名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

シュテフィ・グラフの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

シュテフィ・グラフのプロフィール

シュテフィ・グラフ。ドイツ生まれのプロテニスプレーヤー。4歳でテニスに出会い、13歳でプロデビュ―。4大大会優勝通算22回。史上三人目の年間グランドスラムを達成。連続377週世界ランキング1位という偉業を達成。

シュテフィ・グラフの名言 一覧

どのポイントもすべて大事。全力を尽くそう、全力を尽くそうと自分に言い聞かせながらプレーした。
【覚書き:グラフ選手が20歳のときの全米オープン決勝にてナブラチロワ選手と戦った時を回想しての言葉。】


シュテフィ・グラフの経歴・略歴

シュテフィ・グラフ。ドイツ生まれのプロテニスプレーヤー。4歳でテニスに出会い、13歳でプロデビュ―。4大大会優勝通算22回。史上三人目の年間グランドスラムを達成。連続377週世界ランキング1位という偉業を達成。

他の記事も読んでみる

原典之

社長就任が決まった頃、平社員だったときにお世話になった先輩から手紙が届きました。書いてあったのは「会社は人こそが財産。後進を育ててほしい」というメッセージでした。私も若く血気盛んな時分に「この会社はこうあるべきだ」なんて、生意気な議論を挑んだものです。今となっては恥ずかしい思い出ですが、その先輩は当時、全面的に受け止めてくれました。本当にありがたかった。


本多静六

ケチと節約とはまったく別物である。ケチは当然出すべきものを出さず、義理人情を欠いてまで欲張ることで節約とは似て非なるもの。節約は出すべきものをちゃんと出し、義理人情も立派に尽くすが、ただ自分に対してだけは足るを知り、分に安んじ、一切の無駄を排して自己を抑制する生活を指す。ところがこの両者が世間から往々同一視され、節約がいかにもしみったれなケチであるかのように罵られやすい。ここでたいていの人には節約の辛抱ができなくなり、辛抱ができにくいことの口実になってしまう。世間からケチと笑われ金を残すか、世間から気前がよいとおだてられつつ一生ピイピイして過ごすかふたつの中、ひとつを選ばなければならない。


田原総一朗

幼いころ近江商人の「三方よし」という考えを教わったが、この意味が分かったのは40歳も過ぎたころです。まずは客に信頼される、次が社会または世間に信頼される、そして自分よし。川上にいる発想に立つと、まずは自分よしとなってしまう。そうではなく、よいかどうかを決めるのは客なのです。


中原淳

経験学習をよしとする理論家や実務家は、経験の力を絶対視しがちです。しかし、それは間違いです。


滝久雄

従来どおりのビジネスのまま、何もしないで儲かる時代ではない。


タムラカイ

一番簡単な入口は、メールの「絵文字」を意識すること。「笑顔」「困り顔」「やる気になっている顔」など、いずれもごく単純ですね。これらの表情を描き加えていくだけで、イマジネーションが大きく広がります。


辻秀一

ネガティブを引きずらず、今に集中する。この状態を作り出す第一歩は、「気づき」です。今、どんな感情で、どう意味づけをしているか。それに気がつくだけで、心の暴走を止めることができます。


本田浩次

牛乳・乳製品の消費拡大のためスリー・ア・デイ運動(乳製品を1日3回か1日3品目とるという生活改善運動)を始めました。人にいいことを勧めるならば、まず自分たちでやろうということで、Jミルクでは職員全員が実践を始めました。そのうえで、業界関係者が自ら実践し、自分の体のためにもいいということを確認し、消費者に勧めているのです。


大西賢

自分のチームを世界一の存在にするという意識をもって、日々の仕事にあたることが必要です。部下たち一人一人を「余人をもって替え難い存在」に仕上げれば、彼らは世界中どこへ行っても食っていける。永久に雇用を確保したのと同じことになります。


宮本彰

我々は、電子機器の大市場の中でスマホやパソコンのような「本命」製品は作れない。「これしかできません」と機能を絞った商品で「心地よい隙間」を狙う。おかげでポメラは未だに競合製品が出てこない。


秋山英一(経営者)

「おもてなし」をはじめとする日本の良さを世界に伝えていくことはもちろん大切です。この先、さらに重要になっていくことは間違いないでしょう。でも、こちらの良さを伝えようとするのであればなおのこと、相手の歴史や文化、生活、価値観などをきちんと理解しなければなりません。


金児昭

家計をバランスシートの発想で見るということは、江戸時代の日本にすでにあったんです。茨城大学教授の磯田道史さんが刊行された『武士の家計簿 加賀藩御用算用者の幕末維新』を読んで感激しました。これは磯田さんが神田の古書店で手に入れた加賀藩士猪山家の「入払帳」などをもとに研究した大変な労作です。御用算用者はいまの企業でいえば経理・財務パーソンですから、記録は実に精巧で、そのなかには見事にバランスシートの考え方が入れられています。