サム・ウォルトンの名言

サム・ウォルトンのプロフィール

サム・ウォルトン、米国の事業家、世界最大の小売企業ウォルマート創業者、地域を絞った戦略的出店(ドミナント方式)を行い、一気に店舗を拡大。流通・情報システムを作り上げ商品を卸して売るということに留まらない小売企業形態を完成させる。米国経済誌フォーブス長者番付で1985年から88年まで世界一に輝く。奨学金制度や慈善寄付などにも尽力

サム・ウォルトンの名言 一覧

他社から学ぶことこそ成功への近道。私がやったことの大半は、他人の模倣である。


本当によく知っているのは現場の従業員だけである。もし彼らが知っていることを聞き出さなければ、いずれ会社は大変なことになる。


従業員が話しやすい方法を考え、すべての人の話に耳を傾けることが重要だ。実際に顧客と接するのは販売の第一線にいる人たちだから。


安く仕入れた分の儲けは、お客に還元するのだ。すべてはお客が決める。お客様はすべて正しい。


サム・ウォルトンの成功するビジネスを築く10カ条
【ルール1】自分のビジネスに専念する。
【ルール2】アソシエート(従業員)との利益を分かち合う。
【ルール3】パートナー達への動機づけをする。
【ルール4】パートナーに対してはすべて公開する。
【ルール5】アソシエートへの賞賛と感謝をふんだんに。
【ルール6】成功の祝福する。
【ルール7】社内の声を大切にする。
【ルール8】お客の期待を越えよう。
【ルール9】経費を抑制しよう。
【ルール10】逆流に向かって進め。


大きなチャンスが姿を現すときは、きっと来る。そのとき、それを利用できる準備ができていなければならない。


自分自身を信じることによって、人は事を成し得る。これは驚くべきことである。


全員が参加すること、これがきわめて重要なのです。わが社では、もっとも優れたアイデアが店員や仕入れ係から出てくるのです。誰のアイデアでも挑戦してみよう。うまくいかないかもしれないが、それで会社がだめになるわけじゃないんだから。


成功を喜び、失敗の中にユーモアを見出しなさい。あまり真剣に考えてはいけない。リラックスしなさい。そうすればまわりの人すべてがリラックスするだろう。楽しみなさい。いつも熱意を示しなさい。うまくいかないときには衣装を着てバカげた歌を歌いなさい。そして他のすべての人にあなたと一緒に歌わせなさい。


どこにでもいる普通の人々に、機会と激励を与え、やる気をひき起こすことができれば、可能なことに限界はない。これは、経営と仕事において、絶対的なことだ。


長年いわれてきたように、ウォルマートの成長と店舗管理にとって、情報システムと物流システムは本当に重要だったのである。だが、たとえあなたが、わが社のビルから通信衛星のアンテナが何本も突き出ているのを見、内部のコンピュータの話を聞き、あるいはレーザー誘導式物流センターの模様をビデオで見たとしても、けっして騙されてはならない。こうしたシステムも、有能な管理者や店長たち、献身的な店員やトラック運転手がいなければ、一セントの価値もないのだ。


小売業の成功の秘訣は「お客が望むものを提供する」ことである。実際、もしお客の立場になったら、誰もが最善のものを望むだろう。質のよい商品、豊富な品揃え、可能な限りの低価格、満足の保証、感じがよく知識の豊富な店員の応対、お客の都合に合わせた営業時間、無料駐車場、そして、楽しいショッピング体験等々。もし店で期待以上の体験をすれば、その店に好感を抱き、店が不便だったり、店員の態度が不愉快だったりすれば、その店に不快感を抱くだろう。


たいていの会社には、「歌うトラック・ドライバーズ」というゴスペル・グループも、「ジミー・ウォーカーと会計士たち」という管理職のコーラス・グループもないのだ。真剣に働いているからといって、いつもしかめっ面をしたり、難しい顔をしている必要はないのだ。だが、どんな仕事をする場合でも、私たちは楽しくやりたいと考えている。それは、「口笛を吹きながら働く」式の哲学であるが、この精神でやれば仕事が楽しいだけでなく、よりよい仕事ができる。


過去数年間、私が本当に気にかかっているのは株価ではない。いつか、わが社がお客を大切にすることを忘れたり、幹部が従業員のことを気にかけなくなる日が来るのではないか、ということである。また、成長するにつれて、チームワークの精神が失われたり、わが社独特の家族主義が働く人々にとって実感を伴わない、空疎なものになるかもしれない、という心配もある。こうした試練のほうが、ウォルマートは方向性を間違っている、と指摘する評論家の言葉よりはるかに重大である。


記者がサム・ウォルトンに質問した。「なぜあなたはあんなにオンボロなピックアップトラックに乗っているのですか?あなたみたいなお金持ちだったら、ピカピカの高級車に乗れるじゃないですか。」するとサムウォルトンはにっこり笑って静かに答えた。「私はこの車が好きなんだよ」


