シェリングの名言

シェリングのプロフィール

シェリング(フリードリヒ・ヴィルヘルム・ヨーゼフ・フォン・シェリング)。ドイツの哲学者。ヴュルテンベルク公国(のちのドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州)出身。イェーナ大学助教授・教授、バイエルン科学アカデミー総裁、ミュンヘン大学教授、ベルリン大学教授などを務めた。

シェリングの名言 一覧

大人物と小人物の差異は、一度意を決すれば死ぬまでやりとげるという覚悟があるかないかにある。


シェリングの経歴・略歴

シェリング(フリードリヒ・ヴィルヘルム・ヨーゼフ・フォン・シェリング)。ドイツの哲学者。ヴュルテンベルク公国(のちのドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州)出身。イェーナ大学助教授・教授、バイエルン科学アカデミー総裁、ミュンヘン大学教授、ベルリン大学教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

玉塚元一

僕が恵まれていたのは、7年間柳井(正)さんの薫陶を受けて、商売の原理原則というものを学ばせてもらったことです。つまりすべてをお客さま起点、現場起点で考えること。ゼロベースで現状を俯瞰して、必要があればすべてやり替えることを恐れないこと。経営にはスピードが大切なこと。仮説、実行、検証のサイクルを早く回すこと……いろいろとありましたね。


玉塚元一

ユニクロの仕事をしないかと誘われたとき、アパレルのことは何も知らなかった。ローソンへ来ないかと声をかけられたとき、コンビニ業界とは無縁だった。誰かに導かれて、異業種にチャレンジする。こんなに楽しい仕事人生はない。


白川敬裕

弁護士だから法律だけ知っていればいいというわけではありません。依頼を受けた事案が機械の故障に関するものなら、機械工学や物理の知識が必要だし、環境問題では検出された化学物質について知見がないと、鑑定結果の妥当性を判じることもできません。もちろんその都度勉強すればいいのですが、依頼者にしてみれば、最初に相談した時点で弁護士がまったくの門外漢だと、この人で大丈夫かなと不安な気持ちにならざるを得ません。その意味で弁護士というのは、日ごろから幅広い分野の教養を身につけておかなければならない職業といえます。おそらく同じことは、どの職業にも当てはまるでしょう。


出川哲朗

僕はひたすら前だけを見ます。テレ東さんで春からやらせてもらっている「電動バイクで旅をする番組」でも、僕は「前に進んでいれば、何か起きてもどうにかなる」と思っているから「行ける所まで、とにかく行っちゃおう!」というノリです。


弘兼憲史

最もアイデアが生まれるのは、目覚めて布団の中で天井を見上げている時。


大越健介

幸運にも、いまの立場にいて、多くの人が見られないことと、聞けない情報に直接接しています。そういう立場にある以上、それを世の中に全力で伝えていく義務があると思っています。


伊藤亮太(ファイナンシャルプランナー)

自分自身の仕事や業界など、身近なところから発想して運用対象を選んでみるのも一つの方法だと思います。相応の知識を持っている分野なら情報も収集しやすいし、感覚もつかみやすい。投資の世界では、案外足下に成功のヒントがあることも多いんです。


高田紘一(髙田紘一)

いまの時代、前向きに考えれば、いろいろなビジネスチャンスがあります。とくに環境ビジネスは実に幅広く奥深く、中小企業の出番です。それに加え、医療や福祉、さらに観光と農業が有望です。


岡田祥吾

自分の「価値×時間の効率」、この両方ができるようになると、高い価値を短時間で出せる良いビジネスマンになれる。


加藤俊徳

時間を意識することによって刺激されるのが海馬です。その典型例がデッドラインの設定でしょう。タクシーや電車に乗っているとき、目的地に着くまでの間に「これを覚えよう」と決めて学ぶと、効果が上がります。毎日、通勤の電車内で英語の文例を、数を決めて覚えようと決めて実行すれば、成果も上がり記憶力もアップします。


江上治

失敗したときが非常に大事です。潔く謝れる、土下座できる人は信頼される。信頼は潔さの表れです。責任を取れる奴はちゃんと謝るし、謝り方にも心がこもっています。逆に、ミスしたときに逃げる奴は怖いし、物事を任せられない。「○○が言ったので」のような口癖を、成功者は聞き逃しません。他人のせいにする人は、逃げ癖がついているから成長がない。成功者が一番嫌う人です。


安藤百福

優れたベンチャーは新しい市場を生みだし、多くの人々に雇用機会を提供する。ベンチャー精神とは、無から有を創造することである。先手を取るから成功するものであって、後手、後手じゃ勝つわけがない。


シェイクスピア

愚かな知恵者になるよりも、利口な馬鹿になりなさい。


出口治明

多くの日本企業では、若手・中堅がベテランを上手に活用することさえ現実できていない状況です。それなのに、外国人従業員を連れてきてダイバーシティ(多様性)を推進するといっても、本当にできるのでしょうか。従来の雇用形態を維持したままで、海外の人材を増やせば、グローバル化が図れるというのは考えが甘いでしょう。


東村アキコ

自分で見返せるような作品が残るとすごく嬉しい。「ああ、もう見返したくない」みたいな作品も中にはあるわけじゃないですか。でも、見返せる作品ができると本当に、これが「幸せ」ってことなのかなと思えて。


ページの先頭へ