名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

サラ・カサノバの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

サラ・カサノバのプロフィール

サラ・L・カサノバ。カナダ出身の経営者。「日本マクドナルドホールディングス」社長兼CEO(最高経営責任者)。グエルフ大学商学部ホテル食品管理学科卒業、マックマスター大学経営修士課程修了。マクドナルド・カナダに入社。マクドナルド・ロシア、ウクライナ、カナダでマーケティングシニアディレクターを務めた。その後、日本マクドナルド執行役員・マーケティング本部長、上席執行役員・事業推進本部長、マクドナルド・マレーシア・マネージングディレクターなどを経て日本マクドナルドホールディングス社長兼CEOに就任。日本マクドナルド初の外国人社長。

サラ・カサノバの名言 一覧

マクドナルドという会社は、変化に変化を重ねてここまで来た会社。時代に合わせて柔軟に変化していく。


ファストフード業界はこれからも大きく変化し、「食」のあり方も変わっていく。どんなに時代が変わっても私たちはお客様の声を真摯に聞き、サービスも進化させていく。


我々はあくまでも「ピープルビジネス」であり、ピープルがたまたまハンバーガーを売っているだけである。ピープルが他社との差別化要素になるのは間違いない。


ドライブスルーの利用が中心でスピード重視の米国に対して、日本はスピードよりも丁寧さや親切さを消費者が求めている。サービスへの消費者の期待値も非常に高い。


マクドナルドは3本脚の椅子に例えられる。FC契約を結んだフランチャイジー、サプライヤー、そして我々カンパニーの協力があってこそ強いブランドとなる。「1人では皆で力を合わせたほどのことはできない」。米マクドナルド創業者のレイ・クロックがこう語ったように、対話をし、関係性を強化しつつ、ビジネスを成長させていく。


我々は世界119カ国で展開しており、グローバル連携も強みだ。アイデアは日々、いろいろなところで生まれている。海外で成功しているサービスも、日本に合致するようであれば積極的に展開する。例えば、米国で定番の朝食メニュー「ビッグブレックファスト」や、欧州で人気の「マックラップ」は、日本市場でも受け入れられるはず。宅配サービスも海外では既に成功を収めており、共働き世帯の増加などで中食需要が伸びている日本でも、コンビニエンスさをアピールしていく上で重要なサービスになる。


「ボードルーム(役員室)からクルールームヘ」を合言葉に、経営幹部の思う戦略や理念をお客様と直接触れ合うクルーにまで伝え、浸透させていくことに力を注ぐ。


ホスピタリティーに関しては、事細かにオペレーションを指示するマニュアルのような「ルールブック」は作れないが、「トレーニングガイド」であれば作ることができる。人材育成への投資を続け、トレーニングを強化する。


日本マクドナルドの業績回復についてはとてもハッピーだ。正しい道のりをたどってきたという実感もある。もちろん現状には完全に満足はしていない。まだ成長の余地があり、今後も店舗と人材への投資を続け、事業を拡大していく。


顧客との関係が少し希薄になっていたのではないか、消費者の変化に対応できていなかったのではないか、と思った。そこで全都道府県にあるマクドナルドの店舗を回って、消費者の代表として母親の声と働く従業員の声を聞くことにした。


各店舗を運営する加盟店のオーナーは起業家精神に富んでいる。「ビッグマック」も「エッグマックマフイン」も米国の加盟店から生まれた。日本でも加盟店が新たなメニューを開発するようなことが今後、起きる可能性はある。


日本は、例えば私の出身地であるカナダと比べて地域性が強いことを実感した。そうした地域のコミュニティーの一員となり、単なる店舗ではなく、地域の方々が集う場所になりたいと考えている。それが「真のフランチャイズカンパニー」の意味するところだ。だからこそ、中央集権的な体制を改め、本社から各FC加盟店に権限委譲をすべきだと考えた。


これまで様々な改善策を実施してきた。第一に、食の品質と安全について改善してきた。同時に将来の成長のためにビジネスの基礎を作りたいと考え、ビジネス・リカバリー・プランを導入した。その計画では、顧客の声に基づいた改善策の実施、店舗投資の加速、地域に根差したビジネスモデルへの転換、コストと資源効率の改善の4つを掲げた。


