サム・ウォルトンの名言

サム・ウォルトンのプロフィール

サム・ウォルトン、米国の事業家、世界最大の小売企業ウォルマート創業者、地域を絞った戦略的出店(ドミナント方式)を行い、一気に店舗を拡大。流通・情報システムを作り上げ商品を卸して売るということに留まらない小売企業形態を完成させる。米国経済誌フォーブス長者番付で1985年から88年まで世界一に輝く。奨学金制度や慈善寄付などにも尽力

サム・ウォルトンの名言 一覧

他社から学ぶことこそ成功への近道。私がやったことの大半は、他人の模倣である。


本当によく知っているのは現場の従業員だけである。もし彼らが知っていることを聞き出さなければ、いずれ会社は大変なことになる。


従業員が話しやすい方法を考え、すべての人の話に耳を傾けることが重要だ。実際に顧客と接するのは販売の第一線にいる人たちだから。


安く仕入れた分の儲けは、お客に還元するのだ。すべてはお客が決める。お客様はすべて正しい。


サム・ウォルトンの成功するビジネスを築く10カ条
【ルール1】自分のビジネスに専念する。
【ルール2】アソシエート(従業員)との利益を分かち合う。
【ルール3】パートナー達への動機づけをする。
【ルール4】パートナーに対してはすべて公開する。
【ルール5】アソシエートへの賞賛と感謝をふんだんに。
【ルール6】成功の祝福する。
【ルール7】社内の声を大切にする。
【ルール8】お客の期待を越えよう。
【ルール9】経費を抑制しよう。
【ルール10】逆流に向かって進め。


大きなチャンスが姿を現すときは、きっと来る。そのとき、それを利用できる準備ができていなければならない。


自分自身を信じることによって、人は事を成し得る。これは驚くべきことである。


全員が参加すること、これがきわめて重要なのです。わが社では、もっとも優れたアイデアが店員や仕入れ係から出てくるのです。誰のアイデアでも挑戦してみよう。うまくいかないかもしれないが、それで会社がだめになるわけじゃないんだから。


成功を喜び、失敗の中にユーモアを見出しなさい。あまり真剣に考えてはいけない。リラックスしなさい。そうすればまわりの人すべてがリラックスするだろう。楽しみなさい。いつも熱意を示しなさい。うまくいかないときには衣装を着てバカげた歌を歌いなさい。そして他のすべての人にあなたと一緒に歌わせなさい。


どこにでもいる普通の人々に、機会と激励を与え、やる気をひき起こすことができれば、可能なことに限界はない。これは、経営と仕事において、絶対的なことだ。


長年いわれてきたように、ウォルマートの成長と店舗管理にとって、情報システムと物流システムは本当に重要だったのである。だが、たとえあなたが、わが社のビルから通信衛星のアンテナが何本も突き出ているのを見、内部のコンピュータの話を聞き、あるいはレーザー誘導式物流センターの模様をビデオで見たとしても、けっして騙されてはならない。こうしたシステムも、有能な管理者や店長たち、献身的な店員やトラック運転手がいなければ、一セントの価値もないのだ。


小売業の成功の秘訣は「お客が望むものを提供する」ことである。実際、もしお客の立場になったら、誰もが最善のものを望むだろう。質のよい商品、豊富な品揃え、可能な限りの低価格、満足の保証、感じがよく知識の豊富な店員の応対、お客の都合に合わせた営業時間、無料駐車場、そして、楽しいショッピング体験等々。もし店で期待以上の体験をすれば、その店に好感を抱き、店が不便だったり、店員の態度が不愉快だったりすれば、その店に不快感を抱くだろう。


たいていの会社には、「歌うトラック・ドライバーズ」というゴスペル・グループも、「ジミー・ウォーカーと会計士たち」という管理職のコーラス・グループもないのだ。真剣に働いているからといって、いつもしかめっ面をしたり、難しい顔をしている必要はないのだ。だが、どんな仕事をする場合でも、私たちは楽しくやりたいと考えている。それは、「口笛を吹きながら働く」式の哲学であるが、この精神でやれば仕事が楽しいだけでなく、よりよい仕事ができる。


過去数年間、私が本当に気にかかっているのは株価ではない。いつか、わが社がお客を大切にすることを忘れたり、幹部が従業員のことを気にかけなくなる日が来るのではないか、ということである。また、成長するにつれて、チームワークの精神が失われたり、わが社独特の家族主義が働く人々にとって実感を伴わない、空疎なものになるかもしれない、という心配もある。こうした試練のほうが、ウォルマートは方向性を間違っている、と指摘する評論家の言葉よりはるかに重大である。


記者がサム・ウォルトンに質問した。「なぜあなたはあんなにオンボロなピックアップトラックに乗っているのですか?あなたみたいなお金持ちだったら、ピカピカの高級車に乗れるじゃないですか。」するとサムウォルトンはにっこり笑って静かに答えた。「私はこの車が好きなんだよ」


