サント=ブーヴの名言

サント=ブーヴのプロフィール

シャルル=オーギュスタン・サント=ブーヴ。19世紀フランスの小説家、詩人、文芸評論家。ロマン主義を代表する作家の一人で、ヴィクトル・ユーゴー、オノレ・ド・バルザックと並び称された人物。現代批評に父とも呼ばれ、作者の人生や思想を出発点とし、従来の批評家個人の主観的批評とは一線を画す批評スタイルを確立した人物

サント=ブーヴの名言 一覧

人間が他人を理解する秘訣は一つしかない。彼らを判断する場合にせっかちにしないことだ。


若い時代にあまり放縦だと、心のうるおいがなくなる。若い時代にあまりに節制すると、頭の融通が利かなくなる。


楽しみにも喜びにも、隠しておかなければならないものがある。それらは程度を超すと、他人を怒らせ、醜い行いと呼ばれ、復讐を受けることになる。


ものごとを判断するときには皮肉を避けねばならない。精神のあらゆる性質のうちで、皮肉が最も聡明から遠いものである。


サント=ブーヴの経歴・略歴

シャルル=オーギュスタン・サント=ブーヴ。19世紀フランスの小説家、詩人、文芸評論家。ロマン主義を代表する作家の一人で、ヴィクトル・ユーゴー、オノレ・ド・バルザックと並び称された人物。現代批評に父とも呼ばれ、作者の人生や思想を出発点とし、従来の批評家個人の主観的批評とは一線を画す批評スタイルを確立した人物

他の記事も読んでみる

小杉友巳

アメリカ駐在中、23か国から集まってきた現地法人の従業員とともに仕事をしていました。人種のサラダボウルといわれる、多民族国家アメリカならではの環境です。当時は、たとえ同僚でも友人でも、自分とは育った環境も好みも考え方も違うという前提で付き合っていましたし、自分の意見を表現することが当たり前になり、他人との意見の相違に対しても寛容になります。


西江肇司

私からすると大阪で商売を始めるのとあまり変わらない。移動時間だって大して差はないし、言語の壁はあるけど、通訳を雇えばそれで交渉はできる。
【覚え書き|アジア各国に積極的に展開している理由を聞かれての返答】


菊池誠(物理学者、テルミン奏者)

体験談というのは何の証明にもならない。科学的に検証すれば、その多くは「偶然」です。多くの病気は自然治癒することがあるし、また体調は常に変化しています。何かをした時、それとは無関係に、たまたま体調が良くなるということは、十分にあり得ます。


木村尚義

会社員としては失敗ばかりしているわけにもいきませんが、失敗なくして成功はないのも事実です。失敗を恐れず、とにかくアイデアを出してみる。そして実行してみる。それが発想力を鍛える第一歩です。


林家正蔵・9代目(林家こぶ平)

心を開いていると、いい言葉を拾っていくことが出来る。それが後輩の言葉でも、先輩の言葉でも、それを糧にして何かを考えたり、身につけたり、これからの生き方に結びつけたり、継ぎ足し、継ぎ足し、自分が変わっていく。これが大事。


石原広一郎

農家の仕事は単調で、しかも重労働である。収穫期には早朝から深夜まで働き通しだった。土を相手の仕事には人間関係の煩わしさはないし、手掛けた作物の成長を日々見るのは楽しいものである。肉体的な苦労はあったが、自然の中で豊かな気分を養うことができた。
【覚書き|10代を通して家業の農業を手伝った経験について語った言葉】


大野直竹

どこに大和ハウスを選んだメリットがあるのか。それは、とにかくずっと付き合うところにあると。これをきちんと評価していただき、金メダルを取らないと、大和ハウスの明日もない。


葛西敬之

中堅幹部社員などになり10人の長、100人の長と上がっていくにしたがって、実学の知識だけでは十分機能することはできなくなります。そのとき、人の気持ちがわかるとか、統率するときにどうしたら人が自分を信頼し、ついてきてくれるのかといったことについての素養が必要になってきます。


小川糸

私も、業務連絡は主にメールでやりとりしているので、ないと困りますけど、メールだけだと味気ないですよね。それにメールやSNSは時間の感覚が手紙とまったく違って、出した瞬間から返事を待っているようなところもある。「間(ま)」とか「空間」がないんです。手紙は相手からいつ返事が来るかわからないぶん、時間的な余裕ができて、その待つ時間さえも楽しめたりする。返事が届くと、相手の思いや温もりを感じて捨てられなくなる。メールに比べると非効率的でお金もかかりますけど、そういうものを切り捨ててしまうと寂しい。同じように、人間関係にも「間」みたいなものがすごく必要なんじゃないかなって思います。


川鍋一朗

「いいサービス」さえ提供すれば、世の中は反応してくれると思っていました。しかし「そのサービスを人に知ってもらい、使ってもらい、リピートしてもらう」には、半年から1年近くの時間を要します。この時間を考慮に入れてなかったことが、「日交マイクル」の失敗の原因でした。結果、初年度で2億円強の赤字になり、最終的に4.5億円の累積赤字を抱えた。


雄星(菊池雄星)

背番号1を背負う以上、何でも一番でなければいけない。そんな自分なりの哲学があるんです。投球だけでなく、野球に対する心構え、考え方、姿勢……。すべてにおいてチーム一にならないと1番はつけられません。
【覚え書き|高校生時代の発言】


堀江裕介

大学生時代、企業の決算書を読み込んでいました。過去にさかのぼり、毎年の決算書を見ていると、ある時点で、特定の経営指標が前面に出なくなったりします。その企業は、何を隠したがっているのか、それはどういう意図なのかなどを考えていくと、そこにストーリーがある。さらに、自分で事業を始めてからは、肌感覚で決算書の内容をつかめるようになりました。その肌感覚は、事業のアイデアにもつながります。


藤井隆太

自分たちが当たりまえだと思っているところ、もしくは弱点と認識していることに、実はすごい強みが隠れている。


小室淑恵

スキルが未熟なメンバーに仕事を任せることを非効率だと考える人もいますが、メンバーがいまのスキルのままで十年間を過ごす方が、どれだけ非生産的でしょうか。


田中実(経営者)

消費者に、グーグルからアマゾンヘとか、ヤフーからレストランへと、直に行かれるのは非常に困る。それを防ぐにはいかに付加価値をつけるかで、その価値を出すにはやっぱり熱い連中を雇うしかないんですよ。だから僕は「この領域(商品・サービス)は事業として可能性があるから、おまえやってみろ」とは言わないんです。熱くないやつに命じても差別化できないので。


ページの先頭へ