サン=テグジュペリの名言

サン=テグジュペリのプロフィール

アントワーヌ・ド・サン・テグジュペリ、フランスの作家。郵便飛行機操縦士。星の王子様の作者。愛称はサンテックス。第二次世界大戦の偵察飛行中に地中海上で消息を絶つ。最終階級は少佐

サン=テグジュペリの名言 一覧

あるのはただ、前進してゆく力だけだ。その力を創造しなければならない。解決なぞそのあとで見つかる。


人生には解決なんてない。ただ、進んでいくエネルギーがあるばかりだ。そういうエネルギーを出さねばならない。解決はその後で来る。


生きているということは、徐々に生まれることである。


わかるだろうか、人生には解決なんてないのだ。ただ、進んでいくエネルギーがあるばかりだ。そういうエネルギーをつくりださねばならない。解決はそのあとでくる。


愛すること、それはお互いに見つめあうことではなく、同じ方向に並んで目をそそぐことだ。


大きな冒険や勝利、創造的な行動に邁進するとき、人はこの上ない喜びを得る。


人間であるということは、とりもなおさず責任を持つことだ。
人間であるということは、自分には関係がないと思われるような不幸な出来事に対して忸怩(じくじ)たることだ。
人間であるということは、自分の僚友が勝ち得た勝利を誇りとすることだ。
人間であるということは、自分の石をそこに据えながら、世界の建設に加担していると感じることだ。


サン=テグジュペリの経歴・略歴

アントワーヌ・ド・サン・テグジュペリ、フランスの作家。郵便飛行機操縦士。星の王子様の作者。愛称はサンテックス。第二次世界大戦の偵察飛行中に地中海上で消息を絶つ。最終階級は少佐

他の記事も読んでみる

千原せいじ

海外に行く前は徹底的にその国を調べます。常識が違う場所に行くわけだから、自分がそれに合わせないといけませんよね。


西郷隆盛

功立ち名顕るるにしたがい、いつしか自らを愛する心起こり、恐懼戒慎(きょうくかいしん=恐縮し言動を慎むこと)の意、緩み、驕矜(きょうきょう=おごりたかぶること)の気、しばらく長じ、その成し得たる事業をたのみ、いやしくも我が事をし遂げんとまずき仕事に陥り、終に敗るるものにて、みな自ら招くなり。ゆえに己に勝ちて、見ず聞かざるところに戒慎するものなり。


相良暁(経営者)

自分たちだけで利益を抱え込むことを考えたらスピードが落ちる。


寺坂史明

お客様に満足ではなく、感動を与えたい。お客様の感動こそが、社員の喜びであり幸せです。


塚越寛

カネは、社会の役に立つ活動をした後に結果として付いてくるものにすぎない。


上西京一郎

顧客にとってそこで過ごす時間が人生にとっていい時間になるような事業をやりたいと思っています。それが我々に根付いた思考回路であり、強みでもあるからです。単に収益だけを考えたくはありません。25年後も後輩たちに同じ哲学を語るでしょう。


小林浩(経営者)

品質ナンバーワン経営の定着と進化を掲げている日本ハムグループは、現場に行き、現物を見て、現実を確認して施策を打つ「三現主義」を大切にしています。


嶋浩一郎

優れた企画者を目指すなら、「自分で説明できることにヒントはない」と思った方がいい。「説明できないけど、なぜか人を引きつけている」というものにこそアイデアのヒントがある。だから、企画を作る人には、「まだ知らないこと」「新しいこと」にどんどん挑戦してもらって、新たな気づきを得てほしい。


渡辺秀明

指図されるより、やりがいを感じる方が人は動く。私自身の経験からそう思うようになりました。防衛庁(のちの防衛省)を六本木から市ケ谷に移転した際、新建屋の通信網を整備する仕事を担当しました。1990年前後は、電話とファクスが主体のアナログ通信網からデジタル通信網に社会全体が変わるIT(情報技術)革命前夜でした。所属していた装備局通信課の新貝正勝課長(当時)はまさに、部下にやる気を感じさせ、自発的に発奮させる上司でした。「悔いることがないよう、思ったようにやれ」「やるべきことは、奪ってでもやれ」が大方針。当時、あるべき通信網を技術者として設計することができたのは新貝氏のおかげだと思っています。


安宅和人

思考は言葉に依存する。真の思考力を身につけたいなら英語は必須。日本で使われるカタカナ語の多くは正しい意味で使われていない場合が多く、正しい理解には英英辞典が必要。


永守重信

企業の理念や行動原理は、戦略や戦術と一体のものであり、「なぜ、こうした方がいいのか」を理解させずに人を動かすことはあり得ない。


畑村洋太郎

失敗をバネに成長できる。これが失敗の持つプラス面。


千葉智之

やる気のアベレージを高める仕組みとしては、ちょっと先の未来に楽しいことを仕込む方法もあります。この仕事が片付いたら奮発して美味しいものを食べに行くなど、楽しい予定が先に控えていると、自然にやる気が湧いてくるものです。


中山雅史

競り合いでボールを奪うには、気持ちの強さが左右する。僕なんか下手くそだったから、気持ちの部分がなければ全く勝負にならない。それは敵チームに対してだけではなく、自分自身にもです。


手代木功

下の人間に変化を促すためには、まず上の人間から変わらなければいけません。そこでユニット長やその下のグループ長など「上司」の教育にも注力しています。


ページの先頭へ