名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

サルトルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

サルトルのプロフィール

ジャン・ポール・サルトル、フランスの哲学者、作家、小説家、劇作家、評論家。実存主義の哲学者。ノーベル文学賞に選ばれたが権威を嫌い辞退した

サルトルの名言 一覧

人間は自由であり、常に自分自身の選択によって行動すべきものである。


悲しむことはない。いまの状態で何ができるかを考えて、ベストを尽くすことだ。


不幸にして私は、自分の顔を見たことがない。私はそれを気安げに、私の前にぶら下げているのである。私が私の顔を知るのは、むしろ反対に他人の顔によってである。


人間の死ぬのはいつも早すぎるか遅すぎるかよ。でも一生はちゃんとけりがついてそこにあるのよ。一本、線が引かれたからには総決算しなけりゃ。あんたは、あんたの一生以外の何ものでもないのよ。


授業中、一生懸命聞いているように見える学生は、必ずしも内容を理解していない。なぜならば、彼らのエネルギーは「聞いている」というポーズをつくることに集中されてしまうからである。


人間存在は、何よりもまず、まったくの無なのだ。


サルトルの経歴・略歴

ジャン・ポール・サルトル、フランスの哲学者、作家、小説家、劇作家、評論家。実存主義の哲学者。ノーベル文学賞に選ばれたが権威を嫌い辞退した

他の記事も読んでみる

森下一喜

本田宗一郎さんのように、経営者でありながら最後までものづくりに執着する経営をしたい。


三鍋伊佐雄

米国流の経営と日本的な経営を両立させることが肝だと考えています。


齋藤孝(教育学者)

口頭で謝罪する際には気の利いた「菓子折り」も忘れずに持参したい。人は現物をもらうと、つい怒りの矛先を鈍らせてしまうものだ。「隠蔽」より「懐柔」の方が、よほど気の利いた謝罪と言える。


中原淳

会社や上司も自分のことで精いっぱいで、若手を育てる余裕がない。そのような過酷な環境でも、自ら挑戦し、キャリアをデザインしなければなりません。苦難にめげず、むしろ余裕をもって前向きに選択肢を提案できる姿勢が、いわば資本としてのちの成功を左右することになってしまいます。


古川裕倫

仕事はもちろん大変でしたが、私は人との出会いに恵まれていました。とくに、情報産業本部長だった島田精一さんに出会えたことは大きかった。島田さんによく言われたのは、「前向きに、明るく、逃げず、知ったかぶりせず」です。まず後ろ向きでは仕事はできないし、暗くては士気が上がらない。もちろん失敗もあるけれど、そのときには逃げずに「私の責任です」といえと。そして、新しいことをやるには知ったかぶりをするのが一番いけない。とくに情報産業のように日進月歩の分野では40歳過ぎの人間は若手に後れを取ることも多い。相手が部下だろうとお客様だろうと、頭を下げて教えを請いなさいということです。
【覚書き|三井物産時代を振り返っての発言】


大谷竹次郎

日本の劇場には極めて悪習慣が残っていて、京都の劇場も木戸(入場口)に大木戸と称して、ごろつきの親方が、ごろつき押さえに頑張り、観客が札を買って入るときには木戸札を箱に投げ込んで、通り一枚、通り二枚と呼んでいた。劇場の中にはクリカラ紋々の入れ墨男が働いていて、興行主の収入は木戸銭(入場料)だけに限られていた。私はこのけしからぬ悪習を一掃しない限り、劇場経営は成功する見込みなしと断定して、常盤座を借り受けると同時に、従来の雇用一同を解雇する案を提起した。


藤田晋

「現場の声を拾って考える」などと、現場の大切さを理解している姿勢を見せる経営者はたくさんいますが、実際に現場に立って、現場の人と一緒に考えている人はほとんどいません。現場の人間からすれば、「現場に立たずして、何が分かるのか」と思っていることでしょう。経営者だけでなく、課長でも部長でも同じことですが、大事なのは「現場で仕事をすること」なのです。


鎌田薫

地元から一旦、東京など様々な地域で刺激を受け、広い世界を見て、様々な知見を身に付けた人が地元に戻って新たな活力を生み出すという、人的な好循環をつくり出すことが、地方活性化の一番の要だと思います。地域振興には「よそ者、若者、ばか者」が必要だというのはまさにそういうことです。


川淵三郎

長い目で見た場合には、真摯さ、誠意、正直さが重要。人は1回でもその場しのぎをしてしまうと、同じような事態が起こった時にまた繰り返してしまうもの。どんな大きな不祥事も、始まりは小さなウソからです。


森川亮

お偉いさんが反対しても、会社の前例を覆してでも、ユーザーが本当に求めているものをきちんと提案して実現できるかどうか。成果を出すにはそのぐらい腹をくくることも重要になっています。


設楽洋

スタッフが本気で自分の生活を楽しむ。それがきっと他社とは異なる強烈な個性やパワーになり、結果としてファンも呼び込める。


池上彰

ビジネスパーソンがプレゼンテーションをする場合などは、いつもよりゆっくり話すことを心がけてみてはどうでしょうか。聞き手側は、普段、早口になれている分、新鮮で、思わず引き込まれるかもしれません。さらにいえば、スピードに緩急をつけるとより効果的です。