名言DB

9419 人 / 110788 名言

サルトルの名言

twitter Facebook はてブ

サルトルのプロフィール

ジャン・ポール・サルトル、フランスの哲学者、作家、小説家、劇作家、評論家。実存主義の哲学者。ノーベル文学賞に選ばれたが権威を嫌い辞退した

サルトルの名言 一覧

人間は自由であり、常に自分自身の選択によって行動すべきものである。


悲しむことはない。いまの状態で何ができるかを考えて、ベストを尽くすことだ。


不幸にして私は、自分の顔を見たことがない。私はそれを気安げに、私の前にぶら下げているのである。私が私の顔を知るのは、むしろ反対に他人の顔によってである。


人間の死ぬのはいつも早すぎるか遅すぎるかよ。でも一生はちゃんとけりがついてそこにあるのよ。一本、線が引かれたからには総決算しなけりゃ。あんたは、あんたの一生以外の何ものでもないのよ。


授業中、一生懸命聞いているように見える学生は、必ずしも内容を理解していない。なぜならば、彼らのエネルギーは「聞いている」というポーズをつくることに集中されてしまうからである。


人間存在は、何よりもまず、まったくの無なのだ。


サルトルの経歴・略歴

ジャン・ポール・サルトル、フランスの哲学者、作家、小説家、劇作家、評論家。実存主義の哲学者。ノーベル文学賞に選ばれたが権威を嫌い辞退した

他の記事も読んでみる

秋元義彦

会社は私のものではなく、社員のもの。企業はトップの能力以上に伸びないと言いますが、一人だけ飛び抜けていても企業は成り立ちません。


ジェーン・オースティン

君の心の庭に忍耐を植えよ。その根はにがくとも、その実は甘い。


森下裕道

人は満面の笑顔を向けられると、「自分は相手に受け入れられている」と感じます。人は誰もが「自分をわかってほしい」「人から認められたい」という欲求を持っているので、会った瞬間に「私はあなたを受け入れますよ」とメッセージを送られたら、その後の会話がどんな内容であれ、相手に好印象を抱くもの。


岩田彰一郎

アメリカのように勝てば全部を根こそぎ取っていけるというのも確かに凄いですが、長期的な社会の安定を考えれば、日本型の「三方良し」がやはり優れている。


上野治男

90年代に入ると、企業不祥事が各社で多発し、それを執拗に取り上げる報道が嫌でも目につくようになっていました。しかし、企業がにわかに悪化したわけではありません。誤解を恐れずに言えば、企業は昔から同じことをしてきました。変わったのは企業を取り巻く環境のほうで、社会全体が敏感になった。市民・消費者・マスコミの企業を見る目が厳しくなったというのが、近年の企業不祥事の特徴です。企業にはそれぞれ固有の伝統や風土がありますが、それは必ずしも外からは見えません。企業としての存在意義を示し、それを実のあるものにするために、企業は何を考え、何のために、何をしようとしているのかを明らかにしてほしい。そして、今の社会で通用する論理に従って行動してほしい、という要求が強まってきたのです。


松岡陽子(ヨーキー・マツオカ)

もともと私は「人と違うことをするのが好きだけど、それを人に笑われたらどうしよう」と、常に心配するシャイな人間です。日本では女子高育ちだったのでなおさら、「みんなと違うことをして目立つのはよくない」という固定観念を持っていたのですが、米国の自由な風土は、そんな私の心の障壁を取り払ってくれました。


張本邦雄

いま、スケジュールの決定は完全に秘書室任せです。私に対する面会リクエストには原則的に全部OKを出すように伝えてあります。


C・K・プラハラード

新興市場開拓を狙って新たなビジネスモデルをつくるには4つの重要な条件があります。

  1. 新興国の市場規模が巨大であることを認識すること。
  2. 性能に見合った価格を設定するのではなく、所得の低い人々が購入できる価格と性能はどのようなレベルか考えること。
  3. 環境に及ぼす影響に敏感になること。
  4. 製品に高度な技術を盛り込むこと。

藤森義明

人間は無限の可能性と潜在力を持っています。それを引き出すために必要なのはチャンスを与えることです。


岸見一郎

アドラー心理学では、人間の性格や気質に起因する思考や行動の傾向を「ライフスタイル」と呼びます。それらは先天的なものと思っている人がいるかもしれませんが、ライフスタイルは自らが選び取ったものです。たとえば、空気を過剰に読む人は、言いたくても言えない性格だから、仕方がないと自分で自分を納得させる。そして、性格さえ克服できれば、いつでも主張できる自分になれると考えている。しかし、いまの生き方を選択している限り、その克服は不可能に近い。