名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

シャンタヌ・ナラヤンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

シャンタヌ・ナラヤンのプロフィール

シャンタヌ・ナラヤン。インド人経営者。「アドビシステムズ」CEO(最高経営責任者)。インドオスマニア大学電子工学学士、米オハイオ州ボウリンググリーン州立大学コンピューターサイエンス修士、カリフォルニア大学バークレー校ハースビジネススクールでMBAを取得。Pictra社共同創業者、シリコングラフィックス社ディレクター、アップルコンピュータ上級管理職などを経てアドビに入社。

シャンタヌ・ナラヤンの名言 一覧

テクノロジーの世界では自らが破壊者になるか、あるいは破壊されるのか、そのどちらかしかない。


反対者の声は、製品をより良くするための大事な声だ。


目指す方向が見つかれば、一日でも早く決断し、変化すべきだ。


変化しない方がリスクなのだから、答えは必然的に「イエス」だった。
【覚え書き|売り切り型から月額課金制に舵を切った当時を振り返っての発言】


どの企業も過去にうまくいったから、将来もうまくいくと思ってしまうリスクがある。そうならないような努力が必要だ。


重要な金銭的な指標は売り上げだけではない。パッケージ販売にかかるコストや月額課金による定期的収入などを総合的に考えれば、大きく成功できると確信していた。


シャンタヌ・ナラヤンの経歴・略歴

シャンタヌ・ナラヤン。インド人経営者。「アドビシステムズ」CEO(最高経営責任者)。インドオスマニア大学電子工学学士、米オハイオ州ボウリンググリーン州立大学コンピューターサイエンス修士、カリフォルニア大学バークレー校ハースビジネススクールでMBAを取得。Pictra社共同創業者、シリコングラフィックス社ディレクター、アップルコンピュータ上級管理職などを経てアドビに入社。

他の記事も読んでみる

石黒和義

身も心も自立した生き方について、死にざまも含めて、私たちはもっと考えることが必要な時代になってきたと思います。これは、決して人任せに社会や国の所為にするものでなく、すぐれて主観的な自分自身の問題です。


安永竜夫

構想を具現化、実現化して、ビジネスの骨格をつくるにはたくさんの人と会って話をする必要がある。ここにもっと労力と神経を使うべき。


中山讓治(中山譲治)

いまやほとんどのもの、優れた社員、顧客、ブランド、さらには会社に至るまで、お金で買えるようになりました。唯一買えないもの、それは意志です。この会社をこんな会社にしたいという意志だけは、お金で買えません。それが経営の本質であるというのが、私の結論です。


久野康成

未来を語ろうとしない経営者は、基本的に投資をしようとは思いません。経営者に投資の意思決定をさせるためには、未来志向に話を転換させなければなりません。


手代木功

社長にもなると会社では私の悪いところを指摘してくれる人は皆無ですから、駄目出しをしてくれる家族は貴重な存在です。我が家での序列は、妻、息子たち、犬、そして一番下が私です(笑)。でも、私も息子たちにはまだまだ負けられませんから、頑張ろうと思えます。


佐藤卓(グラフィックデザイナー)

体力的にも精神的にも限界が来たといっても仕事はやめられない、とはじめは苦しんでいましたが、スケジュールや進捗 状況の管理をまわりにしてもらうことにして、物理的に自分の抱えている作業の量を減らしたら、次第に仕事のバランスも取れるようになっていきました。


木川眞

社員へのメッセージはわかりやすさこそ重要なんです。どんなに優れた経営戦略を立てても、それが現場に伝わらないと意味がありません。伝える努力をせず、現場ができていないと怒っても仕方がないでしょう。まず経営者がメッセージを伝える努力をすることが重要です。


正力松太郎

僕はよく「愚痴をこぼすな、くよくよ後悔するな」と言っている。第一に時間の空費だし、体も弱る。それに周囲を暗くするから、これほど馬鹿なことはないと思っている。


大森ひとみ

人が感じのいい人を選ぶのは人間の遺伝子にあらかじめ組み込まれた性質です。ビジネスにおいても、感じのいい人ほど上司や部下に愛され、取引先とも大きな仕事ができるのだと思います。


成毛眞

戦略的に自己プロデュースを行なえば、競争相手が多い分野でもお金を稼げるようになります。日本マイクロソフト時代の部下が、その好例です。この人は、奥さんが陶芸教室に通いだしたことに影響を受けて、自分も陶芸を始めました。佐賀で土を買ったり、富士山の麓で釉薬(うわぐすり)用のススキを買ったりして、自宅でコツコツやっていたようなのですが、なんと開始から半年後に、目黒の焼き物屋さんのギャラリーを借りて個展を開催。さらに、何年も経たないうちに退職金を使って、パリのルーブル美術館の貸しギャラリーを1日数十万円で借りて、個展を開いたのです。すると、たまたまイギリスのセーラ妃が訪れたりして、大盛況。その勢いで、プロの陶芸家に転身しました。こんなやり方もあるというわけです。


俣野成敏

仕事の目的と背景を確認する癖をつけるとよいでしょう。目的とは「何のために、誰のためにこの仕事をやるのか」、背景とは「なぜこの仕事をやるのか」ということです。この2つを押さえれば、あとはそのゴールに向かって最短距離で進むことができます。


堀義人

テクノロジーへの理解がない経営者は生き残れない時代になった。