名言DB

9412 人 / 110637 名言

シュテフィ・グラフの名言

twitter Facebook はてブ

シュテフィ・グラフのプロフィール

シュテフィ・グラフ。ドイツ生まれのプロテニスプレーヤー。4歳でテニスに出会い、13歳でプロデビュ―。4大大会優勝通算22回。史上三人目の年間グランドスラムを達成。連続377週世界ランキング1位という偉業を達成。

シュテフィ・グラフの名言 一覧

どのポイントもすべて大事。全力を尽くそう、全力を尽くそうと自分に言い聞かせながらプレーした。
【覚書き:グラフ選手が20歳のときの全米オープン決勝にてナブラチロワ選手と戦った時を回想しての言葉。】


シュテフィ・グラフの経歴・略歴

シュテフィ・グラフ。ドイツ生まれのプロテニスプレーヤー。4歳でテニスに出会い、13歳でプロデビュ―。4大大会優勝通算22回。史上三人目の年間グランドスラムを達成。連続377週世界ランキング1位という偉業を達成。

他の記事も読んでみる

谷口健太郎(経営者)

期待されているのは10倍、100倍、1000倍という成長ですから、業績が伸びたと言ってもいまの数字では恥ずかしいぐらいです。


岡本太郎

安易な生き方をしたいと思ってしまったときは、そんな自分を敵だと思って闘うんだ。結果が悪くても、自分は筋を貫いたんだと思えば、これほど爽やかなことはない。


藤沢武夫

良い管理は次の良い管理につながるし、アイデアはアイデアを生む。


宮田孝一

私自身、例えば石油業界のお客様に会うときは、受験参考書を買い込み、せめて有機化学の「カメの甲(化学構造式)」くらいはわかるように勉強していました。


前川正

私どもは、定年という明確な言葉ではありませんが60歳を区切りとしています。その後、役職は変わりますが、本人の希望に応じて継続して雇用をしています。続けたい方は続けられる限りやっていただくようになっていますから、高齢な方も多いですね。最高齢は85歳の方で、今も出勤しております。


大山健太郎

トップとして大事にしているのは、開発者の挑戦する心です。厳しい判断を下す背景には、きちんとした理由がある。開発者に対して、その理由を明確に示さなければいけません。だから、私にもプレッシャーはあります。前の商品とはどこが違うのか、製品で起こりうる問題は何かと考えなければいけません。そうすると、製造現場や部品、素材に関する知識も必要です。


林野宏

人生で最も大事なのは、「短い」と感じられる時間をどれだけ多く持てるかだと思っています。


ドナルド・トランプ

私に言わせれば、タフであるためには、たくましさと頭の良さと自信を兼ね備えている必要がある。


牧野正幸

経営者として仕事のあり方は考える必要があります。月300時間かかる仕事を無理やり与えて「終わらない」となるのは問題。うちは社員が自分たちで仕事を取る。定時の月168時間で収まるかを1つの基準としています。試行錯誤する時間が加わり、結果として(みなし残業分の)プラス50時間が使われるのがベスト。最初から250時間かかる仕事は是認しちゃいけない。時間を言い訳にして約束を果たせないのはプロとしては愚の骨頂ですから。


岡田祥吾

英語ってそんなに難しいものじゃなくて言語だから、既に世の中にある学習方法を正しく使って継続的に取り組めばできるようになるんです。ただ最適な学習方法にたどり着くことと、個人で継続的にやることがとても難しい。なので我々は、自分たちの経験やその他のノウハウを使って、一人ひとりの「英語ができない理由」を徹底的に分析し、作成したベストな学習方法とスケジュールを着実に実行することをサポートします。


桜井博志

小規模な地酒ばかりでは、日本酒に将来はありません。圧倒的に強いものを目指すところがないと。


吉田尚記

コミュニケーションは技術ですから、持って生まれたセンスや才能に関係なく、練習すれば誰でも必ず上達します。


朝倉千恵子

私は日ごろから「社会の五科目」、すなわち礼儀礼節が大切だと思っています。五科目とは、「挨拶」「言葉づかい」「服装と身だしなみ」「下座上座を表す順序・席順」そして「態度」です。この5つがすべての基本だと思います。


森川亮

キャリアプランは各自の人生設計によって異なります。50代で最高に幸せなりたいというのであれば、20代の10年間ぐらいは大企業で基礎練習を続けることも1つの考え方です。大企業での基礎練習は、単なる下積みだけでなく、人脈作りも含まれます。大企業にいると、ベンチャーでは会えないような人にも、会社の看板で会ってもらえ、人脈が作りやすい。若いうちは大企業で人脈を含めた基礎をしっかり築き、30代、40代でベンチャーに転職して、やりたいことを存分にやるという人生設計もあります。


松本正義

かつて関西は繊維と家電の町でした。ですが、時代と共に繊維や家電の競争力が低下し、これからどんな産業を関西の基盤産業にしていくか考えなければならない時期に来ていると思うんですね。私が思うのは、これからの時代は、かつての繊維や家電のように何か一つの産業に依存するのではなく、個々で独自の強みを持つ企業をクラスター化(集団化)して、関西独自の産業クラスターをつくるべきだということです。