名言DB

9490 人 / 112001 名言

シャンタヌ・ナラヤンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

シャンタヌ・ナラヤンのプロフィール

シャンタヌ・ナラヤン。インド人経営者。「アドビシステムズ」CEO(最高経営責任者)。インドオスマニア大学電子工学学士、米オハイオ州ボウリンググリーン州立大学コンピューターサイエンス修士、カリフォルニア大学バークレー校ハースビジネススクールでMBAを取得。Pictra社共同創業者、シリコングラフィックス社ディレクター、アップルコンピュータ上級管理職などを経てアドビに入社。

シャンタヌ・ナラヤンの名言 一覧

テクノロジーの世界では自らが破壊者になるか、あるいは破壊されるのか、そのどちらかしかない。


反対者の声は、製品をより良くするための大事な声だ。


目指す方向が見つかれば、一日でも早く決断し、変化すべきだ。


変化しない方がリスクなのだから、答えは必然的に「イエス」だった。
【覚え書き|売り切り型から月額課金制に舵を切った当時を振り返っての発言】


どの企業も過去にうまくいったから、将来もうまくいくと思ってしまうリスクがある。そうならないような努力が必要だ。


重要な金銭的な指標は売り上げだけではない。パッケージ販売にかかるコストや月額課金による定期的収入などを総合的に考えれば、大きく成功できると確信していた。


シャンタヌ・ナラヤンの経歴・略歴

シャンタヌ・ナラヤン。インド人経営者。「アドビシステムズ」CEO(最高経営責任者)。インドオスマニア大学電子工学学士、米オハイオ州ボウリンググリーン州立大学コンピューターサイエンス修士、カリフォルニア大学バークレー校ハースビジネススクールでMBAを取得。Pictra社共同創業者、シリコングラフィックス社ディレクター、アップルコンピュータ上級管理職などを経てアドビに入社。

他の記事も読んでみる

大前研一

私はどうやって情報を仕入れているのか。もっぱらサイバースペースから取ってくる。ネット上の記事はすべて均一の大きさで並んでいる。つまり私にとってのトップ記事を自分で決めるのだ。しかも絶対に受け身で情報をとらない。こちらから引っ張ってくる感じだ。「世界経済」「日本経済」「地方自治体の動向」「重要な国の地政学的な変化」など、自分が興味のあるカテゴリー別にRSSを活用して、幅広い情報源から自動的に情報を収集している。


高島勇二

我々はハードメーカーです。ですからハードウエアによるイノベーションを追求していく。目指すのはPC界のポルシェ。マスがターゲットではない。好きな人がワクワクする、そんなPCを作っていきたい。


砂山起一

我々は製造業ではなく、心の産業です。人間の根源的な部分を刺激して揺さぶってあげる。それが顧客満足度につながります。


トーマス・J・ワトソン

エクセレントな人間になるためにかかる時間は1分だ。今この瞬間から「エクセレントでない」ことは絶対にしないと自分自身に誓い、上司や周囲からどんなに圧力がかかっても、決して妥協しなければエクセレントになれる。


小森哲郎

まったく危機感がない人たちの場合、いきなり「こうやろう」と方向性を示しても空振りに終わるから、なぜやり方を変えねばならないのかを説明します。花形だったゆえに社内からの批判や追求に慣れていない彼らに、世の中とどれだけズレているか、どんなに収益が取れていないかといった分析や事実を示してからはじめて、新しい方向性、具体論を持ち込みます。


花沢健吾

この世界に入って、技術的に桁違いの人が本当にいるんですよ。そこの差をどうやって埋めていくか。それのために使えるツールはどんどん使っていきたい。


稲盛和夫

仕事は「ど」がつくくらい「ど真剣」に打ち込むべき。一度きりの人生を「ど真剣」に生き抜く真摯な姿勢があれば、どんな仕事も好きになる。


深田和範

出世競争で周回遅れになったのを機に、競争から降りるという選択肢もあります。もともと順調に昇進していくエリートは、「同期入社の10%未満」といわれています。自分がそこに入っていないとわかったら、無理をせず、そこそこの実績をあげて、それに応じたサラリーマン生活をまっとうするのです。ただ、リストラされないように予防線を貼るか、リストラされても大丈夫なように準備をしておくのです。会社にとどまる場合なら、リストラされなければ勝ちと考えましょう。つまり、下手なリスクを冒さず、定年まで平穏無事に勤め上げられれば勝ちです。


村上太一

日本人は幸せ軸をおカネじゃない方向に持っていかないと救われないと思います。


野村克也

私自身のバッターとしての才能は、はっきりいって二流でした。打率でいえば、いいとこ2割5分です。けれども、戦後初の三冠王をはじめとして残した結果は一流だと自負しています。なぜそんなことができたかというと、人の何倍も努力したからです。


柳井正

日本では、会社という看板を隠れ蓑にして、なかなか個人が表に出てこない。だから重要な経営判断を下す場合でも、責任の所在が曖昧になってしまう。


辰巳渚

「片づけ」に対して、過剰に意識したり、こだわったりすると、ストレスが増えて不自由になる。モノを「捨てること」ではなく、モノと「向き合うこと」に目を向けてほしい。モノを「不要」だと思えば捨てればいいし、「必要」だと思ったら取っておけばいい。