父の考え方は、「人がやっていないことを率先してやろう」というもので、その精神は今の当社にも引き継がれています。


内藤誼人

怒鳴る上司には「大きな声を出されると怖いです」とハッキリ言いましょう。怒った調子でなく、「お願いをする」態度で言うのがコツです。日ごろからその場面を予測して「こう来たらこう言おう」と紙に書き、リハーサルしておくのがお勧めです。


イチロー(鈴木一朗)

メジャー行きをとくに意識したとなると、96年の日米野球ですね。ヤツらのスウィングを見ていると、いまの一打席をものすごく大事にしてバットを振っている感覚があるわけですよ、何の迷いもなく。なんかこう、自分がやりたいスタイルって本当はああいう感じだったのに、いつのまにか殻に入ってしまったというか、なんか自分が小さく見えてね。自分でもそういう感覚を失ってたわけじゃないんだけど、それほど強くなくなっていたんでしょうね。あぁ、いいなぁ、って思いましたよ。


篠原菊紀

損害回避型はスロースターターだけれど、基本的には時間が経ってもやる気はそれほど低下しない。しかし、仕事に手を付けず溜めていると、やらなきゃいけないというストレスも溜めることになり、コルチゾールなどストレス物質の分泌が増します。ストレスのダメージを受けやすい人たちですから、やる気が低下し、ますます手が付かないという悪循環が生まれる。なので、さっさと始めるのが正解。


和田秀樹

曖昧さこそ、物事を幅広くとらえられる日本人の特質。本当に賢い人は、白か黒かのような短絡的情報を参考にしないし、曖昧さの中から真理を導き出している。曖昧さをうまく活かせば、混迷の時代をサバイブできるはず。動物は二分割思考でしか認知できない。そうじゃないのが人間のすごいところ。


大山健太郎

私は横並びが家電業界をダメにした原因だと思っています。一般論ですが、大手さんが手掛ける商品には、いらない機能がいっぱいついている。結局のところ、大手さんがやってきたのは、自分たちの技術をベースに作るプロダクトアウトの発想か、量販店のニーズをくみ取るマーケットインの発想だったと思います。


東英弥

自ら学習することが大事。どんな先生の話でも役に立つ。自分がそれをどう役立てるかを考えることが大切。


徳岡邦夫

いい料理をつくってくれさえいれば、何もしないでお客様に来ていただけるという時代ではありません。厳しい状況だからこそ、自分がどんな考え方で料理と向き合っているのかを積極的に発信していかなければならないと思っています。


ジェームズ・ヴァンフリート

戦争ほど尊い人命を無駄にするものはない。たったこれだけの弾薬を使っただけで、一人の戦死者も出さずにすんだのだ。なんと安上がりなことか。
【覚書き:朝鮮戦争時に防衛のため大量の弾薬を使ったことについてアメリカ議会から使いすぎではないかと問われていった言葉。部下を死なせずに済むなら弾薬を大量に使っても安いものだという趣旨の発言】


ショーンK

五里霧中で遠くが見渡せなくなったときには、変えられない過去や不確定な未来ではなく、「今」の目の前のことに無心に没頭することが大切。


小久保裕紀

どう生きるかは自分の考え方ひとつ。逆境に陥った時こそ、様々な知識を得ようと謙虚になれる。それが、成長につながる大きな吸引力になる。


ページの先頭へ