サラ・ブライトマンの名言

サラ・ブライトマンのプロフィール

サラ・ブライトマン。イギリスのソプラノ歌手、女優。米国のビルボードチャートのクラシック音楽部門、ダンス音楽部門で同時1位を獲得した唯一の歌手。「キャッツ」「オペラ座の怪人」などのミュージカルで活躍したのち、歌手として活動した。

サラ・ブライトマンの名言 一覧

才能がある人間はかなり自分本位でなくては駄目。外から多くのことを邪魔されている余裕はないから。


サラ・ブライトマンの経歴・略歴

サラ・ブライトマン。イギリスのソプラノ歌手、女優。米国のビルボードチャートのクラシック音楽部門、ダンス音楽部門で同時1位を獲得した唯一の歌手。「キャッツ」「オペラ座の怪人」などのミュージカルで活躍したのち、歌手として活動した。

他の記事も読んでみる

小泉英一

人が育っていない状況や基盤が弱い段階でチャレンジしてもうまくいきません。AI事業も強いところと組んで、お互いの強みを出し合ってやっていきたい。


ラース・レビアン・ソレンセン

日本法人での会議に出席したのですが、社員から質問が出ました。「糖尿病が根治したら、自分たちの職がなくなるのではないか」と。社員は心配しているわけですね。しかし、患者が何を望んでいるかを聞けば、根治という答えが返ってくるはずです。世界で4億人が悩んでいるとんでもない病気がなくなるのだとすれば、ライバルではなく、我々こそがそれを実現する企業として手を挙げたいと思っています。


松井道夫

死後、評価される画家が多いように、成功した経営者の多くは、当初、周囲の理解を得られなかった。理屈で解釈できる経営に成功はない。論理で割り切れないところにチャンスがある。


鈴木敏文

質のともなわない見かけの合理化は合理化ではない。


澤上篤人

投資なんて皆が売っている安いときに買っておけば楽なもの。ちょっと株価が戻るだけで、すぐ利益が出る。


寺尾玄

楽しく人生を送るには、「好きなことをする(やりたいことをする)」ことが大切だと思います。「嫌なこと」は楽しくなりようがないし、「楽しい」と必ずセットになる「苦しい」「きつい」も乗り越えられません。


池上遼一

普通の日常生活の中でもね、感性のある人にとっては、ある意味特殊な体験なんですよね。「人よりも特別な体験をしなきゃ、ものは描けない」と言っている間は、何も描けないですよ。


井上康生

「メダルを取るのと取らないのとは大きく違うよ」と繰り返し言い続けました。それを一番悔やんでいるのは私だと。メダルを死守するという思いをもう一度奮い立たせれば、違った結果になったはず。それをいまだに後悔している一人ですので。


和泉秀俊

当社は宅建業、建設業、運送業の3つの免許を取得しています。なかでも社内にムービング(移転・移動)部署を設けているのは業界でも異例で、強みのひとつと言えるでしょう。工事を終えた後も、変化を続けるお客様のオフィス環境に合わせ、迅速かつ柔軟な対応も可能になります。


井村荒喜

創立当時の苦心は誠に言語を絶したものであった。技術面ももとよりだが、ことに金融面ではひどく困難した。設立早々ではあり、舶来万能の時代に国産化という事業に対して銀行融資は不可能である。年末が来た、ボーナスを出す金がない。一晩中思案に暮れた。打つ手がない。家内が見かねて、ものを売って、シャツと下駄を買ってボーナス代わりにしたこともある。


大倉忠司

飲食業では、店を持つことを夢みて始める人が多くいます。店を一軒持つと、開店初日に「自分も一国一城の主になった」と感慨に浸るものです。でも、私にはそんな気持ちは全くありませんでした、「二軒目をどうやって出すか。資金繰りはどうするか」、そればかり。「大チェーンをつくる」という思いで起業したわけですから、一軒目で満足などしていられません。もっと大きな夢を追いかけていました。


西浦三郎

社長の役割として強く意識してきたことが3つあります。「大きな方向感を示す」、「意志決定する」、そして間違ったときには「責任を取る」。


寺田和正

女性にやる気を持たせるには「自分は任せてもらっている」と自信を持たせることだと思います。「信頼する」ということです。それから「誉める」。そしてそれを給料で示すことです。


齋藤知久(斎藤知久)

番組を作品と思うな。番組は商品。商品というのは、お客様が喜ばなければ意味がない。だから、作り手側の自己満足ではいけない。


幸田シャーミン光代

私は、ゴールデンタイムのニュース番組のキャスターを務め、世間的にはそれなりの評価を受けていたかもしれない。しかし、自分の心の中では、「ジャーナリストとしての自分はまだ専門がない。ライフワークにできるテーマを早く見つけ、勉強をして基礎を固めなければ……」と焦っていました。30代になり、30代の10年間をどう生きようかと改めて考えたとき、私の頭に浮かんだのは、10代のころからずっと持ち続け、捨てきれずにいたアメリカ留学の夢でした。


ページの先頭へ