名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

サンキュータツオの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

サンキュータツオのプロフィール

サンキュータツオ。日本のお笑い芸人、日本語学者。東京都出身。早稲田大学第一文学部文学科卒業、同大学院文学研究科日本語日本文化専攻修士修了、同博士後期課程単位取得満期退学。大学在学中にお笑いコンビ「米粒写経」を結成。お笑い芸人をしつつ、大学で教鞭を執った。

サンキュータツオの名言 一覧

学問は「問いに学ぶと」書くように、どれだけ優れた問いを立てたかが大切。


研究は本人がやりたいからやるもの。周囲から大バカ野郎と言われても、調べずにはいられない。営利目的とは対極にあるんですよね。


論文は残り続ける。いまは必要がないかもしれないけれど、数年後、数十年後には役に立つものもたくさんある。


綺麗な景色を見て、絵を描く人もいれば、その色彩を分析してみようと思う人もいる。論文というのは開かれたひとつの表現手段なんですよ。大学にいなくても研究はどこででもできる。僕の祖父がまさにそうでした。この本(『ヘンな論文』)を読んで、自分も何か調べてみようかな、と思ってもらえると本望です。


無機質に見えるものから、人間くささが覗く一瞬が一番萌えるんですよ。いつもは淡々としたおじいちゃんが、何かに熱くなっている姿ってグッときませんか? 論文もそういう目で読んでみると新しい面白さがあると思います。


専門的な研究を面白おかしく伝えるのが芸人としての役目だと思っているので、とっかかりとして「どうでもいいよ!」と突っ込ませてもらっています。でも馬鹿にする感じにはしたくない。こちら側に身を置いて、向こう側にいる人を笑いものにするのではなく、読者と一緒に向こう側を覗いてみよう、そこには思いもよらない景色があるかもしれないよ、というのが本書(『ヘンな論文』)のスタンスです。


サンキュータツオの経歴・略歴

サンキュータツオ。日本のお笑い芸人、日本語学者。東京都出身。早稲田大学第一文学部文学科卒業、同大学院文学研究科日本語日本文化専攻修士修了、同博士後期課程単位取得満期退学。大学在学中にお笑いコンビ「米粒写経」を結成。お笑い芸人をしつつ、大学で教鞭を執った。

他の記事も読んでみる

酒井貞彦

レジャー関連産業と一口に言っても間口は広い。具体的に何を手掛けるかは、会社設立時では決まっていませんでした。サーフィン、キャンプ用品、スノーモービルなど、様々な分野を検討した結果、浮かんできたのがルアーフィッシングとフライフィッシングです。日本でも生餌を使った釣りは盛んでしたが、ルアーやフライは未知の世界。しかし、「誰もが手掛けていない市場のほうが発展性がある」という点で(創業時のメンバー)3人の意見が一致し、すぐに用具の輸入・販売に乗り出しました。


ゲーテ

批評に対して自分を防衛することはできない。これをものとせずに行動すべきである。そうすれば、次第に批評も気にならなくなる。


ベンジャミン・ディズレーリ

青年の失敗は、壮年の勝利や、老年の成功より好ましい。


紫関修

今後も当社がこのまま続くと思ったら大間違いです。当然、お店を長く続けていけば、お客様から要求される商品やサービスのレベルは高くなると思います。時代の変化やニーズに対応しない店は生き残っていけません。


飯尾慶介

20代の頃に極力読書に励んでいたことが今になると結構血肉になっています。人間は自己の認識の延長線上でしかものごとを考えられません。知識をいろいろインプットすることで、何かあったときに、「あ、それってこういうことだよね」と、かけ算で新しいアイデアが生まれることがあります。インプットの量が多ければ多いほど、その可能性が増えるので、ぜひうちのメンバー全員にも本好きになってほしいと思っています。


高橋克徳

企業が成果以外の要素を評価することも必要でしょう。面倒見がよい社員、人の嫌がることを率先してやる社員などに着目し、評価すべきです。


秋元康

僕は、愛というのは「見ていてあげる」ことだと思っています。愛の反意語は無関心ですから、まずはその人を見るということが大事。それはビジネスのシーンでも同じだと思います。丁寧に人を見ていれば「こういうことを大切にしている人なんだな」とか「こういう価値観を持っている人なんだな」と気づくことができる。そうすることで、人の良さを引き出すことができるんです。


ドナルド・トランプ

才能とは適性だと思う。人によっては向かないことをやっているだけで、自分にふさわしいものが見つかれば成功する。一生懸命に努力することと賢く努力することを両立させなければならない。


篠田法正

起業家になくてはならないものは「使命感」です。自分は何のためにこの事業を行うのか。そうした信念を常に意識し続けていると、身の回りのあらゆる事象から自分の事業にとって有効なヒントが飛び込んでくるものです。


カズオ・イシグロ

まず抽象的なアイデアから始めます。ジャンルや時代、場所も厳密に設定しているわけではありません。アイデアを考えてからどの時代がよいか、どの国がよいか場所を探すこともあります。ジャンルありきではありません。アイデアをどのように語ればいいかと考えるのです。私からしたら、葛藤や混沌の中から生まれた結果が作品なのです。


小島慶子

「局アナとして企業に貢献するよりも、個人としてリスナーに話しかけたい」という気持ちが強くなり、TBSを退社しました。「会社を辞めるなら、キラ☆キラも辞めろ」と言われることも覚悟していました。でも、もし、そうなったとしても、全国津々浦々、小さなラジオ局も探し回れば、どこかにしゃべる場所があるだろう。その場所を見つけられれば、それでいい、と思えたんです。これまで囚われてきた局アナという肩書きを捨て「別の所へ行きます」という意味も込めて「ラジオパーソナリティー」という居場所に立った私。10年後、今回の転機をどんなふうに振り返ることになるのかはわかりません。でもきっと、後悔はしないだろうと思います。


鈴木修

「スズキはなぜ、ハンガリーやインドのような国ばかりを選ぶのか」といった素朴な疑問があると思いますが、理由は非常に簡単です。軽自動車中心のスズキは、アメリカやヨーロッパで通用するような大きなクルマを持っていなかったからです。そこで、人の行かない市場に注目したのです。