名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

シャンタヌ・ナラヤンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

シャンタヌ・ナラヤンのプロフィール

シャンタヌ・ナラヤン。インド人経営者。「アドビシステムズ」CEO(最高経営責任者)。インドオスマニア大学電子工学学士、米オハイオ州ボウリンググリーン州立大学コンピューターサイエンス修士、カリフォルニア大学バークレー校ハースビジネススクールでMBAを取得。Pictra社共同創業者、シリコングラフィックス社ディレクター、アップルコンピュータ上級管理職などを経てアドビに入社。

シャンタヌ・ナラヤンの名言 一覧

テクノロジーの世界では自らが破壊者になるか、あるいは破壊されるのか、そのどちらかしかない。


反対者の声は、製品をより良くするための大事な声だ。


目指す方向が見つかれば、一日でも早く決断し、変化すべきだ。


変化しない方がリスクなのだから、答えは必然的に「イエス」だった。
【覚え書き|売り切り型から月額課金制に舵を切った当時を振り返っての発言】


どの企業も過去にうまくいったから、将来もうまくいくと思ってしまうリスクがある。そうならないような努力が必要だ。


重要な金銭的な指標は売り上げだけではない。パッケージ販売にかかるコストや月額課金による定期的収入などを総合的に考えれば、大きく成功できると確信していた。


シャンタヌ・ナラヤンの経歴・略歴

シャンタヌ・ナラヤン。インド人経営者。「アドビシステムズ」CEO(最高経営責任者)。インドオスマニア大学電子工学学士、米オハイオ州ボウリンググリーン州立大学コンピューターサイエンス修士、カリフォルニア大学バークレー校ハースビジネススクールでMBAを取得。Pictra社共同創業者、シリコングラフィックス社ディレクター、アップルコンピュータ上級管理職などを経てアドビに入社。

他の記事も読んでみる

五島慶太

昭和初頭の財界不況に遭遇し、私はしばしば自殺を考えるに至るほどの苦しさを経験した。ときには社員の給与にも困難し、十万円の借金をするのに保険会社に軒並み頭を下げて回り、皆断られて小雨の降る日比谷公園をションボリ歩いたこともあった。松の枝がみな首吊り用に見えて仕方がなかった。しかし、いまにして思えば、すべて信念と忍耐力の問題であった。


堀切功章

需要は創り出すもの。例えば、当社の「いつでも新鮮しぼりたて生しょうゆ」という商品は、加熱処理をしていない生しょうゆを、鮮度を維持する密封容器に入れた商品なのですが、「このしょうゆは美味しい」と話題になりました。これは新しい価値を付加できたからではないかと思います。


高田明(ジャパネットたかた)

夢を持ち続け、日々精進。いま目の前にある状況を受け入れて最善の努力をし、それを乗り越えていく。そのひとつひとつの積み上げが夢へとつながっていく。


稲葉善治

外部環境が変動するのは、農業にとって天候が不順だったり良好だったりするのと同じです。天候が悪ければじっと耐えればいいだけの話ですし、恵まれればそのチャンスを生かすだけです。


福澤武

いつもどこかにクレーンが立っている街は活力があります。欧州のように街並みが完成されて手が付けられないところは鑑賞物としてはいいですが、活力は生まれないし、デベロッパーのノウハウも錆びついてしまいます。芸術性と機能性をいかに調和させるか、これからの街づくりの課題です。


中西宏明

今は「攻め7割、守り3割」で行け、と言っているのに、みんな褒められて安心して、3割ぐらいしか攻めてないんじゃないか。こういうマインドセットをどうやって乗り越えられるかが課題。


鎌原正直

英ルーサイト社の買収の狙いは、統合によるシナジー効果にありました。調達コストのほか、研究開発、製造、流通、販売まで、インフラや人材も含め、さまざまなリソースを短期間で手に入れることができました。当社の弱みであった欧州の生産拠点や顧客のネットワークも拡充できました。


栗林忠道

断じて戦うところ、死中おのずから活あるを信ず。我らは各自敵数十人を倒さざれば死すとも死せず。


島津貴久

陣中で、30日の間は、食料の配給もないのであるから、軍役や出物などが遅れたり、とどこおったりする場合には、所帯(官職や領地)を没収するであろう。


葛西敬之

日本が30年後にどうなるかは分かりません。私は1940年に生まれ、その30年後の1970年には日本が世界第2位の資本主義国になっていました。その間に完全に焼け野原になった時を超えて復活しました。30年というと何が起こるか分かりません。すべての地図を描けなければまずいというわけでなく、すべてが変数で地図は描けないのです。人件費や人口もそうです。


友野典男

「期間限定」という言葉は、強い強迫観念をもたらします。自分の目の前にあるものが、今は手に入るけど、時間がたつとなくなってしまう。そう感じたとき、どうしても手に入れなければ、と考えてしまうのが人間です。この衝動は空腹感と関係があります。


澤田秀雄

アカデミー賞を取った映画ですら、10回観に行く人はほとんどいません。いくら面白くても、長くやればやるほど飽きられてしまうものです。流行は早ければ3年、長くても5年で終わります。だからこそ常に新しいコンテンッを提供し続けることが重要。