名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

サルトルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

サルトルのプロフィール

ジャン・ポール・サルトル、フランスの哲学者、作家、小説家、劇作家、評論家。実存主義の哲学者。ノーベル文学賞に選ばれたが権威を嫌い辞退した

サルトルの名言 一覧

人間は自由であり、常に自分自身の選択によって行動すべきものである。


悲しむことはない。いまの状態で何ができるかを考えて、ベストを尽くすことだ。


不幸にして私は、自分の顔を見たことがない。私はそれを気安げに、私の前にぶら下げているのである。私が私の顔を知るのは、むしろ反対に他人の顔によってである。


人間の死ぬのはいつも早すぎるか遅すぎるかよ。でも一生はちゃんとけりがついてそこにあるのよ。一本、線が引かれたからには総決算しなけりゃ。あんたは、あんたの一生以外の何ものでもないのよ。


授業中、一生懸命聞いているように見える学生は、必ずしも内容を理解していない。なぜならば、彼らのエネルギーは「聞いている」というポーズをつくることに集中されてしまうからである。


人間存在は、何よりもまず、まったくの無なのだ。


サルトルの経歴・略歴

ジャン・ポール・サルトル、フランスの哲学者、作家、小説家、劇作家、評論家。実存主義の哲学者。ノーベル文学賞に選ばれたが権威を嫌い辞退した

他の記事も読んでみる

工藤公康

不満を外に発信することは逃げ場を求めているだけで、何の解決にもなりません。矛先を自分に向けるべきなんです。そうすることで、自分の置かれた状況を正確に知ることができ、次に何をすべきかが見えてきます。


野村克也

不調に陥ったら3つの側面から原因を究明するべきなんだ。

  1. 「相手の変化」。敵に自分を研究されたら、当然成績が落ちる。自分のクセを覚えられたことを、不調と勘違いすることも多い
  2. 「肉体疲労」。この場合、技術を見直すことなどせず、単に体を休ませるべきだ。
  3. 「技術的な問題」。人によっては不調になって思い悩み過ぎ、本来の良いフォームを崩して、なお成績を下げるから気をつけたい。

佐田展隆

質を追う人には量はついてこないけれど、量を追う人には質がついてきて、両方を満たすことができるようになる。量を追ったら必ず、PDCAサイクルを回すことが必要。これを短いサイクルできっちり回して、手数を尽くせばうまく行く。


山﨑敦義(山崎敦義)

起業した当時、僕のまわりには、学校に行かずに後悔している人たちがけっこういました。少し上の人たちは、子供のころの自慢話はポンポン出てくるけど、いま何をやっているのかという話になると、うつむいてしまう。みんな向上心を失ってしまうんです。そんな中で、学校に行かなくても何かやれるんだということを後輩たちに示したかった、という思いもありました。


大薗誠司

売れない物も置いているのはお客様に買い物を楽しいと思ってもらいたいからです。


植木義晴

努力しなければ、自分の仕事を好きになれないと思います。努力して、努力してひとつずつ課題を克服して達成するたびに、仕事が好きになっていきます。私のパイロット時代がそうでした。


三島和夫

必要な睡眠時間は個人ごとに大きな差があります。6時間睡眠でばっちりだという人もいれば、8時間でも足りない人もいる。この個人差は相当大きく、必要睡眠量の平均値、中央値すらわかっていません。


津田大介

初めての経験って最初はつらいんですけど、場数を踏むと慣れていくものなんですよね。そして、慣れてしまうと自分の財産になって、他の仕事にも良い影響を与えてくれる。これまでの自分の活動を振り返ってみると、本当にその繰り返しだったなと思います。


上西京一郎

仕事は仕事ですから、ディズニーが好きと言う動機だけでは、やがてトーンダウンしてしまいます。そこで、教育が重要になってきます。


生田絵梨花

「できない」って口にするのは簡単なんですけど、挑戦してみたら意外とできることって多いと思うんです。だから、キツい状況になったときはこのフレーズ(『制服のマネキン』の歌詞)を思い出すようにしています。メンバーとの会話で「できないんじゃなくて、やってないだけだよ!」って言い合ったりもするんですよ(笑)。


大貫美鈴

独立して、大企業に勤めているような安定感はありませんが、たとえば海外のベンチャー企業は、決断までのプロセスが速く、ドキドキするようなスピード感が味わえます。逆にリスクもあって、毎日が冒険ですが、それも含めて楽しめるようになりました。


住谷栄之資

子供が仕事を体験すると、親の仕事に興味を持つようになる。「今日はこんな感じの仕事をしたよ。お父さんは普段どんな仕事をしているの」と。そこから話題が生まれるのです。