名言DB

9419 人 / 110788 名言

ザカリーヤ・アル・ラーズィーの名言

twitter Facebook はてブ

ザカリーヤ・アル・ラーズィーのプロフィール

ザカリーヤ・アル・ラーズィー(ラーゼス)。9世紀から10世紀のペルシアの医学者・哲学者、錬金術師、学者、医学の教師。小児科学、脳神経外科学、眼科学の先駆者でもある。エタノールを発見し、精製技術の発明にも成功した。医療分野で世界で初めてコーヒーを用い、その効用について研究を行った。実用医学の実践者で、貧富を問わず診察し、人々から尊敬された医師。

ザカリーヤ・アル・ラーズィーの名言 一覧

羨望はケチよりも悪い。羨望する人間は、他人が何か良いものを手に入れることを好まない。たとえ、それが己の手に入るべきものでなくとも。


なんら苦痛のない状態というものは、苦痛の存在する状態よりも確かに安らかである。したがって、死は人間にとって、生よりも安らかなものである。


ザカリーヤ・アル・ラーズィーの経歴・略歴

ザカリーヤ・アル・ラーズィー(ラーゼス)。9世紀から10世紀のペルシアの医学者・哲学者、錬金術師、学者、医学の教師。小児科学、脳神経外科学、眼科学の先駆者でもある。エタノールを発見し、精製技術の発明にも成功した。医療分野で世界で初めてコーヒーを用い、その効用について研究を行った。実用医学の実践者で、貧富を問わず診察し、人々から尊敬された医師。

他の記事も読んでみる

琴坂将広

伝統的な大企業には、「より規模の大きな企業が上座に座り、より規模の小さな企業が下座に座る」といった従来の考え方を改めることが求められる。米クアルコムは、創業したばかりで従業員が20人にも満たないシャオミとの間で契約を結びました。このように、相手が小さな企業であっても、将来性が高いと判断できれば、トップがしっかりとコミットしてリソースを投入する姿勢が求められる。


加藤充(経営者)

素晴らしい経営者の中には、人生に高い目標を掲げ、その目標を達成するためにしなければならないことを小さな目標とし、人生を逆算し、細かく人生設計をする方もいます。私の場合は先のことを決めるより、今の環境に柔軟に対応していくことを得意としています。


平山郁夫

いまのスポーツ選手は体格がいいのに昔ほど強くないのは、野放しにせずはじめから手とり足とり理屈で形を覚えさせるからでしょう。理屈には限界があって、その能力でしか力が出せないんです。絵でもそうです。知識で描くと個性的な主張がなくなります。


澤田秀雄

私も人間なので、ストレスや悩みはたくさんあります。毎回、新たな事業に着手するときは、プレッシャーで押しつぶされそうです。でも、私の場合は開き直ってしまうため、強いと見えるのかもしれません。


川本隆一

私たちが人生です遇する悩みや迷いは、すべて己の心から生み出されるものです。だからこそ、自らのうちにあるものを常に客観的に見る努力を忘れてはいけません。


俣野成敏

もともとダイエットには興味がなかったのですが、短期間で10kgの減量に成功した友人が「パフォーマンスが上がった」と言うので、試してみることにしました。さっそく、指導者の上野啓樹氏を紹介してもらって自分でもダイエットしてみると、明らかに疲れにくくなったと感じますし、朝はシャキッと起きられます。一番変わったのは午後になっても眠たくならなくなったこと。以前は、昼食後は一気に仕事のパフォーマンスが落ちていたのです。


井上亮(オリックス)

私はよく、国際経験が豊かだといわれますが、実は入社当初、まったく英語を話せませんでした。それなのに最初に配属されたのは国際部東京営業か。周りには英語に堪能な先輩たちがいて、部長からは「英語が話せない君が、なぜ国際部に来たんだ」と嫌味を言われました。むしろ私の方が知りたかったですよ(笑)。そして香港に行くことになり、ブロークンイングリッシュで奮闘することになります。英語が話せるようになったのはそれからで、何事もチャレンジが大事。度胸と恥をかくことを気にしなければ英語に限らず外国語は身につきます。


西成活裕

考える時間を確保するには、スキマ時間の活用するといいでしょう。「5分でタスク整理」「電車待ちの10分でアイデア出し」「移動の15分で資料読み」など、短時間でできる「細切れ仕事」を用意し、いつでも実行できる態勢を整えます。そこで考えたことは必ずメモすること。記録しておけば、次のスキマ時間に続きができます。


上野和典

ブレーンストーミングは、セレモニーとしての会議や情報共有型の会議とは正反対で、時間制限を設けずに、体力が続く限り何泊でもしてアイデアを煮詰めるものです。ここにはなるべく職位の上位者は参加しない方がいいでしょう。理由は簡単で、時間無制限の会議だから年長者は先に参ってしまいます。しかもその人がリーダーであれば、自分が疲れたところで「この辺でいいだろう」とまとめに入ってしまいます。メンバーのアイデアが最後まで出尽くさないうちに会議が終わってしまう恐れがあるのです。


奥田陽一

リーダーには、「自分の考えを役員や社員が本当に理解しているのだろうか」ということを気にする繊細さが求められるのだと思います。