名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

サラ・カサノバの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

サラ・カサノバのプロフィール

サラ・L・カサノバ。カナダ出身の経営者。「日本マクドナルドホールディングス」社長兼CEO(最高経営責任者)。グエルフ大学商学部ホテル食品管理学科卒業、マックマスター大学経営修士課程修了。マクドナルド・カナダに入社。マクドナルド・ロシア、ウクライナ、カナダでマーケティングシニアディレクターを務めた。その後、日本マクドナルド執行役員・マーケティング本部長、上席執行役員・事業推進本部長、マクドナルド・マレーシア・マネージングディレクターなどを経て日本マクドナルドホールディングス社長兼CEOに就任。日本マクドナルド初の外国人社長。

サラ・カサノバの名言 一覧

マクドナルドという会社は、変化に変化を重ねてここまで来た会社。時代に合わせて柔軟に変化していく。


ファストフード業界はこれからも大きく変化し、「食」のあり方も変わっていく。どんなに時代が変わっても私たちはお客様の声を真摯に聞き、サービスも進化させていく。


我々はあくまでも「ピープルビジネス」であり、ピープルがたまたまハンバーガーを売っているだけである。ピープルが他社との差別化要素になるのは間違いない。


ドライブスルーの利用が中心でスピード重視の米国に対して、日本はスピードよりも丁寧さや親切さを消費者が求めている。サービスへの消費者の期待値も非常に高い。


マクドナルドは3本脚の椅子に例えられる。FC契約を結んだフランチャイジー、サプライヤー、そして我々カンパニーの協力があってこそ強いブランドとなる。「1人では皆で力を合わせたほどのことはできない」。米マクドナルド創業者のレイ・クロックがこう語ったように、対話をし、関係性を強化しつつ、ビジネスを成長させていく。


我々は世界119カ国で展開しており、グローバル連携も強みだ。アイデアは日々、いろいろなところで生まれている。海外で成功しているサービスも、日本に合致するようであれば積極的に展開する。例えば、米国で定番の朝食メニュー「ビッグブレックファスト」や、欧州で人気の「マックラップ」は、日本市場でも受け入れられるはず。宅配サービスも海外では既に成功を収めており、共働き世帯の増加などで中食需要が伸びている日本でも、コンビニエンスさをアピールしていく上で重要なサービスになる。


「ボードルーム(役員室)からクルールームヘ」を合言葉に、経営幹部の思う戦略や理念をお客様と直接触れ合うクルーにまで伝え、浸透させていくことに力を注ぐ。


ホスピタリティーに関しては、事細かにオペレーションを指示するマニュアルのような「ルールブック」は作れないが、「トレーニングガイド」であれば作ることができる。人材育成への投資を続け、トレーニングを強化する。


日本マクドナルドの業績回復についてはとてもハッピーだ。正しい道のりをたどってきたという実感もある。もちろん現状には完全に満足はしていない。まだ成長の余地があり、今後も店舗と人材への投資を続け、事業を拡大していく。


顧客との関係が少し希薄になっていたのではないか、消費者の変化に対応できていなかったのではないか、と思った。そこで全都道府県にあるマクドナルドの店舗を回って、消費者の代表として母親の声と働く従業員の声を聞くことにした。


各店舗を運営する加盟店のオーナーは起業家精神に富んでいる。「ビッグマック」も「エッグマックマフイン」も米国の加盟店から生まれた。日本でも加盟店が新たなメニューを開発するようなことが今後、起きる可能性はある。


日本は、例えば私の出身地であるカナダと比べて地域性が強いことを実感した。そうした地域のコミュニティーの一員となり、単なる店舗ではなく、地域の方々が集う場所になりたいと考えている。それが「真のフランチャイズカンパニー」の意味するところだ。だからこそ、中央集権的な体制を改め、本社から各FC加盟店に権限委譲をすべきだと考えた。


これまで様々な改善策を実施してきた。第一に、食の品質と安全について改善してきた。同時に将来の成長のためにビジネスの基礎を作りたいと考え、ビジネス・リカバリー・プランを導入した。その計画では、顧客の声に基づいた改善策の実施、店舗投資の加速、地域に根差したビジネスモデルへの転換、コストと資源効率の改善の4つを掲げた。


