名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

サンプラザ中野の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

サンプラザ中野のプロフィール

サンプラザ中野、さんぷらざ・なかの。日本のミュージシャン、作詞家。山梨県出身、千葉県育ち。早稲田大学政治経済学部政治学科在籍中、バンド「スーパースランプ」に参加。アマチュアバンドコンテスト「ヤマハ・イーストウェスト」への出場をきっかけにバンド「爆風スランプ」を結成。同バンドにて『Runner』などのヒット曲を生んだ。芸名の由来はヤマハ・イーストウェストの会場が中野サンプラザであったことにちなむ。スキンヘッドにサングラス、そして笑顔という印象的なキャラクターで人気を博した。

サンプラザ中野の名言 一覧

30代でも40代でも50代でも、自分が面白いと思うなら迷わずそうしていいんです。「オトナにならなきゃ」なんて思わずに、自分の気持ちに素直に生きるべきです。


ダイエットの経験から思うのは、人は変わろうとして変わるのではなく、やりたいことを面白がってやるうち、自然と変わるものだということです。だから、内側から溢れる気持ちを常識で抑えつけてはいけません。


ダイエットに取り組んで、半年で24kgの減量に成功しました。「痩せるのはつらくなかったですか?」と聞かれますが、まったくつらくありませんでした。体重がどんどん減って、身体と心の調子がよくなるのが実感できて、とにかくそれが楽しかったんです。そうするといつの間にか、以前の自分とは違う自分に変わっていた、という感じです。


忙しい中で葛藤を抱えていたせいか、30代半ばに体調を崩しました。父親がガンで他界したのもちょうどこのころです。心身の健康や食について関心を持つようになったのは、そうした経験がきっかけです。栄養素について勉強したり、玄米採食を始めたりといった研究を重ねました。


サンプラザ中野の経歴・略歴

サンプラザ中野、さんぷらざ・なかの。日本のミュージシャン、作詞家。山梨県出身、千葉県育ち。早稲田大学政治経済学部政治学科在籍中、バンド「スーパースランプ」に参加。アマチュアバンドコンテスト「ヤマハ・イーストウェスト」への出場をきっかけにバンド「爆風スランプ」を結成。同バンドにて『Runner』などのヒット曲を生んだ。芸名の由来はヤマハ・イーストウェストの会場が中野サンプラザであったことにちなむ。スキンヘッドにサングラス、そして笑顔という印象的なキャラクターで人気を博した。

他の記事も読んでみる

高橋俊介

「一生懸命努力を続けているけど、ちっともキャリア満足度向上につながらない」という問題の原因のひとつは「目標の固定化」です。一般的に、何か長期目標を掲げそれに向けてコツコツと努力を続けることはいいことだと考えられています。しかし、それがキャリア満足度向上につながるとは限りません。現代のように変化の激しい時代には、努力して目標を達成しても、そのときには目標を達成する意味自体が低下している可能性が大いにあるからです。5年もかけて資格を取ったのに、資格の価値が下がってしまっていて何の意味もなかったといったことは珍しいことではありません。


松本晃(経営者)

思い返すと、自分の上司からも様々なことを教わりました。商社時代の上司からは、怒られながらたくさんのことを学びました。厳しい上司の言葉ほど強く記憶に残っています。


ゲーテ

真理はたいまつだ。しかも、巨大なたいまつだ。だから私たちは、みんな目を細めてそのそばを通り過ぎようとする。火傷することを恐れさえして。


尾賀真城

なんでも自分でやろうとは思わないこと。それぞれの事業に優秀な担当者、社員がいます。彼らにやる気を持って働いてもらえるよう努力していきたい。


遠山正道

企画書で一番大切なのは、もちろん企画の中身ですが、同時に、自分が伝えたい中身を「相手にどう受け止めてほしいか」も考えるべき。


竹中平蔵

心の解放は時に思いがけない発見をもたらす。


向田邦子

言葉は恐ろしい。たとえようもなく気持ちを伝えることの出来るのも言葉だが、相手の急所をグサリと刺して、生涯許せないと思わせる致命傷を与えるのも、また言葉である。


兼元謙任

40代ともなると経験も積み、スキルもついてくる。これまでの積み重ねで仕事ができるので、手を抜こうと思えばできてしまう。だからこそ、仕事に情熱を注げる人と注げない人では、結果や成長に大きな差が出てしまう。


矢野博丈

私と話したことがある人はよく知っていると思うけれど、私はダジャレやジョークが大好きで、隙があればどんどん会話の中に挟み込む。休憩時間や食事のときの会話だけじゃなく、仕事中でもジョークを思いついたら、すかさず口にする。なぜ私がジョークを言うかというと、それは場を明るくしたいから。もちろん、仕事は真剣にやるもの。かといって、しかめっ面でやっていても上手くいくというものでもない。どうせやるなら、楽しく明るくやった方がいいに決まっている。


星野佳路

お客様からクレームを受けたとき、受けたスタッフがそのクレームをどう考えるか。言われた内容から何を発想するか。お客様の気が収まればいいというような、その場限りの対応にとどまるのではなく、そのクレームから何かホテルの競争力を高めるヒントを引き出せないかと考えることが、会社にとってはとても重要。


土田晃之

サッカー、ガンダム、家電。これらに詳しい芸人として、他の芸人とは違う立ち位置で仕事がもらえるのはありがたいことですね。とはいえ、偶然いまのポジションが手に入ったわけじゃありませんよ。基本、知っていることはお金に換えたいと若い頃から思っていましたし、「俺、できますよ!」というアピールをしての居場所です。


三村起一

住友伸銅所(のちの住友金属)での最初の仕事は庶務課だった。私はまず最下級の仕事からやらせてくれるよう希望して出入口の受付に座った。
【覚書き|東大法学部卒業後、住友本社に入社した当時を振り返っての発言】