名言DB

9413 人 / 110706 名言

シェリル・サンドバーグの名言

twitter Facebook はてブ

シェリル・サンドバーグのプロフィール

シェリル・サンドバーグ。アメリカの女性経営者。大手SNS「Facebook」のCOO(最高執行責任者)。ワシントンD.C.出身。ハーバード大学経済学部を首席で卒業。世界銀行勤務を経てハーバード大学ビジネススクールでMBAを取得。コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー勤務、アメリカ財務省首席補佐官、グーグル副社長を経てFacebookのCOOに就任。そのほか多数の企業の社外取締役を務めた。フォーブス誌の「世界で最も影響力のある女性」の一人に選ばれた。

シェリル・サンドバーグの名言 一覧

「難しすぎるから変えるなんて無理」と最初から諦めてしまうのでしょうか。「変えられる」と信じることも可能で、そう考えて努力することはできます。


自分の時間を無駄にしない人は大抵、人の時間も無駄にしないものです。


分の力を発揮できる分野で仕事をしていきたいと思っています。ですから、今以上にもっと自分が力を発揮できて活躍できるという仕事があればそれを選ぶと思います。


政治家に転身する気は全くありません。政治家は大変で、あまり面白くなさそうです。自分には合わないと感じています。女性が政治の分野でも活躍することは大切だと思うので、その分野を目指そうという人の気を削ぐことはしたくないですが、自分には向いていない。


労働時間を変えるのは簡単だとは言っていません。「必要だ」と言っているのです。それだけははっきりしています。


日本でも、三菱化学という会社では、会議はすべて1時間以内、社員は午後7時に帰宅するのがルールになっていると聞きました。素晴らしい。企業も働き方を変える努力をすべきで、それは不可能ではない、ということです。


私は、女性がみんな決意すれば働き方を変えられるとは言っていません。だから、それなりの地位にいる女性が働き方を変えるためにできることを意識してほしいと思います。経営上層部に女性が多くいる会社の方が、女性に働きやすい労働環境が整っています。


最も生産性が高いのは母親ではないかと思います。日本では出産した女性の職場復帰について懸念する声が強いようですが、そういう人たちが最も仕事をこなす生産性が高い社員だったりするかもしれません。


今も朝、子供たちを学校に送ってから出勤し、夕方は帰宅して子供と食事をして、彼らを寝かしたら、その後働きます。出勤時間こそ違いますが、相変わらず毎日12時間は働いています。オフィスにいないだけで、かなりハードワークを続けています。


グーグル時代に息子が生まれ、起きている息子に会うために勤務時間を午前9時から午後5時半に変えました。「勤務時間を短くするなんて無理だ」と思っていましたが、売上高も伸びて、利益も含めすべてうまくいきました。


女性にはもう少し自信を持って、あえて一歩踏み出してほしい。


私たちが長く抱いてきた「男の子」「女の子」といういわゆる固定観念から抜け出すことができれば、それは男の子にとっても女の子にとっても選択肢が広がることを意味し、そうなれば誰もが性別にとらわれることなく、自分の希望や才能に応じた期待や志を追求できるようになります。それはより豊かな活力ある社会を築くことにつながります。そのことを私は強調したい。


家庭においても、統計的に夫婦が共に家事と育児に主体的に関わっていると、離婚率が低いだけでなく、結婚生活に対する双方の満足度も高いという結果が出ています。それだけではありません。父親がより積極的に家庭の運営や育児に参加すると、その子供はそうでなかった子供に比べて精神的充実度が高く、成長した際の教育水準も経済的水準も高くなるという調査結果が出ています。


多様性に関する様々な研究も、人類が持ち合わせているすべての資源と能力を活用できれば、社会全体としてよりよい成果を生み出せることを示しています。実際女性が多く登用されている企業の方が生産性が高いことは既に明らかになっています。


シェリル・サンドバーグの経歴・略歴

シェリル・サンドバーグ。アメリカの女性経営者。大手SNS「Facebook」のCOO(最高執行責任者)。ワシントンD.C.出身。ハーバード大学経済学部を首席で卒業。世界銀行勤務を経てハーバード大学ビジネススクールでMBAを取得。コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー勤務、アメリカ財務省首席補佐官、グーグル副社長を経てFacebookのCOOに就任。そのほか多数の企業の社外取締役を務めた。フォーブス誌の「世界で最も影響力のある女性」の一人に選ばれた。