サラ・カサノバの経歴・略歴

サラ・L・カサノバ。カナダ出身の経営者。「日本マクドナルドホールディングス」社長兼CEO(最高経営責任者)。グエルフ大学商学部ホテル食品管理学科卒業、マックマスター大学経営修士課程修了。マクドナルド・カナダに入社。マクドナルド・ロシア、ウクライナ、カナダでマーケティングシニアディレクターを務めた。その後、日本マクドナルド執行役員・マーケティング本部長、上席執行役員・事業推進本部長、マクドナルド・マレーシア・マネージングディレクターなどを経て日本マクドナルドホールディングス社長兼CEOに就任。日本マクドナルド初の外国人社長。

他の記事も読んでみる

国枝慎吾

「対自分」で考えると、勝敗にとらわれず冷静に試合を振り返り、「自分の技術をどうすればいいか」だけに焦点を当てられる。


荒川亨

世の中が必要とするものを作っているのだったら、お金はそのうちついてくるんじゃないか。それよりも、本当の意味で夢を持てることをやろうよということなんです。


山田匡通

私は現在、三宝禅の管長を務めていますが、実践については、私も指導にあたることになっています。私は禅の指導でよく、「強い心、きれいな心、暖かい心が大事だ」というふうに言っています。いま世の中は自分の利益だけを求める世界になりつつありますね。でも社会というのは本質的に一つの存在だと考えています。これは禅の考えがベースになっています。人間で言うと一つの体と同じです。体は全て繋がっていて決して手だけ、とか足だけ、という世界はありません。だから利益や幸福を追求するなら全体を見なくてはいけないのです。こうした一体性を前提にして、我々は行動しなければいけません。自分の利益だけではなく、絶えず社会全体のために我々の活動はあるべきだという発想です。


アルバート・アインシュタイン

一見して馬鹿げていないアイデアは見込みがない。


伊藤隆行

自分の仕事に対してボーダーを決めないことが大切です。自分のセクションに閉じこもってしまうと、独りよがりな番組しかつくれなくなってしまう。いい番組とは、関係者が普段以上の魅力を出してくれたときなど「ボーダーを超えたとき」に生まれます。こんな化学反応を起こすには、会社のいろいろな人の個性や魅力を知り、自分が媒介になっておくのがいいに決まっています。


渡辺捷昭

課題は無数にあります。さらなる技術革新。コストの低減。開発から製品化までのリードタイムの短縮。そして販売・サービス網の拡充。つまり、やみくもに販売台数で世界一を目指すのではなく、地道に目の前の課題の克服を目指すことこそ、第一義だと思います。


吉沢悠

いま仕事に行きづまっている人がいるかもしれないけど、そんな時こそ長い休みを取るなど、自分をオフにするという選択肢もありだと思うし、それに罪悪感をもつ必要もないと思います。


深田晶恵

お金の話はいくら勉強しても実践が伴わないと不安が解消されない。納得のいく保険に加入する、少額から投資の練習を始め、良い商品を見つけたら積み立て投資に挑戦するなど、具体的な行動に移すことが大切。


吉田照幸

相手の謙遜はレシーブ。すかさずこちらが深堀りする質問というトスを上げれば、自慢という強烈なアタックが返ってくるはず。そうなれば、あとは相手の華やかなストーリーが展開されていくことでしょう。ドラマはドラマでも壮大な大河ドラマが待っていますから、場はかなり持つと思います。


鎌田富久

技術ベンチャー企業は技術が売りなので、ゼロから始める分野を一歩先に選んだほうがいい。昔のパソコンのように、まだみんながそんなに大きくなるとは思っていないが、成長速度が速くて、どこかで加速するような分野がベストです。


藤田寛之

どんな仕事でも大部分は苦しい時間で、喜びは時々ですよね。自分もゴルフをやっているのが、つらい日もあります。見た目は充実して楽しそうに見えるかもしれませんが、現実はきついことばっかりで、苦しい瞬間の連続。そこで、どうやってバランスを保っているかというと、自分の中にはふたりの藤田寛之がいるんですよ。プライベートの自分は「もういいや」って思う時があるけど、もうひとりの藤田寛之プロは、「いろんな人に支えられて今がある。だから、立ち止まるわけにいかない。怠けたら下がっていく。プロのおまえは休んじゃ駄目だ」と。30代後半くらいから、そう考えるようになって踏ん張れるようになりました。


藤田寛之

トーナメント終了日の練習は、バカみたいな練習量をこなすわけではなく、自分の気持ちを落ち着かせるための儀式です。10球でもいいし、20球でもいい。結果、300球打つことになるときもありますが、抱えた不安は解消しておく。試合が終わっても、ゴルフ人生はその瞬間も続いているわけですから。