名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

サンキュータツオの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

サンキュータツオのプロフィール

サンキュータツオ。日本のお笑い芸人、日本語学者。東京都出身。早稲田大学第一文学部文学科卒業、同大学院文学研究科日本語日本文化専攻修士修了、同博士後期課程単位取得満期退学。大学在学中にお笑いコンビ「米粒写経」を結成。お笑い芸人をしつつ、大学で教鞭を執った。

サンキュータツオの名言 一覧

学問は「問いに学ぶと」書くように、どれだけ優れた問いを立てたかが大切。


研究は本人がやりたいからやるもの。周囲から大バカ野郎と言われても、調べずにはいられない。営利目的とは対極にあるんですよね。


論文は残り続ける。いまは必要がないかもしれないけれど、数年後、数十年後には役に立つものもたくさんある。


綺麗な景色を見て、絵を描く人もいれば、その色彩を分析してみようと思う人もいる。論文というのは開かれたひとつの表現手段なんですよ。大学にいなくても研究はどこででもできる。僕の祖父がまさにそうでした。この本(『ヘンな論文』)を読んで、自分も何か調べてみようかな、と思ってもらえると本望です。


無機質に見えるものから、人間くささが覗く一瞬が一番萌えるんですよ。いつもは淡々としたおじいちゃんが、何かに熱くなっている姿ってグッときませんか? 論文もそういう目で読んでみると新しい面白さがあると思います。


専門的な研究を面白おかしく伝えるのが芸人としての役目だと思っているので、とっかかりとして「どうでもいいよ!」と突っ込ませてもらっています。でも馬鹿にする感じにはしたくない。こちら側に身を置いて、向こう側にいる人を笑いものにするのではなく、読者と一緒に向こう側を覗いてみよう、そこには思いもよらない景色があるかもしれないよ、というのが本書(『ヘンな論文』)のスタンスです。


サンキュータツオの経歴・略歴

サンキュータツオ。日本のお笑い芸人、日本語学者。東京都出身。早稲田大学第一文学部文学科卒業、同大学院文学研究科日本語日本文化専攻修士修了、同博士後期課程単位取得満期退学。大学在学中にお笑いコンビ「米粒写経」を結成。お笑い芸人をしつつ、大学で教鞭を執った。

他の記事も読んでみる

三森久実(三森久實)

言葉は違いますが、海外でも日本と同じ社員教育をしています。経営理念を具現化することは国内でも海外でも非常に大切であり、大変なことです。経営理念がしっかりしていれば、判断に迷いません。


デーブ・トーマス

立派なオフィスで小難しい理論を振りかざす連中は多いけれど、消費者の求めているものは昔から変わっていない。それは質の高い商品、払った金額に見合う商品だ。私はビジネスをなるべくややこしくしないようにしている。おいしいメニューと、清潔な店、礼儀正しい従業員、これらを手ごろな値段で提供する。それこそが我々のマーケティング戦略だ。


宮迫博之

東京に出てきて、売れるまでに4、5年はかかりましたね。なぜ売れなかったか? うん、どっかでプライドが高かったというのもあったんじゃないですか。「これは違う、あれも違う。オレの笑いはこうなんだ」っていうのが強かったですから、一時期。でも、追い込まれたことで、「もう、ええわ。なんでもやろう」と割り切れたんです。「つまんなかったら、オレらで面白くしたらええんや」というスタンスに変えてからです、仕事が増えていったのは。


橋下徹

「いうだけじゃダメなんだ!」身に染みてそう感じました。だったら、いうだけじゃなく自分でやるしかない。政治家になろうと決めたのは、そんな思いが心の奥底から湧き上がってきたから。


土光敏夫

部下は上司の後ろ姿を学ぶ。上司が真剣に仕事に打ち込むことが、最上の教育になる。


福原義春

社外の人とつき合い、会社以外の世界を知り、自分の肥やしとすること。囲われた会社のなかだけでは、社会の嵐に負けない強い「根」が育つことは、決してないのだから。


前川孝雄

一見するとムダに思える雑談も、コミュニケーションのズレや不足を補うためにはあえて必要ではないでしょうか。私が経営する会社では、長期休暇後の最初のミーティングでは、休暇中の出来事について皆で1時間ほど話します。また週に一度、その週に読んだ本を互いに紹介し合う時間を設けています。仕事に直結するわけではありませんが、相互理解に大変役立っています。


張瑞敏

過去に構築された仕組みを捨て、一から作り直さなければなりません。それをできるかが、激変する世界で生き残れるかどうかを決めると思います。


塚越寛

会社の目的は、一人でも多くの人を幸せにすることだ。ハピネスの最大化と言ってもいい。ハッピーにする人たちの中には、当然のことながら社員も含まれる。売り上げや利益の最大化、しかもそれらを早く勝ち取ることだけを考えていては、ハピネスの最大化は絶対に不可能だ。それを知らない経営者があまりに多すぎるのではないだろうか。


岡田斗司夫

ビジネスマンはとくに目標達成に喜びを感じる傾向があると思いますが、記録するダイエットはまさに数字を達成する喜びそのものです。カロリー管理を実践するようになると、体重は簡単に落ちるので、それが楽しくて仕方ないんです。


吉留学

確かに、オフィス需要が今後も高いままだとは言い切れません。幸い我が社は成長率が高く、投資をする体力があるので「次の収益の柱」を準備しております。具体的には、私たちが「3K事業」と呼ぶ「高齢者・環境・観光」の事業を伸ばし、成長を加速させることを目指します。


ジェームズ・C・コリンズ(ジム・コリンズ)

企業はこれから荒々しく、重力のように容赦のない環境で競争することになります。目先のコスト削減を優先し貴重な人材を手放してはいけません。いまこそ人材に投資すべきです。