他の記事も読んでみる

アルビン・ロス

私が日ごろ努めているのは、周りの人たちが幸せにやっているかどうか気を配ること。人間関係が順風満帆に運ぶよう気遣い、みんなが幸せで、うまくやれるよう心掛けることである。


佐藤祐輔(経営者)

私自身が新政酒造の一番のファンです。ビジネスと思えば失敗が怖くて躊躇し、業界の常識も邪魔をする。でもファンなら「こんな酒が欲しい」「こうしたらどうなる」という心理なので、発想の幅が広がる。ファンサービスと捉え、それをひたすら具現化しているだけ。


奴田伸宏

伝統の継承とは、単に同じことの繰り返しではありません。使い手の生活様式や時代の変化にも対応しながら、これまでにないものを創造していく。そこにこそ伝統の意義や価値があると私は思っています。そしておそらく、それは鎌倉彫に限らず、すべてのものづくりに共通することではないでしょうか。


山本ケイイチ

私は、痛みを恐れずに前へ進めることは特別な能力だと思います。全員に備わっているわけではありません。しかも、この能力があるかどうかは誰にもわかりません。だからこそ、私は体を鍛えることを推奨しているのです。例えば筋トレをするとき、自分の体を鍛えるには多少の負荷が必要です。負荷をかければキツいし苦しいけれど、やった分だけ体は応えてくれます。つまり痛みが成長の糧となっていることがわかります。だから、痛みを恐れて前へ進むのをためらってしまう人でもトレーニングでなら、経験則を利用して負荷がかけられていても前へ進もうとするメンタルを鍛えることができると思うのです。


遠藤弘満

私が徹底したのは「まず与える」という姿勢。どんな夢物語でも、実際にモノを作って「まず与える」ことができれば、自然と我々の話に耳を傾けてくれる人の輪が広がっていく。


山本高史

自分がいて、離れたところに他者がいる。このあいだを線で結ぶのがコミュニケーションだと思っている人は多いのですが、それでは相手に「当たる」話ができません。そうではなく、経験が増えることで自分が膨らんでいき、他者の一部と自分の一部が重なるようになる。経験が増えてもっと膨らめば、他者を飲み込めるようになる。これがコミュニケーションの姿だと僕は思います。


渡辺謙

この先、どこでどんな仕事をするのか自分でもよくわからない。なんでも受け入れる覚悟はできています。


安永竜夫

一つの案件をまとめるには、まずしっかりと自分たちのやりたい形を定め、どう実現するかをプランニングする。我々はそれを「ゲームプラン」と呼びますが、どこでどういう交渉をすればやりたい形が実現できるのか計画を立てるわけです。あとは計画に基づいて、一つずつ交渉を進めていく。


村口和孝

いかなる成功も、経済の世界が変わる潮に乗らないと実現は出来ない。だから変化に注目する事が大切だ。


徳川家康

人質は長くとっておくと、親子であっても親しみが薄れて効果がなくなる。恩愛に溺れて人質を捨てかねるものである。【覚書き|自分の幼少時代の人質体験から出た言葉。この教訓にしたがって、大名を従えるのに人質を取っただけでなく、家族愛が薄れないように参勤交代で数年に一度一緒に暮らさせるという仕組みを作った。】


藤吉泰晴

これからの卸は、ただ物を流すだけではなく、消費者の変化を見ながら、メーカーと小売の両方に様々な提案をしていく必要がある。


齋藤利勝

「働き方改革」が政府主導で叫ばれていますが、個人が会社に依存するのではなく、自分の実力を外に求めていくことが必要な時代です。また、男性の平均寿命が80歳にまでなっており、まだまだ働くことができる、働かなくてはならない時代です。


大村浩次

哲学と実務能力のバランスが取れてこそ、魅力ある接客サービスが出来るのです。


有田秀穂

基本的にストレスをためないことが先決です。強いストレスを感じ続けていれば、私たちの心や体は病んでしまいます。でも日頃からセロトニン神経を鍛えていれば、多少のストレスならスルッと自然に受け流せるようになりますよ。セロトニン神経を鍛えるコツは、太陽に合わせた規則正しい生活を心がけ、一定のリズムを刻みながら体を動かすリズム運動を習慣化すること。


マーク・ベニオフ

私も毎日のように失敗していますよ。全ての場面で勝つことはできません。でも負けるよりも多く勝てば、成功者になれる。