名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

サンキュータツオの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

サンキュータツオのプロフィール

サンキュータツオ。日本のお笑い芸人、日本語学者。東京都出身。早稲田大学第一文学部文学科卒業、同大学院文学研究科日本語日本文化専攻修士修了、同博士後期課程単位取得満期退学。大学在学中にお笑いコンビ「米粒写経」を結成。お笑い芸人をしつつ、大学で教鞭を執った。

サンキュータツオの名言 一覧

学問は「問いに学ぶと」書くように、どれだけ優れた問いを立てたかが大切。


研究は本人がやりたいからやるもの。周囲から大バカ野郎と言われても、調べずにはいられない。営利目的とは対極にあるんですよね。


論文は残り続ける。いまは必要がないかもしれないけれど、数年後、数十年後には役に立つものもたくさんある。


綺麗な景色を見て、絵を描く人もいれば、その色彩を分析してみようと思う人もいる。論文というのは開かれたひとつの表現手段なんですよ。大学にいなくても研究はどこででもできる。僕の祖父がまさにそうでした。この本(『ヘンな論文』)を読んで、自分も何か調べてみようかな、と思ってもらえると本望です。


無機質に見えるものから、人間くささが覗く一瞬が一番萌えるんですよ。いつもは淡々としたおじいちゃんが、何かに熱くなっている姿ってグッときませんか? 論文もそういう目で読んでみると新しい面白さがあると思います。


専門的な研究を面白おかしく伝えるのが芸人としての役目だと思っているので、とっかかりとして「どうでもいいよ!」と突っ込ませてもらっています。でも馬鹿にする感じにはしたくない。こちら側に身を置いて、向こう側にいる人を笑いものにするのではなく、読者と一緒に向こう側を覗いてみよう、そこには思いもよらない景色があるかもしれないよ、というのが本書(『ヘンな論文』)のスタンスです。


サンキュータツオの経歴・略歴

サンキュータツオ。日本のお笑い芸人、日本語学者。東京都出身。早稲田大学第一文学部文学科卒業、同大学院文学研究科日本語日本文化専攻修士修了、同博士後期課程単位取得満期退学。大学在学中にお笑いコンビ「米粒写経」を結成。お笑い芸人をしつつ、大学で教鞭を執った。

他の記事も読んでみる

村田諒太

いくら心を整えたところで、結果を残せなければメンタルは強くならないとも思っています。僕の場合、世界選手権の2回戦で、世界で2連覇していた選手に勝ったことが自信になって、メンタルが強くなった。その下地になったのがメンタルトレーニングだっただけで、強くなった直接的な要因は結果が出たからなんです。


小寺圭

私の若いころは、いわばモーレツ社員の時代で、段階的にキャリアアップをするという発想はなかったですね。そうしたことを考える暇もなく、仕事に追われる毎日で、それに応えるだけで精一杯でした。会社から要求される仕事のレベルも高く、上司も非常に厳しかった。それこそ、いまならパワハラになるようなことも日常茶飯事でした。


喜多洲山

良い技術やノウハウを持つ企業であれば、過剰債務を整理して優良な事業部門のみを買収する、といった特殊なスキームも可能。


貞方邦介

逆説的なんですが、お金や仕事の成功ばかり追いかけていると、逆にお金も仕事も逃げてしまう。


大久保幸夫

変化に対応するための能力とは、具体的にいうと、「論理的思考力」「変化志向」「コミュニケーション意欲」という3つの要素が不可欠だといえます。


岡野雅行(岡野工業)

お金の使い方も学んで欲しい。いまは「自分さえよければ」と貯めこむヤツが多いだろ。でも俺はバンバンおごるんだ。それで喜んでもらえれば、必ず何かしらの形で戻ってくるものさ。ホラ、うちの玄関だって「出口」「入口」じゃなく「出入口」と書いてあるだろ? 入れっぱなし。出しっぱなしじゃダメなんだ。物事は全部な。


北尾吉孝

戦略を打ち立てる場合、用意周到に進めながら、タイミングをしっかりと考えなければなりません。つまり、「天の時」を得ることが大切です。


田島寿一

私はこの会社を大胆に変えるべきだと思いました。米国大統領夫人が愛用することでも知られ、世界的に注目を集めるファッション・デザイナー タクーン・パニクガルをクリエイティブ・ディレクターに招いたのも、既成の宝飾デザイナーにはない斬新さを求めたからです。


竹田和平

諦めれば、むしろ心が穏やかになるもの。


高城幸司

協力を頼みたい相手が忙しそうにしていたら、「こんなときに申し訳ないんだけれど……」などと前置きをしたくなりますが、これは逆効果。遠慮がちに話しかけられると、相手はかえって「断わってもよいのかも?」と思ってしまいます。ここはいきなり本題に入るのが正解です。「目的を明確にしつつ振る舞う」ということです。何をしたいのかをハッキリ示せば相手も対応を決めやすくなり、それがひいては「仕事のしやすい人」という印象につながるのです。


柴田励司

皆さんにお勧めしたいのが、会社に行く前の1時間半の捻出。この1時間半を自分のために確保することです。まず1時間は、情報を体系化するスループットの作業など、目の前の業務とは直接関係のないことに使います。残りの30分は、まさに今、目の前の業務のために使います。昨日やり残した雑務やメールの処理があるはずなので。この1時間半は会社以外の場所で過ごすのがいいかもしれません。自宅でもカフェでも構いません。出社していると誰かにつかまって、自分の時間を奪われてしまいがちだからです。


小松美羽

私はずっとずっと死ぬまで描くことで答えていきたい、問いていきたい、敬う心で天と地に頭を下げていきたい。笑顔で関わっていきたい。