サム・ウォルトンの経歴・略歴

サム・ウォルトン、米国の事業家、世界最大の小売企業ウォルマート創業者、地域を絞った戦略的出店(ドミナント方式)を行い、一気に店舗を拡大。流通・情報システムを作り上げ商品を卸して売るということに留まらない小売企業形態を完成させる。米国経済誌フォーブス長者番付で1985年から88年まで世界一に輝く。奨学金制度や慈善寄付などにも尽力

他の記事も読んでみる

岡崎太郎

世の中でヒットしたアイデアは既存のアイデアを組み合わせたり、改良したりしたものがほとんど。ということはスキルや知識がなくても、誰でもヒットメーカーになれるチャンスがある。大事なのはアイデアを具現化すためにも、人に話をすることです。


今井登茂子

相手が目上の人の場合、依頼やお願いをする際に注意が必要です。あらたまって「お話が」「ご相談が」と言われたら、誰でも「何か問題が起きたのだろう」「よからぬ相談か」と警戒するでしょう。こういうときは、「お知恵を拝借したいのですが」「教えていただきたいのですが」というフレーズを枕にして話を始めます。そして必ず、その結果を相手に報告し、「おかげさまで○○できました。ありがとうございます」というお礼の言葉を忘れずに。


マーガレット・サッチャー

我々は核兵器のない世界ではなく、戦争のない世界を目指すべきです。


高岡浩三

新たなセグメントが消費者に浸透するまでには、10年単位の時間が必要。しかし、焦っても仕方がない。


白川保友

組織に自分の考えを浸透させようと思うなら、複雑な旗印は逆効果になる恐れもあります。私が根付かせたかったものは極めてシンプルです。それは、顧客志向の会社に生まれ変わることでした。


外村与左衛門(十代目)

総じて見切り悪しく見通し疎きものは商人の器にこれ無く、誠に危ふきことなり。


高妻容一

仕事を始めたきっかけといった「初心」や「原点」を思い出し、今までの努力を再確認することで、自信につながる。今の仕事内容を確認する機会にもなる。「将来、どんな自分でありたいか」という青写真を描くことが、イメージトレーニングになる。


阿部孝司

当社では売上の大きい人間が一番評価されるわけではなく、一番深く考えた人間が最も評価されるというやり方をしています。製品を売るのが目的だけの営業の頭でものごとを考えてはいけない。徹底的にお客様の問題解決を考え、易きに流れるという誘惑を断ち切らなくては、このビジネスモデルは成立しません。


三枝匡

負けている要素を少しずつ「改善」していくという感覚では、大した成果は期待できません。何らかのイノベーションを編み出して、それをきっかけに競争優位性を一気に生み出すような勝負を仕掛けることができれば、事業は大きく飛躍します。


松田憲幸

最近、マーケティングの世界でよく言われるのが、「プッシュからプルの転換」です。情報が少なかった時代は、メーカーが発信した情報を、消費者は積極的に取り込んだ。しかし、ネットの普及で情報があふれると、消費者は流れる情報を追うだけで精一杯。短時間で目に留まり、印象を残すにはビジュアルが欠かせなくなりました。


大泉洋

エッセイでネガティブなことを書かない、というのは最初から決めていました。せっかく読んでもらうなら、悲しい話ではなく、笑える話で共感してもらいたい。それは普段、僕が人前で面白い話をするときと同じ気持ちなんですよね。


石橋正二郎

ちっぽけな仕事を飛躍させるには思い切ったことをやらねばならぬ。足袋を市価より2割安い20銭で売った。当時は儲けを2割見込むのが常識だった。たくさんつくって能率を上げ、雑費もかからないようにする。こうして思い切りやすくすることにしたので一躍注文も殺到した。
【覚書き|足袋屋時代を振り返っての発言】


高島郁夫

いままで失敗した原因を考えた結果、「いいものであれば売れる」というプロダクトアウトの発想がいけなかったことに気づいたんです。それで、「お客様の求めているものを売る」というマーケットインの発想に切り替えて、まずは店を開く天王洲アイルにはどんな人がいるのかを調べました。そうしたら、若いOLさんが約4000人いることがわかったので、その人たちにウケるものを売ろうということでできたのがFrancfranc(フランフラン)なんです。


白井一幸

常識や既成概念にとらわれずチャレンジしていく姿勢が必要です。たとえ成功していても、現状に満足していると、やはり尻すぼみになっていきます。野球の指導でいえば、今はこれがベストのやり方だと思って指導していても、もっといい指導方法はないかと常に模索していく。選手が自分自身で一生懸命トレーニングをするのと同様に、指導者も自らの能力開発に投資して、個々の能力を上げていくことが大切です。そうすれば、どの監督からも、どのチームからも欲しがられるはずですし、その能力は球界を離れたところでも必要とされるように思います。


内永ゆか子

大切なのは会話に踏み出すこと。まずは「ハロー」と言って相手に声をかけ、自分は日本から来たこういう人間だと、拙い英語でも、きちんと伝えてみてください。相手はきっと応えてくれます。こういうことの積み重ねが大事なのです。


ページの先頭へ