名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

サラ・ブライトマンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

サラ・ブライトマンのプロフィール

サラ・ブライトマン。イギリスのソプラノ歌手、女優。米国のビルボードチャートのクラシック音楽部門、ダンス音楽部門で同時1位を獲得した唯一の歌手。「キャッツ」「オペラ座の怪人」などのミュージカルで活躍したのち、歌手として活動した。

サラ・ブライトマンの名言 一覧

才能がある人間はかなり自分本位でなくては駄目。外から多くのことを邪魔されている余裕はないから。


サラ・ブライトマンの経歴・略歴

サラ・ブライトマン。イギリスのソプラノ歌手、女優。米国のビルボードチャートのクラシック音楽部門、ダンス音楽部門で同時1位を獲得した唯一の歌手。「キャッツ」「オペラ座の怪人」などのミュージカルで活躍したのち、歌手として活動した。

他の記事も読んでみる

岩瀬大輔

批判がすべて当たっていて、一理あると自分でも納得できる内容のものだったら、素直に受け止め自分の糧にします。僕のブログには「教養がない」「語彙のバリエーションが少ない」という書き込みがよくあるのですが、自分で痛感していることなので「頑張らなくちゃ」と思っています。


柳井正

他社のEC(ネット通販)への商品供給は中国のタオバオだけで、あとは全部断っています。我々のビジネスはECと伝統的なリアル店舗がシームレスでつながったものになると考えています。他社の提供するプラットフォームに商品を出すと、「その他大勢」になります。自分たちでやらない限り、最終的な勝者にはなれません。


岡田充弘(経営者)

求められるリーダー像は、チームが置かれている状況や部下の性格によって変わってきます。ワークスタイルや若手社員への仕事への意識が大きく変化している現在、求められるリーダー像はひとつではありません。ぐいぐい引っ張る上司ではなく、後ろから頑張ってこいとポンと背中を押してあげるようなリーダーをあなたの部下は求めているかも知れません。まずは自分が「リーダーとはこうあるべき」というこだわりを捨てることが必要です。


生田正治

「宵越しの書類は持たず」という信念をいまでも守り続けています。イエス・ノーの判断はその日のうちに出すように心がけています。もちろん、即答できない案件もあります。その場合でも「何日までに」とか、「すこし考えさせてほしい」というようにある種の結論を相手に必ず伝えます。


田村次朗

交渉の事前準備はまず、ビジョンの設定だ。ビジョンとは、目先の合意目標ではなく、交渉の成功によって実現されるべきものである。たとえば価格交渉であれば「新しい商品を世に送り出すことによって社会に貢献する」といったビジョンが考えられる。なぜビジョンを考える必要があるかと言えば、目先の合意目標に双方の視点が固定されると、交渉は必ず暗礁に乗り上げるからだ。


ヴォーヴナルグ

偉人たちが偉大なことを企てるのは、彼らが偉大だからである。しかるに、馬鹿者たちが偉大なことを企てるのは、それを容易だと思い込むからである。


羽生善治

「どうせムダ」「役に立たない」といったくらいの気楽な気持ちで考えることが新しい発想を生むコツです。ちょうどジグソーパズルをバラバラに適当に、わざと間違えて置いてみるイメージです。そうすると、ひとつのピースを手に、「ここのブロックではないか」「このブロックはこういうふうに出来上がっているのではないか」と、少しずつ考えて、ある一定まで進むと、全体を把握できるようになります。


沢村一樹

素の自分を解禁したら、インタビューを受けるのも好きになりました(笑)。それまではインタビュー中も演技ですからね……。けっこう辛かったんです。


田中良和(GREE)

「リアルな産業を変革していく」ことが、次の大きなトレンドだと考えています。これまでは「検索エンジン」など、いわゆる「ハイテクっぽいもの」がネット業界の象徴だった面がありますが、金融、ニュース、ゲーム分野なども、ここ10年でネット化が進みました。さらに今は、民宿やタクシーのようなリアルな産業にまで、ネット化が進んでいる。「ネット産業とはハイテクを扱うもの」と考えると、これからの戦略を大きく誤ると思います。「ネットに馴染まない産業」にこそ、ビジネスチャンスが広がっているのです。


二宮敦人

認知症を扱うことは、最初から決めていました。文献を調べるうち、認知症の方々が何を考えているのかに興味が湧き、認知症患者による一人称視点のシーンを入れようと思ったのです。僕は本を書く際、なにかひとつ難しいテーマに挑戦したいと思っているのですが、今回はそれがチャレンジでした。


神田昌典

タイムマネジメントは個人のテクニックの問題だと思われがちですが、実は組織のコミュニケーションの問題のほうが大きい。


赤羽雄二

新事業を進める時、既存事業のメンバーが新事業部門の足を引っ張ることが起きるはず。表だって引っ張らなくても、土地勘のない領域での新事業で不安な立ち上げメンバーの心を折る発言は容易にできます。本人たちに自覚はなくても、悪意のある発言となる場合もあります。従って新事業は既存事業から隔離した場所で立ち上げを進め、他事業のメンバーとの接触を絶つことが大事です。