名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

シラーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

シラーのプロフィール

フリードリヒ・フォン・シラー。18世紀、ドイツの詩人、歴史学者、劇作家、思想家。ゲーテと並ぶドイツ古典主義の代表的哲学者。ベートーヴェンの第九の歌詞となった『歓喜の歌』で知られる詩人でもある。流麗な詩はドイツ詩の手本とされ学校などでよく取り上げられるている。主な作品に『群盗』『ドン・カルロス』『ヴァレンシュタイン三部作』『オルレアンの少女』『ヴェルヘルム・テル(ウィリアム・テル)』『メッシーナの花嫁』

シラーの名言 一覧

人生は退屈すれば長く、充実すれば短い。


勇敢なる男は、自分自身のことは最後に考えるものである。


新しいものは古いものの敵である。したがって、新時代はいつも旧時代から犯罪視される。


ひとりの富者がなんと多くの乞食を養うことか。王が建築をはじめれば、馬車ひきに仕事が生まれる。


人間はひとりひとり見ると、みんな利口で分別ありげだ。しかし、集団をなせば、たちまち馬鹿が出てくる。


誰も恐れない者は、誰からも怖がられている者に劣らず強い。


学問は、ある人にとっては神々しい女神であり、またある人にとってはバターをくれる有能な牝牛である。


シラーの経歴・略歴

フリードリヒ・フォン・シラー。18世紀、ドイツの詩人、歴史学者、劇作家、思想家。ゲーテと並ぶドイツ古典主義の代表的哲学者。ベートーヴェンの第九の歌詞となった『歓喜の歌』で知られる詩人でもある。流麗な詩はドイツ詩の手本とされ学校などでよく取り上げられるている。主な作品に『群盗』『ドン・カルロス』『ヴァレンシュタイン三部作』『オルレアンの少女』『ヴェルヘルム・テル(ウィリアム・テル)』『メッシーナの花嫁』

他の記事も読んでみる

中原淳

世間一般で重要と言われていることより、與味・関心のあることや知的好奇心を感じることを学べば良い。仕事と関係ない趣味のことでも良いですよ。なぜ、自分の興味・関心のあることを学んだほうが良いかといえば、楽しく学べるので、長続きするからです。そうして深く学んでいると、たとえ仕事と関係ないことでも、仕事につながりやすくなります。


濱口道雄

私が12代目の社長になった34年前、醤油の出荷量は日本全体で約120万キロリットルほどありましたが、今や78万キロリットルを割り、私どもの売上高に占める醤油の割合も7割から3割ほどに。そんな厳しい環境でも業績を伸ばし続けてこられたのは、醤油をベースにしたユニークな商品のおかげです。


本田健

自分の才能を伸ばしてどんな世界でも生き抜けるサバイバル能力を身につけるほうが先決。


吉永泰之

得てして付加価値というと、自分たちの都合の良い付加価値になりがちです。それではいけません。お客様から見たときに付加価値は認めるよと言ってもらえるようでなければなりません。


酒井博文(経営者)

大手企業が受注した開発に参画することで学べることは数多くありますが、直接契約した案件でみずからがリーダーとなって顧客と交渉しながらプロジェクトを計画、遂行していく経験は、何よりもかえがたいものです。そうやって経験を積んでいかないと、新しいビジネスを生む社員の想像力を育んでいくことはできません。


トム・ケリー(IDEO)

プロジェクトで成功できるかどうかは、どれだけの数の実験ができるかで決まる。


シュンペーター

失業率が高い時期は、イノベーションの成果が経済全体に広まっていく時期と一致している。


樫尾和雄

技術というのは絶対に進化します。千年先まで、ずっとイノベーションです。既成概念から脱すれば、何でもできる。新たな価値を生んでいける。


中島武

存在感があるのとないのとでは、人間が認められるのと認められないのでは、ずいぶん違います。認めてもらえないと、やっぱり楽しくないじゃないですか。野球だって、ただやっているわけじゃなくて勝ちたいでしょ?ビジネスも全く同じです。


手代木功

よく「塩野義はなぜ少ない研究開発予算で新薬を生み出せるのか」と聞かれますが、私は塩野義の創薬力は「チーム力」のたまものだと思っています。野球を思い浮かべてみてください。一流のピッチャーとキャッチャー、守備を集めてきて、いきなり試合をさせても勝てるとは限りませんよね。厳しい戦いを勝ち進むには、チームがまとまって互いの短所を補いながら力を発揮していくことが必要です。


安東邦彦

フェイスブックが単に流行だからいいんじゃありません。顧客との接触回数を増やしながら、彼らの抱える問題を解決する手段として活用している点が重要。


内田和成

スピードと質の双方が求められるビジネスの現場では、仮説を立て、ものごとを答えから考える「仮説思考」が重要になる。まず「仮の答え」である仮説を立ててから、細かい作業にかかるという方法で、コンサルタントの必須スキルだ。この仮説の立て方は、各人各様で上席はないが、私は突然ひらめくことが多い。