名言DB

9419 人 / 110788 名言

ショーン・エイカーの名言

twitter Facebook はてブ

ショーン・エイカーのプロフィール

ショーン・エイカー。心理学者。ポジティブ心理学の第一人者。ハーバード大学神学校でキリスト教および仏教倫理の修士号を取得。著書に『幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論』『成功が約束される選択の法則:必ず結果が出る今を選ぶ5つの仕組み』。

ショーン・エイカーの名言 一覧

人は成功すると幸せになるのではなく、幸せな人が成功する。


ショーン・エイカーの経歴・略歴

ショーン・エイカー。心理学者。ポジティブ心理学の第一人者。ハーバード大学神学校でキリスト教および仏教倫理の修士号を取得。著書に『幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論』『成功が約束される選択の法則:必ず結果が出る今を選ぶ5つの仕組み』。

他の記事も読んでみる

中根喜三郎

自分の基準と違うもの以外のものは作っちゃいけない。これが私の信念です。基準とは自分で納得できる作品かどうかです。お客様は仕事の遅れや値段の張りは忘れてくれても、竿の悪いのは忘れてくれません。生活のために安かろう悪かろうなんて恥ずかしい竿は作れません。古い言い方ですが、たとえ沢庵の尻尾をかじってでも良いものを作りたい。


竹村富士徳

当社には、たくさんの小さな石と大きな石をひとつのバケツの中に入れてもらう演習があります。大きな石は私たちの大切な事柄、小さな石は些細な事柄の象徴です。ほとんどの人は先に小さな石をざっと入れ、それから大きな石を入れていきます。先に小さな石をバケツに入れていくと、大きな石が入りきらなくなってしまいます。


阿部祐二

私は、「たかがリポーター、されどリポーター」という言葉が好きなのですが、芸能人でもない記者でもない、その中間にある存在だからこそ入り込めるところがあると感じてます。そして視聴者が一番知りたい情報は、そうした場所に眠っているんです。


望月圭一郎

街の中のどんな仕事でも取っていけるくらいの間口を持った会社になっていこうという考え方の下で事業領域を広げてきました。結果、ラックランドを含めてグループ17社で、人々の生活における空間に何でもかかわれるくらいの間口になってきました。ですから環境変化にも対応できる体制になってきたことを実感しています。


櫻川七好

太鼓持ちはお客様を「ヨイショ」しますが、よくいう「ゴマスリ」とは違うんですよ。たとえば、ご贔屓の旦那がベンツを買ったとしましょうか。「さすがですね。羨ましい」と、お追従をいうのは誰でもできるので、つまらない。そこで、「ときに、ベンツって、タイヤは4つ、ちゃんとついているんですか?」と、ボケてみせたりするわけです。すると旦那は「馬鹿だね、おまえは。よし、それじゃ今度乗せてやるから、よく見てみろ」といった具合に返すので、会話が弾む。相手を持ち上げるだけでなく、ときには軽妙なユーモアを交えて、ほどよい塩梅で相手を落とすのも、トークのスパイスになる。それがヨイショのツボで、互いに胸襟を開いた関係になる。


小路明善

仕事の成果は「能力×努力+外的要因」。能力があっても努力が1なら、1しか掛かりません。入社して研修の後、営業の指導役の先輩に1日20軒のお得意先を回れと言われました。結構疲れましたが、やはり努力なんです。1日20軒、営業稼働日が仮に220日として、これを10年やったらトップセールスになれる。棋士の羽生善治さんの本の中に「1日4時間から5時間の将棋の練習、稽古を10年続ければ、有段者の道につながる」と。努力の継続の話は事実だと思います。いわゆる能力がなくても努力をし続ければ成果につながる。


瀬戸欣哉

最初、僕らは大企業を顧客にしようと考えていました。総合商社の発想ですよね。しかし、思うように顧客を集められず、工具商出身の社員のアイデアなどを聞きながら打開策を考え、チラシをまくことで中小企業を獲得するのが一番効率的だと判断しました。つまり、現実に即してビジネスモデルを修正したのです。


望月圭一郎

職人を社内で育成しています。協力会社にだけ頼むのではなく、自分達だけでも仕事ができるような知識と強さを持っていなければ、お客様のご要望にお応えできないと考えたからです。


野村克也

仕事道具にこだわる人間は、仕事に対する貪欲さを常に持っている。だから、成果をあげられるのかもしれん。


枡野俊明

どういう生き方をしたいのか。自分がこの世を去る時に何が残るのか、その時、どんな人間でありたいのか。お世話になった方々や家族たちに何を残せるのか。そうしたことに思いを巡らし、だからこそ、私はこういう一生を送りたいのだと見通す。このような事柄を、真剣に考える時間を持つことは大事。