名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

サルトルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

サルトルのプロフィール

ジャン・ポール・サルトル、フランスの哲学者、作家、小説家、劇作家、評論家。実存主義の哲学者。ノーベル文学賞に選ばれたが権威を嫌い辞退した

サルトルの名言 一覧

人間は自由であり、常に自分自身の選択によって行動すべきものである。


悲しむことはない。いまの状態で何ができるかを考えて、ベストを尽くすことだ。


不幸にして私は、自分の顔を見たことがない。私はそれを気安げに、私の前にぶら下げているのである。私が私の顔を知るのは、むしろ反対に他人の顔によってである。


人間の死ぬのはいつも早すぎるか遅すぎるかよ。でも一生はちゃんとけりがついてそこにあるのよ。一本、線が引かれたからには総決算しなけりゃ。あんたは、あんたの一生以外の何ものでもないのよ。


授業中、一生懸命聞いているように見える学生は、必ずしも内容を理解していない。なぜならば、彼らのエネルギーは「聞いている」というポーズをつくることに集中されてしまうからである。


人間存在は、何よりもまず、まったくの無なのだ。


サルトルの経歴・略歴

ジャン・ポール・サルトル、フランスの哲学者、作家、小説家、劇作家、評論家。実存主義の哲学者。ノーベル文学賞に選ばれたが権威を嫌い辞退した

他の記事も読んでみる

宗次徳二

現場に入って自ら手本を示すのは、決して楽ではありません。でも、口で言うだけでは社員はなかなか理解してくれないのも事実です。昔から率先垂範は大事だといわれていますが、私も同感です。自分でやってみせるからこそ、言葉にも説得力が出るのではないでしょうか。


ドナルド・N・サル

不況時に企業に大きなチャンスをもたらす要因は、実は外的なものより内的なものの方が大きいのです。なぜなら、不況によって企業の内部で変わろうとする機運が高まるからです。不況になれば従来と同じやり方を続けられないことが誰の目にも明白になります。


林野宏

人がいない、カネがない、ノウハウがない、ということが新しいものを生み出す。


永野重雄

私は幸い、甘党、辛党の両刀使いですから、夕方5時に会社が引けると「おい○○君」と後ろから声をかける。相手に応じて一杯やったり、あんみつを食べたりする。そうすると、後ろから見ても名前がわかり、趣味まで知っているということで、百の訓言よりもはるかにいい。


嶋浩一郎

プレゼンの目的は企画を通すことですよね。一方的にしゃべっていては、相手に話が伝わりません。プレゼンも相手と会話する感覚と変わりません。プレゼンとは対話なのです。


佐藤龍雄(経営者)

価値を創り出すのは皆さんです。本社ではなく現場が主役なんです。
【覚え書き|社員への言葉】


山田昌弘

年を取ったら、自分の話をダダで聞いてくれる人はいないと思ったほうがいいでしょう。


柳井正

グローバルに通用するポジションがある会社だけが生き残る。今まではそのポジションが日本国内でだけ通用していればよかった。だから同業者が一生懸命、無意味な競争をやっていたんです。


パトリック・ハーラン(パックン)

面白い話をするとなると、ジョークや落語家がやるような定番の噺を頭にたたき込んで、それをうまく演じきることだ、と考えるかもしれません。ですが、さすがにそれは一般的には難しすぎます。多くの人は構えすぎて、言葉が自然に出てこないのではないでしょうか。では、誰もが自然に話せるネタは何かといえば、その人の実体験です。そしてその実体験が、失敗談であったり、自虐ネタにつながるようなものであれば、かなりの確率で笑ってもらえます。


枝野幸男

いわゆる草の根の民主主義、まっとうな民主主義を取り戻す。民主主義とは、たまたま議会で多数派を取った者が、選挙民から白紙委任をされたことではない。個別のテーマになると、議会の多数派の意思と民意がずれるのはむしろ普通なのだから、しっかりとその草の根の声に耳を傾けて、政治を進めるべき。


太田彩子

「営業部女子課」のイベントや企業研修の講師などの仕事で、連日全国を回っています。移動に次ぐ移動なので、疲れを溜めないためには、荷物の軽量化が必須。基本的に1~2泊の出張が多いので、スーツケースはコンパクトなRIMOWAの2輪を愛用しています。29Lで、飛行機で移動するときにも機内に持ち込めるサイズです。持っていけるものも限られるので、最もかさばる衣類は圧縮袋で小さくし、ストッキングなど現地で買えるものは可能な限り基本的に持っていかないようにしています。また、書類や資料のペーパーレス化も大事。事前にデータを送り、印刷は先方に依頼。先方からいただく場合も、できる限りデータで受け取るようにしています。


松下幸之助

社員一人ひとりが、“社員という稼業”の経営者であれ。