サルトルの名言

サルトルのプロフィール

ジャン・ポール・サルトル、フランスの哲学者、作家、小説家、劇作家、評論家。実存主義の哲学者。ノーベル文学賞に選ばれたが権威を嫌い辞退した

サルトルの名言 一覧

人間は自由であり、常に自分自身の選択によって行動すべきものである。


悲しむことはない。いまの状態で何ができるかを考えて、ベストを尽くすことだ。


不幸にして私は、自分の顔を見たことがない。私はそれを気安げに、私の前にぶら下げているのである。私が私の顔を知るのは、むしろ反対に他人の顔によってである。


人間の死ぬのはいつも早すぎるか遅すぎるかよ。でも一生はちゃんとけりがついてそこにあるのよ。一本、線が引かれたからには総決算しなけりゃ。あんたは、あんたの一生以外の何ものでもないのよ。


授業中、一生懸命聞いているように見える学生は、必ずしも内容を理解していない。なぜならば、彼らのエネルギーは「聞いている」というポーズをつくることに集中されてしまうからである。


人間存在は、何よりもまず、まったくの無なのだ。


サルトルの経歴・略歴

ジャン・ポール・サルトル、フランスの哲学者、作家、小説家、劇作家、評論家。実存主義の哲学者。ノーベル文学賞に選ばれたが権威を嫌い辞退した

他の記事も読んでみる

豊田佐吉

男は、四の五のいらぬことを考える必要はない。志を立てた以上、迷わず太い一本の仕事をやり抜け。


満岡次郎

これまでの失敗例を見ると、計画がしっかりできていない、リスクの洗い出しや問題発生時の代替策が不十分、といった根本的な原因が浮かび上がってきます。


細谷英二

なぜ経営が行き詰るのか。それはその企業がマネジメントの原則を実行できていないからです。たとえば、市場のパイを増やして利益をあげる努力。それには顧客や時代のニーズの変化にすぐ対応しないと収益の機会を失います。縦割りの官僚的な組織では機能しないため、トップが目標をきっちりと示し、組織全体の総合力で成果をあげなければいけません。これが大原則だといえます。


河村浩明

朝型の生活習慣は、25歳で初めて米国駐在になった時からです。それまでは、午前8時50分の始業時間にいつもギリギリで出社していました。時々あった8時20分からの会議も、嫌で仕方がありませんでした。ところが、米国では6時を過ぎた頃から、通勤の車でハイウェーが渋滞しているのにまず驚きました。また、仕事ができると思える人ほど、朝早くから活動していることが多く、自分も6時30分に出社するようになりました。


北杜夫

いま、この歳になって私が若い人に言えることは、自殺するならとにかく30歳まで生きてみるということだ。そこまで生きてからの思想上の死ならまだしも許せる。青年の観念的な死への傾斜は人生のはじまりであるが、一面から見ればその大部分がまやかしであり、さもなければ病気である。病気は治さねばならない。


鈴木喬(経営者)

自分の目で見て、自分の耳で聞いて、自分の頭で考えて、結論を出す。それでダメならしょうがない。そんな時は、傷が深くなる前に逃げること。逃げる時の極意は、山で熊に出会った時と同じで、そーっと後ずさりして、見えなくなったら一目散に走るだけです。その見極めの勘どころは、自分でやって覚えるしかありません。


石黒和義

人生100年時代を迎えて、経営者個人にとってもこれまで忙しさにかまけて後回しにして来て、自分らしい生き方について考えをめぐらす時が来たと思っている。もちろん個人差はあるが、まだまだ元気なパワーある経営者も多く、これからも社会を支える側に回ってほしい。


シェイクスピア

神々は正しい、そして我らの快楽の悪徳を、我らに呵責を与える道具とする。


若尾裕之

話し上手が恋愛上手だと勘違いしている人もいます。「話すのが苦手だからモテない」と思い、無理してしゃべりまくってしまう人もいます。でも、これは逆効果。一方的なコミュニケーションでは相手はげんなりし、心のシャッターを閉じてしまいます。


多喜義彦

わが国はもはや自動化・少量化の技術を駆使した大量生産方式で利益を出せなくなりました。それは中国など新興工業国がそのコスト競争力を武器に世界の工場としてのイニシアチブを握っているからです。にもかかわらず、いまだに過去の手法にこだわってしまう。そうした企業は、開発すべき新しい商品のコンセプトを私が提案しても、「前例がないから」とろくに考えもせずに却下するのです。その社内には独創的なアイデアを持ち、それを商品化したい連中が大勢いるけれど、彼らはほとんど閑職に追いやられているのが実情です。


佐藤富雄

その場で最適な対応を判断しなくてはならないような状況では、必要以上に緊張しがちです。しかし、米国ミシガン大学の研究チームが行った調査によると、心配事の80%は起こらないとされています。起きるのは残りの20%ですが、そのうちの8割は、あらかじめ準備して対応すれば、心配事には至らずに解決できるそうです。つまり、そのときにならないと手の打ちようのない「本当の心配事」は全体の4%にすぎないのです。


井上礼之

人々の生活を変えるような商品の発想は、過去のデータやマーケティングリサーチなどから出てくるようなものではない。AIやIoTはビッグデータを基に人間にはできない速さで分析や解析をして、答えを導き出すのは得意だ。しかし、人の営みに近いところから新たな発想を生み出すことは、いずれは可能になるにしても、まだ相当時間がかかるような気がする。


吉村元久

大企業や投資ファンドもM&Aを重視しますが、当社の競合にはなりません。買う企業は中小の食品メーカーに絞ってますが、こうした企業は大企業やファンドの投資案件にはならないのです。当社の場合、買収した企業をどこかに売却するのではなく、長期で育てるというのもポイントです。この点で買収・再生ファンドとは大きく異なります。だからこそ、後継行難の企業が信頼して経営を任せてくれるという面もあるのです。競争相手がいない、参入障壁が高いビジネスだからこそ、収益を伸ばせる余地は大きいと思います。


新井直之(執事)

きちんとした時間の区分けがなく、プライベート、ビジネス、ボランティアなどが渾然一体となって進んでいくのが大富豪の時間術なのです。


正垣泰彦

どこの会社も、創業社長はなかなか変われないものです。社内には有能な社長候補がたくさんいたけれど、あのとき不祥事が立て続けに起きたからこそ、「もう何も起きないぞ、安心してやってみろ」と背中を押せたのです。会社にとって社長交代の絶好のチャンスに変わったんです。
【覚書き|社長から会長に退いた当時を振り返っての発言】


ページの先頭へ