サム・ウォルトンの経歴・略歴

サム・ウォルトン、米国の事業家、世界最大の小売企業ウォルマート創業者、地域を絞った戦略的出店(ドミナント方式)を行い、一気に店舗を拡大。流通・情報システムを作り上げ商品を卸して売るということに留まらない小売企業形態を完成させる。米国経済誌フォーブス長者番付で1985年から88年まで世界一に輝く。奨学金制度や慈善寄付などにも尽力

他の記事も読んでみる

樋口廣太郎

いまこれを逃したら二度とチャンスは来ない。そういうチャンスを見つけるのが、それぞれの組織のトップの役割だ。


岸見一郎

企画が立ち上がるまで2年、『嫌われる勇気』が出版されるまでなお2年の歳月を要しました。この本は産みの苦しみは大きかったですが、苦しみがあるからこそ、喜びがあることを実感しました。


木村清

今の私があるのは、挫折しても腐らなかったから。うまくいかなくても、人をうらまず、今できることを一生懸命する。成功するためには、これが一番大切なこと。


澤田秀雄

嘘でも明るい言葉を繰り返し口にしていると、その言葉がだんだんと自分の中にしみこんで、気持ちが前向きになってくる。そうすると、すぐにではなくても、状況は確実に良くなっていくんです。逆に「駄目だ駄目だ」「難しい、厳しい」などと言っていると、気持ちがどんどん落ち込み、自信までなくなってしまいます。


出雲充

「東大が開発した世界最高のロボットだ」とアピールしても多くの企業が投資を見送る。こんなおかしなことが起きてしまう原因は2つある。ひとつは、「オープンイノベーションは恥」と考える企業風土がいまだ日本の産業界にあることだ。「名だたる大企業が、ベンチャーに教えを請うなんてみっともない。自前主義を貫くべき」という考え方である。


慎泰俊

私が通っていた高校には、3年生になったら1、2年生からお金を巻き上げるという悪い伝統がありました。この習慣をどうしても変えたくて、3年生で生徒会長になったときに同級生たちと話し合いを続け、なくすことができました。講堂に同級生の男子生徒150人を集めて「もうやめようよ」と提案したのですが、最初は「ふざけんな」という反応でした。1、2年生の間はずっと我慢して、ようやくお金を取る側になったのだから、ある意味で当然の反応です。サッカーをやっていて体は強かったのでいじめられたりはしなかったですが、ずいぶん陰で笑われていたようです。途中から言い方を変えました。最初は「間違ったことはやめよう」だったのですが、それだと反発があってうまくいきませんでした。そこで半年後から「自分たちでいい学校をつくって、歴史を変えよう」と方針転換したところ、共感してくれる人が増えてきて、いろいろな悪い習慣がなくなりました。


田中健介(経営者)

当社は全社的に社会貢献意識を忘れず、王道を歩み続けます。この意識が半端な状態では必ずボロが出て会社が危機に瀕することにもなる。


水野学

ノートで最も大切なのは書かれている内容です。(ノートをデザインするとき)過度な主張は、使う側にとって親切なデザインとは言えません。


真山仁

部外者と組織の中の人間が出会うことで、化学反応が起きる。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

悪い見本に惑わされないためには、ローンに関するたくさんの書籍も出ていますから、それらを読んでもいいですし、ファイナンシャルプランナーに相談してもいいでしょう。そうして情報収集をしつつ、自分のお金に関する判断力を高めていくべきです。それを面倒がっている人は、ほぼ間違いなくお金に関して後悔することになるでしょう。


佐瀬守男

商品に強いこだわりを持っているのは、単品で勝負するからこそです。いつ売れなくなるか怖くなる時もあります。ゆえに、こだわりを持った商品を提供することで障壁を作っているのです。


樋口武男

「学歴はいらないが、学力は絶対に必要だ」。私はこの言葉を社員たちに言い続けてきました。


桜井一紀

自分らしいマネジメントスタイルは、360度からの評価に真摯に耳を傾けながら模索していくしかありません。でないと気づかないうちに「裸の王様」になってしまいます。


ショーンK

ツイッターで「炎上」が頻繁に起こるのも、140字以内で語られる内容が、あまりに断片的だからではないでしょうか。加えて、情報化社会では膨大な量の言葉が飛び交います。次々に発生する事象を、皆が思い思いの感覚に基づくいい方で表現する。丁寧に言葉を重ねていた昔と違って、文脈の共有は困難になり、ギャップが生まれやすくなっています。こんな現代においては、新たなスキル「文脈力」が必要だと私は考えます。断片的な言葉の奥にある真意を想像する力を皆がつけてほしいのです。


松浪健四郎

知識よりもやはり元気で、困難が起きても途中で投げ出さず、やり抜く力のある学生を企業も求めている。


ページの先頭へ