サラ・カサノバの経歴・略歴

サラ・L・カサノバ。カナダ出身の経営者。「日本マクドナルドホールディングス」社長兼CEO(最高経営責任者)。グエルフ大学商学部ホテル食品管理学科卒業、マックマスター大学経営修士課程修了。マクドナルド・カナダに入社。マクドナルド・ロシア、ウクライナ、カナダでマーケティングシニアディレクターを務めた。その後、日本マクドナルド執行役員・マーケティング本部長、上席執行役員・事業推進本部長、マクドナルド・マレーシア・マネージングディレクターなどを経て日本マクドナルドホールディングス社長兼CEOに就任。日本マクドナルド初の外国人社長。

他の記事も読んでみる

ガー・レイノルズ

聴衆が求めるのは情報ではなく、テーマや問題を分かち合い、自分にも考えさせてくれること。それには全身全霊で訴え、聴衆を巻き込んでいく必要があります。それができるのはスライドではなく「丸裸」の自分を見せてでも、聴衆に向き合おうとする気持ちです。


西川光一(経営者)

会員の退会理由を見ていると、「車を買ったので退会します」というケースがかなりあります。最近、「若者のクルマ離れ」とか、「草食系」とか言いますが、彼らは物心ついた時から景気が悪くて、将来への不安を持っている。初期費用も維持費もかかる車なんて持たないですよ。だからこそ、車が便利で快適で、楽しいということを手軽に体験してもらえる環境を作っておきたい。カーシェアで月に2~3回でもいいから運転していれば、お金に余裕ができた時に自分の車を買おうとする。自動車メーカ-さんからありがたいと思ってもらえる存在になりたいですね。


永守重信

組織というものは同じ目標で動いている以上、思考も同じ傾向になりやすい。


津川雅彦(マキノ雅彦)

ものを創るってのは人の知恵をもらい、人の真似から始まる。オギャーと生まれてこのかた、しゃべる事も全て、人の真似をして成長をするんだ。「学ぶ」前に「まねぶ」んだね。だから映画監督で、自分だけで創ってると思う大馬鹿者はいないはず。世の中、人の知恵を借りなきゃ1歩も前に進めない。そもそもゼロから物を作るなんてありえないんだから。


篠原欣子

私のモットーは、「人には必ず良いところがある」です。女性の良いところ、男性の良いところ、個々人の良いところ、それらが融合し成果を出すのが良い組織だと考えています。


池谷裕二

受験生のころ、「必勝合格」と壁に貼って自分を励ましていた人はいないでしょうか。泥臭い印象があるのか、最近は以前ほど見かけなくなった気がします。しかし、精神論だといって馬鹿にしてはいけません。紙に書いて自分にハッパをかけるのは実は理にかなったやり方なのです。無意識に脳にメッセージが届き、やる気をかきたててくれるのです。


森川宏平

まったく違った考えの人と話すことによって、新たなものが生まれてくる。そして、変えることを恐れないことが大切。


松沼光男

知恵とお金をかければ、新しい仕掛けはできます。しかし、本当に重要なのは現場の意思でしょう。上意下達だった文化を、現場が内発的に意見を出し合える文化へと変える必要がありました。


芝谷浩

片づけは、時間制限を設けないとダラダラしてしまいがちです。どこを何分で片づけるか、細かく決めて取り掛かりましょう。


嶋浩一郎

本は5冊並行して読むことにしています。「5冊のうち2冊は、興味の範囲外にある本にする」と決めています。好きなジャンルの本ばかり読んでいては、情報の範囲が狭まるからです。本来なら選ばない本をあえて手に取るようにしています。最近では、地層の本を読んでみたら非常に面白く、興味のある分野に昇格しました。このように「異分子」的な本に触れ続けると、興味の領域が拡張されます。そうなれば、またさらに興味の外に幅を広げて読む、というわけです。


田原総一朗

3年は本気で仕事をしなさいと思うのは、皆と一緒では、だんだん不幸になる時代だから。多様化せざるを得ないんです。そのためにも、得意なもの、これということをひとつ探すことが求められています。好きなことを探しだすのは難しいんだけど、他人より得意なことをやらないと幸せになれないんだから、やるしかない。


井口尊仁

相手から歩み寄ってくれるなんて期待しない方がいい。