名言DB

9412 人 / 110637 名言

シュガー・レイ・レナードの名言

twitter Facebook はてブ

シュガー・レイ・レナードのプロフィール

シュガー・レイ・レナード。米国のプロボクサー。アマチュア時代150試合で145勝しプロに転向。ウェルター、ジュニアミドル、ミドル、スーパーミドル、ライトヘビーの5階級制覇をボクシング史上初めて達成。当時、史上最も賞金を稼いだボクサー。

シュガー・レイ・レナードの名言 一覧

世の中には自分と同じように才能のある奴がいっぱいいて、自分より上手な奴さえいるんだということが理解できた。だから、アマチュア時代の5回の敗北は本当に、本当に重要な敗北だった。


シュガー・レイ・レナードの経歴・略歴

シュガー・レイ・レナード。米国のプロボクサー。アマチュア時代150試合で145勝しプロに転向。ウェルター、ジュニアミドル、ミドル、スーパーミドル、ライトヘビーの5階級制覇をボクシング史上初めて達成。当時、史上最も賞金を稼いだボクサー。

他の記事も読んでみる

川西勝三

企業で働く人々にとって、企業活動が単に生活費を稼ぐ意味でなく、企業を愛し、自らの能力を伸ばし、生きがいになっていくことを私は理想としています。


大野寿子

ひとつの夢の実現が大きな喜びを生み出し、多くの人の心をきゅっと結ぶ。夢の力は本当に大きなものです。そして、誰しもがひとりきりではなく多くの人の力、手をつなぐことで生きていく。子供たちの笑顔がいつもそう教えてくれました。


平井伯昌

上昇気流の中にも小さなさざ波のような上下動はある。その小さな波だけを見て、「落ちてきた。マズイ」と落ち込んではダメ。精神面がマイナスに向かうと、それにつられて肉体面もマイナスに向かってしまう。それが大きな下降気流を呼び込んで、スランプのドツボにハマってしまう。そうなったらもう手遅れ。


是枝裕和

制作者は「業界の制約」にぶつかる前に、「自分の中の制約」とぶつかるんです。それとどう向き合うかが先。


高島宏平(髙島宏平)

問題が解けないときは、問題が大きすぎて、何をすればいいのかわからないことが多いと思うんです。そこで、その問題をやや小さく分解し、出てきたいくつかの問題をさらに小さく……と今すぐにできるレベルにまで小さくします。漏れやダブりのないように分解することが大切です。


浅香衣世

日本の場合、細やかなディティールやサイズをフォローできないと、市場で生き残っていくのは難しい。米国の通販会社だから、すべてアメリカン・サイズだと思われている方も少なくありませんが、80%以上の商品は、日本人仕様のサイジングになっています。


辻口博啓

起業前、休日にはお菓子や巡りをしていました。そこですべて細かくデータをとっていったんです。何が売れ、どんな見せ方をしているのか。ほかにも接客は?ライティング(照明)は?陳列は?店員のユニフォームは?男女比は?と。


平岡昭良

伸びる人材は、ちょっと尖っていると言いますか、従来の優秀というのと違って、夢を見ると言いますか、妄想をし、それを実現していくガッツのある人間。


佐藤琢磨

勝つために必要だと考えた準備と咄嗟の判断が、優勝に繋がったのだと思う。


木村裕一(きむらゆういち)

「あらしのよるに」は寝室の入り口からベッドまでの3歩で構想が生まれ、原稿はファミレスで書いたんです。「あかちゃんのあそびえぼん」シリーズも、ファミレスの紙ナプキンを開いたり閉じたりして仕掛けを考えました。仕事場はちゃんとありますが、テレビやら漫画やら誘惑が多くて。


柴山政行

さまざまな業界に共通していわれることに「1対5の法則」がある。既存顧客に再来店させるコストが2万円だと仮定すると、新規顧客を一人獲得するための広告コストは10万円。つまりこの法則は、新規顧客を獲得するより、リピート率を増やす方が低コストで売上を上げることができるということを表している。会計の視点で見れば、リピーターが多いほど、売上に占める販売関連費用の割合が低くなり、結果、営業利益率が高くなる。


佐藤肇(スター精密)

財務の数字を見ていると「どうです、いい数字だから褒めてくださいよ」などと話しかけてくる。笑っている数字、怒っている数字、泣いている数字。数字にも表情があります。


中島武

スキルが身につけば、嫌いだった仕事も楽しくなってきます。ゴルフが好きな人は、上達するともっと好きになって、さらに練習するものです。仕事も同じで、続けるかどうかを判断するのは、技術を磨いたあとに決めればいい。


松﨑隆司(経営者)

大切なのは不動産の専門知識だけではない。重要なのは人としてのコミュニケーション能力の高さだ。


岩崎日出俊

バフェットも自分が理解できる会社の銘柄しか買わないことをモットーにしています。自分と縁遠い会社の銘柄に、ムリに手を出すのはやめましょう。